• 私の旅行記

アメリカ ラスベガス マンダレイベイ

最終更新: 2020年12月28日


こちらは、「ラスベガス・ストリップ」の南端にある黄金に輝くホテル「マンダレイベイ」です!

「ラスベガス・ストリップ」に入ると、まず最初に目に付くのがこの金色に輝くツインタワー「マンダレイベイ・リゾート&カジノ」と「デラノ・ラスベガス」です。 

ホテルのテーマはアジアの楽園で、敷地内に11エーカーというラスベガス最大のプールエリアを持っており、砂漠のビーチリゾートとしても有名な高級ホテルです。

【歴史・特徴】

1999年にオープンした「マンダレイベイ」は、現在「MGM社」によって運営されています。2005年に「MGM社」に吸収合併されたため、現在の「マンダレイベイ」は「MGMグランド」や「ベラージオ」などとも同じ系列ということになります。

隣接する「ラクソー」と「エクスカリバー」、北ストリップ地区にある「サーカスサーカス」は全て同社の系列で、「ラクソー」と「エクスカリバー」と「マンダレイベイ」は24時間運行の無料モノレール及び渡り廊下で結ばれています。ちなみに、本館の35~39階には「フォーシーズンズ」ホテルが入っています。

「マンダレイベイ」の名前の由来は、英国の文豪「Rudyard Kipling」の作品「On the Road to Mandalay」にあると言われており、このカジノホテルのテーマはその作品の内容にちなんで「アジアの楽園」 となっています。

残念なことに2017年、計59人が死亡した「ラスベガス」の銃乱射事件はこの「マンダレイベイ」を舞台に起こってしまいました。しかし、「マンダレイベイ」が危険なホテルというわけではないので、安心して楽しむことができるリゾートとして自信を持っておすすめしたいホテルです!

【外観・インテリア】

「マンダレイベイ」の大きな特徴としてまず挙げられるのはその派手な外観です。比較的派手な建造物が立ち並ぶ「ラスベガス」ですが、その巨大さと燦燦と輝くゴールドは一際目を引きます。

立地が「ラスベガス・ストリップ」東の端の方で、空港から「ラスベガス・ストリップ」へ向かう場合は必ずと言っても良いほど目に付きます。もちろんその豪華さは外見だけでなく、内装もとてもゴージャスです。

「マンダレイベイ」のカジノもその他の「ラスベガス」のカジノと比べて広々としています。ゲームごとの場所も分かりやすく、カジノの中央にあるラウンジを中心として、テーブルやスロットが分かりやすく配置してあり、目的の場所へ行くのに迷うことはまずないでしょう。ギャンブルをプレイする環境の良さで言えば、「マンダレイベイ」は「ラスベガス」でもトップクラスです。

【ホテル・客室】

〖マンダレイベイ・リゾート・アンド・カジノ〗

1999年オープン、436室のスイートルームを含む全3211室の客室を持つ、南国をイメージしたホテルです。 

35階から39階の上層階部分は、「フォーシーズンズ・ホテル」が入居しており、独自のフロントやプール、駐車場が用意されています。

〖デラノ・ラスベガス〗

「ザ・ホテル(THE HOTEL)」という名称から「デラノ・ラスベガス」に生まれ変わり、2014年にオープンした1117全室がスイートルームのホテルです。 

全体的にモダンで、落ち着いた大人の雰囲気のあるホテルで、カップルにも人気です。

客室数は「マンダレイベイ」と「デラノ・ラスベガス」の客室数と合わせて約4800室の部屋数を誇ります。

客室数でこそ、わずかに「MGMグランド」に及ばないものの、「MGMグランド」よりも高層構造になっており、ゴールドメタリックという派手な外観から一際目立つ存在です。

客室はベージュやブラウンなどを基調としたおとなしいトーンでまとめられており、広さも必要かつ十分なスペースが確保されています。

天井も高く開放感があり快適です。床から天井まで全面ガラス張りの超大型窓は、外の景色が良く見えて非常に気持ちが良いです。また、外が暗くなると窓ガラスが鏡のようになり、室内が映し出されるため部屋がより広く見えます。

