• 私の旅行記

アメリカ ラスベガス ザ・ベネチアン

最終更新: 2020年12月28日


こちらは、イタリア・「ベネチア」の水の都を再現したホテル「ザ・ベネチアン」です!

「ザ・ベネチアン」のショッピング・カジノ・グルメなどエンターテインメントの規模はテーマパーク級!そして、その姉妹ホテルとして建てられた「パラッツォ・ラスベガス」。

両ホテルは本館と新館のような関係で、同じ「Las Vegas Sands社」の管理下で運営されているばかりか、カジノ運営のための当局へのライセンス登録なども「ひとつのホテル」として申請されています。

また、「ザ・ベネチアン」・「パラッツォ・ラスベガス」どちらも、全室スイートルームのラグジュアリーホテルとして変わらぬ人気を誇っています。

「パラッツォ・ラスベガス」についてはこちらの記事をご覧ください!➡

アメリカ ラスベガス パラッツォ・ラスベガス

【歴史・特徴】

「ザ・ベネチアン」は、1999年「シェルドン・アデルソン」の手によってオープンしました。

イタリア北東部の都市・水の都「ベネチア」をテーマに、「ベニスの鐘楼」・「リアルト橋」・「サンマルコ広場」等が本物さながらに造られ、外観・内装ともに「ベニス」をイメージしたこだわりが見受けられます。

建設当時のラスベガスでは、カジノの面積をより大きく、ホテルの部屋をより小さくし、カジノ滞在時間を可能な限り延ばすような方針のホテルがほとんどでした。

これに対し「COMDEX」というコンピューター展示会で成功していた「シェルドン・アデルソン」率いる「ザ・ベネチアン」は、ホテルを全室広々としたスイート仕様にし、客足の少ない平日には展示会などを開催することで収益を上げる斬新な方針を打ち出しました。

これによって「ザ・ベネチアン」は大成功し、現在まで続くラスベガス・サンズの象徴的存在になっています。

【客室】

「ザ・ベネチアン」の客室は4028室すべてスイートルームで、ゆったりと贅沢に造られています。一番小さな 「ラグジュアリー・スイートタイプ」のお部屋でも、650スクエアフィート(約60㎡)の大きさを持ち、モダンなヨーロッパ調のベッドルームとリビングルーム、大理石のバスルームを兼ね備えています。 

ただ、「スイート」といってもリビングとベッドルームが完全にセパレートになっているのではなく、段差と柵で仕切られた「ジュニアスイート」といったところです。バスルームは、バスタブとシャワールームが独立していて使いやすく、ツインの洗面台は2人同時に使えるようになっています。

とにかく居心地が良い雰囲気で、ゆったりと寛ぐことができます。料金は、「ラグジュアリー」で*80ドル~。豪華な内装や立地条件を考えると、とてもリーズナブルです。

【外観・インテリア】

「ザ・ベネチアン」は本館と2003年オープンの「ベネチアンタワー」、別館の「パラッゾ・ラスベガス(Parzzo Las Vegas)」によって構成されています。その大きさ、全室スイートという豪華さも相まって、「ザ・ベネチアン」の外観はとてもゴージャスな雰囲気です。

また、宿泊施設とは別に、正面には実際に「ベネチア」の「サンマルコ広場」にある、「サン・マルコの鐘楼(Campanile di San Marco)」をモデルにした塔があり、「ベネチア」の世界観への強いこだわりを感じます。

中へ入れば豪華なロビーに迎えられます。これだけでも普通のホテルとしては十分なのですが、「ザ・ベネチアン」の特徴はなんといっても水路でしょう。

ホテルの中にある巨大なショッピングモール「グランドキャナルショップス」では、水路とそれを走るゴンドラが運行しています。

もちろん、このゴンドラには乗船することが可能で、本場イタリアの「ベネチア」の雰囲気を優雅に感じることができます!

【グランド・キャナル・ショップス(Grand Canal Shoppes) 】

アメリカ西部・ネバダ州ラスベガス (Las Vegas) のメイン通り・「ラスベガスストリップ (Las Vegas Strip)」と「サンズ通り (Sands Avenue)」 の交差点の南東に位置する「ザ・ベネチアン」・「パラッツォ・ラスベガス」のホテルの間に、オシャレな屋内ショッピングモール「グランド・キャナル・ショップス(Grand Canal Shoppes) 」があります。 

この施設の北西にある「ファッションショー (Fashion Show) 」、南西にあるホテル「シーザーズパレス(Caesars Palace)」内の「フォーラムショップス (The Forum Shops) 」とあわせて、「ラスベガス・ストリップ」の三大ショッピングモールと言われ、この三角形をなす地区は、徒歩でお買い物のはしごが楽しめる人気のスポットです!天井には素晴らしい青空が描かれており、屋外にいるような開放感があります!

