• 私の旅行記

アメリカ ニューヨーク イントレピッド海上航空宇宙博物館:魅力・見どころ・お得なチケット情報・基本情報まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月28日


こちらは、伝説の空母・世界初のスペースシャトル・世界最速の飛行機・冷戦時代の潜水艦が観られる唯一無二の博物館「イントレピッド海上航空宇宙博物館」です!

「イントレピッド海上航空宇宙博物館」は、アメリカの歴史建造物にも指定されており、年間何百万人も訪れる人気のスポットです。

「イントレピッド海上航空宇宙博物館」は、航空母艦「イントレピッド」上にあり、この船は第二次世界大戦中、日本との戦争の際に使用されていました。また、ベトナム戦争におりても空母として重要な役割を果たしていた堂々たる航空母艦です。

任務を終え1982年に博物館として生まれ変わり、ニューヨークのハドソン河の桟橋で陸・海・空の歴史を伝えています。また、ウィル・スミス主演「I am legend」・ニコラスケイジ主演「National Treasure」といった有名な映画のロケ地にもなっています。

【イントレピッド海上航空宇宙博物館:基本情報】

〖歴史・概要〗

「イントレピッド」は、第二次世界大戦中の1943年4月に進水した伝説の航空母艦です。「イントレピッド(intrepid)」とは、「大胆(不敵)な」「勇敢な」などの意味を持ちます。


日本軍とも激しい戦いを繰り広げ、レイテ沖海戦や沖縄戦など数々の戦いに参加し、日本軍の魚雷攻撃や特攻機によって損害を受けながらも持ちこたえ、「戦艦大和」・「戦艦武蔵」の撃沈に大きな役割を果たした船で、アメリカの勝利に大きく貢献しています。

更に、1950年代には朝鮮戦争・1960年代にはベトナム戦争にも投入されるなど、数々の戦争を経てきたまさに伝説の空母なのです。1974年に退役し、1982年から「イントレピッド海上航空宇宙博物館(Intrepid Sea, Air & Space Museum)」として、海・空・陸の歴史を伝える場に生まれ変わりました。

日本人の我々からしたら複雑な思いもありますが、当時のことを少しでも理解し2度と同じことを繰り返さない為にも、「イントレピッド海上航空宇宙博物館」に訪れ歴史を学ぶべきでしょう。「イントレピッド」は軍事利用のみならず、有人宇宙飛行計画である「ジェミニ計画」と「マーキュリー計画」では、大西洋上に着水した宇宙船を回収するなどの働きでも知られています。アメリカの歴史建造物にも指定されています。

〖住所〗

Pier 86, W 46th St & 12th Ave, New York, NY 10036

〖電話番号〗

+12122450072

〖アクセス〗

「イントレピッド海上航空宇宙博物館」へのアクセス方法は、、、

地下鉄:A/C/E/R/N/Q/W/1/2/3/7線「42nd st Times Square駅」で下車し、北西へ歩いて約20分。

バス:「クロスタウン」のM34・M42・M50に乗り、「12Ave」で下車。

※M50のバスは「イントレピッド海上航空宇宙博物館」の目の前まで行くことができます。

※ニューヨークのバスは走る道の番号が付いていることが多く、「M」はマンハッタン・「Q」はクイーンズ・「Bx」はブロンクスまたはブルックリンを表します。

週末・祝日は電車・バス共に本数が少なくなったり、イレギュラーな動きをしたりしますので、時間には余裕をもって行動すると良いでしょう。

〖営業時間〗

春/夏(4/1~10/31):

月曜日~金曜日:10:00am-5:00pm

土曜日・日曜日・祝日:10:00am-6:00pm

秋/冬(11/1~3/31):

毎日(休日を含む):10:00am-5:00pm

*最終入場は閉館1時間前までです。

*通年を通して、早朝ツアー9am~(要予約・別料金)があります。

*潜水艦グロウラーは、最後のチケットの方が入ってから1時間で閉まります。

*時々、館内の一部が、メンテナンス、新しい展示の準備、特別なイベントなどの為に閉鎖していることがあります。

〖入場料金〗

「イントレピッド海上航空宇宙博物館」のチケットには、「スペースシャトルパビリオン」・「潜水艦グロウラー」・「企画展」が含まれています。

料金は、、、

大人:33ドル

シニア(65才以上):31ドル

子供(5~12歳):24ドル

※メンバー会員と4歳以下の子供は無料です。

また、私がおすすめするのは「ニューヨークシティパス」を利用することです。

【ニューヨーク・シティ・パス(New York City Pass)】

現地でもチケット購入することができますが、通常時でも並ぶことがほとんどです。

そのため、オンライン購入するのが最もおすすめで、中でもダントツでおすすめなのが「ニューヨーク・シティ・パス」です!

