• 私の旅行記

アメリカ ニューヨーク ニューヨーク近代美術館:魅力・見どころ7選・効率的な回り方・お得情報・基本情報まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月28日


こちらは、世界のモダンアートの最先端をリードするニューヨークらしい、近現代アートの金字塔作品が結集した「ニューヨーク近代美術館」通称「MoMA(モマ)」です!

「ニューヨーク近代美術館」は、全てのモダンアートファン必見の美術館で、ニューヨーク観光の要所としても避けては通れない人気の美術館です。「モネ」や「セザンヌ」などの印象派をはじめ、「ピカソ」・「マチス」・「ウォーホル」など現代美術の代表作が鑑賞できます。

北米でも主要な近代美術館の1つとされており、素晴らしい常設展の他、様々な特別展があります。また、「ニューヨーク近代美術館」の建物は日本人建築家「谷口吉生」氏の設計です。

【ニューヨーク近代美術館(MoMA):基本情報】

〖歴史〗

1928年アートコレクターの花形として名を馳せていた「ジョン・D・ロックフェラー」の妻「アビー」とその友人2人が、モダンアート限定のミュージアムを創設しようと計画しました。

5番街に場所を借り、1929年に一般に公開されたのが「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」の始まりです。当時はウォール街で金融恐慌が起きてたった9日後のことでしたが、モダンアートの理解を広めようとする彼女たちの意志の強さを感じ取れます。

現在でこそ、映像・ポスター・プロダクトデザイン・家具なども立派なモダンアートの枠に収まっていますが、それも「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」が1930年代からこうした分野の作品も収集し、活動を続けていった功績によるものだと言われています。

1939年には、現在地である53丁目に移転しオープンしました。その後も「フィリップ・ジョンソン」・「シーザー・ぺリ」といった著名な建築家の手による増築を経て、2001年に見事コンペを勝ち取った日本人建築家「谷口吉生」氏の設計により、現在の姿に生まれ変わりました。

同じ日本人として、とても誇りを持つことができます。そんな日本にも所縁ある「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」は、およそ20万点もの作品が収蔵されています。コレクションは日々増えており、1880年代ヨーロッパ芸術~現代アートまでを網羅しています。

2019年10月21日には、「現代美術館(MOMA)」がリニューアルオープン。改装された「現代美術館(MOMA)」の総面積は改装前に比べて16パーセント増えた6万5000平米(メトロポリタン美術館のおよそ3分の1)の広さがあり、ギャラリースペースも約3700平米広くなり、展示スペースは改装前に比べて30パーセント広くなりました。

〖住所〗

11 W 53rd St., New York

〖電話番号〗

(212)7089400 /

〖アクセス〗

「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」の入り口は「53th street沿い」にあります。近くには「ヒルトンホテル」があるので目印にするとわかりやすいですよ!

地下鉄E 5番街‐53丁目(5th Av ‐ 53rd St)駅:徒歩3分

地下鉄M 5番街‐53丁目(5th Av ‐ 53rd St)駅:徒歩3分

地下鉄B 7番街(7th Av)駅:徒歩5分

ニューヨークは1ブロックの距離が短いため、意外とあちこち徒歩で移動することがでます。ニューヨークの街を散歩したい!という方は「タイムズスクエア」や「ブローウェイ」方面から歩いてみるのも良いでしょう!

タクシーで向かう場合は「MoMA」もしくは「The Museum of Modern Art」と伝えればOKです!

〖営業時間〗

10時30分~17時30分(金曜は~20時)

〖定休日/休業日〗

なし/感謝祭・クリスマス

〖入場料〗

一般:$25

シニア・65歳以上(要身分証):$18

障がいをお持ちの方:$18

学生・全日制(要身分証):$14

子供(16歳以下):無料

会員:無料

※金曜16~20時は無料※

「ユニクロ」がサポートしているイベントで、毎週金曜日は無料で入場できる「ユニクロ・フリー・フライデー・ナイト」が開催されており、入場無料だけでなく「Moma Design store」や管内のカフェの料金が10~20%割引で利用することが出来ます。

〖所要時間目安〗

2時間以上

〖現代美術館(MOMA)の公式アプリ〗

「現代美術館(MOMA)」では、日本語で展示物の紹介を聞くことができるアプリをリリースしています。現代美術館(MOMA)の館内では無料でWifiが利用できるので、展示物を観覧しながらアプリを利用することが出来ます。

