• 私の旅行記

アメリカ ニューヨーク ナショナル・セプテンバー11・メモリアル

更新日:2020年12月28日


こちらは、2001年9月11「アメリカ同時多発テロ事件」を記録し、その継続的な重要性と意義を探求できるアメリカ内屈指の機関「ナショナル・セプテンバー11・メモリアル(9・11記念博物館)」です。

「ナショナル・セプテンバー11・メモリアル(9・11記念博物館)」の1万平方メートル以上の展示スペースは、「ワールド・トレード・センター・サイト」の中に位置し、マルチメディアディスプレイヤー・アーカイブ・ナレーション・現場から回収された遺物などを通して、9・11の出来事を物語っています。


また、訪問者が2001年のテロに加え、1993年の世界貿易センター爆破事件により犠牲となった男性・女性・子供たち全ての犠牲者の命を追悼する場ともなります。

【ナショナル・セプテンバー11・メモリアル:基本情報】

〖歴史・概要〗

「9/11メモリアル・ミュージアム」は、「アメリカ同時多発テロ事件」を記念して2014年5月にオープンした博物館。正式名称は「ナショナル・セプテンバー11メモリアル&ミュージアム」。

2001/9/11、テロリストによりハイジャックされた2機の旅客機が「ワールドトレードセンター」の「ツインタワー」にそれぞれ激突。完成時世界一の高さを誇り、ニューヨークのシンボル的存在となっていたタワーは周囲の建物を巻き込んで瞬く間に崩壊しました。

この同時多発テロ事件による被害者は救助隊員等も含めて3000人以上に及び、あまりに衝撃的な出来事は世界中で中継され、崩壊した「ワールドトレードセンター」の跡地は、当初爆心地を意味する「グラウンド・ゼロ」と名付けられ、その後「9/11メモリアル・ミュージアム」が建設されるに至りました。

【メモリアル・オープン】:2011年9月11日

【ミュージアム・オープン】:2014年5月15日

〖住所〗

180 Greenwich St, New York, NY 10007

〖電話番号〗

+12123128800

〖アクセス〗

・地下鉄R、N系統「Cortlandt Street駅」から徒歩3分

・地下鉄A、C、J、2、3、4、5系統「Fulton Street駅」から徒歩約5分

・地下鉄2、3系統「Park Pl駅」から徒歩約7分

【メモリアル・エリア入場の流れ】

入り口は数か所あり、「ナショナル・セプテンバー11・メモリアル」は「グリニッチ通り(Greenwich St.)」・「リバティー通り(Liberty St.)」・「ウェスト通り(West St.)」・「フルトン通り(Fulton St.)」に囲まれており、エリアの角に入り口が設けられていますが、上記の地図の右上以外となっています。また、「フルトン通り」と「グリニッチ通り」には6時〜20時まで利用できる「エントランス」が設けられています。

※入場するには手荷物検査を受ける必要があります。


ちなみに、「ワールド・トレード・センター」跡地には、、、

・One World Trade Center

・2 World Trade Center

・3 World Trade Center

・4 World Trade Center

・7 World Trade Center

の5つのビルと「ST NICHOLAS GREEK ORTHODOX CHURCH(聖ニコラス聖堂)」という教会があることがわかります。〖NORTH POOL〗と〖SOUTH POOL〗は9・11で崩壊した「ツインタワー」があった場所です。

その間にあるのが「ナショナル・セプテンバー11・メモリアル(9・11記念博物館)」です。また、〖SOUTH POOL〗の左側には、テロで生き残った木があります。

【ミュージアム・エリア入場の流れ】

「ミュージアム」入り口には、チケット窓口も併設されており、チケットがない方はこちらで購入しましょう。事前にオンラインでチケット予約をした方やシティパス利用の方はそのまま入場します。

※オンライン予約したチケットは時間枠が決まっているため、その時間内に入場しましょう。

※シティパスの人は、時間は決められていないので、何時でも入場可能です。

※入場したら、音声ガイダンスやツアーなどがインフォメーションデスクで確認できます。

〖ガイドツアー・音声ガイドについて〗

【ガイドツアー】

6種類ほどのツアーが用意されています。どれも英語でのガイドになり、大体が60分のツアーになります。チケットの予約が必要ですので、公式からご確認ください。

https://www.911memorial.org/visit/tours

【館内ガイドアプリ(無料)】

日本語対応のガイドをしてくれる公式アプリ「9/11 Museum Audio Guide」があります。現地でもWi-Fiを利用することができるのですが、事前にダウンロードしておくことをおすすめします。また、当日はイヤホンを持っていくことをお忘れなく!館内でイヤホンなしでのアプリ利用は禁止されています。忘れた方は、インフォメーションデスクでも購入可能です。

〖料金〗

【ミュージアム】:

・大人:$24

・65歳以上:$18

・7歳-17歳:$15

・7歳未満:無料

※火曜の17:00-20:00は無料(チケットは16:00から先着順で配られます)

【メモリアル】:無料

【ニューヨーク・シティ・パス】

現地でもチケット購入することができますが、通常時でも並ぶことがほとんどです。

そのため、オンライン購入するのが最もおすすめで、中でもダントツでおすすめなのが「ニューヨーク・シティ・パス」です!

