• 私の旅行記

アメリカ ニューヨーク ブライアント・パーク

更新日:2020年12月28日


こちらは、「タイムズスクエア」と「グランドセントラル駅」の中間に位置する公園「ブライアント・パーク」です!

ニューヨークと言えば「セントラル・パーク」が有名ですが、「ブライアント・パーク」も負けていません。

マンハッタンのど真ん中にあり、「タイムズスクエア」・「グランドセントラル駅」・「エンパイア・ステート・ビルディング」・「ロックフェラー・センター」など公園の周辺には何かと見どころが多く、ショッピングや観光に疲れた時は、ここ「ブライアント・パーク」でゆっくりと過ごすのがおすすめです。

【ブライアント・パーク:基本情報】

〖歴史・概要〗

「ブライアント・パーク」は、1884年「クリスタル・パレス(Crystal Palace)」の焼失した跡地に出来た「レゼボア・スクエア(Reservoir Square)」を「ブライアント・パーク」を名付け、公園にしたのが始まりです。

そして、「ブライアント・パーク」に隣接して、1911年には名建築の1つ「ニューヨーク・パブリック・ライブラリー(New York Public Library)」が完成します。1920年代には、地下鉄工事の作業現場になり、その後1934年に新しく芝生を中心とした公園に再設計されました。

しかし、「ブライアント・パーク」は1970年代までに、ドラッグの売買・売春・ホームレスの場などとして、衰退の一途を辿り、一般市民が利用できない状態までに陥ります。

この状態を打破するため、1980年に「ロックフェラー」を中心として、「BRIC(The Bryant Park Restoration Corporation )-ブライアントパーク再生組織」が結成され、キオスクを導入したり、維持管理を徹底したりと、少しずつ一般市民を公園に取り戻す作業続けられました。

そして、1988年には都市計画家の「ウィリアム・H・ワイト(William H. Whyte)」の分析を原案に、「ランドスケープ・アーキテクト」の「ハンナ・オリン(Hanna Olin)」が公園の設計を行うことになりました。

この結果、地元のニューヨーカーはもちろん、観光客にも愛される現在の「ブライアント・パーク」に至るのです。

〖住所〗

40th St. to 42nd St. and 5th Ave to 6th Ave., New York

〖電話番号〗

(212)7684242 /

〖アクセス〗

オフィス街に囲まれ、まさにミッドタウンの中心とも言える場所にあり、「タイムズスクエア」と「グランドセントラル駅」からは徒歩約5分です。

最寄り駅は、地下鉄B/D/F/M線42丁目・「ブライアント・パーク駅」または地下鉄7番線「5番街駅」で、下車後徒歩1分です。

〖駐車場〗

なし

〖入場料〗

無料

〖営業時間〗

7時00分~22時00分(3月のウインタービレッジ終了後は~20時、6~9月は~24時、5月全体と6~9月の土・日曜・12月全体は~23時)

〖定休日〗

なし

〖公式サイト〗

https://bryantpark.org/

【ブライアント・パーク:魅力・見どころ!】

「ブライアント・パーク」は散歩のための公園ではなく、ゆったりとくつろぐのと遊ぶにフォーカスを当てた公園です。

毎日多くの観光客やビジネスマンが足を休めに訪れるオフィス街のオアシスなのです。普段はキリっとしているビジネスマンのリラックスムードの表情が見えて、人間観察するのもおもしろいですよ。


公園の散歩や芝生で寝転がったり、椅子に座って読者やランチしたりのんびりするにも最適!飛び入りで卓球トーナメントに参加できたり、何かしらのイベントもよく行われています。メリーゴーランドやビールの販売コーナーなどもありますよ。

〖中央の芝生スペース〗

「ブライアント・パーク」の中心にある芝生スペースは、テーブルやベンチが周囲を囲むようにたくさん置かれ、くつろぎスペースとしてたくさんの人に愛されている場所です。

天気が良ければ食事をしたり、本を読んだりとカフェ替わりにしている人たちでいっぱいです。

〖サウスウエストポーチ〗

「ブライアント・パーク」の南西に位置する「サウスウエストポーチ」では、ビールの販売もあり、夏場の夕方には仕事終わりのビジネスマンで賑わっています。

ユニークなブランコ席などもありリゾート的な雰囲気です。冬も暖房が完備されているので、寒さに堪えずとも利用することができます。

〖無料Wi-Fi〗

「ブライアント・パーク」内では無料のWi-Fiが飛んでいるため、非常に便利です。しかし、公共の場で使える無料Wi-Fiには、簡単に個人情報が盗み出されてしまう恐れがあります。

