• 私の旅行記

アメリカ ラスベガス パラッツォ・ラスベガス

更新日:2020年12月28日


こちらは、ラスベガスを代表するデラックス・ホテル「パラッツォ・ラスベガス」です!

隣にあるイタリア・「ベネチア」の水の都を再現したホテル「ザ・ベネチアン」とは、ショッピングアーケードでつながっています。

レストランやバー、カジノ、フィットネスクラブなど施設が充実していて、ホテルに滞在するだけでラスベガスの雰囲気が堪能できます。

両ホテルは本館と新館のような関係で、同じ「Las Vegas Sands社」の管理下で運営されているばかりか、カジノ運営のための当局へのライセンス登録なども「ひとつのホテル」として申請されています。

また、「ザ・ベネチアン」・「パラッツォ・ラスベガス」どちらも、全室スイートルームのラグジュアリーホテルとして変わらぬ人気を誇っています。

「ザ・ベネチアン」についてはこちらの記事をご覧ください!➡

アメリカ ラスベガス ザ・ベネチアン

【外観・インテリア】

「パラッツォ・ラスベガス」は、2007年「ザ・ベネチアン」に隣接して建てられました。 18億ドルの巨費を投じ、北イタリアのリッチな別荘をイメージして設計された50階建ての豪華なリゾートホテルです。

グランドロビーには高さ約18メートルのガラス張りのドームを設置しています。また、高さのある複合的な噴水や、直輸入の大理石、ブロンズに覆われた柱など、華やかな雰囲気が感じられます。

ラスベガスのホテルにしては珍しく、パーキングからロビー、客室へのアクセスが非常に便利で、特に車をご利用の方にはおすすめです!

【客室】

「パラッツォ・ラスベガス」の客室の造りは、「ザ・ベネチアン」とほぼ同様で、全客室3066室がスイートルームになっています。

モダンなヨーロッパ調のベッドルームとリビングルーム、大理石のバスルームを兼ね備えています。 ただ、「スイート」といってもリビングとベッドルームが完全にセパレートになっているのではなく、段差と柵で仕切られた「ジュニアスイート」といったところです。

プライベート金庫、有料TV、小さい冷蔵庫、アイロンサービスとワードロープの他にシャワー、シンクとバスローブを備えたプライベートなバスルームが完備され、壮観な都市の眺めが望める部屋を有しています。

豪奢な調度品と広々とした空間で、心ゆくまでリラックスして過ごすことができますよ!料金は、1番安価なお部屋で*120ドル~。「ザ・ベネチアン」よりやや高めですが、豪華な内装や立地条件を考えると、納得の金額でしょう。

【外観・インテリア】

「ザ・ベネチアン」本館と2003年オープンの「ベネチアンタワー」、別館の「パラッゾ・ラスベガス(Parzzo Las Vegas)」によって構成されています。

その大きさ、全室スイートという豪華さも相まって、「ザ・ベネチアン」・「パラッツォ・ラスベガス」の外観はとてもゴージャスな雰囲気です。

また、宿泊施設とは別に、正面には実際に「ベネチア」の「サンマルコ広場」にある、「サン・マルコの鐘楼(Campanile di San Marco)」をモデルにした塔があり、「ベネチア」の世界観への強いこだわりを感じます。

中へ入れば豪華なロビーに迎えられます。これだけでも普通のホテルとしては十分なのですが、「ザ・ベネチアン」・「パラッツォ・ラスベガス」の特徴はなんといっても水路でしょう。

ホテルの中にある巨大なショッピングモール「グランドキャナルショップス」では、水路とそれを走るゴンドラが運行しています。もちろん、このゴンドラには乗船することが可能で、本場イタリアの「ベネチア」の雰囲気を優雅に感じることができます!

【グランド・キャナル・ショップス(Grand Canal Shoppes)】

アメリカ西部・ネバダ州ラスベガス (Las Vegas) のメイン通り・「ラスベガスストリップ (Las Vegas Strip)」と「サンズ通り (Sands Avenue)」 の交差点の南東に位置する「ザ・ベネチアン」・「パラッツォ・ラスベガス」のホテルの間に、オシャレな屋内ショッピングモール「グランド・キャナル・ショップス(Grand Canal Shoppes) 」があります。 

この施設の北西にある「ファッションショー (Fashion Show) 」、南西にあるホテル「シーザーズパレス(Caesars Palace)」内の「フォーラムショップス (The Forum Shops) 」とあわせて、「ラスベガス・ストリップ」の三大ショッピングモールと言われ、この三角形をなす地区は、徒歩でお買い物のはしごが楽しめる人気のスポットです!天井には素晴らしい青空が描かれており、屋外にいるような開放感があります!

アメリカのセレブ御用達高級百貨店「バーニーズニューヨーク (Barneys New York) 」や人気アメリカンブランド「トリーバーチ (Tory Burch) 」を始め、160以上の店舗やレストランがヨーロッパの街並みの様に連なり、通路には石畳が敷き詰められ、中央の「サン・マルコ広場」では、大道芸人やオペラ等のイベントが行われています。 

スイーツが食べたい!という方は、アメリカの人気リアリティー番組「ケーキボス (Cake Boss) 」のホストでおなじみ「バディ・ヴァラストロ (Buddy Valastro)」氏のお店「カルロス・ベーカリー (Carlo’s Bakery) 」がおすすめ!