アメリカのセレブ御用達高級百貨店「バーニーズニューヨーク (Barneys New York) 」や人気アメリカンブランド「トリーバーチ (Tory Burch) 」を始め、160以上の店舗やレストランがヨーロッパの街並みの様に連なり、通路には石畳が敷き詰められ、中央の「サン・マルコ広場」では、大道芸人やオペラ等のイベントが行われています。 

スイーツが食べたい!という方は、アメリカの人気リアリティー番組「ケーキボス (Cake Boss) 」のホストでおなじみ「バディ・ヴァラストロ (Buddy Valastro)」氏のお店「カルロス・ベーカリー (Carlo’s Bakery) 」がおすすめ!4世代にわたる彼のイタリアンスイーツを味わえるのは、ラスベガスではこちらだけです。

また、その向かいにある「バディ・V・リストランテ (Buddy V’s Ristorante) 」は、彼がオープンした初のレストランで、伝統的なファミリーレシピによるイタリアン&スペシャルスイーツをいただくことができます。

【基本情報】

グランド・キャナル・ショップス(Grand Canal Shoppes)

住所:3377 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109

電話番号:+1 702-414-4525

営業時間:

日曜日~木曜日 10時00分~23時00分

金曜日・土曜日 10時00分~0時00分

公式サイト:https://www.grandcanalshoppes.com/en.html

〖ゴンドラ・ライド〗

モール内部には本場「ベネチア」さながらの運河が流れ、この運河を行きかう「ゴンドラ・ライド(有料)」は人気のアトラクションです。 

「ゴンドラ」は屋内だけでなく、天気が良ければ屋外コースも運行しています!自然の光や風を感じながらの乗船は、より気分が上がります!

更に、夜の屋外コースも楽しむことができ、ラスベガスから放たれる無数のネオンが映りキラキラしている水面は、光の上を船で渡るような幻想的な雰囲気で、とてもロマンチックな時間を過ごせます。乗車中は、「ゴンドリエーレ(船頭さん)」がイタリア語で素敵な「カンツォーネ」を歌ってくれますよ!

【基本情報】

ゴンドラ・ライド

住所:3355 LAS VEGAS BLVD., S., LAS VEGAS, NV 89109

電話番号:+1 702-414-4300

料金:$16+チップ(4名乗り) 2名貸切$64+チップ

営業時間:10am-10:45pm(平日)11:45pm(金土)

休日:無

公式サイト:http://www.venetian.com

〖エンターテイメントショー〗

ショッピングで歩き疲れたら、運河沿いの「サンマルク広場 (St. Mark’s Square) 」へ行きましょう!ここステージでは、大道芸やオペラなどのエンターテイメントショーが行われており、本格的なショーを無料で観覧することができます。

毎日、正午~午後6時まで1時間おきに開催されているので、イタリアンデザート片手にぜひご覧ください。また、夜6時半~10時までは、ライブバンドの演奏が楽しめますよ!

【プール】

「ザ・ベネチアン」のプールは3つあり、特に大きな特徴のあるプールではありませんが、日当たりもよく、ホテルのプールとしては十分に楽しめるスポットになっています。

メインデッキ・「ベネチアンプールデッキ」

サイドのエキゾチックな植物たちがとっても良い雰囲気です。

「タオビーチ」

こだわり抜かれたアジアンな雰囲気で、より一層バカンスな気分にさせてくれます!壇上の休憩スペースで一息つきながら楽しむプールは、究極の大人の過ごし方ができそうですね。

「ラズールラグジュアリープール」

デイベッドと呼ばれる、サイドに置かれたソファがなんとも贅沢です。デイベッドは予約制となっておりますので、使用してみたい人はまずフロントへ問い合わせしましょう。

「ザ・ベネチアン」のプールの特徴は、4階に位置していることです。多くのラスベガスのホテルでは1階にプールが位置していることが多く、プールへ行くためにはロビーを通らなければいけなかったりと、不便も多いのですが、ここでは客室から直接プールへ行けるような作りで、非常に利用しさすくなっています。