ですので、「ブライアント・パーク」内にある無料Wi-Fiを使うのもいいですが、個人情報を盗まれるのが怖い方はWi-Fiレンタルを利用するのが良いでしょう。➡

〖無料体験コーナー〗

「ブライアント・パーク」には、遊べる施設が非常に充実しており、器具レンタルと施設使用ともほとんどが無料です。ミニゴルフ場・卓球場・チェスや各種ボードゲームなどが無料で利用できます。

更に、メリーゴーランドまであり、「ブライアント・パーク」の名物として連日子供連れの家族で賑わっています。また「リーディング・ルーム(Reading Room)」と呼ばれる読書広場もあり、本をその場で借りて読むことができます。

ちなみに、「ブライアント・パーク」から「タイムズスクエア」方面に信号を渡った先には、日本でも有名な本屋さん「紀伊國屋書店」があり、地下1階には日本書籍が多数販売しています。「リーディング・ルーム(Reading Room)」を利用する際は、「紀伊國屋書店」寄って見るのもいいですね。

〖習い事〗

「ブライアント・パーク」には、上記以外にも「編み物教室」(6月~8月)・「外国語教室」(5月~8月)(日本語・フランス語・スペイン語・イタリア語)・「フライフィッシングクラス」があり、これらもほとんどが無料です。

期間中は週1ペースで開催され、事前予約が必要なものがほとんどですが、席に空きがあれば飛び入りで参加可能です。

予約・詳細はこちらから➡【公式サイト


〖充実した無料イベント〗

「ブライアント・パーク」がニューヨーカーや観光客に愛され続けている理由の1つには、年間を通して行われる様々なイベントが関係しています。

これらのイベントが行われるのは、先ほどもご紹介した中央の芝生スペースで、春から秋まではヨガ・映画観賞会などのイベントが開催され、夏には野外コンサート、秋と冬にはスケート場やクリスマスギフトなどが買えるイベントがあります。

ヨガはプロのインストラクターから指導を受けることができます。コンサートはジャズにクラシック、ピアノがありいずも人気です。公園内に作られた特設ステージでシェークスピアの劇を無料で上演しています。

特に「ブライアント・パーク」に冬限定でオープンするスケート場は、入場料無料(スケート靴レンタル:大人20ドル)で利用することができ、オープンの際には、著名なフィギアスケート選手がアイススケートを披露し、セレモニーを華やかに盛り上げてくれます。

〖冬限定アイススケート〗

「ブライアントパーク」は、冬季限定で「アイススケートリンク」が現れます。ニューヨークの「アイススケートリンク」で有名な「ロックフェラーセンター」より広く、のびのびと滑れます。

入場料無料で、スケート靴のレンタル料のみで滑れるのもうれしいポイント!期間は毎年10月末から翌年3月初旬、時間は8時~22時までです。黄色い服を着たスタッフが常時数人リンクにいて、ヘルプが必要な人に手を差し伸べてくれるので、初心者も安心して滑れますよ。

〖ジョセフィン・ショー・ローウェル記念噴水(Josephine Shaw Lowell Memorial Fountain)〗

「Charles A. Platt」設計の「ジョセフィン・ショー・ローウェル記念噴水」は、名前の通り「慈善団体協会」を設立した「ジョセフィン・ショー・ローウェル(Josephine Shaw Lowell)」を記念したものになります。

【ニューヨーク市立図書館】

「ニューヨーク市立図書館」はあまり知られていませんが、実は全米で2番目の大きさを誇る図書館なのです。

「ブライアント・パーク」内にあり、映画「スパイダーマン」や「ゴーストバスターズ」などにも使われた場所でもあります。「ニューヨーク市立図書館」は1911年に建てられた図書館で、蔵書数は460万冊、地図などのコレクションを加えると、なんと数十億以上と言われています。

入り口には「忍耐(patience)」・「不屈(Fortitude)」の2頭のライオン像があります。入り口では必ず荷物チェックがされますので、訪れる予定の方はあまり余計な物は持って行かないようにしましょう。

ちなみに、このライオン像はクリスマスなどの季節イベントの際には、コスチュームをすることでも有名で、非常にユーモアがあり可愛らしいです。また、「ニューヨーク市立図書館」も美術館のような美しい内観で、高い天井には青い空と雲が描かれています。無料Wi-Fiもありますし、お土産屋さんもあります。


【基本情報】