• 私の旅行記

アメリカ ラスベガス プラザ・ホテル&カジノ

更新日:2020年12月28日


こちらは、「フリーモント・ストリート・エクスペリエンス」の入り口、ラスベガス・ダウンタウンの中心部に位置する老舗ホテル「プラザ・ホテル&カジノ」です!

1971年開業の25階建ての建物である「プラザ・ホテル&カジノ」は、伝統的な建築の見本です。白壁のアメリカンスタイルの建物で、大きな赤いネオンサインやエントランスのガラス張りのドームが煌びやかな雰囲気です。

「プラザ・ホテル&カジノ」の特徴は何と言っても長距離バス(グレイハウンドバス)と長距離鉄道の駅(1997年以降、旅行客の定期路線が廃止になったため、現在は貨物専用として使われています)の真上にあるということで、1階のカジノフロアの南側がバスディポ・西側が鉄道の駅に直結しています。

また、繫華街の「フリーモント・ストリート・エクスペリエンス」を端から端まで見渡せる、ダウンタウンの中心的存在でもあります。

電飾アーケードとしてお馴染みの「フレモント・ストリート・エクスペリエンス( FREMONT STREET EXPERIENCE)」が1996年に出現してから特に、その中心的存在は増して、正面玄関前から東側を見渡せば、その電飾アーケードとダウンタウン全体の様子を一望することができます。

【客室】

「プラザ・ホテル&カジノ」の客室は、ゆったりとした造りで、グレーを基調にした落ち着いたインテリアでまとめられています。

全1003室の客室には、バルコニー・小型冷蔵庫・電子レンジ・IDD電話・ミニバー・高級家具・パーソナル金庫・薄型テレビ・パソコン・無料Wi-Fi・エアコンなどが完備されています。

また、車椅子のまま入れるシャワー付きの専用バスルームには、無料バスアメニティ・バスタブ・ドライヤー・タオルが備わっています。

セーフティボックス、デスクの他に、市内通話 (無料)付きの電話を利用することもできます。客室からは、ラスベガスの山景色を眺めることができます。

【レストラン】

「プラザ・ホテル&カジノ」のレストランで、素晴らしく繊細な料理を堪能してください。

〖オスカー・ステーキハウス〗

こちらのレストランでは、アメリカ料理を専門としてディナーのみ提供しています。

バーでは、お飲み物を楽しむことができ、ハッピーアワー(サービスタイム)が提供されています。

〖ハッシュハウス・ア・ゴー・ゴー〗

こちらのレストランでは、アメリカ料理を専門として朝食・ランチ・ディナーを提供しています。

バーでは、お飲み物を楽しむことができ、ハッピーアワー(サービスタイム)が提供されています。

〖ブライトサイド・ブレックファースト〗

このちらのレストランはファミリー向けで、アメリカ料理専門で朝食・ランチ・ディナー・軽食を提供しています。

〖ポップアップ・ピザ〗

こちらはピザ専門のビストロで、ランチ・ディナー・軽食を提供しています。

〖カフェラテ〗

こちらのコーヒーショップでは、アメリカ料理専門として朝食・軽食を提供しています。

その他、各種料理を提供する「ドゥパーズ・レストラン&ベーカリ」と「サブウェイ」は、「プラザ・ホテル&カジノ」から50メートルの場所にあります。

【設備・サービス】

「プラザ・ホテル&カジノ」は、様々なレストラン・カジノの他にも、フィットネスクラブ・ジム・ショップ・季節営業の屋上プールがあります。

また、ドライクリーニング・ニューススタンド・複写機・無料Wi-Fi・空港への送り(無料)も利用することができます。企業のお客様は、ビデオプロジェクター・ビジネスセンター・会議室を利用できます。

更に、「プラザ・ホテル&カジノ」は子供に配慮したホテルで、ベビーベッド・プレイルームも提供しています。ちなみに、屋上プールからは「フリーモント・ストリート・エクスペリエンス」が一望でき、ゆったりくつろげるカバナも用意されています。

【カジノ】

「プラザ・ホテル&カジノ」は、カジノを持つホテルには珍しくバルコニーが存在します。

一般的なカジノでは、宿泊客にカジノでお金を使ってもらう戦略があるため、お部屋よりカジノフロアに機能を集中させていたりするのですが、この点から「プラザ・ホテル&カジノ」は宿泊客のことを大事に考えているホテルだと言えます。

カジノフロアでは、「最低賭け金1ドル・オッズ賭け100倍」のクラップスが有名です。また、ルーレット・ブラックジャックなどの人気ゲームがあり、スロットマシンは600機設置されています。

高額賞金が狙えるジャックポット搭載のスロットマシンにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。カジノフロアにある「オマハラウンジ」では、生バンド演奏が毎晩行われているので、軽く1杯やる際におすすめです!

また、777スロットトーナメントが水曜日、木曜日、金曜日に開催中です!ビッグチャンスを狙いに、ぜひ足を運んでみて下さい!

