• 私の旅行記

アメリカ ニューヨーク ホイットニー美術館:魅力・見どころ・お得情報・レストラン・基本情報まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月28日


こちらは、2015年5月1日にオープンした「ホイットニー美術館」。展示品だけでなく、建築デザインも非常魅力的です。この建物の設計は「レンゾ・ピアノ」によるもので、「ハイライン」の南端出口のすぐに位置しています。

展示品の中には、「アンディー・ウォーホル」などの作品があります。また、上層階にある屋外展望台・アート展示場、それらを結ぶ「無限回路(目の錯覚で無限に続ているように見える回路)」など魅力的なアートが多数あります。

定期的に特別展も開催されており、展示される作品は普段見れないアーティストの作品が多く毎回この特別展は多くの方で賑わいを魅せています!

今回はそんな、「ホイットニー美術館」について詳しくご紹介させていただきます!

【ホイットニー美術館:基本情報】

〖歴史・概要〗

「ホイットニー美術館」は、「ヴァンダービルト家」の令嬢である「ガートルード・ヴァンダービルト・ホイットニー」氏によって1931年にニューヨークのマンハッタンに設立されました。

「ホイットニー・アメリカンアート美術館」という正式名称が物語るように、当時冷遇されていた自国の美術家たちを助成・紹介する目的で設立された当美術館は、今日に至るまでアメリカのモダンアートを牽引する役割を担ってきました

「ホイットニー」氏は彫刻家ですが、海運や鉄道で財をなしたアメリカ有数の富豪「ヴァンダービルト家」の出身。その財産を生かして、伝統的な美術界・美術館では評価されていない同時代のアメリカのアーティストたちの作品を購入・展示するなどのパトロン活動を1907年からお亡くなりになる1942年まで続けていたようです。

1914年には「グリニッジ・ビレッジ」に「展示スペース(the Whitney Studio)」を開設。1929年には所有する500作品以上を、ちょうどその年に設立された「メトロポリタン美術館」に寄贈を申し出たようですが、断られたことが美術館設立につながりました。

1931年の開館時は「グリニッジ・ビレッジ」にあった美術館ですが、その後1954年に「西54丁目」に移転、さらに1966年に現在「メトロポリタン美術館」が分館として使用、「マルセル・ブロイヤー設計」の建物に移転し2014年まで営業、そして2015年5月1日に現在地へ移転・オープンしました。

この建物の設計は、「ポンピドゥー・センター」や「関西国空港」のターミナル・ビル、サンフランシスコの「カリフォルニア科学アカデミー」を設計したイタリアの大御所「レンゾ・ピアノ」氏。これまでの約2倍の「展示スペース」と「常設展示専用」の2フロアを含む9階建ての美術館として現在の場所に建てられました。


外観は大きなガラス窓を多用し、東側に広がるマンハッタンの街並、西側のハドソン川の景観と有機的につながったアート空間を造り出しています。内部は、広々としたロビーにガラス張りで自然光が入り、開放感があります。またエレベーター内もアートが施されており、小さいエレベータ2つに大きいエレベータが1つ。建物内の隅の隅まで洗練されている「ホイットニー美術館」はアート作品とニューヨークの街並みを両方楽しめる工夫が随所に施されています。

〖住所〗

99 Gansevoort St, New York, NY 10014

〖電話番号〗

+12125703600

〖アクセス〗

「ホイットニー美術館」に行く一番簡単方法は、「マンハッタン」で一番大きな駅「グランドセントラル」から地下鉄「4」・「5」番ラインの「ダウンタウン」行きに乗って「Union Square」で下車後、「Lライン」に乗り換えて地下鉄A/C/E線「14丁目駅(14 Street / 8 Av)」で下車して徒歩で行く方法です。

「14th Street」の出口を出て、「チェルシーマーケット」の方に歩きます。「10ave」の方に向かって歩くと「ハイライン」の高架鉄道が見えますので、「Gansevoort St」の道を川沿いに向かって歩くと「ホイットニー美術館」が見えます。

〖入場料金〗

大人:25ドル/シニア・学生:18ドル/18歳以下:無料

※割引を利用したい方は、オンラインでチケットを予約することもできます。

※英語になりますが音声ガイドもあり、6ドルでレンタル可能です。

【1ドルで入場する方法】

金曜日の19時から22時までの間に入館すると、チケット代は好きな金額(1ドルでも可)を払うことができます。18時過ぎ頃から列ができ始めるので、早めに中に入りたい方はこのタイミングで並び始めましょう。

〖営業時間〗

日曜日・月曜日・水曜日・木曜日:10時30分~18時00分

金曜日・土曜日:10時30分~22時00分

〖定休日〗

火曜日

〖公式サイト〗

https://whitney.org/


〖荷物について〗

地下1階が「クローク」になっているので、リュックや大きい荷物を持っている場合は荷物預けてから鑑賞することになります。

【ホイットニー美術館:展示内容】