• 私の旅行記

アメリカ ニューヨーク グランドセントラル・ステーション:魅力・見どころ5選・おすすめレストラン&バー6選・おすすめギフトショップ3選・おすすめホテル4選・基本情報まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月28日


こちらは、ニューヨークのガイドブックにも必ず登場するほどの人気スポット「グランドセントラル・ステーション」です!


ニューヨークの鉄道の拠点の駅として、1871年に開通して以来、多くの人の旅の通過点そして通勤にと利用されてきました。

しかし「グランドセントラル・ステーション」は、単なる通過点というわけでなく、その美しい建築物が有名で、観光名所としてたくさんの人が訪れる人気スポットでもあります!

「レストラン」・「カフェ」・「売店」・「マーケット」もあり、ここを利用するには大変便利になっています。

今回はそんな、「グランドセントラル・ステーション」について詳しくご紹介させていただきます!

【グランドセント・ステーション:基本情報】

〖歴史・概要〗

「グランドセントラル・ステーション」は1913年に完成し、当時はここからアメリカ全土に鉄道網が伸びていましたが、1950年代には車や航空機の発展により鉄道は衰退し、1980年代に入るとホームレスの巣窟となり、周辺の再開発計画もあり取り壊し計画まで持ち上がりました。

しかし、そんな危機を救ったのが「ジャクリーン・ケネディ・オナシス」などの著名人の活動でした。

1967年には歴史建造物の指定も受け、ニューヨークのシンボルの1つとして生まれ変わり、現在では地下鉄5路線と近郊を繋ぐ通勤電車メトロノース3路線が乗り入れ、1日平均約75万が利用しており、そのうちの約20万人は観光客だそうです。

ちなみに、1913年当時は電機は貴重なエネルギーで、高価な電球と金のシャンデリアで証明装置を設置していたのだそうです。

このように、電車の駅としても素晴らしいとことですが、人を集めようと無理やり造った施設とは違い、自然に人が集まりそのニーズを創りあげてしまったような場所なのです。

65 もの「ショップ」や 35 軒の「レストラン」が並び、ショッピング、食事、文化の拠点を築いており、壮大な建物の中では、ほぼ毎日催し物が開催されています。

長さ約90メートル・幅約36メートル・高さ約36メートルの巨大で壮厳なロビーを観るだけでも、訪れる価値は十分あります。

8万スクエアー・フィート(7432.243m²)の広さの天井は、地中海で10月~3月にかけて見られる星空になっており、2500に及ぶ星が描かれています。

また、巨大なメロンの形をしたシャンデリアがいくつもあり、ブロンズ製と思われていたところは、改修工事の際に長年の埃を取るため掃除をしていたら、なんと金箔が貼られてあったそうです。

〖住所〗

89 E 42nd St, New York, NY 10017

〖電話番号〗

+12123402583

〖アクセス〗

「グランドセントラル駅」は「パークアベニュー沿い」の「42丁目89号 (89 E. 42nd Street)」に位置しています。

ニューヨークの交通の中心ですので、様々な方法でアクセスすることができます。「徒歩」・「メトロノース鉄道」・「地下鉄」・「バス」・「タクシー」・「空港シャトルバス」などがあります。

以下では、「メトロノース鉄道」・「地下鉄」・「バス」・「空港シャトルバス」について詳しくご紹介させていただきます。

【メトロノース鉄道】

「メトロノース鉄道」は、「ニューヨーク」と「コネチカット」を結んでおり、北米で最多の乗客数を誇っています。

「グランドセントラル駅」には「メトロノース鉄道」の「ハドソン」・「ハーレム」・「ニューヘイブン」の3つの線が通っています。

【地下鉄】