• 私の旅行記

アメリカ ラスベガス ファッションショーモール

更新日:2020年12月28日


こちらは、ホテルが建ち並ぶ「ラスベガス・ストリップ」から徒歩でアクセスが可能な超大型ショッピングモール「ファッションショーモール」です!

ラスベガスで唯一ホテルから独立しているモールでもあり、「THE CLOUD」と呼ばれる巨大な屋根が特徴的です。

「ファッションショーモール」というオシャレな名前に加えて、立地条件も良く日本人観光客の間でも非常に人気が高い場所です。

場所的にも規模的にも、ここを抜きにラスベガスでのショッピングを語ることはできず、ショッピング好きにとっては必見の場所です。

ちなみに、「ファッションショーモール」と「ファッションアウトレット」を混同する方が多いようですが、全く別物ですので注意してください。

「ファッションアウトレット」は「ラスベガス・ストリップ」から車で約45分の砂漠の中にあります。

【ファッションショー】

画像引用元:https://www.thefashionshow.com/en.html

「ファッションショーモール」は、単にオシャレなイメージで名前を付けたのではなく、「ファッションショー」の名前のまま、かつてここのショッピングモール中央広場では、実際にファッションショーが行われていたうえ、現在も週3日、無料のファッションショーが行われています。

この「ファッションショー」の時間は、毎週金曜日~日曜日のお昼12時~17時まで1時間ごとに行われていて、モールに入っている店舗から新着ファッションがお披露目されます。また、新設された「THE GREAT HALL」と呼ばれる屋内広場で「ファッションショー風アトラクション」が行われています。

ショーのスケジュールや演目の最新情報は【www.thefashionshow.com】をご確認下さい。

【ショップ】

ここ「ファッションショーモール」は、構造上の観点から言うと、全米各地で見られるショッピングモールと何ら変わりありません。

しかし、とにかく規模が大きく、ホテル併設のショッピングモールと大きく違う点は、アメリカの一般的な大型ショッピングのように、「ブルーミングバーグ」「メイシーズ」「ニーマンマーカス」などのデパートが併設されていることです。

コンセプト的には一般のショッピングモールとはかなり趣を異にしており、これらのデパートはラスベガスには他ないので、デパート系でショッピングしたい方、特に観光でラスベガスに訪れた方におすすめです。

なぜなら、アメリカの一般大衆はまず見向きもしない「ルイヴィトン」が入っていたり、本来であれば家庭雑貨なども多く取り扱う「メイシーズ」などの百貨店が、「ファッションショーモール」に限ってはアパレル・アクセサリー・化粧品といったファッション関連商品しか取り扱っていないなど、明らかに観光客および富裕層狙いの傾向があるからです。

店舗数は約250店舗で、主なショップな「ルイヴィトン」・「リーバイス」・「アバクロ」・「コーチ」「ディーゼル」・「フォーエバー21」・「フレンチコネクション」などカジュアルなショップと高級ブランドなども入っています。

また、「アンテイラー」・「バナナ・リパブリック」・「ギャップ」・「ケイトスペード」・「レスポートサック」・「マイケルコース」・「ナインウェスト」・「スワロフスキー」など名の通っているブランド店が目立ち、郊外ショッピングモールと比べて明らかに観光客向けの店舗が多いです。

そして、日本からの観光客にとって「ファッションショーモール」の魅力は何と言っても百貨店でしょう!「ニーマンマーカス」・「メイシーズ」・「ディラーズ」・「ノードストローム」・「サック・フィフス・アベニュー」・「ブルーミングデールズ」など8つの百貨店が同一のモール内に軒を並べるのは、全米広しといえどもここ以外ほとんどないと思われます。とにかく巨大でショップも充実していますので、思いっきりショッピングを楽しむことができます。

【レストラン】

「ファッションショーモール」には高級レストランからカジュアル・レストランまで、お買い物中にお食事、休憩を楽しめる場所が多数用意されています。フレッシュなサラダやサンドイッチなら「Nordstrom Marketplace Café」や「NM Café」。

メキシカンなら「El Segundo Sol」、薪釜ピザの「California Pizza Kitchen」、カルゾーネやピザの「Grimaldi's」やバーガーの「Johnny Rockets」などバラエティー豊かです。

また、モール内には「ラスベガス・ストリップ」を見渡すことができるレストランが6店舗「NM Café」・「Stripburger」・「 Maggiano's Little Italy」・「RA Sushi」・「Kona Grill」・「Benihana」・「Luke’s Lobster」・「The Capital Grille」があります。

多くの店には個室があり、団体用や特別なイベントのために利用できます。更に、「フード・コート」ではバラエティーに富んだ軽食やファストフードを楽しむことができます!

大きな窓のある1000人が収容できる広々とした食事スペースに加え、ストリップに面した中庭でお食事を楽しむこともできます。

ちなみに、百貨店「ニーマンマーカス」に隣接するカフェおよびレストランは、値段は少々高めですが、評判の良いお店です。また、モールの会員になれば、Wi-Fiも利用することができます。

【クーポンを利用しよう!】

「ファッションショーモール」の2F中央にある「ディーゼル(DIESEL)」付近に「JCBカウンター」があります。

そこには、日本人スタッフがおり、「JCBカード(他のマスターなど各種カードでも可)」を持っていくと、「ファッションショーモール」と*「グランドキャナルショップス」が一体になった「クーポンブック」がもらえます!

中にはカフェのコーヒークーポンなど、使いやすいのもありますので、ついでにもらっておくと良いでしょう。ここでは、「Macy's」の15%オフのパスポートももらえます。

また、このカウンターに行く前に$300以上買い物をし、レシートを見せると大きめの「エコバッグ」をもらうことができます。大きくてマチがついているなど、使いやすいので、たくさん買い物をする予定の方は忘れずにゲットしておきたいですね!

※「グランドキャナルショップス」は「ザ・ベネチアン」に隣接するショッピングモールです。詳細はこちらの記事をご覧ください!➡

アメリカ ラスベガス ザ・ベネチアン

【アクセス】

「ファッションショーモール」は、各ホテルから徒歩・タクシー・バスなどでアクセスが可能です。

場所は「ラスベガス・ストリップ」北の「トレジャーアイランド」、もしくは「ウィンラスベガス」から歩道橋を渡ってすぐの位置にあり、「マンダレイベイ」など極端に南に位置したホテル以外からは徒歩で十分行ける距離です。

「ラスベガス・ストリップ」の中央に位置する「ベラージオ」からは徒歩約30分、南の「マンダレイベイ」からは約1時間かかります。しかし、ラスベガスは歩いて観光する街でもありますので、「ファッションショーモール」まで歩く人も多いでしょう。

以下では、「マッカラン国際空港」から「ファッションショーモール」への行き方から、周辺へのアクセスなどを含めてご紹介していきます。

〖シャトルバス〗

「DEUCE」・「SDX(急行)」どちらでもアクセスすることができます。南方面行きのバスを利用した場合「Fashion Show Mall」で下車。

北方面行きのバスを利用した場合「Wynn(ホテル)」で下車し、歩道橋を利用しましょう。ただし、複数人数で利用する場合は「タクシー」・「Uber」を利用した方が良いでしょう。

〖タクシー〗

「タクシー」はラスベガスにおける最もメジャーな交通手段です。「マッカラン国際空港」のタクシー乗り場から、タクシーへ乗ることが出来ます。

料金は高くつきますが、予約も必要ないため、急いでいる方やスムーズにことを進めたい方におすすめです!台数は非常に多く街の至るところを何時でもタクシーが運行しています。