• 私の旅行記

アメリカ ラスベガス バリーズ・ラスベガス

更新日:2020年12月28日


こちらは、「ラスベガス・ストリップ」の中心「フォー・コーナー」の一画を占める、26階建ての2つのタワーからなるホテル「バリーズ・ラスベガス」です!

「バリーズ・ラスベガス」は、人気のショー「ジュビリー」 をはじめ、オリンピックサイズのプールやワールプール、カバナ、スパ、テニスコートなどレクリエーション施設も充実してます。また、隣接する「パリス・ラスベガス」と館内通路で結ばれており、自由に行き来することができます。

2013年には、「サウスタワー」を改装し、32周年を記念する「ラスベガス」で最長公演中の「ジュビリー!」に因んで「ジュビリー・タワー」となりました。またこれと同時に、全756客室とスイートも改装しています。

「パリス・ラスベガス」についてはこちらの記事をご覧ください!➡

アメリカ ラスベガス パリス・ラスベガス

【歴史】

「バリーズ・ラスベガス」は、1973年に大富豪「カーク・カーコリアン」の手によってオープンします。1973年にオープンしたとき、2083室の客室を有し、建設にかかった費用は10億ドル以上と当時世界最大のホテルでした。

あの〖ニューヨーク〗にある「エンパイアステートビル」よりも大きいことで話題を集め、1980年代後半に「スティーブウィン」が「ミラージュ」を作るまでは「ラスベガス」で最も影響力のある「カジノ」と言われていました。

もともとは、「MGMグランド」という名前で、現在の「MGMグループ」傘下のホテルでしたが、1986年に売却された際に「バリーズ」へと名前を変更します。

1980年には、レストランを中心に火災が発生し、ホテルにまで延焼して計87人が死亡する事故が起きました。現在は、「シーザーズ・パレス」などを運営する「シーザーズ・エンターテインメント」によって運営されています。

【外観・インテリア】

「バリーズ・ラスベガス」は、「ラスベガス」の古参ホテルです。

「シーザーズ社」の系列のため、「シーザーズパレス」・「パリス・ラスベガス」・「フラミンゴ」・「プラネットハリウッド」などと同じグループのホテルということになり、特に「パリス・ラスベガス」とは館内通路でシームレスにつながっているばかりか、カジノ当局になどに対する登録も、同一のアカウントで処理されているので、同じホテルに泊まっている感覚で両ホテルを利用することができます。

しかし、「バリーズ・ラスベガス」は、近年のテーマ型ホテルと比べると、少し派手さには欠けます。昼間は特に寂しく感じてしまう外観かもしれませんが、夜は光り輝くネオンがいい味を出しています。「バリーズ・ラスベガス」の中に入ると現れるロビーも広々としているのですが、これといった装飾がある訳ではありません。

【客室】

「バリーズ・ラスベガス」のお部屋の広さは41平米。最大定員4名で、キングサイズベッド1台またはクイーンサイズベッド2台が用意されています。

「パリス・ラスベガス」また「バリーズ・ラスベガス」の景色を独り占めでき、豪華なファブリック、高級木製家具を用いたモダンな客室で、豪華な大理石のバスルームにはバスタブが付いています。

設備も、ヘアドライヤー、アイロンとアイロン台、時計付きラジオ、無線インターネット接続(有料)、薄型テレビ、室内映画など、申し分ない充実さで、特にこれといった不自由なくお部屋での時間を堪能することができます。

また、「ハウスキーピング」も毎日利用することが可能となっているので、長期滞在期間中も毎日綺麗な部屋を利用することが可能できます。

〖ジュビリールーム ストリップビュー〗

「ジュビリールーム ストリップビュー」は、お部屋の広さ40平米。最大定員4名で、キングサイズベッド1台またはクイーンサイズベッド2台が用意されています。

改装してからそれほど年月もたっていないためお部屋は綺麗で、カジュアルでお洒落な雰囲気が漂います。

そして「ストリップビュー」の名の通り、窓からは「パリス・ラスベガス」の「エッフェル塔」や「ラスベガス・ストリップ」の景色を存分に楽しむことができます。

室内は豪華なファブリック、高級木製家具を用いた最先端の内装で、綺麗な夜景とともに最高のひと時を過ごすことができます。「ラスベガス」の雄大な景色を堪能したい方におすすめのお部屋です!

※バスルームはシャワーのみとなります。

【レストラン】

「バリーズ・ラスベガス」には、独創的なスタイルのアメリカンステーキハウス「BLT ステーキ」を始め、「テキーラ タケリア」では代表的なメキシコ料理、「シー : ザ タイ エクスペリエンス」ではタイ料理やベトナム料理など、様々な国の料理を楽しむことができます。

また、日本食レストラン「ICHIBAN」があり、朝食から夕食まで日本の料理を楽しむことができるのも嬉しいですね!

〖BLTステーキ・ラスベガス〗

「BLTステーキ・ラスベガス」は、独創的なスタイルのアメリカンステーキハウスで、ビストロ風の雰囲気のなかで、伝統料理を楽しむことができます!

広い店内には、所々に豊かな木材が使われ、家具には温かみのある暖色を基調に磨き上げられた椅子でアクセントとなっています。

「ダイニングルーム」の中心には暖炉が置かれ、くつろげる温かさと現代的な上品さを兼ね備えた空間を演出し、料理と雰囲気同時に楽しむことができます。

【基本情報】

BLTステーキ・ラスベガス

住所:Hotel & Casino, Bally's, 3645 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109

電話番号:+1 702-967-4661

営業時間:

日曜日〜木曜日 17:00〜22:00

金曜日・土曜日 17:00〜22:30

公式サイト:BLTステーキ・ラスベガス

〖ネイサンズ・フェイマス〗

「ネイサンズ・フェイマス」は、約100年前に「ブルックリン」で始まった個人経営のレストランが、現在では食欲をそそるホットドッグの代名詞になりました。

「ネイサンズ・フェイマス」では、100 %ビーフのホットドッグやバーガー、チキンサンドウィッチ、クリンクルカットポテトのほかにも、フルブレックファストメニューも用意しています。

チリやチーズ、ザウアークラウト、マスタード等、好きなものをトッピングすることができます。フードコート内にあるため、朝昼晩いつでも手早く食事をとりたい時におすすめのお店です!

【基本情報】

ネイサンズ・フェイマス

住所:3645 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109

電話番号:+1 702-731-1667

えいぎょう営業時間:

月曜日~木曜日・日曜日 8時00分~23時00分

金曜日・土曜日 7時00分~23時00分

公式サイト:ネイサンズ・フェイマス

【プール】

「バリーズ・ラスベガス」のヤシの木に囲まれたオリンピックサイズの「プール」も魅力的で、プールサイドに専用カバナが備わっています。

他のラスベガスのホテルと比較すると平凡という印象を受けますが、それでも十分すぎるほど立派なプールです。

ですので、「プールでくつろぐ時間がほしい。」「気持ちよく泳げれば良い。」という方は、このプールを理由に宿泊をあきらめる必要はないでしょう。

【スパ&エステ】