• 私の旅行記

アメリカ ニューヨーク グリニッジ・ヴィレッジ:魅力・見どころ・おすすめスポット9選・おすすめグルメスポット5選・基本情報まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月28日


こちらは、ニューヨークの中でも1・2を争うオシャレなエリア「グリニッジ・ヴィレッジ」です!

「グリニッジ・ヴィレッジ」は「ウェストビレッジ」または、親しみを込めて「ザ・ヴィレッジ」とも呼ばれています。マンハッタンに位置する「グリニッジ・ヴィレッジ」は、レンガ造りの味わいのある建物に、小さなお店やレストランが並ぶ街並みは、親しみやすくどこかヨーロッパの雰囲気を持つ街です。

観光客だけでなく、ニューヨーカーにとっても憧れの存在なのです。昼下がりにピッタリの「グリニッジ・ヴィレッジ」は、高層ビルがないので、ニューヨークのどの地域よりも日光を浴びることができます。

【グリニッジ・ヴィレッジの街造りと特徴】

「グリニッジ・ヴィレッジ」は、「マンハッタン」の「ミッドタウン」と「ロウアー・マンハッタン」の間に挟まれた地区で、「14thストリート」・「ハドソン川」・「ハウストン・ストリート」・「ブロードウェイ」に囲まれたエリアを指します。


「グリニッジ・ヴィレッジ」の最大の特徴は、ミッドタウンやアップタウンにあるようなマンハッタンの典型的なグリッド(碁盤の目)状の街の造りとは違い、小さく細かいストリートからなっていることです。

これは、19世紀以降に都市計画が始まる前から、住宅地が形成されていたためであり、現在でもその建物や通りはニューヨークの歴史を表すものとして大切に残されています。そのため、19世紀の街並みを残す「グリニッチ・ビレッジ」全体が【アメリカ合衆国国家歴史登録財】に登録されています。

「グリニッジ・ヴィレッジ」は、アメリカのカウンターカルチャーの重要な聖域であり続けてきました。20世紀に入ると多くの文化人やアーティストたちに愛されるようになり、文学・芸術・音楽・演劇など豊かな文化が花を開いてきました。

30年代・40年代にはアーティストやフォークシンガーがこの地でスタイルを確立し、50年代には麻薬実験で知られ、60年代には多くのミュージシャンを魅了し続け、新しい音楽のジャンルや「ボブ・ディラン」「ニール・ダイヤモンド」といったアーティストを生み出しました。

ちなみに、「ボブ・ディラン」は自身の曲に中に何度も「グリニッジ・ヴィレッジ」を登場されています。60年代後半には同性愛者運動の発祥の地となり、現在でもゲイカルチャーの中心として有名なエリアでもあります。1970年に世界で最初のゲイ・プライドが開催されたのもこの地においてです。

【グリニッジ・ヴィレッジ:魅力・見どころ・おすすめスポット9選!】

〖グローブ・ストリート〗

「グローブ・ストリート」は、緩やかなカーブを描く短いストリートに、緩まるつたがレンガ造りの家に連なっており、その風景はとてもロマンティックで、まさに「ヴィレッジ」の風景を代表するようなエリアです。

また通りには、19世紀半ばに建てられた「グローブ・コート」という中庭に6軒のタウンハウスが並ぶ住宅街があります。作家「O・ヘンリー」の〖最後の一葉〗の舞台になり、とても美しい場所です。


〖ブリーカー・ストリート〗

「ブリーカー・ストリート」は、雑貨店・ブティック・カフェなどのお店がたくさんある「グリニッジ・ヴィレッジ」でも最も注目を浴びている場所です。

きっかけはニューヨーク出身のデザイナー「マーク・ジェイコブス」が出店したことで、続々と新たなお店が進出しことによります。

「ハドソンストリート」との角から「ブリーカーストリート」を東へ進むと、ブティックや雑貨店が多く軒を連ねています。古い街並みの中を、ただ散歩しているだけでも気分が良いですよ。


〖クリストファー・ストリート〗

「クリストファー・ストリート」は、「グリニッジ・ヴィレッジ」を散策するのに欠かせないストリートです。

「グリニッジ・ストリート」から「ハドソン・ストリート」まで続き、ニューヨークのゲイ・レズビアン文化の中心であるストリートです。

1969年「同姓愛開放運動」の発端とされる暴動の舞台となった「ストーン・ウォール・イン」もこの通りに現在でも残されており、ゲイコミュ二ティを表す「レインボーフラッグ」がはためいています。

また、クラブ・バー・アダルトショップが軒を連ねる賑やかなストリートで、「オフ・ブロードウェイ」の老舗劇場「ルシール・ローテル・シアター」もこの通りにあります。


〖クリストファー・パーク〗

「クリストファー・パーク」は「クリストファー・ストリート」沿いにある公園です。

ここには、手入れされた美しい花壇があり、季節ごとに美しい花を魅せてくれます。また、印象的な白い彫刻が目を引きます。

この作品は、アメリカの彫刻か「ジョージ・シーゲル」により作られたもので、「同性愛開放運動」の記念としてここに置かれています。


〖ジェニファーソン・マーケット図書館〗

「ジェニファーソン・マーケット図書館」は一見、教会やお城のようにも見える美しい建物です。窓の部分には美しいステンドグラスがあり、その装飾もとても美しい博物館のような建物です。

元々は裁判所だったというこの建物は、取り壊される予定になっていたのですが、地元住民の反対により図書館へと生まれ変わりました。そ