中でも素晴らしいのはバスルームです。大理石調のフロアタイルやカウンタートップが高級感をうまく醸し出しています。水道の蛇口などもゴールドが使われており、スタンダードルームとは思えないほどゴージャスな造りです。

また、デザインのみならず、バスタブとシャワールームが別々になっているので使いやすいです。1泊100ドル前後からで、ラスベガスの中では平均よりもやや高い方です。

「ラスベガス・ストリップ」の南端にあるため、「ラスベガス・ストリップ」の眺めがとても素晴らしいです。ストリップビュールームに宿泊すれば、部屋からその美しい夜景を独り占めできてしまいます。スイートルームは200ドル~。からです。


【リゾートクイーン】

クイーンサイズベッド2台とソファのある、マンダレイベイスタイルの大胆なデザインが特徴の客室です。

広さ:約51㎡ 最大4名

【リゾートキング】 

キングサイズベッドとソファのある、マンダレイベイスタイルの大胆なデザインが特徴の客室です。

広さ:約51㎡ 最大3名

【ベイキング】

ディープブルーと赤、オレンジでまとめられた、キングサイズベッドとソファのあるスタイリッシュな客室です。

広さ:約56㎡ 最大2名

【エリートキング】

緑色をアクセントカラーにした、キングサイズベッドとアームチェアのある現代的なスタイルの客室です。

広さ:約63㎡ 最大4名

【エグゼクティブキング】 

緑と青をアクセントカラーにした、キングサイズベッドと広いワークスペース、4人掛けの着席スペースのある客室です。

広さ:約73㎡ 最大2名

【1ベッドルームペントハウススカイビュースイート】 

キングサイズベッドのあるマスターベッドルームと10人が着席できる広いリビングを有し、おだやかなカラーリングでまとめられたスイートです。

【モーレアスイート】 

ソファのあるリビングルーム、バーエリアがあるダイニング、キングサイズベッド1台のベッドルームに分かれた、ストリップや空港を望む大きなコーナーウィンドウがあるスイートです。

広さ:約133㎡ 最大2名

【ホライズンスイート】 

ソファのあるリビングルーム、8名掛けのテーブルがあるダイニング、キングサイズベッド1台のベッドルームに分かれた、180度のラスベガスの景色を楽しめるスイートです。

広さ:約158㎡ 最大2名

【メディアスイート】

赤、紫、オレンジがアクセントカラーになったリビングスペースには65インチのテレビ、サラウンドサウンドシアター、Boseステレオシステムのほか、バーエリアが備わっています。

46インチのテレビがあるベッドルームには、やわらかなリネンの包まれた豪華なキングサイズベッドがあります。

広さ:約200㎡ 最大2名

この他にも【2ベッドルーム】の客室などもあります。

シャークリーフ・アット・マンダレイベイ

砂漠のラスベガスで海洋生物や珍しい動物たちに出会える水族館!1200種以上の海洋生物に加え、15種100頭のサメやワニ、クロコダイル、とても珍しいコモドドラゴンなどを筆頭に約2000種類を超える生物が飼育されています。

館内には490万リットルの水槽内を通る海中トンネルがあり、サメやカメなど巨大生物から小さな魚まで様々な色・形をした海洋生物を間近で見ることができます。

「シャークリーフ・アット・マンダレイベイ」は、広さ8825平方メートルの大きい施設に14の常設展示があり、その中にはカブトガニやウミウシ、エイなどのおとなしい動物に触れられる人気のタッチプールもあります。

また、冒険好きな方には、「シャークリーフ・アット・マンダレイベイ」のサメと一緒に泳ぐことができるプログラムがあり、シロワニ・メジロザメ・ネムリブカなど30種類を超えるサメと泳ぐことができます。(別途料金)

※参加にはダイバー資格が必要になります。

※ホテル滞在者のみ参加可能。

ダイバー資格がなくとも、見物するだけでも迫力があり十分満足することができます。

また、45キロもあるミズダコ・エキゾチックな外観に毒を隠すミノカサゴ・カリブ海のサンゴ礁をテーマにした展示には、虹色のアオブダイなどがいます。砂漠のラスベガスで、このような水族館があることは実に不思議でおもしろい体験をすることができます。

