• 私の旅行記

アメリカ ニューヨーク アメリカ自然史博物館:魅力・見どころ・お得情報・基本情報まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月28日


こちらは、1869年に創業した世界有数の科学・文化を紹介する施設「アメリカ自然史博物館」です!

ニューヨークの「アメリカ自然史博物館」は、世界で最もおもしろく教育的な博物館として知られ、男女問わずお子様からご年配の方まで、どなたにでも楽しめる博物館です。

「アメリカ自然史博物館」はとても広大です。時間が限られている方は、あらかじめ博物館のどこで何を観たいかを考えておくのが得策でしょう。

今回はそんな、「アメリカ自然史博物館」での見どころをまとめてみましたので、よければご参考にしてください。

【アメリカ自然史博物館:基本情報】

〖歴史・概要〗

「アメリカ自然史博物館」は、1869年に「セントラルパーク」内に開館し、1874年に現在の公園西側に施工されました。

ニューヨークのマンハッタン・アッパーウエストサイドと呼ばれるエリアにあり、「ネオゴシック」と「ネオロマネスク」の2つの様式の融合した77stから81stまでの4ブロック・28棟のビルと45ホールで構成されています。

収蔵品の数も3300万点以上と世界有数の規模を誇り、恐竜やモアイ像はもちろん、植物、動物、海洋、最新の宇宙科学など自然科学に関する資料を所蔵・公開をしています。

また、人類学の資料・標本の収集でも非常に有名で、アメリカ・インディアン関連のコレクションでは他の博物館とは比べ物にならない量を誇っています。更に、ニューヨークの「アメリカ自然史博物館」は、映画「ナイトミュージアム」の舞台になったことでも有名です。

「ナイトミュージアム」をご覧の方ならご存知、建物正面で馬に乗っている人の像がありますが、この人は「セオドア・ルーズヴェルト」像です。ちなみに、建物の中でも馬からおりた「セオドア・ルーズヴェルト」の姿を見ることができます。

〖住所〗

200 Central Park West at 79th St., New York

〖電話番号〗

(212)7695100 /

〖アクセス〗

【地下鉄B・C線】

地下鉄の「B,C線」に乗車し「81St Museum of Natural History駅」にて降車すると博物館の入り口の目の前まで行くことができます。

「79st」側には博物館直結の入り口があるので雨の日も濡れずに入ることができます。駅にはタイルで描かれた動物たちが迎えてくれますよ!

【バス】

バスで行く場合は「M79」もしくは「M10」に乗車します。

・M79:「メトロポリタン美術館」がある公園の東側から「セントラルパーク」内を通って博物館のある西側へ行くバス。

・M10:「セントラルパーク」の西側の「コーナー(コロンバスサークル)」から乗ることができるバス。博物館の正面口、目の前で降りる事が可能です。

※バスの表示にある頭文字Mは「マンハッタン」・Qは「クイーンズ」・Bxは「ブロンクス」、「ブルックリン」を表します。

土日や祝日はバス、電車共に平日よりも本数が少なめになっていたり、工事や清掃、その他メンテナンス等によってイレギュラーな動きをする場合もあるので事前にサイトやマップで確認しておくか少し時間に余裕を持って行動しましょう。

〖アメリカ自然史博物館へ入場・出入口について〗

「アメリカ自然史博物館」には入口がたくさんあり、行列や混雑を避ける方法、バリヤフリーが適している出入口などがありますので、以下にてそれぞれの出入口をご紹介します。

【正面入り口(2階)】

「セントラルパーク西側」に面しており、階段を上って入るため2階に入ることになります。こちらから入ると高い天井の広場に、大きな恐竜が現れます。正面左が肉食恐竜「アロサウルス」、右が全長23-27メートルあったとされる草食恐竜「バロサウルス」です。

【正面1階入口】

正面の2階へ上る階段の下にも入口があります。

【ローズセンター入口(1階)】

こちらは正面入り口に向かって右手、「ローズセンター側」の入り口です。「天体関係」・「プラネタリウム」を優先的に観たい方、正面入り口や地下鉄入り口の長蛇の列の場合、こちらが割と空いていて入りやすいこともあり、チケット売り場もあります。

地下鉄「81st側」出口を出て、信号を博物館方向に渡り、斜め右手方向に敷地の坂を下ると入口です。

【地下鉄直結入口】

こちらは「81st St Museum of Natural History」の駅から直結。「81st」よりも南(ダウンタウン)から来た場合、電車を降りたら左側の出口(79st側)から直結入り口に行くことが出来ます。

【77thストリート出口(1階)】

こちらは出口専用。「ローズセンター」とは真逆、正面入り口に向かって左側にあります。「グランドギャラリー」・「カヌー」が置いてあるところから出られます。

【コロンバスアベニュー入口】

正面入り口から逆側、「Columbus Ave.」から入ってくることが出来ます。こちらも比較的空いています。

以上すべての出入り口をご紹介しましたが、【正面2階入り口】を除いて「バリアフリー」となっています。

〖駐車場〗

有(有料)

〖営業時間〗

10時00分~17時45分

〖定休日/休業日〗

なし/感謝祭・12/25

〖入場料〗

【一般入場チケット】

大人:23USドル・子供(2~12歳):13USドル・シニア(60歳以上):18USドル

【一般入場チケット+ワン(General Admission Plus One)】

一般展示に加え「特別展」・「IMAX」・「3D」・「プラネタリウム(Space Show)」のうち1つを選んで見ることができるチケット。

大人:28ドル・子供(2~12歳):16.50ドル・シニア/学生(ID要):22.50ドル

【一般入場チケット+オール(General Admission Plus All)】

博物館内の全て展示、ショーにアクセスできるチケット。

大人:33ドル・子供(2~12歳):20ドル・シニア/学生(ID要):27ドル

※「特別展」・「IMAX」・「3D」・「プラネタリウム(Space Show)」は購入時に時間を選択します。

【ニューヨーク・シティ・パス】

現地でもチケット購入することができますが、通常時でも並ぶことがほとんどです。そのため、オンライン購入するのが最もおすすめで、中でもダントツでおすすめなのが「ニューヨーク・シティ・パス」です!

「ニューヨーク・シティ・パス」であれば、もちろんチケット購入のための長蛇の列に並ぶ必要がなく、料金もお得になります。

更に「ニューヨーク・シティ・パス」を利用すると、ニューヨークの観光スポット6箇所を通常料金よりもお得なセット価格で回ることが可能なんです!

・〖エンパイア・ステート・ビルディング〗

・〖メトロポリタン美術館〗

・〖アメリカ自然史博物館〗

・〖トップオブザロックorグッゲンハイム美術館〗

・〖自由の女神orサークルラインクルーズ〗

・〖ナショナル・セプテンバー11・メモリアル(9・11記念博物館)orイントレピッド海上航空宇宙博物館〗

公式サイトから購入する➡【ニューヨーク・シティ・パス】:大人$136・子供$112


〖チケットの購入方法:当日の窓口〗

当日にチケットを購入する場合、「正面入り口」・「コロンバスアベニュー側入口」・「ローズセンター入口」・「地下鉄直結口」それぞれの入り口で購入することが出来ます。

「正面入り口」のチケット売り場は、向かって奥左方向に購入カウンターの列があります。土日祝日はもちろん、時間帯によって混雑する人気の博物館ですので、他の入り口を使うか、シティパスやオンライン購入をすることも時間短縮の技です。