4世代にわたる彼のイタリアンスイーツを味わえるのは、ラスベガスではこちらだけです。また、その向かいにある「バディ・V・リストランテ (Buddy V’s Ristorante) 」は、彼がオープンした初のレストランで、伝統的なファミリーレシピによるイタリアン&スペシャルスイーツをいただくことができます。

【基本情報】

グランド・キャナル・ショップス(Grand Canal Shoppes)

住所:3377 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109

電話番号:+1 702-414-4525

営業時間:

日曜日~木曜日 10時00分~23時00分

金曜日・土曜日 10時00分~0時00分

公式サイト:https://www.grandcanalshoppes.com/en.html

〖ゴンドラ・ライド〗

モール内部には本場「ベネチア」さながらの運河が流れ、この運河を行きかう「ゴンドラ・ライド(有料)」は人気のアトラクションです。 

「ゴンドラ」は屋内だけでなく、天気が良ければ屋外コースも運行しています!自然の光や風を感じながらの乗船は、より気分が上がります!

更に、夜の屋外コースも楽しむことができ、ラスベガスから放たれる無数のネオンが映りキラキラしている水面は、光の上を船で渡るような幻想的な雰囲気で、とてもロマンチックな時間を過ごせます。

乗車中は、「ゴンドリエーレ(船頭さん)」がイタリア語で素敵な「カンツォーネ」を歌ってくれますよ!

【基本情報】

ゴンドラ・ライド

住所:3355 LAS VEGAS BLVD., S., LAS VEGAS, NV 89109

電話番号:+1 702-414-4300

料金:$16+チップ(4名乗り) 2名貸切$64+チップ

営業時間:10am-10:45pm(平日)11:45pm(金土)

休日:無

公式サイト:http://www.venetian.com

〖エンターテイメントショー〗

ショッピングで歩き疲れたら、運河沿いの「サンマルク広場 (St. Mark’s Square) 」へ行きましょう!

ここステージでは、大道芸やオペラなどのエンターテイメントショーが行われており、本格的なショーを無料で観覧することができます。

毎日、正午~午後6時まで1時間おきに開催されているので、イタリアンデザート片手にぜひご覧ください。また、夜6時半~10時までは、ライブバンドの演奏が楽しめますよ!

【プール】

「ザ・ベネチアン」と「パラッツォ・ラスベガス」では、合わせて10のプールをご利用になれます。 

「グランド・プール」でカクテル片手にリラックスするも良し、「カーニバル・プール」で、お子様と遊ぶも良し、「AZUREプール」で、「ウルフギャング・パック」のプールサイド・メニューを楽しむも良し、「TAOビーチ」のプールサイド・パーティーで盛り上がるも良し、様々な用途に合わせて、プールも選択できるのは嬉しいです!

「ザ・ベネチアン」・「パラッツォ・ラスベガス」のプールの特徴は、4階に位置していることです。多くのラスベガスのホテルでは1階にプールが位置していることが多く、プールへ行くためにはロビーを通らなければいけなかったりと、不便も多いのですが、ここでは客室から直接プールへ行けるような作りで、非常に利用しさすくなっています。

同様に高層階にプールがあるホテルとして、「パリス・ラスベガス」が挙げられますが、小さなプールが1つしかないこともあり、「ザ・ベネチアン」・「パラッツォ・ラスベガス」のプールは宿泊者にとっては素晴らしいものになると思います。

【基本情報】

営業時間:午前6時30分~午後10時

2018年9月4日~2019年春までプールの改修工事が行われるため、その期間中は「ザ・ベネチアン」のプールへ入ることはできません。

【レストラン&カフェ】

〖カルネヴィーノ(Carnevino)〗

「カルネヴィーノ(Carnevino)」は、イタリア料理のお店ですが熟成期間が長い(92日~120日)ことで有名なお肉の有名店です。

シェア用のお肉をオーダーするとお席でお肉を切り分けてくれます。

【基本情報】

カルネヴィーノ(Carnevino)

住所:3325 Las Vegas Blvd S Las Vegas, NV 89109

電話番号:+1 702-789-4141

営業時間:17:00-23:00

休日:なし

予算:–

予約開始:90日前

公式サイト:

https://www.palazzo.com/restaurants/carnevino.html

〖すし サンバ(Sushi Samba)〗

「すし サンバ(Sushi Samba)」は、ブラジルと日本食の融合店です。音楽や内装などはラテン系ですが、メニューは奇抜なものは特になく安心して召し上がれます。

モダンな店内で、日本ではあまり食べられない様々なロール寿司がおすすめです!品数も豊富でアメリカでのお寿司を楽しみに行くという目的でおすすめです!

【基本情報】

すし サンバ(Sushi Samba)

住所:3327 Las Vegas Blvd S Las Vegas, NV 89109

電話番号:+1 702-607-0700

営業時間:

日曜日〜水曜日 11:30〜01:00

木曜日〜土曜日 11:30〜02:00

休日:なし

予算:$60〜

予約開始:90日前

公式サイト:http://sushisamba.com/

〖カット・ウルフギャングパック・ステーキハウス(Cut Wolfgang Puck Steakhouse)〗

「カット・ウルフギャングパック・ステーキハウス(Cut Wolfgang Puck Steakhouse)」は、日本でも有名な熟成肉のお店です!


お肉だけでなくチーズ、デザートなどの種類も多く、何度訪れても異なるテイストを味わえます。バーエリアが60席と広く落ち着いた雰囲気で、オリジナルカクテルとアペタイザーを楽しむ人で賑わいを魅せています!

【基本情報】

カット・ウルフギャングパック・ステーキハウス(Cut Wolfgang Puck Steakhouse)

住所:3325 Las Vegas Blvd S Las Vegas, NV 89109

電話番号:+1 702-607-6300

営業時間:17:00〜23:00