• 私の旅行記

アメリカ ラスベガス パリス・ラスベガス

更新日:2020年12月28日


こちらは、ラスベガスの中心・「フォーコーナー」の近くにある〖パリ〗がテーマのホテル「パリス・ラスベガス」です!

ラスベガス・ストリップ」沿いには、「エッフェル塔」や「凱旋門」など〖パリ〗の代表的な建物のミニチュア版と青い色のバルーンが建てられています。

ホテルの外観は〖パリ〗の「オペラ座」を再現したもので、〖パリ〗好きの方でも違和感のないほど精巧な造りになっています。また、「エッフェル塔」は「展望台」にもなっており、ラスベガスの夜景スポットとして有名です。

まるで本当に〖パリ〗を歩いているかのような不思議な雰囲気を持つこちらのホテルは、ファミリーやカップルにおすすめのホテルです!

【歴史】

1990年に「パリス・ラスベガス」はオープンしました。場所は、「プラネットハリウッドホテル」の北側、「ベラージオホテル」・「コスモポリタンラスベガスホテル」の向かい側になります。

フランスの〖パリ〗をイメージして作られたホテルで、「パリス」を象徴する特徴的な「エッフェル塔」や「凱旋門」のモニュメントもこの時に作られました。

当初は、「ヒルトングループ」の傘下だった「バリーズ社」による計画でしたが、現在では「シーザーズ・パレス」などを運営する「シーザーズエンターテインメント」の下で運営されています。

2010年ごろから、大規模な改修とテーマの変換が行われており、特徴的だったフランス語でのあいさつを段階的に取りやめることになっています。

【外観・インテリア】

「パリス・ラスベガス」のホテル自体の外観は一般的ですが、特徴的なのは何と言っても「エッフェル塔」・「凱旋門」です!

「エッフェル塔」のモニュメントは、実際にフランスの〖パリ〗にあるものと比べると半分の大きさで、「凱旋門」も実物より小さく作られていますが、派手で豪華な建物が多いラスベガスの中でも、かなりの存在感を持っています。

立地がラスベガスの中心部で、正面にある「ベラージオ」で噴水ショーが行われることもあり、目に付きやすいことも一因でしょう。実際に「パリス・ラスベガス」の中に入ってみると、フランス調な家具が並んでいます。

また、カジノ内にも〖パリ〗の街並み風にデザインされていて、天井には空があり、「エッフェル塔」の足が食い込んでいます。初心者向けで、真新しいことがあるカジノではありませんが、こういった遊び心も含めて愛されているのが「パリス・ラスベガス」なのだと思います。

【客室】

「パリス・ラスベガス」の客室の評判は非常に良く、ラスベガスの主だったホテルの中で、客室内の造りや装飾は1番豪華です。客室はフランス風の内装で、大理石のバスルーム、ペイパービュー映画、セーフティボックスが備わります。ルームサービスも利用できます。

1人用のためのシングルベッド2台のある「レッド」ルーム、下階にあるクラシックなアパートとクイーンサイズベッドのあるクラシックな「タワー」ルームを含める部屋2916室を有し、ミニバー、ケーブルテレビ、コーヒー/紅茶メーカー、化粧室とiHomeが設備され、絶好の川の眺めが望めます。

最も価格の安い「ラグジュアリー」タイプの客室でも、部屋自体非常に広く、クイーンサイズのベッド2つ(またはキングサイズ1つ)に、一人掛けのソファーが2つ置かれています。シャワーは、バスタブとシャワールームが独立しているスタイルでゆったりとシャワーを浴びることができます。

部屋の窓から「コロラド川」の眺めが望め、バスルームには、シャワー、ヘアドライヤーとゲスト用化粧品を揃えています。料金は、「ラグジュアリー」で80ドル~。「スイートルーム」でも250ドル~。豪華な内装や立地条件を考えると、とてもリーズナブルです。「ラスベガス・ストリップ」側であれば噴水ショーを望むこともできますよ!

