• 私の旅行記

アメリカ ラスベガス ウィン・ラスベガスホテル

更新日:2020年12月28日


こちらは、「ラスベガス・ストリップ」に位置する豪華なリゾートホテル「ウィン・ラスベガスホテル」です!

2006年にオープンしたラスベガスでもっとも豪華なホテルで、「ミラージュ(Mirage)」や「トレジャー・アイランド(T.I)」、「ベラージオ(Bellagio)」などを建設し現在のアトラクションシティー・ラスベガスを築き上げた帝王「スティーブ・ウィン(Steve Wynn)」が自らの名を冠し、究極といっても過言ではないホテルとなっています。

フルサービスのスパ、オアシススタイルのプール、様々な高級ブランドショップがあり、モダンでエキゾチックな滞在を楽しむことができます。また、ホテル内には1800台以上のスロットマシンや26台のポーカーテーブルが備わるカジノがあり、プールサイドでのブラックジャックなど様々なテーブルゲームも楽しめます。

「ウィン・ラスベガスホテル」では、「シャネル」や「ルイ・ヴィトン」など、多くのブティックでのショッピング、シグネチャーレストランやカフェ、ビュッフェの食事を楽しめます。ナイトクラブでは、最先端の照明と音響を駆使したエネルギッシュなエンターテイメントを体験することができます!

 

【外観・インテリア】

 

「ウィン・ラスベガスホテル」は、まさに「豪華爛漫」の一言に尽きるほど。外装から客室の内装、サービスにいたるまで洗礼された世界でも類をみないほどの高級ホテルです!

スタイリッシュでシックな外観はコンセプトである「大人のためのホテル」を感じさせ、心地よいアロマとBGMで迎えるエントランスをくぐると一面レッドカーペットの高級感あふれるカジノが広がります。

総工費27億ドル(約2700億円)という桁外れの金額を投資して完成した「ウィン・ラスベガスホテル」は当時、世界でもっともお金が掛かった建物でもあり、一足踏み入れてみるとその豪華さに圧倒されてしまいます。

215エーカーの壮大な敷地内には18ホールの本格的なゴルフコースが併設されていたり、フェラーリやマセラティのショールームまで併設されたりと、まさにこれ以上ないほどの豪華さです。

 

【客室】

 

モダンかつエレガントでゴージャスな客室を備えた「ウィン・ラスベガス」。全 4,750室はスイートとして建設されており、客室のアメニティーから家具にいたるまで高級品で統一されています。

「コンデナストトラベラーズ」誌では、リーダーが選ぶベストホテルにランクイン。デラックスルームからスイートルームまで、客室が全9タイプ用意されています。

最高クラスのスイートは大きなバルコニーや専用マッサージルームが備えられています。また、姉妹ホテルの「アンコール」では、全8タイプの部屋から選ぶことができ、「アンコール」の客室はクラシックとモダンが融合したインテリアデザイン。

最高クラスの3ベッドルームデュープレックスはプール(ビリヤード台)やランニングマシーンなども備えています。

〖デラックスリゾート〗

「デラックスリゾート」は、広さ59平米、定員4名、広々としたキングベッドのお部屋か2つのダブルベッドが完備されています。

モダンで都会的なインテリアがならぶ部屋からは、「ラスベガス・ストリップ」を眺めることができます!

また、トイレとバスルームが別になっているため、旅の疲れをしっかりとることができますよ!

※歯ブラシとスリッパが完備されていません。

※バスタブ完備

〖デラックス・パノラミック・ビュー〗

「デラックス・パノラミック・ビュー」は、広さ59平米、定員4名、広々としたキングベッドのお部屋か2つのダブルベッドが完備されています。

シックで落ち着いた空間のお部屋からは、ラスベガスの街並みを一望するできます!

広々とした自慢のバスルームはトイレが別についている快適さで、非日常的でゴージャスな空間を存分に楽しむことができます!

