• 私の旅行記

アメリカ ニューヨーク ハイライン:魅力・見どころ14選・おすすめホテル2選・歴史・アクセス方法まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月28日


こちらは、2009年にマンハッタンの真ん中にオープンした新しい公園「ハイライン」です!


「空中散歩」が楽しめると言われる「ハイライン」には、従来の公園とは一味もふた味も違う魅力がぎっしり詰まっており、古いものをセンスよく復活させたニューヨークらしい公園です。

今回はそんな、「ハイライン」について詳しくご紹介させていただきます!

【ハイライン:基本情報】

〖歴史・概要〗

「ハイライン」はダウンタウンのハドソンリバー沿いにある公園で、使われなくなった古い鉄道高架を利用しています。

トレンディなショップやレストランが建ち並ぶ「ミートパッキング地区」から、アートギャラリーが並ぶ「チェルシー」という街を抜けた30丁目にまでに渡る長い公園です。

「ハイライン」は、地上約10メートル・全長2.3キロメートルの貨物列車用の線路に位置しており、この線路は1930年代に建てられ1980年代まで使用されていました。

1934年以来、10番街と並行して走るこの鉄道は、マンハッタンの西側に肉などを運搬するために使用されていました。しかし、次第に鉄道は不要となっていき、最後の鉄道が運行されたのは1980年のことでした。

その後20年以上放置され、撤去されるという動きもありましたが、高架自体を公園として整備する案が持ち上がったのです。

2003年には、「ハイライン」の開発には1億5000万ドルかかることが推定され、ニューヨーク市には支払い困難な額でしたが、公園周辺の住宅不動産は上昇の兆しを見せており、税収も見込めたことから市は公園の開発を決定したのです。

2009年の夏にセクション1(「ガンズブールストリート~20丁目)、2011年夏にセクション2(20~30丁目)の区間がオープンしました。そして2014年9月には、最後の部分の工事も終わり全箇所がオープンしています。

〖住所〗

New York, NY 10011

〖電話番号〗

+12125006035

〖アクセス〗

「ハイライン」は「マンハッタン」の西側に位置し、「ミートパッキングディストリクト」の「ガンズボートストリート」から「ミッドタウン・34丁目」までの細長いパークです。

パークの全長は約2.3キロあり、東西は「10番街」から「12番街」の間に位置しています。

「ハイライン」には11ヶ所の「アクセスポイント」があるので、好きな場所から入ったり出たりすることができます。

初めて「ハイライン」へアクセスするという方は、まずは端から端までを散歩することをおすすめします!南北どちらからでもスタートが可能です!

南端の「ガンズボートストリート入口」へのアクセスは、地下鉄A/C/E線「14丁目駅」から歩いて7分程度。最北端の34丁目入口へのアクセスは、地下鉄7番線の「34丁目・ハドソンヤード駅」から2分程度です。

以下では、「ミートパッキングエリア」の入り口から「ハイライン」に行く方法を紹介します。

「ミートパッキングエリア」から「ハイライン」の入り口に入る場合は地下鉄A/C/E線「14丁目駅」で下車して、徒歩で「ホイットニー美術館」まで歩きます。

「14th Street」の出口を出て、「チェルシーマーケット」の方に歩きます。「10ave」の方に向かって歩くと「ハイライン」の高架鉄道が見えますので、「Gansevoort St」の道を川沿いに向かって歩くと「ホイットニー美術館」が見えます。

「ホイットニー美術館」と「ハイライン」の入り口は隣接しているのでわかりやすいと思います。

「ハイライン」はこの「ミートパッキングエリア」をスタートして、「34st」までに複数の入り口がありますが、途中から「ハイライン」に登るのではなく、せっかくですので「ハイライン」全体を楽しむためにもスタートからゴールまで歩くのをおすすめします!

