• 私の旅行記

アメリカ ラスベガス リオオール スイート ホテル & カジノ

更新日:2020年12月28日


こちらは、「ラスベガス・ストリップ」の大通りに面していないものの、ベネチア様式で有名な伝統的なホテル「リオ オール スイート ホテル & カジノ」です!

その名の通り全室スイートのホテル&カジノで、フルサービスのスパ&サロンや季節営業屋外プールを併設しています。

「リオ オール スイート ホテル & カジノ」は「ラスベガス・ストリップ」から歩いて約15~20分のところにあります。

1991年に開業し、2006年に改装された「リオ オール スイート ホテル & カジノ」は、より快適な部屋を提供しています。

【客室】

「リオ オール スイート ホテル & カジノ」は、ラグジュアリートリプルルーム・プレミアムトリプルルーム・デラックススタジオスイートを含める部屋2526室を有し、広々とした各スイートには、冷蔵庫・コーヒーメーカー・エアコン・ミニバー・セーフティボックス・居住エリア・衛星テレビ・独立したドレッシングエリアなどが備わっています。

また、シャワー・スパバスタブとダブルシンク化粧台を備えたプライベートなバスルームが特色です。

部屋は伝統的な正統派のセパレート型スイートルームではなく、いわゆるミニスイートもしくはジュニアスイートと呼ばれる疑似スイートで、寝室とリビングルームが明確に区切られているわけではありません。

客室棟は、開業時から存在している本館と1997年に完成した新館タワー棟に分かれています。新館の方が高さが高いうえに「ラスベガス・ストリップ」に近いため、おすすめです!

特に、「ラスベガス・ストリップ」側に面している高層階の部屋からは、「ストラトスフィアタワー」から「マンダレイベイ」まで、「ラスベガス・ストリップ」の全域が見渡せます。

団体ツアー旅行の場合は厳しいかもしれませんが、個人旅行の場合は、チェックインの際に是非部屋をリクエストしてみましょう。

【レストラン】

「リオ オール スイート ホテル & カジノ」は、レストランの充実ぶりが自慢で、近年は他のホテルもレストランを充実させてきていますが、開業当初は「グルメの殿堂」とデビューしています。

この「リオ オール スイート ホテル & カジノ」を有名にしたのは、何と言っても90年代中頃に始めた「CARNIVAL WORLD BUFFET」で、これを抜きにこのホテルを語ることはできません。

各国の料理を屋台ブース形式でサーブするその陳列方式は、当時としては非常に珍しく、話題を独占してきました。今でこそ、その種のスタイルは当たり前となっていますが、そのパイオニアとして、今でも地元民の間では一目置かれています。

歴史が長く陳腐化も懸念されていましたが、近年リニューアル改装が行われ、再び人気を取り戻しています。また、「CARNIVAL WORLD BUFFET」よりも後にオープンした高級シーフード「VILLAGE SEAFOOD BUFFET」も人気があります。

生ガキ・カニ・ロブスターなどが食べ放題です。コンテンポラリーな「POOL SIDEバー」では、ダンスフロアとテーブルゲームを完備しており、ワインやカクテルなどスッキリとしたドリンクを取り揃えています。

また、「リオ オール スイート ホテル & カジノ」から50メートル離れている「CENTER CUT STEAKHOUSE」と「ALL AMERICAN BAR&GRILL」では、滞在客のお客様に、フルブレックファーストを無料でサービスしています。

その他、「VooVooラウンジ」やアメリカ料理、インド料理などもあり、その充実ぶりは歴史とともに健在です。

〖カーニバル・ワールド&シーフード・バフェ(CARNIVAL WORLD & SEAFOOD BUFFET)〗

「デューンズロード」添いの「リオ・オール・スイート・ホテル&カジノ」内にある「カーニバル・ワールド&シーフード・バフェ(CARNIVAL WORLD & SEAFOOD BUFFET)」。

数あるバフェの中でも特に料理の種類に定評のあるバフェレストランです。種類がとにかく豊富なため、まずはひと回りして好みの料理を選ぶことをおすすめします!

中華や和食、イタリアンにアメリカン、他には中東系の料理までありますので、飽きることは絶対にないでしょう。色々な料理がある中でも、特におすすめなのは「ローストビーフ」です!

目の前でカットしてくれるできたてジューシーな「ローストビーフ」を是非とも味わってみてください!また、シーフードで珍しいのは「ザリガニ」が提供されていることです!日本ではあまり馴染みの薄い食材ですが、とても美味しいので是非試してみてください!

【基本情報】

カーニバル・ワールド&シーフード・バフェ(CARNIVAL WORLD & SEAFOOD BUFFET)

電話番号:+1 702-777-7757

営業時間:8:00~22:00

定休日:なし

料金:朝食$16.99、ランチ$25+、ディナー$33+、シーフードディナー$48+等

アクセス:「リオ・オール・スイート・ホテル&カジノ」内

公式サイト:【カーニバル・ワールド(Carnival World Buffet)

【プール】

「リオ オール スイート ホテル & カジノ」のプールには、砂浜が付いている事でも話題です!