※歯ブラシとスリッパが完備されていません。

※バスタブ完備)

〖デラックス・パノラミック・コーナービュー〗

「デラックス・パノラミック・コーナービュー」は、広さ69平米、定員3名、寝心地抜群のキングベッド一台完備されています。

広々としたお部屋からはラスベガスの美しい街並みを一望することができます。

大きなバスタブ一台、大きなテレビが二台と、ダイナミックなつくりになっているお部屋です。

非日常的な空間で、開放感をより感じることができる角部屋がおすすめです!

※歯ブラシとスリッパが完備されていません。

※バスタブ完備

〖客室一覧〗

【ウィンリゾートルーム】

・デラックスリゾート

・デラックスパノラミック

・パノラミックコーナー

・タワーキングスイート

・タワーダブルスイート

・エグゼクティブスイート

・パーラースイート

・サロンスイート

・フェアウエイヴィラ

【アンコールリゾートルーム】

・リゾートスイート

・パノラミクスイート

・アンコールキングスイート

・タワークイーンスイート

・パーラースイート

・サロンスイート

・2ベッドルームアパートメント

・3ベッドルームデュープレックス

 

【レストラン】

 

〖ザ・バフェ(The Buffet)〗

「ザ・バフェ(The Buffet)」は高級感溢れるバフェで、天井が高く明るく開放感ある店内では沢山の美味しいお食事がキレイに並んでいます。

花々のモチーフで飾られた明るい店内で、バイキング天国のラスベガスのホテルの中でもインスタ映えすることで有名です。

好きな具で作り間にチーズを挟んでくれるオムレツ、ほどよい甘さのラズベリーのケーキ。デザートの種類も多く、様々な料理を最後までゆっくりとお食事を楽しめます!

【基本情報】

ザ・バフェ(The Buffet)

住所:3131 Las Vegas Blvd S Las Vegas, NV 89109

電話番号:+1 702-770-3340

営業時間:

日曜日〜木曜日 8:00〜22:00

金曜日・土曜日 8:00〜22:30

休日:なし

料金:

BREAK FAST:月曜日ー金曜日(8:00-11:00)$19.95

LUNCH:月曜日ー金曜日(11:00-15:30)$23.95

DINNER:日曜日ー木曜日(15:30-22:00)$34.95/金曜日・土曜日(15:30-22:00)$39.95

SATURDAY&SUNDAY BRUNCH: (8:00-15:30) $31.95

予約開始:90日前

公式サイト:http://www.wynnlasvegas.com/Dining/CasualDining/TheBuff

〖ウィングレイ(Wing Lel)〗

「ウィングレイ(Wing Lel)」は、明るく豪華な雰囲気の中華料理店です!

店内は明るく広く豪華な内装はとても素晴らしく、静かにお食事を楽しめるので記念日などにおすすめです!「ウィングレイ(Wing Lel)」では、ジャケット着用が好ましいでしょう。

【基本情報】

ウィングレイ(Wing Lel)

住所:89109 Nevada, Las Vegas, S Las Vegas Blvd, 3131

電話番号:+1 702-770- 3388

営業時間:

月曜日〜木曜日 17:30〜21:30 金、土 17:30〜22:00

休日:なし

予算:$60〜

予約開始:90日前

公式サイト:http://www.wynnlasvegas.com/Dining/FineDining/WingLei

〖ワズズ(Wazuzu)〗

「ワズズ(Wazuzu)」は、中華の他に寿司やタイ料理も楽しめるレストランです!

中華ベースのアジアン料理で寿司、タイ料理、ラーメンなど色々な物が楽しむことができ、店内中央には、「スワロフスキー」で作られた龍が飾られておりお店のシンボルとなっています。

【基本情報】

ワズズ(Wazuzu)

住所:3131 S Las Vegas Blvd Las Vegas, NV 89109

電話番号:+1 702-770-5388

営業時間:

日曜日〜木曜日 11:30〜22:30

金曜日・土曜日 11:30〜1:00

休日:なし

予算:$40〜

予約開始:90日前

公式サイト:http://www.wynnlasvegas.com/Dining/CasualDining/Wazuzu

〖ラ・カーヴ ワインアンドフード・ハイドアウェイ(La Cave Wine and Food Hideaway)〗

「ラ・カーヴ ワインアンドフード・ハイドアウェイ(La Cave Wine and Food Hideaway)」は、小皿料理が充実の隠れ家的お店です!