【エッフェル塔展望台】

「パリス・ラスベガス」はフランスの〖パリ〗をテーマにした「ラスベガス・ストリップ」地区のホテルです。「エトワール凱旋門」とともにレプリカで再現されている〖パリ〗の「エッフェル塔」は「パリス・ラスベガス」のシンボルです。

ラスベガスのレプリカは〖パリ〗にある本物の「エッフェル塔」の2分の1サイズで、上部にある展望台の高さは地上460フィート(140メートル)。「ラスベガス・ブールバード(Las Vegas Blvd)」沿いに位置していることもあり、展望台の四方から「ラスベガス・ストリップ」の町、遠くに見える雄大な山々を望むことができます。

〖入場料・営業時間〗

「エッフェル塔展望台」のチケットは1階の「カジノフロア」を抜けた先にある「Eiffel Tower Experience」にて販売しています。

入場料は時間帯により異なります。

【基本情報】

Day Pass(毎日9:30〜19:15):大人$17.00 子供・シニア$10

Night Pass(月〜金:19:15〜24:00)(土・日:19:15〜24:30):$22.00 子供・シニア$20

〖展望台〗

「展望台」からは、各方向にカメラレンズを入れる撮影用の穴がくり抜かれているためラスベガスのパノラマビューを撮影することができます。レンズの口径によってはレンズフードが通りませんが、レンズフードを外せば大抵のレンズは通るでしょう。

西側中央には「ベラージオ」、右側には「シーザーズパレス」、遠くには雄大な山「レッドロックキャニオン」が微かに見えます。南側方面には「ヒルトングランドバケーションズ」・「プラネットハリウッド」・「コスモポリタン」・「マンダリンオリエンタル」・「エクスカリバー」・「ルクソール」・「マンダレイベイ」など、ラスベガス主要のホテルを見渡すことができます。

東側は「パリス・ラスベガス」のホテル棟を見おろし、北東側には世界一の高さを誇る観覧車「ハイローラー」・「フラミンゴ」・「ベネチアン」・「パラッツォ」・「ウィン」・「ミラージュ」・「トランプインターナショナル」を見渡すことができますよ!

また、この「エッフェル塔」の下層階には高級フレンチレストランが入っており、あの「クリントン元大統領」も食事をしたことがあるそうです。このレストランは「Eiffel tower」というお店で、素敵な夜景を見ながらロマンチックな体験ができますよ!

【レストラン】

〖ル・ビレッジ・バフェ(Le・Village・Buffet)〗

「パリス・ラスベガス」のレストランで最も有名なのが、メディアでも取り上げられる食べ放題レストラン「ラ・ビレッジ・バフェ(Le・Village・Buffet)」です。

〖パリ〗をテーマに、本格派デザートが自慢で、デザートやチーズの種類が充実しています。こだわりあるフランス料理が並び、シーフードやデザートなどは日本人にも人気があります。

「バフェ(BUFFET)」 とは、定額料金で食べ放題のセルフサービス式レストランのことを意味します。その中でも特に、目の前で注文に応じて焼いてくれるクレープはとても人気があり、好みに応じてトッピングをしてくれます。

また、アイテムや造りも凝っていて、ラスベガスに訪れたのなら1度は行っておきたい「バフェ」です。ただ非常に人気店のため、曜日・時間帯によっては1時間以上は行列に並ぶことになりますので、訪れる際は計画的に動いた方が良いでしょう。

【基本情報】

Le Village Buffet(ル・ビレッジ カフェ)

住所:3655 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109「パリス・ラスベガス リゾート &カジノ」内

営業時間:

朝食:7:00~11:00(土日~10:00)

ランチ:11:00~15:00

ディナー15:00~22:00(金土~23:00)

ブランチ:土日10:00~15:00

料金:

朝食:$21.99(土日$23.99)

ランチ:$24.99

ディナー:$30.99(金・土$33.99)(子どもは17.99ドル)

ブランチ:$30.99

※全てチップ別途料金です。

〖ゴードン・ラムゼイ・ステーキ(Gordon Ramsay Steak)〗