また、「シャークリーフ・アット・マンダレイベイ」の造りは桁外れで、あるスペースの一角は沈没した寺院のような造りとなっており、海洋保護と維持をその目的に捉えているのです。ここの施設では、リサイクルされた水と模造サンゴを使用しているため、実際のサンゴ礁に影響を及ぼすことはありません。

絶滅危惧種のコモドドラゴンも飼育されているなど、ラスベガスにはありきたりな施設など存在せず、エキゾチックで危険な生物を間近で観察することができる素晴らしい施設なのです。

【基本情報】

シャークリーフ・アット・マンダラーベイ

住所:3950 Las Vegas Boulevard South, Las Vegas, NV 89119

電話番号:1-702-632-4555 / 1-877-632-7000

営業時間:時間:10:00~20:00(日~木) 10:00~22:00(金・土) ※チケット売り場は毎日9:30~

料金:大人$25.00 小人(4歳~12歳)$19.00 シニア(60歳以上)$23.00 4歳以下は無料。

公式ホームページ:https://www.mandalaybay.com/en/entertainment/shark-reef-aquarium.html

※祝日を含む連休時は、料金がホリデープライスになる可能性あり。

※記事内容は執筆時点のものですので、最新の内容をご確認ください。

【ラスベガス最大のプール】

「マンダレイベイ」を紹介するにあたり、絶対的に欠かせないのが、「ラスベガス」最大と言われるプールです!

「マンダレイベイ」自慢の巨大なプールエリアには、波の出る砂浜付きのプールや1周約130メートルの流れるプール、2つの大きなプール、たくさんのジャグジーが設置されています。また、プールエリアの周囲には1周約800メートルのジョギングコースが敷かれています。

プースサイドにはカジノがあり、プールを見ながらカジノ、または少し泳ぎ着かれたらそのままの格好でカジノへ行き、また泳ぎたくなったらプールへ行くなどの遊び方ができます。

更に「マンダレイベイ」には、有料にはなりますが壁で囲まれた「ヌーディストビーチ」も用意されています。プールといえば、「マンダレイベイ」の他に「ミラージュ」などが挙げられますが、子供を連れていくならプールのアトラクション性の高い「マンダレイベイ」をおすすめします!

【レストラン】

「マンダレイベイ・リゾート」&「デラノ・ラスベガス」、付随するショッピング街「ショッパーズ・アット・マンダレイ・プレイス」を合わせると、高級レストランや日本食、寿司バー、ビュッフェ、ステーキ、イタリア料理、フランス料理、コーヒーショップなど30軒以上のお食事スポットがあります! 

ここでは、個人的におすすめのお店を一部ご紹介させていただきます。

〖クミ・ジャパニーズレストラン+バー(Kumi Japanese Restaurant+Bar)〗

「クミ・ジャパニーズレストラン+バー(Kumi Japanese Restaurant+Bar)」は、日本料理に韓国とアメリカの食材や調味料をミックスした、想像力豊かなモダンジャパニーズフードが食べられるお店です!

店内はまだ新しくとてもキレイです。また、バーラウンジエリアも広くお酒とフュージョン料理を軽く召し上がることもできます。

【基本情報】

クミ・ジャパニーズレストラン+バー(Kumi Japanese Restaurant+Bar)

住所:3950 Las Vegas Blvd S Las Vegas, NV 89119

電話番号:+1 702-632-9100

営業時間:

日曜日〜木曜日 17:00〜22:00

金曜日・土曜日 17:00〜23:00

休日:なし

予算:$60〜

予約開始:90日前

公式サイト:http://www.kumilasvegas.com/

〖ルポ(Lupo)〗

「ルポ(Lupo)」は、アカデミー賞の公式シェフを務める「ウルフギャング・パック」が手がけるイタリアンレストランの第一号店です。

イタリア店では珍しい、黒と白を基調としたモノトーンの落ち着いた雰囲気のお店で、カップルに人気があります。デザートは、見た目がとても美しく美味しいです。

【基本情報】

ルポ(Lupo)

住所:3950 Las Vegas Blvd S Las Vegas, NV 89119

電話番号:+1 702-632-7410

営業時間:

日曜日〜木曜日 11:00〜22:00

金曜日・土曜日 11:00〜23:00

休日:なし

予算:$31〜60

予約開始:90日前

公式サイト:http://www.mandalaybay.com/dining/lupo-by-wolfgang-puck/

〖オレオール(Aureole)〗

「オレオール(Aureole)」は、バーエリアでお好みのワインと小皿料理が楽しめるお店です!