「ニューヨーク・シティ・パス」であれば、もちろんチケット購入のための長蛇の列に並ぶ必要がなく、料金もお得になります。

更に「ニューヨーク・シティ・パス」を利用すると、ニューヨークの観光スポット6箇所を通常料金よりもお得なセット価格で回ることが可能なんです!

・〖エンパイア・ステート・ビルディング〗

・〖メトロポリタン美術館〗

・〖アメリカ自然史博物館〗

・〖トップオブザロックorグッゲンハイム美術館〗

・〖自由の女神orサークルラインクルーズ〗

・〖ナショナル・セプテンバー11・メモリアル(9・11記念博物館)orイントレピッド海上航空宇宙博物館〗

公式サイトから購入する➡【ニューヨーク・シティ・パス】:大人$136・子供$112

〖営業時間〗

【ミュージアム】

日曜日~木曜日:9:00-20:00(最終入場18:00)

金曜日・土曜日:9:00-21:00(最終入場19:00)

【メモリアル】

7:30-21:00

〖定休日〗

なし

〖公式サイト〗

http://www.911memorial.org/


〖911メモリアルエリア&ミュージアム:注意事項〗

ミュージアムに入る際には「セキュリティースクリーニング(空港などである手荷物チェック)」が必須です。

・カメラは個人利用での撮影のみ許されますが、フラッシュは禁止されています。

・ミュージアム内のスケッチは、えんぴつのみ使用可能。ボールペンやペイント用具などは使用禁止。

・ベビーカーは利用可能ですが、オーバーサイズなどの理由でスタッフに禁止された場合は使用不可。

・携帯はサイレンスモード必須。通話は「コンコース・ロビー」と「Audiorium」の階でのみ可能。

・リュックや大きなカバン、長い傘はミュージアムへは持ち込み禁止。すべてコートチェックで預ける必要があり、大きすぎる荷物はコートチェックでも預かり不可の場合があります。

・飲食、喫煙、ガム、ライターは禁止されています。

・物を投げ入れたり、捨てたりする事は禁止されています。

【911メモリアルミュージアム:館内マップ・展示エリア】

〖地上〗:L-1、L-2

1階に「Entrance hall(エントランス・ホール)」・2階に「Atrium Terrace(アトリウム・テラス)」に別れています。「アトリウム・テラス」には、映画や映像が上映されるAudiorium(オーディオリウム)とカフェ、お手洗いがあります。映画などは30分間隔で上映されています。

〖地下〗:C-1、C-2

「Concourse Lobby(コンコース・ロビー)」には、ツアーデスクやインフォメーションデスク、お土産が買えるミュージアムストア、コートチェック、お手洗いがあります。

〖地下〗:C-4

「EXHIBITIONS AND EDUCATION CENTER」では、9.11の展示品などいろいろなブースに別れています。「In Memoriam」・「September 11, 2001」・「Rebirth at Ground Zero」ではカメラなどの撮影は禁止されています。

〖当時の状況が蘇る生々しい展示品の数々〗

同時多発テロ事件の悲劇を後世まで伝える為に2014年5月にオープンした「911メモリアルミュージアム」。テロ発生当時、ビルの階段を降りながら避難した人達の思いをなぞる為に地下7階建てのデザインになっています。

館内には避難する人達が実際に使用した非常階段や、変形した消防車、被害者の遺品、行方不明者を探す張り紙等、当時の状況を伝える為のあらゆる品が展示されています。

こちらの国旗は崩壊後に発見され、消防士たちが瓦礫に挿したアメリカの国旗。この「911テロ事件」では人の手によって、たくさんの罪の無い国民が亡くなりました。ビルの中にいた人、飛行機の中の人、タワーが崩れた時に近くにいて巻き込まれた人、救助に行き、そこで巻き込まれた消防士、警察の人。その人たちの家族や友達、関係者を悲しみのどん底に突き落としました。

地下2階は当初のビルで残った壁が使われています。真ん中の柱は最後に残っていた柱「Last Column」です。