• 私の旅行記

アメリカ ニューヨーク セント・パトリック大聖堂:魅力・見どころ・基本情報まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月28日


こちらは、カトリックのニューヨーク大司教区の中心である大司教座および教区教会なる「セント・パトリック大聖堂」です!

「5番街」の中心「ロックフェラーセンター」の向かいにあるアメリカ国内最大のゴシック様式のカトリック教会として知られています。

元々は「マルベリーストリート(Marberry Street)」にあった「セント・パトリック大聖堂」が信者を収容しきれなくなり、1858年に「ヒューズ大司教」によって移転が発表されてから、約50年の歳月をかけて完成した歴史的な建造物の1つです。

ニューヨーク市の宗教の自由と寛容さを支持するものとなった建物の建設資金は、貧しい数千人もの移民に加え、1人1000ドルを収めた103人の著名な市民からの献金によって集められています。

「ジェームズ・レンウィック」によって設計された「セント・パトリック大聖堂」は、小塔までの高さは100.6メートル(330フィート)あり、内部には直径8メートルのバラ窓をはじめとする高い天井・7855パイプの巨大なオルガン・3700枚のステンドグラス・「ミケランジェロ」の「ピエタ」のレプリカの他、世界中の職人によって作られた作品はどれも魅力的です。

2400人を収容できる「セント・パトリック大聖堂」では礼拝が毎日行われおり、観光客も信者と同様に参加することができます。

【セント・パトリック大聖堂:基本情報】

〖歴史〗

「セント・パトリック大聖堂」の設計は「ジェームズ・レンウィック」で、ドイツの「ケルン大聖堂」を模して建築され、「ネオ・ゴシック建築」とも呼ばれています。

「マサチューセッツ州」と「ニューヨーク州」で採石された大理石の煉瓦が使われており、建設は1858年から開始され、1888年に尖塔が完成しました。

総額1億7500万ドルをかけ、2012年から3年かけて大規模な改修が行われ、くすんでいた大理石もすっかり白くなりました。教会の内部もかなり明るくなり、以前にも増して優しい光で包まれています。

〖住所〗

5th Ave, New York, NY 10022

〖電話番号〗

+12127532261

〖アクセス〗

「セント・パトリック大聖堂」へのアクセスは、、、

・地下鉄E/M線:「5番街53丁目駅」を出て、「53丁目(53rd St)」を西へ進み、「5番街」に突き当たったら左へ曲がり、そのまま直進すると左手に現れます。

・地下鉄B/D/F/V線:「47-50丁目ロックフェラーセンター駅」を出て、「48丁目(48rd St)」を東へ進み、「5番街」に突き当たったら左へ曲がり、そのまま直進すると右手に現れます。どちらの行き方でも徒歩約3~5分です。

「セント・パトリック大聖堂」はミッドタウンに位置しているため、ニューヨークの名所である「ロックフェラーセンター」・「セントラル・パーク」・「グランドセントラル・ステーション」・「ニューヨーク近代美術館」など歩いてすぐのところにあります。

〖営業時間〗

月曜日~金曜日:7:00~16:30

土曜日:7:30~19:00

日曜日:7:30~19:30

入場の際には拝廊(入り口)にて手荷物検査があります。また、ガイドツアーも行われており、日程や予約方法は「セント・パトリック大聖堂」のホームページで確認することができます。

他にもボランティアによるツアーもありますので、観光中日程が合えば是非参加してみましょう。また、クリスマス期間中は「セント・パトリック大聖堂」でコンサートが行われ、合唱・キャンドルサービスなどが行われます。

〖入場料金〗

無料

〖公式サイト〗

https://www.saintpatrickscathedral.org/

〖注意事項〗

カトリック教徒の方たちがお祈りをしているので、観光する場合は邪魔にならないよう注意しましょう。写真撮影は一番奥の礼拝室を除きOKとされています。

人気観光地ではあるものの、あくまで教会(信者が神と対話する場)ということを忘れず過度に露出した服装は控えて静かに見学しましょう!