同様に高層階にプールがあるホテルとして、「パリス・ラスベガス」が挙げられますが、小さなプールが1つしかないこともあり、「ザ・ベネチアン」のプールは宿泊者にとっては素晴らしいものになると思います。

【基本情報】

営業時間:午前6時30分~午後10時

2018年9月4日~2019年春までプールの改修工事が行われるため、その期間中は「ザ・ベネチアン」のプールへ入ることはできません。

【レストラン&カフェ】

〖ボション・ビストロ(Bouchon Bistro)〗

「ボション・ビストロ(Bouchon Bistro)」は、デニッシュ、クロワッサンなどが人気で、レストラン以外に「ザ・ベネチアン」に3ヵ所「ベーカリカフェ」があります。

朝食、ランチは気軽に入ることができ、ディナーはカップルにおすすめです!きびきびとしたギャルソンがサービスしてくれますよ!

【基本情報】

ボション・ビストロ(Bouchon Bistro)

住所:The Venetian Resort Hotel & Casino 3355 Las Vegas, NV 89109

電話番号:+1 702-414-6200

営業時間:06:00〜21:00

休日:なし

予算:$30〜

予約開始:90日前

公式サイト:http://www.thomaskeller.com/bouchon-bistro-venetian

〖ビーアンドビー(B&B Burger & Beer)〗

「ビーアンドビー(B&B Burger & Beer)」は、広々とした店内で3つに構成されています。

カジノフロア側の店内「パテオ」、「メインダイニングルーム」、「ラスベガス・ストリップ」が眺めることのできる「アウトドア・パテオ」があり用途に合わせて席を選ぶことができます。ジューシーなハンバーガーを豪快に生ビールと召し上がれば最高の一時を過ごせますよ!

【基本情報】

ビーアンドビー(B&B Burger & Beer)

住所:3355 Las Vegas Blvd S Las Vegas, NV 89109

電話番号:+1 702-414-2220

営業時間:11:00〜01:00

休日:なし

予算:$10〜30

予約開始:90日前

公式サイト:http://bandbburgerandbeer.com/

〖カルロズ・ベイク・ショップ(Carlo’s Bake Shop)〗

「カルロズ・ベイク・ショップ(Carlo’s Bake Shop)」は、〖ニューヨーク〗でも〖ラスベガス〗でも長蛇の列ができるほど、アメリカ人に大人気のお店です。

カスタードクリームがたっぷり入ったロブスターテイルというお菓子が人気で、次の日本上陸スイーツかもしれませんよ!?また、店内ではお菓子を作っているところが見られます。

【基本情報】

カルロズ・ベイク・ショップ(Carlo’s Bake Shop)

住所:3325 Las Vegas S Las Vegas, NV 89109

電話番号:+1 702-607-2356

営業時間:08:00〜23:00

休日:なし

予算:$6~

予約開始:90日前

公式サイト:https://bakeshop.carlosbakery.com/las-vegas

〖アクアノックス(Aquaknox)〗

「アクアノックス(Aquaknox)」は、レストラン激戦エリアでホテルオープン当初からあるレストランです!

「コンベンションセンター」が近く、イベント帰りの人たちで賑わいを魅せています。フレッシュで見た目も美しいシーフード料理がとても人気です!

【基本情報】

アクアノックス(Aquaknox)

住所:3355 Las Vegas Blvd S Las Vegas, NV 89109

電話番号:+1 702-414-3772

営業時間:

日曜日〜木曜日 17:30〜23:00

金曜日・土曜日 17:30〜23:30

休日:なし

予算:$60〜

予約開始:90日前

公式サイト:http://aquaknox.net/

〖グランドラックスカフェ(Grand Lux Café)〗

「グランドラックスカフェ(Grand Lux Café)」には、5時までランチスペシャルメニューがあります。

あの有名な「チーズケーキファクトリー」と同じ経営で、1つのポーションが大きいのが特徴です。24時間営業しており、入りやすいので便利!また、パラッツォ店もありますよ!

【基本情報】

グランドラックスカフェ(Grand Lux Café)

住所:3355 Las Vegas Boulevard S Las Vegas, NV 89109

電話番号:+1 702-414-3888

営業時間:24時間オープン

休日:なし

予算:$15~

公式サイト:http://www.venetian.com/restaurants/global/grand-lux-cafe-venetian.html

〖タオ・アジアン・ビストロ(Tao Asian Bistro)〗

「タオ・アジアン・ビストロ(Tao Asian Bistro)」は、大きなブッダが店内におり、不思議な空間での食事を楽しむことができます!

