• 私の旅行記

アメリカ ラスベガス スロット・ジラ・ジップライン

更新日:2020年12月28日


こちらは、2014年に「フリーモント・ストリート・エクスペリエンス」内に登場した新アトラクション「スロット・ジラ」と呼ばれるジップラインです!

アウトドアシーンで行われる一般的なジップラインと異なり、電飾アーケード街という極めて特殊な環境下ととてもユニーク。

「フリーモント・ストリート・エクスペリエンス」のアーケード上部に張られた長さ1750フィート(約530メートル)のワイヤーを最高時速40マイル(64キロ)のスピードで滑り降りるジップラインです。そのスタート地点は2ヵ所あり、中腹部にあるスロットコイン部分と、さらに上のリールの図柄が描かれた上部分にあります。

低い方のジップラインは、高さ23メートル・全長219メートル・最高時速56キロです。高い方のズームラインは、高さ35メートル・全長483メートル・最高時速64キロです。

下段は繋がれたワイヤーに腰掛けるような姿勢ですが、上段はまるでスーパーマンのように空を飛ぶ姿勢で滑り降ります。

【チケット購入・料金】

料金は高さによって値段が変わり、低い方は25ドル・高い方は45ドルです。日没前には料金が少し安くなります。チケットの購入方法は、自動販売機を利用するか、もしくはオンラインでも購入可能です。

ちなみに、2回目以降は15ドルに割引(日没前・午後6時前は10ドル)され、更に50ドルの1日乗り放題券というものがありますので、覚えておくといいかもしれません。

見ている側は、「フリーモント・ストリート・エクスペリエンス」の映像と音楽のショーに観光客が釘付けになっていると、突如として上空に絶叫が聞こえてきます。上を見るとそこには、人が飛んでおり、手を振ったり拍手をしたりなど、とても微笑ましい光景です。

煌びやかに賑わう幻想的な電飾アーケード街「フレモント・ストリート・エクスペリエンス」の中を、さらに地上を行き交う人々の真上を滑り降りるので、形容しがたいほどのスリルと絶景を体験できるのは間違いないでしょう。

ラスベガスに訪れたのなら是非とも、アメリカならではのユニークな絶叫系アクティビティを体験してみてください。きっと素敵な思い出になるはずです!

【フリーモント・ストリート・エクスペリエンス】

ラスベガスの「ダウンタウン地区商工会」が一致団結し、7000万ドルという巨額を投じて1995年12月に完成させたアーケード街「フリーモント・ストリート・エクスペリエンス」です!

現在は歩行者天国になっており、無料のショーやスペシャルイベントを楽しめる場所として、常に観光客で賑わいを見せる人気スポットです。「フリーモント・ストリート・エクスペリエンス」は、長さ450メートルのハイテクなアーケードで覆われています。

そのアーケードの屋根一面に1250万個の発光ダイオードが組み込まれており、曲に合わせたレーザー光線などによる光のショーが繰り広げられています。約8分の上演を毎日行われていて、1時間おきに演出が異なります。

「フリーモント・ストリート・エクスペリエンス」の詳細はこちらの記事をご覧ください!➡

アメリカ ラスベガス フリーモント・ストリート・エクスペリエンス

【基本情報】

スロット・ジラ・ジップライン

住所:425 Fremont St.Las Vegas, NV89101

アクセス:フリーモントストリート エクスペリエンス アーケード内

電話:1-702-678-5780 / 1-844-947-8342

料金:ジップライン $25 ズームライン $45

営業時間:日曜日-木曜日12:00~24:00 金曜日 & 土曜日12:00~翌2:00

乗車条件:体重25kg~136kg(ズームラインは45kg~136kg)、身長209cm以下。また、13歳以下は13歳以上の同伴が必要。

公式サイト:http://vegasexperience.com/slotzilla-zip-line/

※記事内容は執筆時点のものですので、最新の内容をご確認ください。

#usa #LasVegas #アクティビティ #アトラクション #photo

124回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
旅行記 旅好き ハワイ 海外旅行 国内旅行

海外・国内旅行の魅力・出来事・情報をお届けするサイトです。人生一度きり、一人でも多くの人に旅行を楽しんで頂きたい!

お得な現地情報&ホテル情報をお届けします!

 

これから旅行へ行かれる方に少しでも良い情報をお届けできたら嬉しいです!!!

FOLLOW ME:
  • Facebook Vintage Stamp
  • Twitter Vintage Stamp
  • Instagram Vintage Stamp

CATEGORY

注目!おすすめの旅行先!

​海外でのインターネット利用に不安・不便さを感じている方に!➡