• 私の旅行記

アメリカ ラスベガス パークMGM

更新日:2020年12月28日


こちらは、リノベーション中だった「モンテカルロ」が新しく生まれ変わったホテル「パークMGM」です!

「モンテカルロ」はその名のとおり、モナコの「モンテカルロ」にあるカジノをモチーフに建てられたカジノリゾートホテルです。落ち着いた雰囲気で、名前に「パーク」と付くように、白と淡い緑を基調とした自然がイメージの内装に癒されます。

日本人観光客に人気が高い「パークMGM(旧モンテカルロ」は、「ラスベガス・ストリップ」の中心からやや南よりに位置し、「マッカラン国際空港」から車で約15分です。

入り口付近をリニューアルしたのに伴い、ホテルの屋外にはピザ屋、日本アメリカのフュージョンレストラン、カフェ、アイス屋など新しいレストランもオープンし、色々な味を楽しめるのも魅力の一つとなっています。ラスベガスのホテルとしては珍しく、カジノを通過せずにロビーから客室や駐車場に行けるようになっているなど、構造的にもレイアウト的にも立地的にも、使い勝手が非常に良いです。

近年完成した「アリーナ・T-Mobile Arena」と「巨大劇場・Park Theater」は、このホテルのシンボル的な施設で、MGM社の系列になります。そして、エンターテインメントもレベルが高く、世界中で有名な「ブルーマングループ」による「ブルーマンショー」が行われているのが、この「パークMGM」なのです!

【歴史】

1996年、現在の「パークMGM・カジノホテル」は「モンテカルロ」という名前でオープンしました。現在は、買収の末「MGMリゾーツ・インターナショナル」によって運営されています。

2016年6月、同年4月にオープンした「ダイニング&エンターテイメント地区」・「The Park」にちなんで「モンテカルロ」から「パークMGM」へと名前を変更しました。この「モンテカルロ」から「パークMGM」への改装工事は2019年頃まで続く予定です。

ちなみに、2008年1月に屋上で行われていた空調設備の溶接作業の火花が原因で、最上階の一部が焼けるという火災事故に見舞われましたが、幸いにも人的被害などはなく大事に至らずに済みました。実は、この火災によって最上階が別のコンセプトのホテルに生まれ変わることになるのです。

火事による焼失や放水などでダメージを受けた最上階(32階)を全面的に修復する必要に迫られ、それを機会に32階の全フロアを特別ゴージャスな客室にリフォームし、そのフロアだけ「HOTEL32」という別ブランドの高級ホテルとして運営していくことになりました。

その「HOTEL32」も、スタートから10年が経過した2018年、本体の「モンテカルロ」が「パークMGM」に変わることになったのを機会に、ニューヨークの高級ホテル「NoMad」が運営権を引き継ぐことになり、「HOTEL32」の名前は消滅し、そのまま「NoMad」ブランドのホテルになったのです。

「HOTE32」は32階だけでしたが、「NoMad」はさらに3フロアを追加し、合計4フロア、約300部屋のホテルになったため、長らく「モンテカルロ」だったこの建物全体は、地上から28階までが「パークMGM」、29~32階が「NoMad」に生まれ変わったことになります。

【外観・インテリア】

「パークMGM」の外観は、その他の多くのラスベガスのホテルと比べて大きな特徴がありません。もちろんラスベガスの中で目立たないだけであって、高級感のある立派なホテルになっています。

また、近年改装されているだけあり、他のホテルと比べると一見して新しく綺麗なホテルだとわかります。中へ入ると、ロビーには巨大な木の根が天井に張り巡らされたインテリアになっています。大理石の床や、明るく風通しの良い空間は、高級なイメージを裏切らない、しっかりした作りです。

【客室】

現代的なインテリアのラスベガス通りの景色を見渡すモンテ カルロの客室には、ピロートップマットレス、高級寝具、大理石と花崗岩が施されたバスルームが備えらえており、非日常の豪華なひと時が過ごせること間違いなしです!

「モンテカルロ」時代のままの間取りですが、白をベースに赤と緑をテーマカラーとしたメリハリあるおしゃれな空間。セルフチェックインを導入した最新鋭のホテルとも言えます。全部で2605ある冷房完備の部屋には液晶テレビが備わっており、ゆったりとくつろぐことができ、ピロートップのベッドにはエジプト綿のシーツが付いています。

また、有料Wi-Fiを使えるほか、ケーブルの番組を観ることができます。シャワーのある専用バスルームには、バスアメニティ (無料)、ヘアドライヤーが備わっています。

高級感がありラスベガスに数ある大型カジノホテルの中では規模的にも内容的にも極めて標準的なラグジュアリーホテルで、立地条件も悪くないにも関わらず、 宿泊料金的な部分においてはそれほど高くなく、限られた予算でゴージャスなラスベガスらしい雰囲気を楽しみたい者にはおすすめのホテルです!

【カジノ】

ホテル内のカジノでは、カジノ講座を受けられるサービスがあり、カジノにいてもなかなかディーラーに質問する機会はないので、とても貴重な体験になること間違いなしです!

カジノ初心者で興味のある方には、是非おすすめのサービスです!

ポーカーテーブルも13存在しています。

〖メンバーカード〗

特典がいっぱいで、カジノのフロアーにあるリワードカウンターで「身分証明書(パスポートなど)」を提示すれば、21歳以上の人ならその場でメンバーズカードを作ってくれます。

同系列ホテルはメンバーズカードを共有して使え、「MGM社」・「CAESARS社」同じ系列ホテルで遊んだ時は、同じアカウントにポイントが貯まっていくのです。もちろん他のホテル系列でも使えます。

・カジノ

ビデオゲーム機には必ずメンバーカードを挿入するところがあり、テーブルゲームでは、ディーラーにカードを渡します。とにかく遊べばポイントが貯まっていく仕組みです。

ポイントを貯めていくと、ポイント数に応じて階級が上がっていく仕組みとなっており、貯まったポイントは、売店やレストランで利用することができます。

その他階級によっては駐車場が無料・ホテル代が無料・会員限定のイベントに招待・海外旅行をプレゼント!など様々な特典が用意されています。

貯めれば貯めるほど、優待特典が豪華になっていくのです。カジノに興味の無い方でも、ラスベガス記念に作ってみるのも良いかもしれません。

〖カジノゲーム一覧〗

・バカラ

・Crazy 4 Poker

・ルーレット

・テキサスホールデム

・ブラックジャック

・クラップス

・パイゴーポーカー

・3カードポーカー

・スロットマシン

【基本情報】

カジノの営業時間:年中無休、24時間営業

入場可能な年齢:21歳~

テーブルゲームの数:74

マシンゲームの数:1600

ポーカールーム:有り

日本語スタッフ:有り

カジノへの入場料:無料

ミニマムベット:$5~

【プール】

「パークMGM」のプールは、3つの平凡なプールによって構成されています。

「モンテカルロ」時代は、波のプールなどがありましたが、改修の時にプールも大きく変化してしまい、遊び心のあるプールではなくなりました。

現在のプールは非常に落ち着いており、子供向けというよりは、どちらかというと大人向けの空間になっています。

【基本情報】

営業時間:午前8時〜午後7時

※雨天等で予告なく中止になる場合があります。

【レストラン】