• 私の旅行記

アメリカ ニューヨーク ブルックリン橋:アクセス方法・魅力・見どころ・おすすめホテル4選・基本情報まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月28日


こちらは、ニューヨークのマンハッタン島とマンハッタン島から南東の位置にあるブルックリンを結ぶ橋「ブルックリン橋」です!

「ブルックリン橋」は二層に分かれており、上の層は歩いて渡れることができます。

もちろん、「ブルックリン側」から「マンハッタン島側」へ。「マンハッタン島側」から「ブルックリン側」へ。どちらからも歩いて渡ることができます!


今回はそんな、「ブルックリン橋」のアクセス方法・魅力・見どころ・おすすめホテル4選・基本情報まで詳しくご紹介させていただきます!

【基本情報】

〖歴史・概要〗

「ブルックリン橋」は1883年に完成したアメリカ合衆国で一番古いつり橋の一つです。

1869年から1883年にかけて建造され、1883年5月に開通し、完成当初は「ニューヨーク・ブルックリン橋」と呼ばれていました。また、鋼鉄のワイヤーを世界で初めて使用したつり橋でもあり、その長さは1834メートル。

1964年にアメリカ合衆国国定歴史建造物に認定され、ニューヨーク市だけでなくアメリカ合衆国としても非常に重要な建造物の一つなのです。

「ブルックリン橋」の中央径間は486メートルあるのですが、建設当時は中央径間500メートル近くの橋を架けるのは不可能と言われていましたが、14年という長い年月をかけて建設されたのです。

「ブルックリン橋」は、「ジョン・オーグスタス・ローブリング」による設計でしたが、彼は現場での事故により竣工を待たずに亡くなってしまいました。

彼の死後は、息子である「ワシントン・ローブリング」が引き継ぎますが、彼もまた事故のため、橋の工事に関わることができなくなってしまいます。


彼は自身のアパートから望遠鏡を使用し、工事の進み具合を見続け、彼の妻「エミリー・ワーレン・ローブリング」が、現場の監督者と彼の意思疎通を手助けしました。しかし、工事の間は悲しいことに27名が現場で命を落としてしまいます。

1883年5月24日「ブルックリン橋」は正式に開通し、最初に橋を渡ったのは「エミリー・ワーレン・ローブリング」で、1800台の車と15万300人の歩行者が彼女の後に続きました。


当時「ブルックリン橋」は、マンハッタンとブルックリンを結ぶ唯一の橋で、現在のニューヨークがあるのも「ブルックリン橋」があったからでしょう。「ブルックリン橋」の工事にはおよそ1900万ドルがかかっており、現在の貨幣価値に直すと3億2000万ドルに相当します。

ちなみに、「ブルックリン橋」が開通してから6日後、橋の安定性について良からぬ噂が広まり、橋は崩壊するのではないかと囁かれました。そうではないと証明するため、翌年「P・T・バーナム」がサーカスの像を21頭引き連れて「ブルックリン橋」を渡ったいうエピソードがあります。

現在では、1日平均12万台の車・4000人の歩行者・2600人のサイクリストが「ブルックリン橋」を渡っています。

〖住所〗

Brooklyn Bridge, New York, NY 10038

〖アクセス〗

「ブルックリン橋」は、「ブルックリン側」から「マンハッタン島側」へ。「マンハッタン島側」から「ブルックリン側」へ。どちらからも歩いて渡ることができます!

「ブルックリン側」から渡る場合は地下鉄A/C線「High Street - Brooklyn Bridge駅」。「マンハッタン島側」から渡る場合は地下鉄「Brooklyn Bridge - City Hall駅」。こちらで下車します。

〖ブルックリン側からスタート〗

スタート地点は赤いピンがある場所「Tillary Street」と「Adams Street」が交差しているところです。

中央のⓂがA/C線「High Street - Brooklyn Bridge駅」その右上のⓂがF線「York Street駅」になります。

しかし、ここから歩き出すとマンハッタンまでの距離が少し長いのです。ですので、橋の途中から登れる近道を使うことをおすすめします!

