• 私の旅行記

アメリカ ラスベガス ニューヨーク・ニューヨーク

更新日:2020年12月28日


こちらは、「ラスベガス・ストリップ」の南に位置し、ニューフォーコーナーと呼ばれる場所にあるニューヨークをテーマにしたホテル「ニューヨーク・ニューヨーク」です!

ストリップに面して立つ「自由の女神」の後ろには、「ロックフェラーセンター」・「エンパイアステートビル」・「クライスラービル」などニューヨークの有名なビルがそびえ立ちます。

そのビルの合間を駆け抜けるようにジェットコースターが走り、ホテル内には〖ニューヨーク〗の「タイムズスクエア」・「セントラルパーク」など、ニューヨークの名所・街並みが再現されてエリアもあります。

その他、カジノ・高級レストラン・ラスベガス最大規模のゲームセンターもあり、ファミリー層に人気のホテルです。

【客室】

「ニューヨーク・ニューヨーク」の客室は全2023室あり、「エンパイアステートビル」・「クライスラービル」が客室となっています。

室内はベッドカバーやソファーなどカラフルな色使いが多く明るい印象です。シャンプーやリンスのボトルは「エンパイアステートビル」などをモチーフにしたオリジナルのもので、お土産にも最適ですね。

料金は「ラスベガス・ストリップ」の中でも中ランクホテルの平均的な価格です。1番安価なスカイラインルームで70ドル~。1番安価なスイートルームで120ドル~。です。

客室内に巨大なバスタブが設置されている120ドル~。のスパスイートもあり、カップルや新婚さんにおすすめの部屋です!

【レストラン】

「ニューヨーク・ニューヨーク」のレストランは10店舗と他と比べると少ないですが、ステーキ・ハンバーグ・ピザ・中華などがあります。ニューヨークのパークアベニューをモチーフにして作られたフードコートにも、ファストフード店がいくつも入っているので、食事に困ることはありません。

また、若者に人気のナイトクラブ「ロクラスベガス」・「コヨーテアグリー」は常に長い行列ができているほど人気ナイトクラブです。優雅に音楽を聴きながら、お酒を楽しみたいのであれば、カジノフロアにある「ナインファインアイリッシュマン」がおすすめです。

〖ナイン・ファイン・アイリッシュマン(Nine Fine Irishmen)〗

「ナイン・ファイン・アイリッシュマン(Nine Fine Irishmen)」は、アイルランド料理を楽しめる人気レストランです。アイルランド料理は、日本人の私たちにとってあまり馴染みはありませんが、特に癖があるわけではないので美味しく楽しめます!

日本人の口に合うお料理が多いなか、バンドの生演奏があったりと、音楽を楽しむこともできます。美味しいお料理に生演奏、とても贅沢な時間を過ごせるおしゃれなレストランとなっています。また天気のいい日や温かいシーズンは、テラス席でのお食事もおすすめです!

【基本情報】

ナイン・ファイン・アイリッシュマン(Nine Fine Irishmen)

住所:3790 S Las Vegas Blvd, Las Vegas

電話番号:+1 702-740-6463

営業時間:11:00~23:00(ハッピーアワーは14:00〜17:00まで)

定休日:不定休

公式サイト:https://www.newyorknewyork.com/en/restaurants/nine-fine-irishmen.html

〖ギャラガーズ・ステーキハウス(Gallagher’s Steakhouse)〗

「ギャラガーズ・ステーキハウス(Gallagher’s Steakhouse)」は、美味しいステーキを楽しめるお店です!お店の外には看板メニューである熟成された肉の塊が並んだ冷蔵庫も並んでいます。

ステーキハウスというと高級なイメージがありますが、「ギャラガーズ・ステーキハウス」は「ニューヨーク・ニューヨーク」の中にあって気楽に入れる雰囲気のお店です。お店の中はクラシックで落ち着いた雰囲気で、「ギャラガーズ・ステーキハウス」を訪れたのであろうアメリカの著名人の写真が所狭しと飾られています。

店内にはバーカウンターもあるので、ステーキを食べるだけでなく、気軽にお酒を飲むこともできます。また、ステーキはオリジナルソースで味付けされたものがおすすめです!