小皿料理のタパスのお店で店内とテラス席があります。テラスではプールを眺め水音を聞きながらゆっくりとお料理を楽しめます。

日曜日のみのサンデーブランチ(10:30~14:30)もおすすめです!

【基本情報】

ラ・カーヴ ワインアンドフード・ハイドアウェイ(La Cave Wine and Food Hideaway)

住所:3131 S Las Vegas Blvd Las Vegas, NV 89109

電話番号:+1 702-770-7375

営業時間:

月曜日〜木曜日 12:00〜22:00

金曜日・土曜日 12:00〜23:00

日曜日 10:30〜02:30・16:00〜22:00

休日:なし

予算:$50~

予約開始:90日前

公式サイト:http://www.wynnlasvegas.com/Dining/CasualDining/LaCave

〖レイクサイド(Lake Side)〗

「レイクサイド(Lake Side)」は、人工湖を眺めながら食事を楽しめるレストランです!

店内はホテルカラー赤を基調とした高級感ある雰囲気です。また、テラス席では雰囲気が少し変わり「ウィン」の人口湖水を眺めながらロマンチックにお食事を楽しむことができます!

【基本情報】

レイクサイド(Lake Side)

住所:3131 Las Vegas Blvd S Las Vegas, NV 89109

電話番号:+1 702-770-3310

営業時間:17:30〜22:30

休日:なし

予算:$60~

予約開始:90日前

公式サイト:http://www.wynnlasvegas.com/Dining/FineDining/Lakeside

〖レッド8(RED8)〗

「レッド8(RED8)」は、アジアン料理をお手軽に楽しめるレストランです!

ランチから深夜まで幅広く利用できるアジアン料理のお店で、 麺類、飲茶などもあり、中国、タイ、ベトナム、韓国の料理を楽しむことができます!

【基本情報】

レッド8(RED8)

住所:89109 Nevada, Las Vegas, S Las Vegas Blvd, 3131

電話番号:+1 702-770-3380

営業時間:AM11:30〜AM12:00

休日:なし

公式サイト:http://www.wynnlasvegas.com/Dining/CasualDining/Red8

 

【ウィン・スパ 】

 

「ウィン・スパ 」では、カップル用シートも完備、心行くまで癒されます!贅を尽くした空間で、マッサージ / トリートメント ルーム、カップル用トリートメントルームがあります。

インテリア、調度に細部までこだわり抜いたi癒しの空間で至福の時間を過ごすことができます。アンコールスパともにフォーブスの旅行ガイドで5つ星を獲得した最上級スパで、サービスにはマッサージ、フェイシャル トリートメント、ボディラップ、ボディスクラブが含まれます。

また、このスパではサウナ、スパ用浴槽、スチームサウナをお楽しみいただけます。「ウィン」、「アンコール」のどちらにもフィットネスセンターが併設されています。

【営業時間】

ウィンスパ/アンコールスパ:7:00〜20:00

ウィンサロン:

日曜日〜木曜日 9:00〜19:00 

金曜日・土曜日 9:00〜21:00

アンコールサロン:9:00〜19:00

フィットネスクラブ:5:30〜20:00

 

【プール】

 

「ウィン・ラスベガスホテル」、「アンコール」双方に美しく色彩豊かななアウトドアプールがあり、完全な温度管理のもと、ゴージャスで快適なスイム&リラクゼーションの時間を楽しめます!

「ヨーロピアンプール」は子供不可となっており、「プライベートカバナ」は予約制になっています。

 

【エンターテインメント】

 

「ウィン・ラスベガスホテル」では、「シルク・ド・ソレイユ」のプールでのパフォーマンスを観られるだけでなく、著名ミュージシャンのコンサートも目白押しという贅沢なエンターテイメントが行われています。

そのラインナップのゴージャスさはラスベガスでもトップクラスで、夜は「ナイトクラブ」に繰り出す、ライトアップされたプールや滝のほとりでお酒を楽しむ、有名DJによるパフォーマンスに盛り上がる。など選択肢が豊富にあります!