「ニューヨーク・シティ・パス」であれば、もちろんチケット購入のための長蛇の列に並ぶ必要がなく、料金もお得になります。

更に「ニューヨーク・シティ・パス」を利用すると、ニューヨークの観光スポット6箇所を通常料金よりもお得なセット価格で回ることが可能なんです!

・〖エンパイア・ステート・ビルディング〗

・〖メトロポリタン美術館〗

・〖アメリカ自然史博物館〗

・〖トップオブザロックorグッゲンハイム美術館〗

・〖自由の女神orサークルラインクルーズ〗

・〖ナショナル・セプテンバー11・メモリアル(9・11記念博物館)orイントレピッド海上航空宇宙博物館〗

公式サイトから購入する➡【ニューヨーク・シティ・パス】:大人$136・子供$112

〖注意事項〗

・荷物預かりサービスはないので、荷物はなるべく軽くしていきましょう。

・自撮り棒や3脚は持ち込み禁止です。

・16歳未満の方は大人の同伴が必要です。

〖公式サイト〗

www.intrepidmuseum.org

【イントレピッド海上航空宇宙博物館の展示物・見どころ!】

イントレピッド海上航空宇宙博物館は、、、

・フライトデッキ

・ギャラリーデッキ

・スペースシャトルパビリオン

・潜水艦グロウラー

・ブリティッシュエアウェイズコンコルド

以上の展示コレクションがあります。

桟橋からは向かいの「ピア88」に停泊する桟橋に他の船が見えます。

こちらは、桟橋から母艦に渡る橋の上から見える景色。右手奥が音速旅客機「コンコルド」・左手のドームが「スペースシャトルパビリオン」・真ん中の三角屋根が「企画展」のブースになります。

〖イントレピッド海上航空宇宙博物館の艦内マップ〗

※現地で配られている艦内マップもご参考ください。


〖フライトデック〗

まずは甲板に出て、「海軍」・「空軍」・「陸軍」・「海兵隊」・「コーストガード」が誇る航空機をじっくり眺めましょう!鋭い表情の超高速戦略偵察機「A-12」やトップガンでお馴染みの「F14トムキャット」などがずらりと並び、航空機ファンにはたまらない場所となっています。

更に、攻撃型ヘリコプター「Bell UH-1A Iroquois “Huey” 1959(イロコス・ヒューイ)」と「Bell AH-1J Sea Cobra 1971(シーコブラ)」やシコルスキー社の手がけた「チカソー」という名の輸送ヘリコプター「Sikorsky(HRS-1)H-19 Chickasaw 1950」も見どころ!

「Sikorsky(HRS-1)H-19 Chickasaw 1950」は、アメリカ空軍向けに55機生産され、このヘリコプターの機種違いは日本の航空自衛隊や海上自衛隊でも、救助目的で活躍していたことがあり、「ゴジラ」・「モスラ」・「ウルトラマン」・「南極物語」・「ポセイドンアドベンチャー」など、の映画やテレビドラマにも多数出演しています。また、「機関車トーマス」に出てくるヘリコプターの「ハロルド」のモデルにもなっています。

このように、航空機についてあまり詳しくない方でも、絵本から飛び出してきたようなデザインの飛行機があったりして、ひとつひとつの機の説明を読みながら、空への関心が高まることでしょう。

甲板から見晴らすマンハッタンの美しい高層ビル群も、魅力のひとつ!ちなみに「イントレピッド」は、いくつかの映画にも登場しており、有名なのは「アイ・アム・レジェンド」で、主演の「ウィル・スミス」が愛犬とこの甲板でゴルフの練習をするシーンです!


〖ギャラリーデッキ〗

「イントレピッド」艦内には、兵士たちが過ごした船室などが保存され、戦火の歴史が詳しく説明されています。

「ベトナム戦争」は1955年から20年間も続いた長い戦争でしたが、1964年頃から大規模な軍事介入が始まり、1967年頃から全米で激しい反戦運動が起こるようになり、米兵の士気も低下。「イントレピッド」がアメリカに一時帰国するたび反戦の声はより強くなっていき、この空母に乗り込んでいる人たちの気持ちにも変化が出てきたことなどを伝えています。