もちろん、シンプルに塩コショウで味付けしたものもありますが、せっかくですのでオリジナルソースで召し上がってみて下さい!22ozとかなりのボリュームですが、焼き加減も抜群で、赤身だけでなく脂まで美味しく頂けます。

【基本情報】

ギャラガーズ・ステーキハウス (Gallagher’s Steakhouse)

住所:: 3790 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109, USA

電話番号:+1 702-740-6450

営業時間:

日曜日~木曜日 16時00分~23時00分

金曜日・土曜日 16時00分~0時00分

公式サイト:https://www.newyorknewyork.com/en/restaurants/gallaghers-steakhouse.html

【ビッグアップルコースター】

「ニューヨーク・ニューヨーク」の目玉の1つであるジェットコースターでは、マンハッタンを駆け抜けるようにホテルの周りを駆け抜けます。絶叫マシーン好きには堪らない、迫力満点のコースターです。おすすめは、少し並んでも夜です!暗い夜の方が断然怖さが増し、夜景がとてもキレイです。

乗り口は、「ニューヨーク・ニューヨーク」2階にあるゲームセンター奥にあり、少しわかりにくいですが、ゲームセンター内には「The Roller Coaster→」というテープが貼られていますので、それに沿っていくと辿り着けます。

また、追加オプションでVR体験をすることが出来ます。これは、実際にVRヘッドセットを装着してコースターへ乗り込み、映し出された映像でジェットコースターを楽しむことが出来るものです。昼間に乗る場合や、2回目以降に乗る場合はこのVR体験プランも是非おすすめです!

人気の高さ故、休日になると混んでいることも多く、夜になると乗るまでに40分ほど待たされてしまうこともあります。昼間であったり平日であれば、ほとんど並んでいることはないようなので、もし時間に余裕のない場合は時間帯を選んで行くと良いと思います!「ニューヨーク・ニューヨーク」宿泊者以外ももちろん乗ることが出来るのでぜひ試してみてください。

【基本情報】

ビッグアップルコースター

営業時間:

日曜日~木曜日 午前11時~午後11時

金曜日・土曜日 午前10:30~深夜まで

※季節や天気によって変更有

料金:

一回乗車券 $15

VR体験プラン $20

※雨天等で中止になる場合があります。

※VR体験は54インチ(約137センチメートル)以上、13歳以上の方に限られます。

【シルク・ド・ソレイユ「ズーマニティ」】

ラスベガスで行われている「シルク・ド・ソレイユ」のショーの中で唯一18歳未満は入れない、大人をターゲットにしたショーです。「Zumanity」という名前は動物園の「Zoo」と、人間らしさの「Humanity」を掛け合わせた造語で、性をテーマにしている大人向けの演目です。

まず、「シルク・ド・ソレイユ」定番のショーが始まる前の客いじりが始まり、性をテーマにしたショーらしく観客いじりも下ネタのオンパレードです。前の席に座っている観客が次々にいじられていきます。

そして、ショーが始まると、ほぼフルヌードのパフォーマーたちが、「シルク・ド・ソレイユ」ならではの、アクロバティックなパフォーマンスを魅せてくれます。他の「シルク・ド・ソレイユ」とは大きく趣が異なる独特内容で、あらゆる組み合わせの人間の愛情を、パフォーマーたちが自由気ままに表現します。

年齢制限が高いため、夏休みなどの混み合う時期を除いては、全シートが埋まることは少なく、ラスベガスの街中にある「チケット4レス」などの当日チケット格安ブースで販売されています。また、オプショナルツアーの予約サービス「ベルトラ」で、今回紹介した「Zumanity」のチケットを事前に購入することができます。

「シルク・ド・ソレイユ」は人気のショーですので、直前だといい席が取れないこともよくあります。「Zumanity」を行くことが決まっているのであれば、できるだけ早めにチケットを取得することをおすすめします!


