• 私の旅行記

アメリカ シカゴ シカゴ・リバーウォーク

更新日:2020年12月28日


こちらは、「ダウンタウン」のすぐ近くのシカゴ川に沿って造られた遊歩道「シカゴ・リバーウォーク」です!

川沿いをぐるりと1周することができ、大人のスピードで歩くとおよそ2時間30分程度です。シカゴの方たちは、早朝のジョギングや犬の散歩など思い思いの至福の一時を過ごしています。

また、高台となった展望台はありませんが、シカゴ川沿いの遊歩道を散策しながら、夜景を楽しむのもここでの流儀となっています。

【シカゴ・リバーウォークの楽しみ方!】

「シカゴ・リバーウォーク」は、観光客にとってもシカゴを満喫できる絶好の観光スポットで、「トランプ・インターナショナル・アンド・タワー」を始めシカゴの摩天楼を間近に眺めることができ、途中ショップで買い物やカフェで食事を楽しんだり、ただのんびりと散策したりとシカゴで自由で有意義な時間を過ごすことができます。

ちなみに、「トランプ・インターナショナル・アンド・タワー」は、映画「ミッションインポッシブル」にも出てくる世界一高い建物「ブルジュ・ハリファ」と同じシカゴ出身の建築家「エイドリアン・スミス」氏がデザインしたとされ、外観もとてもそっくりなので観ればすぐにわかると思います。

また、夜になると、高層ビル群とミシガン大通橋(Dusable Bridge)、シカゴ川の夜景を楽しむことができます。シカゴ川に光が反射し、幻想的な雰囲気を楽しむことができるため、朝から晩まで観光客に人気のスポットになっているのです。

シカゴ川周辺を散策するのであれば、夕方の時間帯がおすすめです。

日差しを気にせず「シカゴ・リバーウォーク」を思う存分楽しめ、美しい夕焼けや夜景を満喫することができます。

更に、いくつかクルージングの乗船場所のあり、シカゴ川クルーズに出るのもおすすめです!船から眺める街並みは、陸上から見るのとは一味違う魅力を感じる事ができます。

シカゴ川周辺を散策するのであれば、夕方の時間帯がおすすめです!日差しを気にせず「シカゴ・リバーウォーク」を思う存分楽しめ、美しい夕焼けや夜景を満喫することができます。

【クルーズ】

おすすめのクルーズは、「シカゴ建築財団リバークルーズChicago Architecture Foundation River Cruise)」の「シカゴズ・ファースト・レディ・クルーズ(Chicago’s First Lady Cruises)」です!

シカゴ川から市内の象徴的な建築物を眺めながら、地元の歴史におけるそれぞれの建物の特徴と地位を学ぶことができるのです。

クルーズの始まりは、「シカゴ・リバーウォーク」から「マグ二フィセント・マイル」のすぐそばまでです。シカゴのダウンタウンを突っ切る90分間のコースを、天高くそびえる市内のスカイラインを街の地面よりも低い位置から見上げることができます。

川からでも、建物1つ1つの構造設計を至近距離で観察することができます。高層ビルを見上げ、そのスケールを感じながら、新旧織り交ぜた数えきれないほどの建築物を通過していくため、象徴的な建物をあらゆる角度から眺めることができます。

「シカゴ・ファースト・レディ・クルーズ」の「シカゴ建築財団リバークルーズ」を率いるのは、ツアーガイドというよりも講師と呼ぶべき存在です。「シカゴ建築財団(CAF)」と提携し、高度な訓練を積んだ財団のボランティアが同行してガイドを務める唯一のツアーです。

シカゴに関する専門家であり、優秀なストリーテラーでもあります。未来の専門家を育てるため、チケットの売り上げの一部は「シカゴ建築財団(CAF)」を通して建築教育の支援に利用されます。

シカゴ川をのんびりと下りながら、たくさんの建物について学び、歴史についても知識を深めることができるというのは、とても貴重な体験になること間違いなしです。

また、シカゴの高層ビルや街並みだけでなく、クルーズで使われる船も眺める価値があります。座席がいっぱいに並べられ、洗練された内装に、市内の風景を自由に楽しむことができるオープンエアの2階デッキというカスタムデザインの船です。

「マホガニー(“黄金の木”“赤い黄金”などの異名をとる、希少で高級な木材)」をアクセントとした内装や広々としたデッキは、クラシックなスタイルと細部へのこだわりが光るものとなっています。また、参加者は全員必ず座れるよう配慮されているので安心です。

動いているかわからないほど、ゆったりとしたスピードで進むため、重要な建築物などを撮り損なう。などということはありません。お気に入りの写真を撮る時間は十分にあります。

「シカゴ・ファースト・レディ・クルーズ」は、ダウンタウンの中心地に位置する「シカゴ・リバーウォーク」沿いに停泊します。

いかがでしたでしょうか。

シカゴの高層ビルは、様々な顔があり見ていて飽きることがありません。更に建物と街並みが見事にマッチし馴染んでいるのもなんとも不思議な感じがします。

建築家の腕の良さとシカゴの良さを思う存分堪能できる「シカゴ・リバーウォーク」。シカゴに訪れる際は、是非とも足を運んでみて下さい!

【基本情報】

Chicago Riverwalk(シカゴ・リバーウォーク)

住所:Chicago Riverwalk, Chicago, IL 60601 電話番号:(877) 300-6746

営業時間:6:00~23:00

料金:無料

アクセス:CTAステイト/レイク(State/Lake)駅から徒歩4分(地図)

公式サイト:https://www.chicagoriverwalk.us/

※記事内容は執筆時点のものですので、最新の内容をご確認ください。

#usa #Chicago #夜景 #building #river #photo #クルーズ #リバーウォーク

200回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
旅行記 旅好き ハワイ 海外旅行 国内旅行

海外・国内旅行の魅力・出来事・情報をお届けするサイトです。人生一度きり、一人でも多くの人に旅行を楽しんで頂きたい!

お得な現地情報&ホテル情報をお届けします!

 

これから旅行へ行かれる方に少しでも良い情報をお届けできたら嬉しいです!!!

FOLLOW ME:
  • Facebook Vintage Stamp
  • Twitter Vintage Stamp
  • Instagram Vintage Stamp

CATEGORY

注目!おすすめの旅行先!