ハッピーアワーでは常時4種類のワインがグラス$6でシェフお勧め小皿料理も9種類を各$8でお楽しみ頂けます。ワインの好きには特におすすめのお店で、巨大な透明ワインセラーは必見です!

【基本情報】

オレオール(Aureole)

住所:3950 Las Vegas Blvd S Las Vegas, NV 89119

電話番号:+1 702-632-7401

営業時間:

月曜日〜土曜日 17:00〜24:00

休日:日曜日

予算:$70~

予約開始:90日前

公式サイト:http://www.charliepalmer.com/aureole-las-vegas/

〖ボーダー グリル(Border Grill)〗

「ボーダー グリル(Border Grill)」は、モダンメキシコ料理が自慢のお店です!

土曜日と日曜日のブランチがおすすめで、最近フォーラムショップにもオープンし、お店の人気が伺えます。

小さ目のポーション料理を好きなだけオーダーすることができ、料金$34.99。+$10で数種類のミモザが飲み放題です。

【基本情報】

ボーダー グリル(Border Grill)

住所:3950 Las Vegas Blvd S Las Vegas, NV 89119

電話番号:+1 702-632-7403

営業時間:

日曜日〜木曜日 11:00〜22:00

金曜日・土曜日 11:00〜23:00

休日:なし

予算:$40~

予約開始:90日前

公式サイト:http://www.bordergrill.com/

【カジノ】

「マンダレイベイ」に併設されている豪華絢爛なカジノ場は、まさに「南国の宮殿」のような造りになっています。

12,500㎡ (135,000スクエアフィート)以上の広大なカジノ・スペースは、レース&スポーツブック、ポーカールームは勿論、ブラックジャック、クラップス、ルーレット、バカラ、パイ・ゴウ・ポーカー、ウルティメット・テキサス・ホールデム、7カード・スタッド、レット・イット・ライド、3カード・ポーカー、更に1700以上の各種スロットマシーンとビデオ・ポーカーを網羅しています。

月曜日~木曜日の2pmからは、ポーカーの無料レッスン(英語)も行われていますので、参加してみてはいかがでしょう?

また、カジノルームやカジノバー、スポーツブックルームなどのゲームフロア以外にもRafflesカフェ、スターバックス、ヌードルレストランなど、休憩場所も充実しているのが嬉しいポイントです。

〖メンバーカード〗

特典がいっぱいで、カジノのフロアーにあるリワードカウンターで「身分証明書(パスポートなど)」を提示すれば、21歳以上の人ならその場でメンバーズカードを作ってくれます。

同系列ホテルはメンバーズカードを共有して使え、「MGM社」「CAESARS社」同じ系列ホテルで遊んだ時は、同じアカウントにポイントが貯まっていくのです。もちろん他のホテル系列でも使えます。

・カジノ

ビデオゲーム機には必ずメンバーカードを挿入するところがあり、テーブルゲームでは、ディーラーにカードを渡します。

とにかく遊べばポイントが貯まっていく仕組みです。

ポイントを貯めていくと、ポイント数に応じて階級が上がっていく仕組みとなっており、貯まったポイントは、売店やレストランで利用することができます。

その他階級によっては駐車場が無料・ホテル代が無料・会員限定のイベントに招待・海外旅行をプレゼント!など様々な特典が用意されています。

貯めれば貯めるほど、優待特典が豪華になっていくのです。

カジノに興味の無い方でも、ラスベガス記念に作ってみるのも良いかもしれません。

〖M life〗

画像引用元:https://www.mgmresorts.com/en/faq.html

「M life」は、「マンダレイベイ」を含む、MGMミラージュ系列のホテル共通のプレーヤーズクラブ会員制度で、カジノでの遊興費が全てポイントになり、獲得ポイントに応じて、ホテル内の食費やショー、部屋代等が無料になる特典を受けられます。

