• 私の旅行記

アメリカ ラスベガス レッドロック・キャニオン

更新日:2020年12月28日


こちらは、砂漠が広がるラスベガス郊外で、一際存在を放つ真っ赤な岩肌「レッドロック・キャニオン国立保護区」です!

アメリカらしい自然の荒野が見れ、ラスベガスからの半日観光におすすめのスポットです。

ラスベガスの中心地「ストリップ地区」から西へ約30km・車で約30分でアクセス可能な「レッドロック・キャニオン」では、赤い岩肌の大地に砂漠の植物・動物たちが生活しています。

煌びやかやラスベガスからは想像できない程の大自然が広がっており、そのギャップにきっと驚かれるでしょう。断崖絶壁、赤やグレーの色彩豊かな岩山、岩山を横切る美しい断層など。

特に目玉となるポイントはないものの、アメリカ大陸の雄大な自然を感じる事ができる素晴らしいスポットです。

【歴史】

「レッドロック・キャニオン」は、数億年前まで海の底に沈んでいた岩盤が、地球の地殻変動の力で大陸のど真ん中まで押し上げられる形で現在の特徴的な「レッドロック・キャニオン」の姿になりました。

その証拠として、海の生物の化石も発見されており、また6600万年前~228万年前の地層からは、爬虫類の翼竜の足跡の化石も発見されています。岩肌が赤いのは、岩に含まれる鉄分が酸化したことより、錆びている状態なのです。

また、この地域には1000年以上に渡り、少なくとも6つのネイティブアメリカンが存在していたと言われており、陶片や生活跡が多く発見されています。ちなみに、それらの一部は「ビジネスセンター」にて展示されています。

「レッドロック・キャニオン」の歴史・特徴についての詳細はこちらの記事をご覧ください!➡

アメリカ ラスベガス レッドロック・キャニオン ~歴史・特徴~

【気候・自然】

「レッドロック・キャニオン」はアメリカ南西部に位置するモハーベ砂漠の一部であり、砂漠気候に属しています。年間を通して暖かく、夏冬どちらの季節も観光を楽しむ事ができるのも「レッドロック・キャニオン」の魅力1つ。

ベストシーズンは4月~6月頃の期間で、特に4月最高気温が26℃と快適な気温で、トレッキングやハイキングを楽しんでいると雪解け水の滝を見ることができます。7月・8月は最高気温が40℃を超える日が続きますので、注意が必要です。サングラス・帽子・日焼け止め・水は必須でしょう。

夜は涼しくなり、昼夜の温度差は20℃近くありますので、「レッドロック・キャニオン」のキャンプに参加する場合は上から1枚羽織れる物があると安心です。一方、空気が澄んでいる冬の「レッドロック・キャニオン」では、真っ白な雪景色と満点の星空を見ることができます。

ラスベガス市街地では滅多に見られない雪ですが、冬の「レッドロック・キャニオン」では標高の高い場所で見られます。1月頃は氷点下2℃近くまで冷え込みますので、防寒対策を忘れずに。

また、砂漠の中心では日本では見かけない珍しい植物や生物を探してみましょう。「レッドロック・キャニオン」には、600以上の植物・ウサギ・リス・ヒツジ・オオカミ・ウマ・カメなど多くの野生動物が生存しています。

ちなみに、訪れる時間帯は午前中がおすすめです!午後は、太陽の位置の関係で岩山に陰ができてしまい、せっかくキレイな断層が暗くなってしまいます。

【アクセス】

ラスベガスの中心地「ストリップ地区」から西へ35kmに位置する「レッドロック・キャニオン」は、レンタカー・バスツアー・タクシーで簡単にアクセスが可能です!

〖バス〗

最も簡単で、満喫できるのがバスを利用する方法です。初めてのラスベガス観光で、よくわからず不安な方には断然バスツアーがおすすめ!

ラスベガスから「レッドロック・キャニオン」までの直通公共バスはありませんが、1人100ドル程度でバスツアーに参加することができます。

日本語ガイド・ランチ付きコースもあり、英語がわからない方でも安心して参加することができます。ガイドさんに「レッドロック・キャニオン」の歴史や楽しみ方を教えてもらいましょう。

また、アクティビティも兼ねたいという方は、荒野をジープで走る体験など様々なツアーがありますので、お気に入りのツアーを探してみて下さい!

〖レンタカー〗

自由気ままに旅を楽しみ方は、レンタカーがおすすめです!時間に縛られたくない方や友達や恋人、家族とだけで思い出を作りたいという方にも良いでしょう。

お菓子や飲み物を買って、アメリカの広大な道をお気に入りのBGMを流しながら楽しむのが最高です!

また、ラスベガスから「レッドロック・キャニオン」までの景色の移り変わりは見事で、最高のドライブになること間違いなしです。

レンタカーを借りる際、クレジットカード・国際運転免許証・日本の運転免許証が必要になりますので忘れずに。

〖ナビ〗「ラスベガス大通り」から北へ向かい、「159号線」を目指して左折します。30km程走ると「ビジターセンター」や「シーニックドライブ」の案内板(標識)が見えてきます。その案内板(標識)を右折しますと、「レッドロック・キャニオン」の料金所に到着です。

〖タクシー〗

外国での車の運転が不安な方は、もちろんタクシーでも「レッドロック・キャニオン」まで行くことが可能です。料金はタクシーの種類によって異なりますが、片道約50ドルですので3~4人いる場合にはおすすめです!