ただし、紹介されているのは数点のメジャーな作品のみになりますので、気になる作品があった場合はお手元のスマホで調べるのが良いでしょう。

公式アプリをダウンロード➡https://apps.apple.com/jp/app/moma-audio/id383990455

〖無料音声ガイドと無料ガイドブック〗

「現代美術館(MOMA))では日本語の音声ガイドレコーダーが無料で借りることができます。音声ガイドレコーダーの受け取りカウンターの反対側にガイドブック専用のカウンターがあるので、そこでは日本語ガイドブックが無料でもらうことが出来ます。

もし1階で受け取れなかった場合は、各フロアのエスカレーター付近に「ガイドブックカウンター」がありますので、そのカウンターで受け取ることができます。音声ガイドレコーダーは金曜日のみ貸し出しをしないので「現代美術館(MOMA)の公式アプリを利用する」の記事を参考にアプリを事前にダウンロードしてください。

また、館内にある「現代美術館(MOMA)」が運営する「Moma Design store」では「現代美術館(MOMA)」の展示物の日本語ガイドブックも24.95ドルで販売していますので、それを購入して作品を見ながらガイドブックを見るのも良いですね。


〖特別VIPツアー〗


「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」は、誰も入場していないオープン前、早朝の時間に館内を回れるツアーがあります。プロの美術史研究家をガイドに美術館内を歩き、数々の傑作を鑑賞する格別の体験をすることができます。

館内にはこのツアーの参加者のみですので、どの作品でも真ん前の真ん中に立って観ることができます。また、通常の入館料も含まれていますので、ツアー終了後も思う存分館内を見学することができます。

予約はこちらから➡【特別VIPツアー

〖公式サイト〗

https://www.moma.org/


〖注意事項〗

現代美術館(MOMA)には横28cm 縦38cm 幅13cm以上のものは一切持ち込めません。手荷物がある場合は荷物を手荷物預けセンターで預ける必要があります。

預ける際に荷物と引き換えに小さな数字の書かれたプレートがもらえるので、必ず無くなさないようにしましょう。これが無くなると荷物の受け取りまでの本人確認など色々手間がかかると予想されます。また、以下のものは預けることができませんので、ご注意ください。

・スーツケースなどの大きな荷物

・貴重品

・自転車

現代美術館(MOMA)の作品が展示されている2階フロアーに行く前に入場チケットと持ち物検査は必ずされますので、2階フロアーにリュックなどの大きな荷物を持ったまま入場すると必ず止められますので、必ず大きな荷物等は手荷物預けセンターに預けてから行きましょう!

また、「現代美術館(MOMA))では写真撮影は問題ないですが、テレビ電話やライブ等の動画撮影やフラッシュをたいた撮影などは禁止されています。更に「現代美術館(MOMA)」の展示物の中には作品がケース入ってない場合もありますので、ご注意ください。

【ニューヨーク近代美術館(MoMA)の館内構成】

〖地下1~2階〗:

地下フロアには巨大な図書館が併設されています。意外と知られていない穴場スポットで作品資料はもちろん、アーティストブックや写真集など、実に30万冊以上の資料が保管されています。日本では見ることのできない本がたくさんあり、時間がいくらあっても足りないほど。地元の美術学生さんもよく利用しているそうです。予約をすれば誰でも閲覧できるので、興味のある方はぜひ行ってみてください!

〖ロビー1階〗:

現代アートが並ぶ中庭「アビー・アルドリッチ・ロックフェラー・スカルプチャーガーデン」がり、「ピカソ」や「ロダン」のポップで目を惹く作品を見ることができます。開館時間前の9時から10時15分までは無料で入ることができ、地元の人が子供を連れて訪れたりと憩いのスポットになっています。レストラン・ギフトショップ・休息はこちらのフロアで。

〖2階〗:版画・挿画本・メディア・カフェ

・版画と挿画本部門は、時代の変遷を包括的に紹介しています。

・メディア部門は、1960年代後半から現在までのメディア作品を網羅しています。

・パフォーマンスアートも2階にて。

〖3階〗:建築デザイン・ドローイング・写真

・建築部門は、立体デザインやスケッチ、建築模型などを含む多様なコレクションを展示しています。

・ドローイング部門は、鉛筆・水彩画・コラージュ・ミックスメディアなど、1万点を超える包括的コレクションを展示しています。

・写真部門は、ジャーナリズムからコマーシャルまで写真の歴史を紹介しています。

〖4~5階〗:現代絵画・彫刻・カフェ

・ニューヨーク近代美術館のメインと言われているのが4階と5階。

・19世紀後半から現在までの作品を擁するコレクションを展示しています。

※主なアーティスト