入会は無料なので、ホテル内の「M lifeカウンター」で、パスポート持参のうえ、会員証を発行してもらいましょう。

【基本情報】

テーブルゲームの数:127

マシンゲームの数:1900

ポーカールーム:有り

日本語スタッフ:無し

カジノへの入場料:無料

ミニマムベット:$25~

営業時間:24時間

定休日:無し

年齢制限:21歳から入場可能

【マイケル・ジャクソン・ワン(Michael Jackson: One)】

2013年の開演当初から、絶大な人気を誇るショー「マイケル・ジャクソン・ワン (Michael Jackson: One)」。 

この「ショー」は、「マイケル・ジャクソン」の最大のヒット曲である「ONE」を、「シルク・ドゥ・ソレイユ」の63人のダンサーとパフォーマーによるアクロバット、ダンス、ビジュアルのを融合させたものになります。

プロジェクション・マッピングを多様に盛り込み、音楽とダンス、アクロバットを融合させた迫力あるパフォーマンスを見せてくれます! 金曜から火曜の毎日2回公演がありますので、是非ともお見逃しなく!

【基本情報】

マイケル・ジャクソン・ワン(Michael Jackson: One)

会場:マンダレイベイ(Mandalay Bay)

初公演:2013年5月23日

開演時間::19:00 / 22:00

公演時間:1時間30分

休演日:水曜日・木曜日

年齢制限:5歳以上

公式サイト:https://www.mandalaybay.com/en/entertainment.html

【ハウス・オブ・ブルース・ミュージック・ホール】

「ハウス・オブ・ブルース・ミュージック・ホール」は、一流のアーティストによるパフォーマンスを間近に見ることができます!

1,800人収容可能なライブハウスで、有名アーティストによるライブやミュージカルなどが多数行われています。

また、毎週日曜に行われる「ゴスペル・ブランチ」と呼ばれる食事付きの「ゴスペル・ショー」は、宗教に関わらず、誰でもが楽しめるショーとして人気があります!

【基本情報】

ハウス・オブ・ブルース・ミュージック・ホール

会場:マンダレイベイ(Mandalay Bay)

住所:3950 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89119

電話番号:+1 702-632-7600

営業時間:7時00分~0時00分

公式サイト:http://www.houseofblues.com/lasvegas

【イベントセンター&コンベンションセンター】

「マンダレイベイ」にはラスベガス最大級のイベントセンターがあります。

収容人数12000人の会場では、ボクシングやミスユニバース、コンサートなど様々な世界的イベントが行われています。

「コンベンションセンター」は、93,000㎡の広さがある展示場です。

【アクセス】

沢山のカジノがひしめき合うラスベガスでは、お目当てのカジノにたどり着くことが意外と難しかったりします。間違えて入ってしまっては、旅行の際に大きな時間のロスになってしまうので注意が必要です。

特に「マンダレイベイ」は、「ラスベガス・ストリップ」というラスベガスのメイン通りに位置しています。ここでは、「マッカラン国際空港」から「マンダレイベイ」への行き方から、周辺へのアクセスなどを含めてご紹介していきます。

〖シャトルバス〗

「マッカラン国際空港」から、8ドルのシャトルバスを利用することができますが、事前に予約が必要です。

複数人数で利用する場合は特に「タクシー」・「Uber」を利用した方が良いでしょう。

〖タクシー〗

「タクシー」はラスベガスにおける最もメジャーな交通手段です。「マッカラン国際空港」のタクシー乗り場から、タクシーへ乗ることが出来ます。

料金は高くつきますが、予約も必要ないため、急いでいる方やスムーズにことを進めたい方におすすめです!

台数は非常に多く街の至るところを何時でもタクシーが運行しているため、ホテルで「タクシー」待ちのために列に並ぶこともほとんどありません。

価格:道路状況と時期によって異なり、空港からの「タクシー」は追加料金がかかります。

利用アドバイス:「タクシー」は施設間の移動や空港への移動、または夜のクラブ帰りの際に、非常に便利です。街中には十分な数の「タクシー」があるので、夜遅くて「タクシー」がつかまらないという心配をする必要はありません。

知っておくべきこと:「Uber」と「Lyft」同様、「ストリップ」で「タクシー」を拾うことはできません。ホテルには「タクシー」乗車所があり、たいていの場合ホテルのボーイがいる近くに「タクシー」乗車所があります。また、ドライバーとの間で何か問題があれば「ネバダ・タクシー運営局」☎702-668-4005に電話しましょう。