〖LAKE OF DREAMS(無料ショー)〗

「LAKE OF DREAMS」は、ホテル内にある小さな人口湖で毎日行われる光と水のショーです!

毎日日没から深夜0時半まで30分ごとに行われます。また、上記で紹介した「レイクサイド(Lake Side)」というレストランで食事をしながら観覧するできます。

〖シルク・ド・ソレイユ:ル・レーブ(LE RÊVE – THE DREAM)〗

「シルク・ド・ソレイユ:ル・レーブ(LE RÊVE – THE DREAM)」では、円形の舞台に設置されたプールでアクロバティックなパフォーマンスが繰り広げられます。

観客席は舞台をぐるりと360度囲んで配置されているため、どこからも観やすくできています。

前列2席はプールサイドシートのため水しぶきをかぶりますので、濡れたくない方は避けましょう。また、専用モニターのある席ではシャンパンを飲みながらショーを楽しめます。

【基本情報】

電話番号:+1 702-770-9966

チケット:$114~

公式サイト:https://www.wynnlasvegas.com/entertainment/le-reve-the-dream

〖ミュージックコンサート〗

「ウィンシアター」と「アンコールシアター」では毎日世界的なヒットソングアーティストによるライブコンサートが公演されています。 

*公演日程、チケット情報は公式サイト参照

公式サイト:https://www.wynnlasvegas.com/entertainment

〖XSナイトクラブ〗

「XS」では、DJブース後ろ側にある「Encore Beach Club」というプールクラブが大人気です!音楽とともにライトアップされたプールは、まるで海外ドラマのワンシーンのような豪華な光景です!

夏の間は毎週日曜夜に「ナイトプールパーティー」が開催され、水着で入場して盛り上がれます!金曜日・土曜日にはプール会場は閉まっていますが、華麗でゴージャスな空間は楽しめること間違い無しです!

【基本情報】

XS・エクセス/エックスエス

ホテル:Wynn Las Vegas & Encore Resort(ウィン・ラスベガス)内

住所:3131 Las Vegas Blvd. South, Las Vegas, NV, 89109

エントランス料金:男性$30-50/女性$20

営業時間:PM10:30-AM4:00

休業日:火曜日〜木曜日

ドレスコード:あり

公式サイト:http://xslasvegas.com

 

【ショッピング】

 

〖ウィンプラザ(Wynn Plaza)〗

「ウィンプラザ(Wynn Plaza)」は、20181年11月9日に「ウィン・ラスベガス(Wynn Las vegas)」にオープンした、ハイエンドなブランドが豊富に揃ったショッピングモールです!

2階建てのモールにはオープン時点でショップ15店、レストラン2店、エクササイズスタジオが入居しています。全米初となる「ルイヴィトン」のメンズライン専門店、オーガニックカフェとして人気の高い「アースカフェ」などが出店しています。

「ウィン・ラスベガスホテル」、「アンコール・ラスベガスホテル」の「ショッピングプロムナード」と合わせるとテナント数は40以上になります。ハイブランド狙いなら1番に訪れたい場所です!

【ショップリスト】

・バルマン

・ブライトリング

・ボッテガ・ヴェネタ

・ジェームス・パース

・キートン

・KWIAT

・ルイ・ヴィトン メンズ

・MARIE FRANCE VAN DAMME

・オメガ

・PERSE

・リモワ

・サンローラン

・STEFANO RICCI

・ステラ・マッカートニー

・VITRA EYEWEAR

・ケンゾー

・セリーヌ

・ロエベ

・エルメス

【基本情報】

住所:3131 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109

電話番号:+1 702-770-7070

営業時間:

日曜日-木曜日 10:00~11:00

金曜日・土曜日 10:00~0:00

公式サイト:https://www.wynnlasvegas.com/shops

【「ウィン・ホテル」・「アンコール・ホテル」のショップリスト】

〖ウィン・エスプラネード〗

・アレキサンダー・マックイーン

・BIJAN DESIGNER FOR MEN

・BRIONI

・カルティエ

・シャネル

・クロエ

・ショパール

・ディオール

・フェラガモ

・ジバンシー

・グラフ

・ルイ・ヴィトン

・モンクレール

・PHILIPP PLEIN

・プラダ

・RENE CAOVILLA

・ロレックス

・WATCHES OF SWITZERLAND

・ウィン・コレクション

【基本情報】

場所:「ウィン・ラスベガスホテル」内、「パラッツオ」からの歩道橋側玄関。

営業時間:

日曜日-木曜日 10:00~11:00

金曜日-土曜日 10:00~0:00

〖アンコール・エスプラネード〗

・AQUAZZURA

・BRUNELLO CUCINELLI

・シャネル

・クリスチャン・ルブタン

・エルメス

・LORO PIANA

【基本情報】

場所:「ウィンシアター」から「アンコール・ホテル」への通路。

営業時間:

日曜日-木曜日 10:00~11:00

金曜日・土曜日 10:00~0:00

 

【カジノ】

 

赤と白を基調とした「カジノ」は「ウィン・ラスベガス」のシンボルカラーです!総フロア面積は約17,000㎡、テーブルゲーム240台、スロットマシン2,200台という規模を誇ります。

5星ホテルの評価にふさわしいラグジュアリーな空間が魅力の「ウィン・ラスベガス」では、ポーカーのトーナメントが日夜開催されており、どのテーブルも白熱したゲームが展開されています。

レース&スポーツブックは、リニューアルされたばかりの会場で楽しむことができ、部屋一面にLEDスクリーンが配置されています。ビッグマッチとなると、会場はお祭りのような騒ぎにになることもあり、1度はその雰囲気を味わってみたいですね。

定番のテーブルゲームでは、ブラックジャックやクラップスを大人限定のプールサイドで楽しめるなど、楽しみ方は人それぞれです。新しいゲームも常に増えているため、以前に行ったことがある方も、再度訪れれば新しい発見があるかもしれません。経験豊富なディーラーは、特別な一夜を盛り上げてくれること間違いなしです!

また、「ENCORE PLAYERS LOUNGE」では、豪華なテーブル席でルーレットなどのカジノゲームをVIP気分で楽しめることでしょう。メンバーシップのレッドカードを作ると$20分のスロットサービスがついてきます。

〖メンバーカード〗

特典がいっぱいで、カジノのフロアーにあるリワードカウンターで「身分証明書(パスポートなど)」を提示すれば、21歳以上の人ならその場でメンバーズカードを作ってくれます。

同系列ホテルはメンバーズカードを共有して使え、「MGM社」「CAESARS社」同じ系列ホテルで遊んだ時は、同じアカウントにポイントが貯まっていくのです。もちろん他のホテル系列でも使えます。

・カジノ

ビデオゲーム機には必ずメンバーカードを挿入するところがあり、テーブルゲームでは、ディーラーにカードを渡します。

とにかく遊べばポイントが貯まっていく仕組みです。

ポイントを貯めていくと、ポイント数に応じて階級が上がっていく仕組みとなっており、貯まったポイントは、売店やレストランで利用することができます。

その他階級によっては駐車場が無料・ホテル代が無料・会員限定のイベントに招待・海外旅行をプレゼント!など様々な特典が用意されています。

貯めれば貯めるほど、優待特典が豪華になっていくのです。

カジノに興味の無い方でも、ラスベガス記念に作ってみるのも良いかもしれません。

〖カジノゲーム一覧〗

・スリーカードポーカー

・バカラ

・ビッグシックス

・ブラックジャック

・カリビアンスタッドポーカー

・クラップス

・レットイットライド

・ミニバカラ

・パイガオポーカー

・パイガオタイルズ

・ルーレット

・カジノウォー

・ウィールオブフォーチュン

【基本情報】

総フロア面積:約17,000㎡

テーブルゲーム:240台

スロットマシン:2,200台

営業時間:24時間

入場料:無料

入場可能な年齢:21歳~

メンバーシップ:RED CARD

カジノへの入場料:無料

ミニマムベット:$5~

ドレスコード:特になし

 