とてもユニークなアイディアで話題を集め、「リオ オール スイート ホテル & カジノ」を参考にしたのが、「マンダレイベイ」や「ハードロック」のプールにも砂浜があります。

更に、脇にはビーチバレー用のコートやプールサイドでも様々な軽食が楽しめるように、スナックバーなどが用意されています。

【カジノ&無料アトラクション】

「リオオール・スイート ホテル & カジノ」は、カジノ全体のテーマが「リオのカーニバル」ですので、陽気で明るく高級感も保たれています。

〖メンバーカード〗

特典がいっぱいで、カジノのフロアーにあるリワードカウンターで「身分証明書(パスポートなど)」を提示すれば、21歳以上の人ならその場でメンバーズカードを作ってくれます。

同系列ホテルはメンバーズカードを共有して使え、「MGM社」「CAESARS社」同じ系列ホテルで遊んだ時は、同じアカウントにポイントが貯まっていくのです。もちろん他のホテル系列でも使えます。

・カジノ

ビデオゲーム機には必ずメンバーカードを挿入するところがあり、テーブルゲームでは、ディーラーにカードを渡します。

とにかく遊べばポイントが貯まっていく仕組みです。

ポイントを貯めていくと、ポイント数に応じて階級が上がっていく仕組みとなっており、貯まったポイントは、売店やレストランで利用することができます。

その他階級によっては駐車場が無料・ホテル代が無料・会員限定のイベントに招待・海外旅行をプレゼント!など様々な特典が用意されています。

貯めれば貯めるほど、優待特典が豪華になっていくのです。

カジノに興味の無い方でも、ラスベガス記念に作ってみるのも良いかもしれません。

〖カジノゲーム一覧〗

・ブラックジャック

・ルーレット

・クラップス

・バカラ

・パイガオ

・パイガオポーカー

・カリビアンスタッドポーカー

・レットイットライド

・ポーカールーム

・キノラウンジ

・レース&スポーツブック

・ビッグシックス

【基本情報】

ゲームマシン:約1200台

ゲームテーブル:約80台

ポーカールーム:有り

日本語スタッフ:無し

カジノへの入場料:無料

ミニマムベット:$5~

年齢制限:21歳以上



【ショー】

画像引用元:https://www.caesars.com/rio-las-vegas/shows/wow#.XIBRQPZuLoo

「リオオール・スイートホテル&カジノ」には、ザ・ウォータースペキュタクラー「WOW」という「ショー」が人気です!

水の世界に飛び込んだかのようなファンタジーで迫力のあるショーで、30名以上の国際的なダンサーやパフォーマーを迎え、3Dプロジェクターと共に素敵な演出が施されます。チケットは「Ticketmaster」や「RioLasVegas.com」を通じて入手可能です。

【基本情報】

WOW

公演日:2017年9月26日~

場所:リオオール・スイートホテル&カジノ

チケット料金:US$ 49.00~

公式サイト:https://www.caesars.com/rio-las-vegas/shows/wow#.XIBRQPZuLoo

【アクセス】

沢山のカジノがひしめき合うラスベガスでは、お目当てのカジノにたどり着くことが意外と難しかったりします。

間違えて入ってしまっては、旅行の際に大きな時間のロスになってしまうので注意が必要です。

「リオオール・スイートホテル&カジノ」は、「ラスベガス・ストリップ」には面してはいないものの、徒歩圏内にあります。

ここでは、「マッカラン国際空港」から「リオオール・スイートホテル&カジノ」への行き方から、周辺へのアクセスなどを含めてご紹介していきます。

〖シャトルバス〗

「マッカラン国際空港」から、8ドルのシャトルバスを利用することができますが、事前に予約が必要です。

複数人数で利用する場合は特に「タクシー」・「Uber」を利用した方が良いでしょう。

〖タクシー〗

「タクシー」はラスベガスにおける最もメジャーな交通手段です。「マッカラン国際空港」のタクシー乗り場から、タクシーへ乗ることが出来ます。

料金は高くつきますが、予約も必要ないため、急いでいる方やスムーズにことを進めたい方におすすめです!

台数は非常に多く街の至るところを何時でもタクシーが運行しているため、ホテルで「タクシー」待ちのために列に並ぶこともほとんどありません。

価格:道路状況と時期によって異なり、空港からの「タクシー」は追加料金がかかります。

利用アドバイス:「タクシー」は施設間の移動や空港への移動、または夜のクラブ帰りの際に、非常に便利です。街中には十分な数の「タクシー」があるので、夜遅くて「タクシー」がつかまらないという心配をする必要はありません。

知っておくべきこと:「Uber」と「Lyft」同様、「ストリップ」で「タクシー」を拾うことはできません。ホテルには「タクシー」乗車所があり、たいていの場合ホテルのボーイがいる近くに「タクシー」乗車所があります。また、ドライバーとの間で何か問題があれば「ネバダ・タクシー運営局」☎702-668-4005に電話しましょう。

タクシー料金の目安:$25(チップ込み)


所要時間の目安:10分ほど