また、「ナイトクラブ」併設されているので音楽は賑やかです。料理は中華、和食、タイなどをミックスさせたアジアンフュージョン料理です。

【基本情報】

タオ・アジアン・ビストロ(Tao Asian Bistro)

住所:3377 Las Vegas Blvd S Las Vegas, NV 89109

電話番号:+1 702-388-8338

営業時間:

日曜日〜木曜日 17:00〜24:00

金曜日・土曜日 17:00〜01:00

休日:なし

予算:$30〜60

予約開始:90日前

公式サイト:http://taolasvegas.com/restaurant

〖フードコート(FoodCoat)〗

「ザ・ベネチアン」には、「バフェ(BUFFET)」がない代わりに「フードコート(FoodCoat)」があります。食べ放題形式ではありませんが、安価でおいしいものが食べることができとても好評です。

牛肉サンドイッチは$ 5.75、七面鳥バーガーは$ 7のため、$10もあれば十分な食事がるでしょう。

【基本情報】

フードコート(FoodCoat)

住所:3377 Las Vegas Blvd S Las Vegas, NV 89109

営業時間:24時間

予算:~$10

【カジノ】

「ザ・ベネチアン」内の広大な「カジノ」は 120,000スクエアフィート(約11,100㎡)に及び、クラップス、ブラックジャック、ルーレット、スパニッシュ21、レット・イット・ライド、カリビアン・スタッド・ポーカー、3カード・ポーカー、パイ・ゴウ・ポーカー、ミニ・バカラ、インペリアル・バカラなどのテーブルゲームが充実しています。 

特にサンド・ポーカー・ルームはラスベガス・ストリップ最大で、14,000スクエアフィート(約1,300㎡)のルーム内に59台のポーカーテーブルが並べられています。

もちろん、1,200以上のスロットマシーン、レース&スポーツブックも兼ね備えていますよ。

〖メンバーカード〗

特典がいっぱいで、カジノのフロアーにあるリワードカウンターで「身分証明書(パスポートなど)」を提示すれば、21歳以上の人ならその場でメンバーズカードを作ってくれます。

同系列ホテルはメンバーズカードを共有して使え、「MGM社」「CAESARS社」同じ系列ホテルで遊んだ時は、同じアカウントにポイントが貯まっていくのです。もちろん他のホテル系列でも使えます。

・カジノ

ビデオゲーム機には必ずメンバーカードを挿入するところがあり、テーブルゲームでは、ディーラーにカードを渡します。とにかく遊べばポイントが貯まっていく仕組みです。

ポイントを貯めていくと、ポイント数に応じて階級が上がっていく仕組みとなっており、貯まったポイントは、売店やレストランで利用することができます。

その他階級によっては駐車場が無料・ホテル代が無料・会員限定のイベントに招待・海外旅行をプレゼント!など様々な特典が用意されています。

貯めれば貯めるほど、優待特典が豪華になっていくのです。カジノに興味の無い方でも、ラスベガス記念に作ってみるのも良いかもしれません。

〖グレイジーカード〗

画像引用元:https://www.venetian.com/grazie.html

「ザ・ベネチアン」と「パラッツォ」には、独自のプレイヤーズ・クラブ会員制度・「グレイジー(Grazie)」があります。 

カジノでの遊興費が全てポイントになり、獲得ポイントに応じて、ホテル内の食費やショー、部屋代等が無料になる特典を受けられます。

入会は無料なので、各ホテル内の「グレイジー・デスク」で、パスポート持参のうえ、会員証を発行してもらいましょう!