【MICE】

 

「ウィン」と「アンコール」では、約24,000㎡のミーティングスペースを保有しています。

多目的なイベントに対応したサービスを提供、専属のコンシェルジュが付き、専属のシェフによるケータリングサービスもあります。ウェディング・チャペルも2タイプあり、数百名の披露宴も可能です。

WYNN Meeting Room:18の会議室、2つの特別会議室を含む約19,000㎡のコンベンションスペースを提供しています。

WYNN Ballroom:2つのコラムフリーボールルームを提供してます。

ENCORE Meeting Room:6つのプライベートボードルーム、17の会議室、約1,900㎡のボールルームなど、あらゆるニーズに合わせて約5,500㎡のカスタムデザインミーティングスペースをアレンジできます。

 

【アクセス】

 

沢山のカジノがひしめき合うラスベガスでは、お目当てのカジノにたどり着くことが意外と難しかったりします。間違えて入ってしまっては、旅行の際に大きな時間のロスになってしまうので注意が必要です。

特に「ウィン・ラスベガスホテル」は、「ラスベガス・ストリップ」というラスベガスのメイン通りに位置しています。

ここでは、「マッカラン国際空港」から「ウィン・ラスベガスホテル」への行き方から、周辺へのアクセスなどを含めてご紹介していきます。

〖シャトルバス〗

「マッカラン国際空港」から、8ドルのシャトルバスを利用することができますが、事前に予約が必要です。

複数人数で利用する場合は特に「タクシー」・「Uber」を利用した方が良いでしょう。

〖タクシー〗

「タクシー」はラスベガスにおける最もメジャーな交通手段です。「マッカラン国際空港」のタクシー乗り場から、タクシーへ乗ることが出来ます。

料金は高くつきますが、予約も必要ないため、急いでいる方やスムーズにことを進めたい方におすすめです!

台数は非常に多く街の至るところを何時でもタクシーが運行しているため、ホテルで「タクシー」待ちのために列に並ぶこともほとんどありません。

価格:道路状況と時期によって異なり、空港からの「タクシー」は追加料金がかかります。

利用アドバイス:「タクシー」は施設間の移動や空港への移動、または夜のクラブ帰りの際に、非常に便利です。街中には十分な数の「タクシー」があるので、夜遅くて「タクシー」がつかまらないという心配をする必要はありません。

知っておくべきこと:「Uber」と「Lyft」同様、「ストリップ」で「タクシー」を拾うことはできません。ホテルには「タクシー」乗車所があり、たいていの場合ホテルのボーイがいる近くに「タクシー」乗車所があります。また、ドライバーとの間で何か問題があれば「ネバダ・タクシー運営局」☎702-668-4005に電話しましょう。

タクシー料金の目安:$25(チップ込み)


所要時間の目安:10分ほど

〖Uber〗

日本ではあまり馴染みの「Uber」ですが、本場アメリカのラスベガスでは「Uber」を使いこなすことができるととても便利です。

乗り場が少し変わった場所にあったり、予約が必要な点などの面倒もありますが、料金の安さや手軽さを考えるとぜひUberの利用をおすすめしたいと思います。

ただし、早朝・深夜の利用の場合は通常の「タクシー」と変わらない料金になることもあるため、フライトの到着時間次第では、向いていないかもしれません。

Uberの料金の目安:800円から1200円


所要時間の目安:10分ほど

〖レンタカー〗

狭いようで意外と広いラスベガスを観光するのに、レンタカーほど便利な乗り物はないでしょう。ただし、ラスベガスの場合「マッカラン国際空港」では「レンタカー」業者が集まるエリアまで距離が3㎞程あり、そこまでは無料のシャトルバスで行かなければなりません。