赤いピンがある場所は「Brooklyn Bridge Walkway Entrance」という場所で、ここから橋へと登る事ができます!

非常にわかりにくいですが、近くに行けば意外と人の出入りが多く、「WELCOME TO BROOKLYN」という看板とマップがあるのでわかると思います。

〖マンハッタン側からスタート〗

入り口は赤いピンがある場所「Park Row Exit」です。

地下鉄「Brooklyn Bridge - City Hall駅」から「ブルックリンブリッジプロムナード」を進むと、そのまま「ブルックリン橋」まで行くことができます。

地下鉄の場合、「Brooklyn Bridge - City Hall駅」以外にも、「City Hall駅」・「Chambers St駅」・「Park Pl駅」・「Fulton Street Subway Station駅」が徒歩圏内にあります。


〖開通時間〗

24時間

〖料金〗

無料


〖ブルックリン橋の観光シーズン〗

「ブルックリン橋」は、一年中観光ができますが春から夏にかけてが、おすすめのシーズンで、公園でのんびりしたり橋の上を歩くのに適していています。

また、7月から8月の時期は「ブルックリン・ブリッジ・パーク」では、様々なイベントが開催され、秋も日本同様に旅行シーズンで、11月末から12月にかけて街ではクリスマス用のデコレーションが飾られ、綺麗なイルミネーションを楽しめます。

〖公式サイト〗

https://www1.nyc.gov/html/dot/html/infrastructure/brooklyn-bridge.shtml

【ブルックリン橋:魅力・見どころ!】

〖ブルックリン側から歩いて渡るのがおすすめ!〗

「ブルックリン橋」は長い年月をかけて、ニューヨークのシンボルと観光名所の両方として進化してきた橋です。無数のケーブルワイヤーと石灰岩や花崗岩などで作られた独特のデザインは、多くの人を魅了します。

「ブルックリン橋」を観るには、やはり徒歩が1番!「ブルックリン側からマンハッタン側」へ歩いて渡るほうがおすすめです!

なぜなら、ニューヨークのスカイラインを観て楽しむことができ、橋が若干傾斜していて歩きやすいのです。渡りきるまでに約40分くらいかかりますが、写真撮影の時間なども考えて観光すると良いでしょう。


早朝の朝日に輝くビル群は大都会の迫力を感じさせる景色で、日没時の夕日に照らし出された街並みの景色も見ごたえがあります。また、「ブルックリン橋」の見どころと言えば、やはり夜です!

もちろん、昼間もおすすめですが、夜のライトアップされたマンハッタン島は息をのむ美しさです。美しいマンハッタンのビル群に向かって歩く感動は一生忘れられません。


また夜には、「ブルックリン橋」がライトアップされ、「ブルックリン橋」と「マンハッタン」の夜景のコラボが美しく、「イースト川」に映る橋のコントラストも見逃せません。

燦々と輝くガラスのジュエリーボックスのような「ブルックリン橋」や「マンハッタン」の摩天楼の夜景、目の前には名画のような世界が広がり、こころゆくまで優雅な時間を楽しめます。

また、鋼鉄のワイヤーの下を眺めることができますので、歴史を感じることもできます。

ニューヨークをテーマにした映画やドラマには必ずと言ってもいいほど登場する「ブルックリン橋」ですので、「ブルックリン橋」を訪れる際は、映画やドラマを観てから訪れるのを良いかもしれません。

また、「ブルックリン橋」の上から見える観光スポット「サウス・ストリート・シーポート」もお見逃しなく!


〖ブルックリン橋全体を見渡せる!ブルックリン・ブリッジ・パーク〗

「ブルックリン・ブリッジ・パーク」は、「ブルックリン橋」の「ブルックリンサイド」のたもとに広がる公園です。

真下から見上げる「ブルックリン橋」は迫力満点!庭園散歩や川沿いの遊歩道を景色を眺めながらゆっくり散策できる人気スポットです。

</