• 私の旅行記

アメリカ フロリダ デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ

更新日:2020年12月28日


こちらは、アメリカ合衆国フロリダ州デイトナ・ビーチにある「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」です!

「NASCAR」の本拠地である、「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」は、1959年に「ストックカーレース」の会場として建設され、「デイトナ500」や「コークゼロ400」、「24時間レース」のコースとしても知られています。

レースファンでもそうでなくても、このレース場に足を運べばアドレナリン全開になること間違いなしです!

【特徴】

「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」は、毎年何十万という人が訪れるほど有名なレース場です!

2月に開催されるのが、かの有名な「デイトナ500」。レースの迫力と凄まじいエンジン音は、一度体験すれば一生忘れることはないでしょう。

コースの形状は「トライオーバル」といわれる、最大バンク角が31度であることで、カーブでもスピードがあまり落ちないのが特徴的です。そのスピード感とレースの迫力がこのスピードウェイの人気の理由なのです。

また、従来のトラックとバンク角のあるターンを備えた独特のオーバルトラックを組み合わせていることにより、巨大な走路の中にロードレースコースも建設されています。

この革新的なアプローチにより、世界で最も有名な耐久レースの一つである、「ロレックス・デイトナ・24時間レース」の前身となるレースが開催されることとなり、「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」は国際的地位を獲得しました。

【歴史】

第1回のレースは「ロレックス・コスモグラフ・デイトナ」が発表される1年前の1962年に開催されました。

「ロレックス」は「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」の公式時計となり、このアメリカのレーストラックとの関係を深めるため、その新しいモデルを「コスモグラフ・デイトナ」と名付けました。

※「ザ・ロレックス」と知られる「ロレックス・デイトナ・24時間レース」は、国際モータースポーツシーズンの幕開けとなるイベントで、このレースでは連続した24時間で人間とマシンの限界が試されます。

「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」があるデイトナ・シティは、スピードの世界的な中心地としてその名を歴史に刻んでいます。

1903年以来、「デイトナ・ビーチ」ではモーターレースが開催され、多くの地上速度の世界記録が売りたてられてきました。

1935年には時速276マイル(445km)という驚異的な最高記録が達成されるなど、現在でもデイトナはアメリカにおける「モーターレースの世界的中心地」として認識されています。

デイトナに本部を置く「インターナショナル・スピードウェイ社」は、その起源である伝説的なここ「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」を始め、アメリカ合衆国の13のレーストラックを管理しています。

また、デイトナはNASCAR(全米自動車競走教会)やGRAND-AMなど運営組織の本拠地でもあります。「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」は1959年にNASCAR(全米自動車競走教会)の創始者「ウィリアム・フランス」によって造られました。

ここでは、毎年「ストック・カーレース」のスーパーボウルとして知られる「デイトナ500」が開催されます。「デイトナ500」は805kmを走るレースで、NASCARを代表するレースであり、賞金もNASCARのレースの中でも最高額です。

そして、毎年7月の「独立記念日」の時期には、「Coke Zero Sugar 400」と呼ばれるナイトレースが開催されます。午後7時過ぎスタートで、最終日には迫力のある花火も打ちあがります!

【ツアーに参加しよう!】

「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」を訪れた際には、ぜひツアーに参加してみましょう!

全部で3つのツアーがありますが、「オールアクセスツアー」の所要時間は約90分で、料金は大人1人25ドル。普段一般の観客が入れない特別エリアなども見学できます。

ただ、90分のツアーは長過ぎる!と思う方は、「スピードウェイツアー」に参加しましょう!こちらの所要時間は約30分です。

こちらは大人1人18ドルで、「スピードウェイ」の歴史を学びたい人や写真を撮りたい人にはおすすめです!そして、レース好きなら、是非「スペシャル・ツアー」に参加しましょう!

所要時間は約3時間で料金は大人1人52ドル。このツアーでは、「デイトナ500」のチャンピオンカーを始めとする自動車やトロフィー、記念品などを見ることができます。

そして、感動のゴールラインに立ったり、「デイトナ500」のチャンピオンが立つ「ビクトリーレーン」に足を踏み入れたりすることもできます。

「ストック・カー」の運転席に座ることもできますが、助手席に乗って実際のコースを走るスリルも味わってみましょう。

レース前にレースカーをチューニングするガレージやレーサー達が戦略を話し合う「ドライバーズ・ミーティングルーム」にも入ることができ、レース中クルーがレースカーの整備をする「ピットロード」も見学可能です。

また、「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」の見どころは、「ストック・カー」だけではなく、スポーツカー用のトラックや自転車用のトラック、ゴーカート用の平坦なトラックもあります。

敷地内にある湖「レイク・ロイド」(11.7ヘクタール)では、「パワーボートレース」が開催されます。

舞台裏を見るツアーは何種類はあり、所要時間も30~3時間以上と様々です。

※「デイトナ500」などの人気イベントやVIPツアーのチケットは、前もって購入する必要があります。

※その他のチケットに関しては当日、スピードウェイチケットオフィスで購入が可能です。子供には割引があります。

【アクセス】

「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」は、「デイトナ・ビーチ」のダウンタウンから車で約10分の場所にあり、車は無料駐車場に停め、そこからシャトルバスで「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」に向かいます。

【各種レコード】

・最多勝 - デイル・アーンハート・シニア(デイトナ500で1勝、コークゼロ400で2勝、バドワイザー・シュートアウトで6勝、ゲータレード・デュエルで12勝、ネーションワイドシリーズNAPA300で7勝、インターナショナル・レース・オブ・チャンピオンズで6勝の計34勝)

・モンスターエナジーNASCARカップ・シリーズ予選レコード - ビル・エリオット(210.364mph/42.783秒、1987年)

・エクスフィニティシリーズ予選レコード - トミー・ホストン(194.389mph/46.299秒、1987年)

・キャンピングワールドトラックシリーズ予選レコード - ジョン・ラットマン(187.563mph/47.984秒、2000年)

・24時間レース最長走破距離 - ジョン・ポール・シニア/ジョン・ポール・ジュニア/ロルフ・シュトメレン組(4,433.33km、1982年)

いかがでしたでしょうか。

「モータースポーツ」好きにはたまらないスポットの「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」。

フロリダ州の定番人気スポットである「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」や「ユニバーサル・スタジオ・フロリダ」へ行くのも良いですが、少し違った楽しみ方として「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」へ足を運んでみてはいかがでしたでしょうか。

きっと素敵な旅の思い出として残ることでしょう。