• 私の旅行記

アメリカ ニューヨーク シアター・ディストリクト:おすすめ劇場5選・おすすめレストラン5選・おすすめプレシアターメニュー(レストラン)5選・おすすめホテル4選・基本情報まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月28日


こちらは、ニューヨークのエンターテイメントの中心地ともいえる場所「シアター・ディストリクト」です!

「シアター・ディストリクト」は、「タイムズスクエア」を含むミッドタウン・マンハッタンの6番街西から8番街東の40丁目から54丁目までの地区を指します。

「シアター・ディストリクト」には、多くの主要劇場を始め、映画館・ホテル・レストラン・娯楽施設などが終結し、ニューヨークの活気は間違いなくののエリアからスタートしていると言えるでしょう。

このエリアには、およそ40もの劇場がひしめき合っています。1883年から「シアター・ディストリクト」と呼ばれたこのエリアは、1910年に現劇場街に地下鉄が通るようになると街全体が大きく発展していき、「ブロードウェイ劇場街」は別名「The Great White Way」とも呼ばれるようになりました。

【アクセス】

「シアターディストリクト」の周辺は、観光客が多く集まることもあり、地下鉄の駅が充実しています。

最寄駅は「タイムズスクエア-42丁目駅」で、黄色のN,Q,R,W、赤の1,2,3、紫の7番線など、多くの線が通っています。

〖JFK国際空港からエアトレインでのアクセス方法〗

「ジョンFケネディ空港」から「エアトレイン」でアクセスする際には、到着するまでに約1時間かかります。

アクセス方法は2つあり、「エア・トレイン」で「ハワードビーチ駅」へ行き、地下鉄「Aライン」に乗って行く方法と「エア・トレイン」で「ジャマイカ駅」へ行き、地下鉄「Eライン」に乗って行く方法です。

料金は「エア・トレイン」と「地下鉄」を合わせて7ドルととても格安いです。しかし、乗り換えに手間取ったり、大きな荷物を抱えての移動になると、余計に時間がかかってしまうため、注意が必要になります。

〖ニューアーク・リバティ国際空港からエアトレインでのアクセス方法〗

「ニューアーク・リバティ国際空港」から「エアトレイン」でアクセスする際には、到着するまでに1時間〜1時間半ほどかかります。

アクセス方法は、まず「エア・トレイン」で「ニューアーク・リバティ駅」へ行き、そこから「NJトランジット」に乗り換え「ペンシルバニアステーション」へと向かいます。

「ペンシルバニアステーション」から「シアターディストリクト」へは、地下鉄の「A,C,E」もしくは「1,2,3」を利用するか、「タクシー」を利用します。歩いても約15分ですので、歩いて向かうこともできます。

料金は、「ペンシルバニアステーション」までが15ドルで、そこからは選択したアクセス方法によって異なります。自分の疲れ具合や荷物の量と相談して、決定しましょう。

【ニューヨーク・エンターテイメントの中心地】

「シアター・ディストリクト」は、理由無くして「マンハッタンの心臓」と呼ばれているわけではありません。

「ブロードウェイ」だけでなく、レコーディングスタジオ・シアターエイジェント・レコードレーベル・ABCスタジオなどのエンターテイメントなどもあることが、「シアター・ディストリクト」の名前の由来になっているのです。

1883年から「シアター・ディストリクト」と呼ばれたこのエリアは、1910年に現劇場街に地下鉄が通るようになると街全体が大きく発展していき、「ブロードウェイ劇場街」は別名「ザ・グレート・ホワイト・ウェイ(The Great White Way)」とも呼ばれるようになりました。

マンハッタン最古の南北道路である「ブロードウェイ」は、「シアター・ディストリクト」のど真ん中に位置しており、全長は約29キロメートルにも及びます。

「ザ・グレート・ホワイト・ウェイ(The Great White Way)」は、美しい光と看板の宝庫であり、「ブロードウェイ・ミュージカル」がひしめき合い、男女問わず大人から子供までが楽しめる場所です。

