• 私の旅行記

アメリカ アリゾナ パパゴ・パーク

更新日:2020年12月28日


こちらは、約1,500万年前に形成されたと考えられている特徴的な地層を生かした砂漠の公園「パパゴ・パーク(Papago Park)」です!

巨大なサグアロサボテンが自生する丘陵は、まさに西部劇の世界感そのものといった風情で、第二次世界大戦下では捕虜収容所として使用されていました。

更には、舗装されたトレイルもあり、ピクニックやハイキング、サイクリング、魚釣りをして自然を楽しむことができる場所です。

また、「パパゴ・パーク」内には「フェニックス動物園」、消防の歴史を取り上げた「ホール・オブ・フレーム消防博物館(Hall of Flame Museum of Firefiting)」、 「アリゾナ州・フェニックス」で1番人気と言っても過言ではない観光スポット「砂漠植物園(desert botanical garden)」 などの文化施設が含まれ、多くの観光客が訪れています。

更には、「フェニックス」に隣接するリゾート地「スコッツデール」の象徴「キャメルバック・マウンテン」を間近で臨むことができますよ!

【見どころ!】

この公園のメインパートは、「ガルビン・パークウェイ」から東に入ったところにある「ピクニックエリア」でしょう。ここにはいくつかの岩山や池があり、小川も流れており、ピクニック施設がたくさん設けられています。

主なランドマークとして、岩山に大きな穴が開いている「ホール・イン・ザ・ロック」、アリゾナ州初代知事の墓所である「ハンツ・トゥーム」などがあり、いずれもすばらしい眺めが望めます。「ホール・イン・ザ・ロック」の穴までは駐車場から10〜15分で行くことができ、穴部分からは「フェニックス動物園」や「ダウンタウン」も望むことができます。

一方「ガルビン・パークウェイ」の西側にはあまり施設はありませんが、舗装されたトレイルがあり付近から「フェニックス」市内が一望できます。特に、日没前後の眺めは感動するほど美しいものがあります。

こちらは、「バパコ・パーク」の岩の穴から「ダウンタウン」方面を眺めた景色です。「ダウンタウン・フェニックス」の美しいシルエットは神秘的な絶景ですよ!

【アクセス】

「フェニックス」のダウンタウンから西へ13kmほど行った場所に「パパゴ・パーク」はあります。

「フェニックス」からテンピにまたがる広い敷地の公園ですが、ピクニックエリアには「Van Buren St.」から「Galvin Pkwy」を北上し、最初の信号で右折し、すぐに標識に従って左折すると到着します。

バス停も近くにあるため、バスでもアクセス可能です!車で訪れる方は、駐車場もありますのでそちらを利用すれば良いでしょう。

フェニックス動物園

こちらは、アメリカ合衆国アリゾナ州フェニックスの砂漠公園「パパゴ・パーク(Papago Park)」内で、1962年(昭和37年)に開園した「フェニックス動物園(Phoenix zoo)」です!「フェニックス動物園」は、291種1,400頭の動物たちが暮らしている全米屈指の大規模な動物園です。

「フェニックス動物園」はかつてアリゾナに生息し、野生種はすでに絶滅した「アラビアオリックス(Oryx leucoryx)」の保護にいち早く取り組み、飼育繁殖させて野生に帰す運動でも世界的に知られています。「フェニックス動物園」は、4つのトレイル (小道) が敷かれ、アリゾナ、アフリカ、南国の3つのトレイルでは、ここで飼育されている動物のほとんどを見ることができます。

4つ目のトレイルは小さなお子さま向けで、家畜動物との触れ合いが主眼。4つ全てのトレイルを見てまわるためには最低でも3時間は必要ですので、時間に余裕を持って訪れるのがおすすめ!

【基本情報】

フェニックス動物園

住所:455 N Galvin Pkwy, Phoenix, AZ 85008

電話番号:+1 602-286-3800

営業時間:9:00~17:00

料金:大人 $24.95 3歳~13歳 $14.95

アクセス:Phoenix Sky Harbor International Airportより車で12分

公式サイト:フェニックス動物園

砂漠植物園

こちらは、「アリゾナ州・フェニックス」で1番人気と言っても過言ではない観光スポット「砂漠植物園(desert botanical garden)」です!