注意点として、行くことに気を取られて帰りのことを忘れないようにしましょう。帰路の迎えは行きのドライバーさんと交渉するか、もしくは必ず事前にタクシー会社の電話番号を調べておきましょう。

「レッドロック・キャニオン」は郊外なので、捕まらない場合もありますので要注意です。

【基本情報】

レッドロック・キャニオン(Red Rock Canyon General)

住所:State Highway 159, Las Vegas, NV 89161

営業時間:

・ビジターセンター|AM8:00 – PM 4:30

・シーニック・ループ・ドライブ| 4月~9月 AM6:00 – PM8:00/10月〜3月 AM6:00 – PM5:00

料金:車7ドル/バイク3ドル/自転車3ドル/歩行者3ドル

公式サイト:https://www.redrockcanyonlv.org/

【おすすめアクティビティ】

「レッドロック・キャニオン」では、様々なアクティビティがあり、眺めているだけではわからない「レッドロック・キャニオン」のスケールを体験することができます。

〖トレッキング・ハイキング〗

トレッキング・ハイキングを楽しめるコースはなんと26種類もあり、上級者向けコースから初心者向けコースまであります。

中でもおすすめは、比較的難易度の低いコース「MOENKOPI LOOP」です。体力に自信が無い方でも安心のコースです。

所要時間は約1時間30分で、15分も歩けば岩山から荒野の景色に変わり、大自然を体感することができます。

〖ボルダリング〗

「レッドロック・キャニオン」では、ロッククライミングやボルダリングが大人気です。

トレッキング・ハイキングでは物足りなさを感じる方におすすめです!2020年の東京オリンピックから正式種目となったボルダリングは、日本でも競技人口も増えてきています。

「レッドロック・キャニオン」では、ロッククライミングやボルダリングは特に許可が必要なく、ある程度の経験があれば自分で登りやすいポイントを見つけ、気軽にチャレンジすることができます。

数億年前まで海の底に沈んでいた岩肌を、自分の力だけで登った先に見える景色はとても感動的です。

〖乗馬〗

広大な大自然を優雅に満喫したい!という方におすすめ!のんびりと歩く馬にまたがり、高い場所から眺める風景は、西部劇映画さながらの雰囲気を体験することができます。

時間が経つのも忘れ、可愛い馬と美しい自然にとても癒されてしまいます。所要時間は約2時間で、料金は約130ドルです。

サンセットの時間帯に乗馬体験とバーベキューが楽しめるツアーもあるので、興味のある方は是非参加してみましょう。

〖キャンプ〗

大自然の美しい満点の星空に囲まれたい方には、日帰り観光ではなくキャンプがおすすめです!

「レッドロック・キャニオン」に沈む夕日を眺めて、焚き火を囲みながらゆったりと美しい星空を見ましょう。

ラスベガスのネオンとは対照的な自然の灯りは、息を飲むほど感動的でロマンティックな気分になります。キャンプ場は1泊約25ドルです。

【レッドロック・キャニオンの魅力!】

〖地球の歴史を感じさせるパワースポット〗

「レッドロック・キャニオン」は、「モハベ砂漠」にあり、79000ヘクタールに広さがあり世界的見ても興味深い地層です。4億年前のアメリカ西部は、温暖な浅い海に覆われ、今でも昔海だった証拠がモハベ砂漠のいたる所で発見されています。

「レッドロック・キャニオン」の灰色の岩の中には巻貝や二枚貝、サンゴの化石があり、海には酸化カリシウムを多く含んだ微生物が大量に生息していました。微生物が死に海に沈み数千mの地層を造り上げたのが、「レッドロック・キャニオン」の灰色の地層部分です。

また、「レッドロック・キャニオン」ではあざやかな赤色をなす「ジュラ紀」の砂岩の上に、二畳紀の石灰岩が逆断層でのし上がり、砂漠の乾燥した気候で土地も隆起した中世代の世界が垣間見る事ができます。北と東の高地から「レッドロック・キャニオン」に砂を運び、小高い砂丘から巨大砂漠が造られ砂丘は砂岩と変容したのです。

赤い岩は酸化鉄が砂丘にしみ込んだためで、砂岩は「ジュラ紀」の地層ですが「レッドロック・キャニオン」では恐竜の化石は発見されていません。是非、直接岩肌に触れて目を閉じてみましょう。地球の広大さ、地球の歴史を感じられるパワースポットです!

〖砂漠の荒野〗

「レッドロック・キャニオン」は、ネオンが輝くド派手なラスベガス市街地とは違い、まるで西部劇の様なアメリカらしい大自然の荒野を見ることができます。

日本では味わえない広大なスケールの大地の上では、まるで別の惑星に居るかのような感覚を味わえます!レンタカーで行かれる方は、1周20kmのドライブコース「シーニックループ・ドライブ」がおすすめです!

爽やかな風に吹かれながら、「レッドロック・キャニオン」の景色を様々な角度から楽しんでみてください!遠くの岩肌に目をこらすと、いたる所に小さな人影も見え、ハイキングやロッククライミングを楽しむ人で賑わっているのがわかります!

〖半日観光に最適!〗

「レッドロック・キャニオン」は、ラスベガス市街地から車でわずか30分ほどのため、とにかく半日観光にぴったりの場所です!

昼間は「レッドロック・キャニオン」の大自然の中でアクティビティを楽しむ!夜はラスベガス市街地でカジノやショーを楽しむ!充実した贅沢な1日を過ごすことができるおすすめのコースです!

「レッドロック・キャニオン」の所要時間は約2時間程度で、「レッドロック・キャニオン」の「ビジターセンター」は朝8時から営業しています。