• 私の旅行記

アメリカ ニューヨーク セント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂

更新日:2020年12月28日


こちらは、100年以上の歳月をかけてなお未完成。1万人を収容できる世界最大のゴシック様式の大聖堂「セント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂(Cathedral of St. John the Divine)」です!

「セント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂」は、「コロンビア大学」の近く、「アムステルダム・アベニュー」と「西110丁目と113丁目」の間にあり、荘厳でありながらも現代的で不思議な雰囲気をもつ教会です。

今回はそんな、「セント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂」について詳しくご紹介させていただきます!

【セント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂:基本情報】

〖歴史・概要〗

「セント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂」は1888年に設計され、1892年に建設が始まりました。これまで幾度となく大きな設計変更が行われ、2度の世界大戦による建設の中断もあり、現在でも建築中。完成まではあと50年以上かかると言われています。

元々は「ビザンティン・リヴァイヴァル–ロマネスク・リヴァイヴァル様式」で設計されていましたが、1909年以降には「ゴシック・リヴァイヴァル様式」に設計変更されました。2001年12月18日の大火事の後、修復のために一時閉鎖され、2008年11月に再開されました。

現在3分の2の工程を終え、塔の建造に着手。完成すると世界最大のゴシック大聖堂となります(現在はセビリア大聖堂が世界最大のゴシック大聖堂)。また、この大聖堂は「リバプール大聖堂」と「聖公会」の聖堂および教会の中で最大の座を争っています。

世界で4番目に大きい「キリスト教教会」でもあり、建物の内部の敷地面積は121,000 ft² (11,200 m²)、長さは601 ft (183.2 meters)、高さは 232 ft (70.7 meters) もあります。身廊の内部の高さは124 feet (37.8 meters) あります。

〖住所〗

1047 Amsterdam Ave, New York, NY 10025

〖電話番号〗

+12123167540

〖アクセス〗

「セント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂」は、「コロンビア大学」の近く、「アムステルダム・アベニュー」と「西110丁目と113丁目」の間にあります。

最寄り駅は、地下鉄A B C番線「Cathedral Parkway 110 Street Station(徒歩約5分)」・地下鉄1番線「110St.Cahtedral Pkwy Station(徒歩約8分)」の2つあります。

〖観覧料〗   

大人:10ドル/子ども:8ドル/シニア:8ドル

〖開場時間〗

月曜日〜土曜日:AM7:30〜PM18:00

日曜日:PM12:30〜PM14;30

〖公式サイト〗

https://www.stjohndivine.org/

【セント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂:魅力・見どころ!】

「セント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂」は、「interdenominational(諸宗派)教会」のため、宗派・人種・性嗜好を超えて誰にでも門戸を開き、LGBTや移民へのサポートにも積極的なことで有名です。

教会のHPにも「”We are an interdenominational, interracial, international, open, welcoming, and affirming church and congregation.(我々は、諸宗派で、人種混同をサポートし、国際的で、開かれた、皆を歓迎、肯定する教会、信徒団です。)」と書かれています。過去には「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師」や「ビル・クリントン前大統領」、「ダライ・ラマ法王」と言った多くの著名人がスピーチをしています。

そして、最も注目して頂きたいのが、教会外・内に施された彫刻!まず入り口の門の左右両側の柱の彫刻は、一つひとつに細かい彫刻が施され、それが繊細で重厚な雰囲気を出しています。

そして内部には、「Life and Death」(生と死)という2015年の作られた独特な柱があります。これは、ニューヨークでは非常に有名な芸術家「トム・オッターネス」氏による彫刻で、あまりのシュールさに思わず見入ってしまいます。

また、内部には壮麗なステンドグラスが随所にちりばめられています。入り口上部の「ステンドグラス」は、「セント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂」のロゴになっており、入場するときには、受付でこのシールを胸に貼るように言われます。


この他にも、17世紀のゴブラン織り「タペストリー」や8,500本以上ある「パイプオルガン」、殉職した消防士さんたちの「記念碑」、拝廊から見下ろしているような金色の「キリストの像」などがある一方、子供たちも楽しめる、恐竜の骨などのオブジェ、現代アートなどもさりげなく取り込まれています。


〖コンサート〗

「セント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂」は約1万人収容できるということもあり、様々なコンサートやパフォーマンスなどが行われています。

5月の最終月曜日には、毎年恒例のニューヨークフィルが主催する「メモリアルデー無料コンサートがあります(夜8時開演)。ただし、無料とあって毎年長蛇の列ができるため、2時間以上前から並ぶ必要があるそうです。

またその一方、この教会では「刺激的なファッション・ショー(Adrian Alicea SS15 “Pleiadian Vogue)」の舞台としても何度も使われているようです。

いかがでしたでしょうか。

「セント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂」は、とにかく見どころがたくさん!

教会巡りが好きな方はぜひ行ってみてください!もちろん興味がない方でも重厚で荘厳な雰囲気と共に、現代アートや芸術を楽しむことができますよ!

【基本情報】

セント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂(Cathedral of St. John the Divine)

住所:1047 Amsterdam Ave, New York, NY 10025

電話番号:+12123167540

アクセス:

最寄り駅は、地下鉄A B C番線「Cathedral Parkway 110 Street Station(徒歩約5分)」・地下鉄1番線「110St.Cahtedral Pkwy Station(徒歩約8分)」の2つあります。

観覧料:大人:10ドル/子ども:8ドル/シニア:8ドル

開場時間:

月曜日〜土曜日:AM7:30〜PM18:00

日曜日:PM12:30〜PM14;30

公式サイト:https://www.stjohndivine.org/

#usa #NewYork #ニューヨーク #セント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂 #CathedralofStJohntheDivine #建築 #歴史 #教会 #ゴシック大聖堂 #コンサート #イベント #パイプオルガン #ステンドグラス #彫刻 #現代アート #オブジェ #記念碑 #photo #モニュメント



40回の閲覧0件のコメント