観光客にはもちろん、「フェニックス」の地元の人々にも人気の観光スポットで、「パパゴ公園」の敷地内にある砂漠がテーマの植物園なので、乾燥した厳しい砂漠で育つ植物を見ることができます。広い屋外の園内には小さなものから大きなもの、様々な種類のサボテンが集まっているので、まさにサボテン天国!

サボテンは棘があるので注意が必要ですが、時期によっては綺麗な花を咲かせることもあります!サボテンを中心に〖アリゾナ州〗の植物を紹介してくれている屋外の植物園で、徒歩での周遊コースがあり、パネルを使ってサボテンの植生などを分かりやすく解説してくれています(英語)。

録音機で自動説明してくれる装置($3)もありますが、特になくても大丈夫です。「砂漠植物園(desert botanical garden)」の開演時間は10月から4月までの期間は午前8時から午後8時、5月から9月までの期間は午前7時から午後8時までです。

植物園の所要時間は2~3時間ほど。入園料以上に楽しむには、その日どんなイベントが行われるのか事前に確認しておきましょう!

【基本情報】

砂漠植物園(desert botanical garden)

住所:1201 North Galvin Parkway, Phoenix, AZ 85008

電話番号:+1 480-941-1225

営業時間:8:00~20:00

所要時間:2~3時間

料金:$15

公式サイト:http://www.dbg.org/

キャメルバック・マウンテン

こちらは、「フェニックス」に隣接するリゾート地「スコッツデール」の象徴「キャメルバック・マウンテン」です!「キャメルバック」を直訳すると「ラクダの背中」という意味になります。

広大な大地にはっきりと突き出た「コブ」からは「太陽の谷」を一望の下に見渡すことができ、「キャメルバック・マウンテン」が横たわる姿は、「ソノラ砂漠」で「ラクダ」が休んでいる姿に似ています。「ラクダの頭部」に当たる部分は赤いサンドストーンでできており、「背中のコブ」に見える山頂は、海抜824m (2,704 フィート) の高さまでそびえた花崗 (かこう) 岩塊です。

この岩塊部分があるために、「フェニックス」有数の高さとなった「キャメルバック・マウンテン」では、アリゾナ最高峰の展望がある名所で、登りのあるトレイルも含め、半日散策まで楽しむことができます!「パパゴ・パーク」から車で約20分と近い場所にあるので、時間に余裕がある方は併せて訪れてみて下さい!

【基本情報】

キャメルバック・マウンテン

住所:6131 Phoenix, Paradise Valley, AZ 85253

電話番号:+1 602-534-5867

公式サイト:https://www.phoenix.gov/parks/trails/locations/camelback-mountain

いかがでしたでしょうか。

「パパゴ・パーク」は、年間約300日が晴天日で、太陽の谷(Valley of the Sun)と呼ばれるリゾート地「フェニックス」にある、約1,500万年前に形成されたと考えられている特徴的な地層を生かした砂漠の公園です!

6月を過ぎると日中の気温は40度近くにまで上昇しますので、訪れるなら午前中がおすすめです。万全の熱中症対策をしたうえで、是非とも「パパゴ・パーク」に訪れてみて下さい!

頂上からの景色はとにかく最高ですよ!

【基本情報】

パパゴ・パーク(Papago Park)

住所:625 N Galvin Pkwy, Phoenix, AZ 85008

電話番号:+1 602-495-5458

営業時間:6時00分~19時00分

公式サイト:https://www.phoenix.gov/parks/trails/locations/papago-park

※記事内容は執筆時点のものですので、最新の内容をご確認ください。

#usa #Arizona #パパゴパーク #公園 #動物園 #植物園 #アクティビティ #自然 #photo

39回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
旅行記 旅好き ハワイ 海外旅行 国内旅行

海外・国内旅行の魅力・出来事・情報をお届けするサイトです。人生一度きり、一人でも多くの人に旅行を楽しんで頂きたい!

お得な現地情報&ホテル情報をお届けします!

 

これから旅行へ行かれる方に少しでも良い情報をお届けできたら嬉しいです!!!

FOLLOW ME:
  • Facebook Vintage Stamp
  • Twitter Vintage Stamp
  • Instagram Vintage Stamp

CATEGORY

注目!おすすめの旅行先!