タクシー料金の目安:$25(チップ込み)


所要時間の目安:10分ほど

〖Uber〗

日本ではあまり馴染みの「Uber」ですが、本場アメリカのラスベガスでは「Uber」を使いこなすことができるととても便利です。

乗り場が少し変わった場所にあったり、予約が必要な点などの面倒もありますが、料金の安さや手軽さを考えるとぜひUberの利用をおすすめしたいと思います。

ただし、早朝・深夜の利用の場合は通常の「タクシー」と変わらない料金になることもあるため、フライトの到着時間次第では、向いていないかもしれません。

Uberの料金の目安:800円から1200円


所要時間の目安:10分ほど

〖レンタカー〗

狭いようで意外と広いラスベガスを観光するのに、レンタカーほど便利な乗り物はないでしょう。

だだし、ラスベガスの場合「マッカラン国際空港」では「レンタカー」業者が集まるエリアまで距離が3㎞程あり、そこまでは無料のシャトルバスで行かなければなりません。

空港は広いですが、いたる所に標識があり、「rental car buses」のほうへ行けば「レンタカー」業者の集まるエリアまで行くことが出来ます。

日本車も数多く置いてあるので、車選びに苦労することはないでしょう。日本と違って右側通行であるアメリカの運転になれている方には最もおすすめできます。ただ、施設が巨大すぎるがゆえに、ホテル及びカジノと駐車場が離れていることが多いです。

〖公共交通機関〗

ラスベガスでは、路線バスが発達しており、空港から各カジノへ路線バスを乗り継いでいくことが可能です。

「マンダレイベイ」へ直接行くバスは無く、乗り継ぎが必要な上に、車だと10分で到着する距離でも、停車駅の多さから40分ほどかかってしまいます。

そのため、利用することはあまりお勧めできません。片道4ドルほどで済み、料金がほかの移動手段と比べて最も安いことが唯一のメリットです。

「ラスベガス・ストリップ」内のアクセス・交通手段は、こちらの記事をご覧ください。➡

アメリカ ラスベガス ラスベガス・ストリップ

いかがでしたでしょうか。

豪華でキレイなお部屋に、レストランやカジノ、巨大プール、水族館、ショーなど沢山の魅力がつまった「マンダレイベイ・リゾート&カジノ」。

「マンダレイベイ」であれば、日中はプール、夜はショーやカジノなど、ホテル内で1日楽しむことができます!

「ラスベガス」へ訪れる際は、是非とも「マンダレイベイ」に泊まって、「ラスベガス」での素晴らしい旅を楽しんでみてください!

【基本情報】

マンダレイベイ・リゾート&カジノ

住所:3950 Las Vegas Blvd.South Las Vegas, Nevada 89119

電話番号:+1 702-632-7777

最寄り駅:「マンダレイベイ・トラム(Mandalay Bay Tram)」

アクセス:「マッカラン国際空港」から車で約3km

空港からの所要時間:「マッカラン国際空港」から車で約10分

営業時間:24時間

定休日:無し

ショッピングモール:マンダレイベイ・プレイス(Mandalay Place)

アトラクション:シャーク・リーフ(Shark Reef)

駐車場:6階建て無料駐車場有り

チェックイン:03:00pm

チェックアウト:11:00pm

公式サイト:https://www.mandalaybay.com/en.html?icid=GMB_Hotel_Mandalay#/

※記事内容は執筆時点のものですので、最新の内容をご確認ください。

#usa #LasVegas #ホテル #アクティビティ #エンターテイメント #photo #レストラン #カジノ #ナイトライフ #歴史 #水族館 #プール

313回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
旅行記 旅好き ハワイ 海外旅行 国内旅行

海外・国内旅行の魅力・出来事・情報をお届けするサイトです。人生一度きり、一人でも多くの人に旅行を楽しんで頂きたい!

お得な現地情報&ホテル情報をお届けします!

 

これから旅行へ行かれる方に少しでも良い情報をお届けできたら嬉しいです!!!

FOLLOW ME:
  • Facebook Vintage Stamp
  • Twitter Vintage Stamp