【ブロードウェイの起源】

「ブロードウェイ」の起源は、1842年に建てられた「ヴィクトリア・シアター(Victoria theater)」が始まりです。

現在の「ブロードウェイ劇場街(ザ・グレート・ホワイト・ウェイ(The Great White Way))」は、民家と農場が並ぶのどかな地区でした。

1842年に劇場事業家だった「オスカー・ハマースタイン」が42丁目と7番街の場所に1000の座席を持つ「ヴィクトリア・シアター(Victoria theater)」を建てたのが、現劇場街の最初の劇場だったと言われています。

元々は正統な劇場として作られましたが、「ヴォードヴィル・ショー(歌・手品・ダンスなどの大衆演劇)」などが行われるようになりました。

ミュージカルスタイルの作品が上映されるようになったのは1850年頃で、ニューヨーク地区では1857年に上映された「ザ・エルヴズ(The Elves)」という作品が合計50公演行われ、ミュージカルスタイル初めのロングラン作品だったと言われています。

また現在のようなミュージカル形式のものでは、1866年に始まった「ザ・ブラック・クロック(The black Crook )」=「黒い悪魔」が最初のミュージカルと言われています。

【ブロードウェイとオフ・ブロードウェイ】

「シアター・ディストリクト」のシアターは、「ブロードウェイ」と「オフ・ブロードウェイ」という2つのカテゴリーに分かれています。2つの違いは、シアターの種類・ショーの規模によって決まっています。

「オフ・ブロードウェイ」は、100~500名を収容する劇場で上映され、規模は比較的小さく実験的で大胆なショーのことも多いです。

「ブロードウェイ」は、より多くの人数を収容することができ、長年に渡って上映される大ヒット作品であることが多いです。

ですので、「ライオンキング」・「オペラ座の怪人」・「シカゴ」などの有名なミュージカルは全て、マンハッタンの「ブロードウェイ」周辺に位置しています。

ちなみに、「ブロードウェイ・ショー」はこれらの公式「ブロードウェイ劇場」の1つで上映されているのでなければ、「トニー賞」候補にノミネートされることはありません。

【ブロードウェイ劇場:おすすめ劇場5選!】

「ブロードウェイ」のショーが魅力的なことはもちろんですが、劇場自体も非常に魅力的です。

例えば、「ウィンター・ガーデン・シアター」は、最高の興行収益を上げたミュージカルがいくつも上映された劇場ですが、元々は「ホースエクスチェンジ」のために建てられたもとでした。

1911年に再設計されたことで劇場になり、ニューヨーク最古となる「リセウム」と「ニューアステルダム・シアター」の2つの劇場は、1903年にオープンしています。

「リセウム」は3フロアあるにも関わらず、最も小さい劇場の1つです。「ニューアステルダム・シアター」は「ディズニー・シアトリカル・プロダクション」の本拠地となるロケーションです。

ちなみに夜になると、かつてのショーガールである緑色のドレスを着た女性の幽霊が出るという噂があります。幽霊に興味がある方は、「ホーンテッド・ブロードウェイ・ツアー」がおすすめです!

また、「ニューアステルダム・シアター」はニューヨークで最も美しい劇場の1つと言われています。


〖マジェスティック劇場(Majestic Theatre)〗

「マジェスティック劇場(Majestic Theatre)」は、ブロードウェイで「オペラ座の怪人」を上映し、最長のロングランを記録するゴージャスな雰囲気の劇場です。

初演から25年以上も立ちますが連日満席!確実に見るためには前もって予約するのがおすすめ!是非魅力的な舞台を鑑賞しましょう!

【基本情報】

マジェスティック劇場(Majestic Theatre)

住所:245 West 44th Street, New York, NY 10036, United States of America

電話番号:+1 212-239-6200

公式サイト:http://www.shubert.nyc/theatres/majestic/

〖ミンスコフ劇場(Minskoff Theatre)〗

「ミンスコフ劇場(Minskoff Theatre)」は、「タイムズスクエア」の中心という好ロケーションで、ロングランで上演しているのが「ライオンキング」です。

日本でも評判のミュージカルですが、本場「ブロードウェイ」でも大人気!英語が得意でなくとも十分理解できますので、子ども連れにはおすすめのミュージカルです!

【基本情報】

ミンスコフ劇場(Minskoff Theatre)

住所:200 West 45th Street, New York, NY 10036

電話番号:+12128690550

公式サイト:https://broadwaydirect.com/theatre/minskoff-theatre/

〖ニュー・アムステルダム劇場(New Amsterdam Theatre)〗