〖カジノゲーム一覧〗

・ブラックジャック

・トリプル7ブレイジングブラックジャック

・バスターブラックジャック

・カリビアンスタッドポーカー

・カジノウォー

・クラップス

・クレイジー4ポーカー

・フラッシュゴーンワイルド

・フォーチュンプログレッシブパイガオポーカー

・インペリアルバカラ

・キングバウンティブラックジャック

・レットイットライド

・リンクドプログレッシブジャックポット

・ラッキー6バカラ

・ミシシッピスタッド

・ノーコミッションバカラ

・パイガオタイルズ

・リピーターベッツ

・大小、シックボー

・ルーレット

・スパニッシュ21

・3カードポーカー

・アルティメットテキサスホールデム

・テキサスホールデム

・スロットマシン

・スポーツベット

※ポーカーテーブルの数は37あります。

【基本情報】

営業時間:年中無休、24時間営業

入場可能な年齢:21歳~

テーブルゲームの数:159

マシンゲームの数:1247

ポーカールーム:有り

日本語スタッフ:有り

カジノへの入場料:無料

ミニマムベット:$5~

【タオ・ナイトクラブ(Tao Nightclub)】

「ザ・ベネチアン」には、2005年にオープン以来、不動の人気を保つホットなナイトクラブ「TAO/タオ」があります。

設立に数千万ドルの巨額をつぎ込んだとも言われる「TAO/タオ」は、フロア面積約4,000平方メートル、収容可能人数2,500人、先ほどもご紹介したアジアンフュージョン・レストラン 「タオ・アジアン・ビストロ(Tao Asian Bistro)」も併設するセレブ御用達のハイエンドなナイトスポットとして知られています。

最新鋭のオーディオシステムを搭載し、全米トップDJ達によってくり広げられるミュージックはヒップホップ、ロック・マッシュアップ、トップ40系がメイン。イベントによっては、「ジャネット・ジャクソン」・「マドンナ」・「プリンス」といった世界的アーティストが訪れたり、常連セレブとしては、「ヒルトン姉妹」や「カーダシアン姉妹」などの名が聞かれます。

2011年10月には「キム・カーダシアン」がバースデーパーティーを行った場所として、メディアでも話題になりました。店内は、アジアの「寺」や「禅」をメインテーマに、新進気鋭の一流デザイナー達によってコーディネートされ、インテリアが強烈な個性を放ち、アジアンテイストとはいえ、逆にアジア人には思いつかないんではないかというほどユニークで斬新なインテリアは見どころです!

まず、入り口からメインフロアに続くトンネル状の通路に、いくつものバスタブが並び、バスタブには花びらが浮かべられ、同じような花びらビキニを身にまとった美しい女性モデル達が踊りながら入浴中という、なんともセクシーなお出迎えを受けます。

そして、メインフロアに入るとまず最初に目に飛び込んでくるのは堂々とそびえ立つ大仏。6メートルもあるその手彫りの仏像は、鯉の泳ぐ池の中に鎮座してゲストを見下ろします。

また、ボールルームには葵のご紋入りカーペット、その他にも、涅槃仏あり、昇り龍あり、力士の写真あり、書道作品あり、壁に枯山水あり。とアメリカ人のイメージするアジアの集大成に驚くことでしょう。

「Monk Bar/モンク(僧侶)バー」と呼ばれるエリアには、まるで「五百羅漢」か何かのように、何百体も立ち並ぶ仏像もあります。「TAO/タオ」は、今や押しも押されもせぬラスベガスのキング・オブ・クラブで、「TAO/タオ」抜きにして、ラスベガスのクラブシーンは語れないでしょう。

【基本情報】

タオ・ナイトクラブ(Tao Nightclub)

住所:3355 Las Vegas Blvd. South, Las Vegas, NV, 89109

電話番号:+1 702-388-8588

営業時間:木曜日~土曜日 10:00pm-5:00am

ドレスコード:

男性:襟・ボタン付きのシャツ、革靴着用、TシャツNG、スニーカーNG、穴の空いてないジーンズ可

女性:TシャツNG、スニーカーNG

年齢:21歳以上(政府発行の写真つきIDが必要)

カバー料金:男性$40 女性$20

ジャンル:Hip-hop Top40

【キャニオン・ランチ・スパ・クラブ(Canyon Ranch Spa Club)】

「ザ・ベネチアン」には、世界有数の広さを誇る「キャニオン・ランチ・スパクラブ(Canyon Ranch Spa Club)」があります。その敷地面積は、何と134,000スクエアフィート(約12,400㎡)、90以上の個室を持ち、150以上のマッサージやフェイシャル等のスパ・メニューを堪能することができます。

スパ以外にも、ロック・クライミングやフィットネス・センター、ヘアサロンやネイルサロン、アクアバーナと呼ばれるサウナやジャグジー付の入浴施設を完備。更にはキャニオン・ランチ・カフェやグリルといったレストランも併設された、男女問わず1日中ゆっくり過ごせる大人のオアシスとなっています。