【基本情報】

ズーマニティ(Zumanity)

会場:ニューヨーク・ニューヨーク

開演日・開場時刻:月、火、金、土、日 19:30 22:00 (約1.5時間)

休演日:水、木

特別休演日:公式サイトをご参照ください。

予約可能期間:120日前より

年齢制限:21歳以上

キャンセル・変更:不可

チケット料金:$92.16/$103.06/$131.40/$207.70

※上記価格には(シルクドソレイユ手数料$16.95/枚)が含まれています。

※他にコンシェルジュ手数料$10.00/枚が必要です。

公式サイト: https://www.cirquedusoleil.com/

【ゲームセンター】

「ニューヨーク・ニューヨーク」2階フロアにあるゲームセンターは、「サーカスサーカス」のゲームセンターと並び、ラスベガスでは最大規模になります。家族連れに人気で、いつも大人と子供たちが元気にはしゃいでいます。

注意事項として、アメリカでは12歳以下の子供を、子供だけで遊ばせたり、1人で部屋に置いていったりしてはいけません。

ですので、子供たちだけを2階のゲームセンターに行かせて、両親は1階のカジノで遊ぶということはできません。知らずにやってしまっても、アメリカの法律上知らなかったでは通用しないのでちゃんと気を付けましょう!

【カジノ】

「ニューヨーク・ニューヨーク」のカジノは、「タイムズスクエア」・「グランドセントラル駅」など〖ニューヨーク〗の街並みを再現した内装・建物があり、その分天井が高いのが印象的です。

さらに、交差点前に立つ「自由の女神」からストリップの歩道にかけては「ブルックリン橋」が架かっている。

改装されたばかりのカジノには、最新のスロットマシンが沢山導入されており、カジノゲームは、ブラックジャック・ルーレット・クラップス・レットイットライド・パイゴーポーカー・スリーカードポーカー・CRAZY4ポーカー・ULTIMATEテキサスホールデム・テキサスホールデムボーナスなど、ブラックジャックとポーカーが主体の種類構成になっています。 また、多くのラスベガスカジノではVIPルームでしか見ることが少ないバカラですが、当カジノでは一般客用平場フロアでミニバカラを楽しめます。

カクテルウエイトレスも沢山カジノ内を回っていて、カジノ客に無料のカクテルを振舞っています。シャンパンやワインやらを沢山ご馳走できますよ。 なおカジノ場には、レストランやパブ&バー・スターバックスカフェ・「ニューヨーク・ニューヨーク」限定グッズショップ・フードコート・劇場シアターなども併設されています。

〖メンバーカード〗

特典がいっぱいで、カジノのフロアーにあるリワードカウンターで「身分証明書(パスポートなど)」を提示すれば、21歳以上の人ならその場でメンバーズカードを作ってくれます。

同系列ホテルはメンバーズカードを共有して使え、「MGM社」「CAESARS社」同じ系列ホテルで遊んだ時は、同じアカウントにポイントが貯まっていくのです。もちろん他のホテル系列でも使えます。

・カジノ

ビデオゲーム機には必ずメンバーカードを挿入するところがあり、テーブルゲームでは、ディーラーにカードを渡します。

とにかく遊べばポイントが貯まっていく仕組みです。

ポイントを貯めていくと、ポイント数に応じて階級が上がっていく仕組みとなっており、貯まったポイントは、売店やレストランで利用することができます。

その他階級によっては駐車場が無料・ホテル代が無料・会員限定のイベントに招待・海外旅行をプレゼント!など様々な特典が用意されています。

貯めれば貯めるほど、優待特典が豪華になっていくのです。

カジノに興味の無い方でも、ラスベガス記念に作ってみるのも良いかもしれません。

〖カジノゲーム一覧〗

・ブラックジャック(Blackjack)