〖メンバーカード〗

特典がいっぱいで、カジノのフロアーにあるリワードカウンターで「身分証明書(パスポートなど)」を提示すれば、21歳以上の人ならその場でメンバーズカードを作ってくれます。

同系列ホテルはメンバーズカードを共有して使え、「MGM社」「CAESARS社」同じ系列ホテルで遊んだ時は、同じアカウントにポイントが貯まっていくのです。もちろん他のホテル系列でも使えます。

・カジノ

ビデオゲーム機には必ずメンバーカードを挿入するところがあり、テーブルゲームでは、ディーラーにカードを渡します。

とにかく遊べばポイントが貯まっていく仕組みです。

ポイントを貯めていくと、ポイント数に応じて階級が上がっていく仕組みとなっており、貯まったポイントは、売店やレストランで利用することができます。

その他階級によっては駐車場が無料・ホテル代が無料・会員限定のイベントに招待・海外旅行をプレゼント!など様々な特典が用意されています。

貯めれば貯めるほど、優待特典が豪華になっていくのです。

カジノに興味の無い方でも、ラスベガス記念に作ってみるのも良いかもしれません。

〖カジノゲーム一覧〗

・ブラックジャック

・クラップス

・ニュー・サターン、グロ・アンド・ブレイズ・ルーレット

・クラップレス・クラップス

・ダブルデック・ブラックジャック

・フリーベット・ブラックジャック

・パイ・ゴウ・ポーカー

・スリーカード・ポーカー

・レット・イット・ライド

・アルティメット・テキサス・ホールデム

・ハイ・カード・フラッシュ

【基本情報】

テーブルゲーム:

クラップス・ルーレット・ブラックジャック・ミニバカラ・3カードポーカーなど

スロットマシーンの数:600

日本語スタッフ:無し

カジノへの入場料:無料

ミニマムベット:$5~

営業時間:24時間営業

入場可能な年齢:21歳~

【アクセス】

「プラザ・ホテル&カジノ」は、「ラスベガス・ストリップ」から北へ約7kmのダウンタウンの中心街にあります。タクシー・バス・トロリーバスなどで行くことが可能です。

しかし、沢山のカジノがひしめき合うラスベガスでは、お目当てのカジノにたどり着くことが意外と難しかったりします。間違えて入ってしまっては、旅行の際に大きな時間のロスになってしまうので注意が必要です。

「プラザ・ホテル&カジノ」は、「ラスベガス・ストリップ」というラスベガスのメイン通りではなく、「ダウンタウン地区」に位置しているため、アクセスは決して良いとは言えません。

ここでは、「マッカラン国際空港」から「プラザ・ホテル&カジノ」への行き方から、周辺へのアクセスなどを含めてご紹介していきます。

〖シャトルバス〗

「マッカラン国際空港」から、8ドルのシャトルバスを利用することができますが、事前に予約が必要です。

複数人数で利用する場合は特に「タクシー」・「Uber」を利用した方が良いでしょう。

〖タクシー〗

「タクシー」はラスベガスにおける最もメジャーな交通手段です。「マッカラン国際空港」のタクシー乗り場から、タクシーへ乗ることが出来ます。

料金は高くつきますが、予約も必要ないため、急いでいる方やスムーズにことを進めたい方におすすめです!台数は非常に多く街の至るところを何時でもタクシーが運行しているため、ホテルで「タクシー」待ちのために列に並ぶこともほとんどありません。

「プラザ・ホテル&カジノ」は有名なので、ドライバーに告げれば問題なく連れて行ってくれます。

価格:道路状況と時期によって異なり、空港からの「タクシー」は追加料金がかかります。

利用アドバイス:「タクシー」は施設間の移動や空港への移動、または夜のクラブ帰りの際に、非常に便利です。

街中には十分な数の「タクシー」があるので、夜遅くて「タクシー」がつかまらないという心配をする必要はありません。

知っておくべきこと:「Uber」と「Lyft」同様、「ストリップ」で「タクシー」を拾うことはできません。ホテルには「タクシー」乗車所があり、たいていの場合ホテルのボーイがいる近くに「タクシー」乗車所があります。また、ドライバーとの間で何か問題があれば「ネバダ・タクシー運営局」☎702-668-4005に電話しましょう。

タクシー料金の目安:$25(チップ込み)


所要時間の目安:10分ほど

〖Uber〗

日本ではあまり馴染みの「Uber」ですが、本場アメリカのラスベガスでは「Uber」を使いこなすことができるととても便利です。

乗り場が少し変わった場所にあったり、予約が必要な点などの面倒もありますが、料金の安さや手軽さを考えるとぜひUberの利用をおすすめしたいと思います。

ただし、早朝・深夜の利用の場合は通常の「タクシー」と変わらない料金になることもあるため、フライトの到着時間次第では、向いていないかもしれません。

Uberの料金の目安:800円から1200円

所要時間の目安:10分ほど

〖レンタカー〗

狭いようで意外と広いラスベガスを観光するのに、レンタカーほど便利な乗り物はないでしょう。だだし、ラスベガスの場合「マッカラン国際空港」では「レンタカー」業者が集まるエリアまで距離が3㎞程あり、そこまでは無料のシャトルバスで行かなければなりません。

空港は広いですが、いたる所に標識があり、「rental car buses」のほうへ行けば「レンタカー」業者の集まるエリアまで行くことが出来ます。日本車も数多く置いてあるので、車選びに苦労することはないでしょう。

日本と違って右側通行であるアメリカの運転になれている方には最もおすすめできます。ただ、施設が巨大すぎるがゆえに、ホテル及びカジノと駐車場が離れていることが多いです。しかし、「プラザ・ホテル&カジノ」は、駐車場からの移動がかなり楽なので、その点の心配はいらないでしょう。

〖公共交通機関〗

ラスベガスでは、路線バスが発達しており、空港から各カジノへ路線バスを乗り継いでいくことが可能です。

「プラザ・ホテル&カジノ」へ直接行くバスは無く、乗り継ぎが必要な上に、車だと10分で到着する距離でも、停車駅の多さから40分ほどかかってしまいます。

そのため、利用することはあまりお勧めできません。片道4ドルほどで済み、料金がほかの移動手段と比べて最も安いことが唯一のメリットです。

「ダウンタウン地区」内のアクセス・交通手段は、こちらの記事をご覧ください。➡

アメリカ ラスベガス フリーモント・ストリート・エクスペリエンス

【治安】