もちろん、「ハイライン」全体を歩いたくない方や時間が限られて歩けない。という方は「ハイライン」と「高架下」を繋いでいる階段やエレベーターが以下の場所にありますので、そこから出入りすることができます。

・14th Street (エレベーター有)

・16th Street (エレベーター有)

・18th Street

・20th Street

・23rd Street (エレベーター有)

・26th Street

・28th Street

・30th Street (エレベーター有)

〖開園時間〗

春(4~5月):午前7時~午後10時

夏(6~9月):午前7時~午後11時

秋(10~11月):午前7時~午後10時

冬(12~3月):午前7時~午後7時

※「30丁目」から「34丁目」の間は街灯がないため、日没30分前に閉鎖されます。


〖休業日〗

年中無休

※イベント開催等で部分的に閉鎖になることも時折あります。

〖入場料〗

無料

〖公式サイト〗

www.thehighline.org/


※【注意事項】※

「ハイライン」では自転車やスケートボードでのアクセスは禁止。また、パーク内の通行路が限られていことや植物が痛むという理由で、犬の散歩も禁止です。他にも禁止事項がありますが、違反者はほとんどいないそうです。また、「空中公園」ということで可視性が良いためか、「マンハッタン」の他エリアに比べ「ハイライン」での犯罪率はとても低いのだそうです。

【ハイライン:魅力・見どころ14選!】

「ハイライン」の約20ブロック・全長2.3キロメートルの遊歩道は「空中庭園」そのもの。遊歩道の両脇には季節の花々や植栽が植えられていながら、所々に古い線路の跡が見えたりと、大都会ニューヨークに歴史と自然が見事に調和し、とても貴重なスポットです。

また、コーヒーやアイスクリームなどの屋台もあちらこちらにあり、道中にはベンチやデッキチェアなどもたくさん設置されているので、川沿いの風景を眺めながら日光浴や読書をするのにおすすめです。

「ハイライン」をまたぐかのように設計された「スタンダードホテル(13丁目)」・著名建築家「フランク・ゲーリー」が設計した「IACビルディング(18丁目)」・「ジャン・ヌーヴェル」による「高級コンドミニアム(20丁目)」など、古い高架と新しい建築物のコントラストもとても素晴らしいです。


以下では、「ハイライン」の魅力・見どころスポットを15選ご紹介します!


〖ミートパッキングディストリクト〗

ここ10年ほどで開発が進み、現在では精肉工場跡地にオシャレな高級ブティック・レストラン・バー・ホテルなどが入り、ニューヨークで今一番ホットなエリアと言っても過言ではありません。

最先端のトレンドが見つかり、精肉工場跡地だったとは思えない程オシャレな街です。ちなみに、「ハイライン」はこのエリアから始まります。


〖ティファニーオーバールック〗

「ハイライン」からは「マンハッタン」の景色はもちろん、アートや建築物、植物などに目を留めながら散歩をするのがおすすめです!

「ハイライン」を南側からスタートすると、「ティファニーオーバールック」という「ホイットニー美術館」と「ガンズボートストリート」を望めることができるスポットがあります。「ホイットニー美術館」は「ニューヨークタイムズ」の本社などをデザインした著名なイタリア人建築家「レンツォ・ピアノ」の作品。空中庭園や回廊などのある独特な建築を外から楽しめます!

下記にてご紹介しますが、「ホイットニー美術館」とセットにして「ハイライン」を散歩する方も多いため、「ミートパッキングディストリクト」と合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。


〖ホイットニー美術館〗

2015年5月1日にオープンした「ホイットニー美術館」、展示品だけでなく、建築デザインも非常魅力的です。この建物の設計は「レンゾ・ピアノ」によるもので、「ハイライン」の南端出口のすぐに位置しています。

展示品の中には、「アンディー・ウォーホル」などの作品があります。また、上層階にある屋外展望台・アート展示場、それらを結ぶ「無限回路(目の錯覚で無限に続ているように見える回路)」など魅力的なアートが多数あります。