セント・パトリック大聖堂:魅力・見どころ!】

〖外観〗

セント・パトリック大聖堂の見どころは「ゴシック・リバイバル様式」の外観!18世紀後半から19世紀にかけて興った「ゴシック・リバイバル様式」の建物は、「ネオ・ゴシック様式」とも呼ばれています。

ドイツの「ケルン大聖堂」を模して「ジェームズ・レンウィック」が設計を行い、5番街に面した重さは約9tの扉の上には、聖パトリックの像が置かれています。

ステンドグラスと共にを鑑賞するなら、天気の良い昼間の時間がおすすめです!夜のライトアップも、外装の彫刻が映えて美しく、観光の際には道路の向かいの通りからの撮影がおすすめです!

〖内観〗

「セント・パトリック大聖堂」の内部には、直径8メートルのバラ窓をはじめとする高い天井・7855本ある巨大なパイプオルガン・2800枚のステンドグラス・「ミケランジェロ」の「ピエタ」のレプリカの他、世界中の職人によって作られた作品があります。


【パイプオルガンとバラの窓】

「セント・パトリック大聖堂」入口の上方にある「パイプオルガン」は、3年かけて作られ、パイプの本数はなんと7855本もあります。

日曜日のミサや大聖堂の行事の際には、荘厳な音が奏でられ、その音色に魅せられて大聖堂に通うファンも多いようです。また、「オルガン」の上には直径8mの「バラ窓」がはめこまれており、内側から見上げると「パイプオルガン」で「バラ窓」は少し隠れていますがしっかりと迫力を感じられます。


【小祭壇】

教会内には有名宝石店「ティファニー」のデザインによる主祭壇以外、通路の両側を含め20の祭壇があります。

世界中からアメリカに渡ったカトリックの移民たちは、その国や宗派によって信仰の様式が様々だったことから、それぞれの要望に応える小祭壇を置いています。

その背景として、アメリカ合衆国において、現状プロテスタントが圧倒的に優勢である現状があります。


【ステンドグラス】

「セント・パトリック大聖堂」の天井は高く、360度いたるところに「ステンドグラス」が配置されています。

青を基調に2800枚パネルが使われ、色彩の豊かで繊細なデザインがフレームにも施されています。中でも聖母礼拝堂のロザリオの奇跡を描いたものは必見!

日がある時間に訪れると「ステンドグラス」を通じて光が入ってくる様子が見られますので、是非とも椅子に座りながら見上げることをおすすめします!

【結婚式】

「セント・パトリック大聖堂」では年間150組ものカップルが結婚式を挙げており、式は正面中央の椅子と列を使って行われます。

一般の参拝客や観光客も結婚式の様子を見ることができ、参列者用の入り口以外ならどこからでも入ることができ、周辺の座席にも座ることができます。

また、左右の側廊を自由に行き来することができるので、観覧を続けることも可能です。

【ギフトショップ】

「セント・パトリック大聖堂」の「ギフトショップ」では、宗教的、精神的、教育的贈り物として、多くのキリスト教にまつわる商品が置かれています。

クリスマス、イースター、洗礼のための贈り物などキリスト教徒には欠かせないギフトショップ。訪問の記念に1つ購入してみてはどうでしょうか。

【セント・パトリック大聖堂周辺:おすすめ観光スポット3選!】

ロックフェラーセンター(Rockefeller Center)

こちらは、日本のメディアやTVでもお馴染みのニューヨークの人気観光スポット「ロックフェラーセンター(Rockefeller Center)」です!

「トップ・オブ・ザ・ロック」は70階にあり、展望台からニューヨークの素晴らしい眺めを観ることができます。エレベーターで70階まで上がったら、3ヶ所あるビューポイントを見つけて360度の景色を楽しんでください!

美しい「セントラル・パーク」や103階建ての壮大な「エンパイア・ステート・ビルディング」などが観えますよ!

【基本情報】

ロックフェラーセンター(Rockefeller Center)

住所:47th-50th Street / 5th-6th Avenue

電話番号:212-332-6868

アクセス:「Rockefeller Center駅」からすぐ。

営業時間:24時間

※ショップなどは各店舗により異なります。