空港は広いですが、いたる所に標識があり、「rental car buses」のほうへ行けば「レンタカー」業者の集まるエリアまで行くことが出来ます。

日本車も数多く置いてあるので、車選びに苦労することはないでしょう。日本と違って右側通行であるアメリカの運転になれている方には最もおすすめできます。ただ、施設が巨大すぎるがゆえに、ホテル及びカジノと駐車場が離れていることが多いです。

〖公共交通機関〗

ラスベガスでは、路線バスが発達しており、空港から各カジノへ路線バスを乗り継いでいくことが可能です。

停車駅も多いため時間がかかってしまい、バスの時刻に縛られてしまうことがデメリットです。

そのため、利用することはあまりお勧めできません。片道4ドルほどで済み、料金がほかの移動手段と比べて最も安いことが唯一のメリットです。

「ラスベガス・ストリップ」内のアクセス・交通手段は、こちらの記事をご覧ください。➡

アメリカ ラスベガス ラスベガス・ストリップ

 

【ファッションショーモール(FASHION SHOW MALL)】

 

「ウィン(含、アンコール)」の最大の魅力とも言える「立地条件」は、「ミラージュ」・「ベネチアン(含、パラッツォ)」・「トレジャーアイランド(TI)」といったホテルに囲まれているということも勿論ですが、「ファッションショー(モール)」・「フォーラムショップス」・「グランドキャナルショップス」という大きなショッピングスポットが徒歩圏内にあることです。

ショッピングを旅の楽しみにしている方にとっては、大きなメリットです!中でも、 「ファッションショーモール」は、ラスベガスで唯一ホテルから独立しているモールでもあり、「THE CLOUD」と呼ばれる巨大な屋根が特徴的です。

「ファッションショーモール」というオシャレな名前に加えて、立地条件も良く日本人観光客の間でも非常に人気が高い場所です。

場所的にも規模的にも、ここを抜きにラスベガスでのショッピングを語ることはできず、ショッピング好きにとっては必見の場所です。ちなみに、「ファッションショーモール」と「ファッションアウトレット」を混同する方が多いようですが、全く別物ですので注意してください。

【基本情報】

ファッションショーモール(FASHION SHOW MALL)

住所:3200 LAS VEGAS BLVD. LAS VEGAS, NV 89109

電話:702-369-0704

営業時間:月 ー土 / 10:00am ~ 9:00pm日 / 11:00am ~ 7:00pm

アクセス:「ウィン(含、アンコール)」 のすぐ北側。主要ホテルから徒歩でアクセス可能。

 

いかがでしたでしょうか。

今回は、ラスベガス最高峰のホテル「ウィン・ラスベガスホテル」をご紹介いたしました。

今回ご紹介した以外にも、「ウィン・ラスベガスホテル」の魅力はまだまだたくさんあります!

ホテルを一歩でれば世界的に有名なストリート「ストリップ」が続き、カジノにショッピングにと数々の楽しみ方を見つけることができます。

「ラスベガス・ストリップ」の中でも端に位置していることから、中心地までは少し歩く必要がありますが、その分落ち着いたホテルステイを楽しみたい人にはピッタリのホテルです!

周辺にはスーパーやショッピングモールなども沢山あるので不便に感じることはまずありません。ラスベガスを訪れる際には是非とも「ウィン・ラスベガスホテル」を検討してみて下さい!

 

【基本情報】

ウィン・ラスベガスホテル

住所:3131 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109

電話番号:+1 702-770-7000

料金:$168~

チェックイン:15:00

チェックアウト:11:00

アクセス: 「マッカラン国際空港」から約4.9km

公式サイト:https://www.wynnlasvegas.com/

※記事内容は執筆時点のものですので、最新の内容をご確認ください。

#LasVegas #usa #ホテル #ラスベガスストリップ #レストラン #スパ #プール #エンターテイメント #ショー #ナイトライフ #ショッピング #カジノ #イベント #photo

閲覧数:170回0件のコメント

最新記事

すべて表示