• 私の旅行記

アメリカ ニューヨーク ロックフェラーセンター:トップ・オブ・ザ・ロックお得情報・おすすめスポット3選・おすすめホテル3選・ショップ&レストラン情報まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月28日


こちらは、日本のメディアやTVでもお馴染みのニューヨークの人気観光スポット「ロックフェラーセンター(Rockefeller Center)」です!

「トップ・オブ・ザ・ロック」は70階にあり、展望台からニューヨークの素晴らしい眺めを観ることができます。エレベーターで70階まで上がったら、3ヶ所あるビューポイントを見つけて360度の景色を楽しんでください!

美しい「セントラル・パーク」や103階建ての壮大な「エンパイア・ステート・ビルディング」などが観えますよ!


今回はそんな、「ロックフェラーセンター」について詳しくご紹介させていただきます!

【ロックフェラーセンター:基本情報】

〖歴史・概要〗

「ロックフェラーセンター」は、元々はコロンビア大学が所有していた土地に、あの大富豪でお馴染みロックフェラー家によって1930年から開発された建物です。

当初は、「メトロポリタン・オペラ」の劇場を設立する予定もあったのですが、当時アメリカは、世界恐慌の煽りを受けていたため、変更を余儀なくされたと言われています。

1993年にアールデコ様式のビルが14棟完成し、60~70年代には+4棟のビルが新たに加わりました。

1989年に国際的ニュースとなった、三菱地所がセンター全体を2200億で買収するということがありました。現在は2棟のみが三菱地所の所有となっています。

現在では、毎年巨大なクリスマスツリーの点灯式が行われることで世界的に有名な場所で、アメリカのテレビネットワークNBCスタジオやオフィスビル、レストランやショップなどがある大規模複合商業施設で、景色やショッピングなど楽しみ方は様々です!

〖住所〗

48th and 51st Sts. bet. 5th and 6th Aves., New York

〖電話番号〗

(212)5888601 /

〖アクセス〗

「ロックフェラーセンター」があるのは、ニューヨークマンハッタンのミッドタウン。クリスマスツリーで有名な「ロックフェラープラザ」を中心に、「ウェスト48thストリート」~「51thストリート」・「5thアベニュー」~「7thアベニュー」に取り囲まれた6つのブロックから構成されています。

地下鉄「B・D・F・M線47-50ストリート - ロックフェラー・センター(47-50 Sts - Rockefeller Ctr)駅」からすぐの場所にあります。

また、地下鉄駅「49 St(N,Q,R番線)」・「5 AV/ 53 St(E,M番線)」・「51 St(6番線)」からも近いので、周辺の観光スポットからも気軽に行くことが出来ますよ!

〖営業時間〗

24時間

※ショップなどは各店舗により異なります。

トップ・オブ・ザ・ロック:8:00~24:00

※最終上りエレベーター23:00

〖定休日〗

※ショップなどは各店舗により異なります。

トップ・オブ・ザ・ロック:無休

〖公式サイト〗

https://www.rockefellercenter.com/

【トップ・オブ・ザ・ロック】

何と言っても観光客のお目当ては、展望台「トップ・オブ・ザ・ロック」にあります。

ニューヨークの夜景観賞と言えば、「エンパイアステートビルディング」という方も多いですが、「トップ・オブ・ザ・ロック」も負けてはいません。

「トップ・オブ・ザ・ロック」からであれば、目の前に広がる美しい摩天楼と、フォトジェニックな「エンパイアステートビルディング」を一緒にカメラに収めることが出来るのです!


ニューヨークの美しい地形を眺めたいのであれば日中に、ニューヨークの美しい光を眺めたいのであれば夜に訪れることをおすすめします。もちろん、外から見る「ロックフェラーセンター」もとても美しいですよ!

〖チケット購入方法〗

「展望台(トップ・オブ・ザ・ロック)」まで上るにはもちろん「チケット」が必要です!「チケット」を購入するには何通りか方法があります。

また、入場は「時間指定制」になるので、事前に観光プランを立てることをおすすめします!「時間指定制」とは、「チケット」を窓口でゲットした際に「この時間からこの時間に入場しにきてください」と入場できる時間が決められます。

大勢の人で混雑しないよう、時間を区切って展望台まで上がるような仕組みになっており、混んでいるときは1時間後の時間に設定される場合もありますので、周辺で時間が潰せるように行くところを探してからいきましょう!

【ニューヨーク・シティ・パス(New York City Pass)】

現地でもチケット購入することができますが、通常時でも並ぶことがほとんどです。

そのため、オンライン購入するのが最もおすすめで、中でもダントツでおすすめなのが「ニューヨーク・シティ・パス」です!

「ニューヨーク・シティ・パス」であれば、もちろんチケット購入のための長蛇の列に並ぶ必要がなく、料金もお得になります。

更に「ニューヨーク・シティ・パス」を利用すると、ニューヨークの観光スポット6箇所を通常料金よりもお得なセット価格で回ることが可能なんです!

・〖エンパイア・ステート・ビルディング〗

・〖メトロポリタン美術館〗

・〖アメリカ自然史博物館〗

・〖トップオブザロックorグッゲンハイム美術館〗

・〖自由の女神orサークルラインクルーズ〗

・〖ナショナル・セプテンバー11・メモリアル(9・11記念博物館)orイントレピッド海上航空宇宙博物館〗

公式サイトから購入する➡【ニューヨーク・シティ・パス】:大人$136・子供$112


【当日購入】

当日に「チケット」を買う場合は、直接「トップ・オブ・ザ・ロック」の窓口に行き、「チケット」を購入する必要があります。

英語が苦手な方は上記で説明した「シティパス」などの事前にオンライン購入ができるチケットをおすすめします!

当日券も時間制のチケットを購入し、その時間に入場をすることができます。

① .窓口には当日券の販売の列がありますので、そちらへ並び当日チケットを購入。

② .チケットを受け取ると入場できる時間が記載されているので、その時間内に入場します。

入場まで時間がある場合は、近くの「5番街」や「タイムズスクエア」などで時間をつぶすのも良いでしょう。

また、「ロックフェラーセンター」内には展望台の他にもニューヨーク観光で有名スポットがたくさんありますので、下記にてご紹介する【合わせて行きたいおすすめスポット3選!】の欄をチェックしてみてください!


〖展望台までの行き方〗

「トップ・オブ・ザ・ロック」の入り口は、50丁目の「5番街」と「6番街」の中間にあり、エントランスを入ると美しい「スワロフスキー」の「シャンデリア」がお出迎えしてくれます。

セキュリティで手荷物検査を受ける必要がありますので、危険物はもちろん、飲料も持ち込むことが出来ませんので気をつけてください。


〖持ち込み不可の物一覧〗<