• 私の旅行記

アメリカ ロサンゼルス オートリー博物館

更新日:2020年12月31日


こちらは、「グリフィスパーク」内、「ロサンゼルス動物園」の隣にある博物館「オートリー博物館(Autry Museum of the American West)」です!


「アメリカ西部の多様な人々の物語、経験、認識を探求し共有することに専念した歴史博物館」で、カウボーイに加えて、アメリカ西部のアメリカインディアン博物館のコレクションを展示しています。


今回はそんな、「オートリー博物館」について詳しくご紹介させていただきます!

【オートリー博物館:基本情報】

〖歴史・概要〗

「オートリー博物館」は、2003年に「オートリーミュージアム・オブ・アメリカンヘリテージミュージアム」と「サウスウェストアメリカン・インディアンミュージアム」、そして「女性ミュージアム・オブ・ウエストミュージアム」との合併によって形成された、異文化間歴史センターです。


「アメリカインディアン南西部博物館」のコレクションを含む、50万点を超える芸術品や工芸品のコレクションがあり、「Autry Institute」には、「Braun Research Library」と「Autry Library」の2つの研究図書館があります。 展示会、公共プログラム、K-12教育サービス、および出版物は、歴史的な西洋の経験のレンズを通して現代の人間の状態を調べ、社会における重大な問題を探るように設計されています。


〖住所〗


Griffith Park, 4700 Western Heritage Way, Los Angeles, CA 90027


〖電話番号〗


+13236672000


〖アクセス〗

「オートリー博物館」は、「Burbank(バーバンク)」と「Downtown(ダウンタウン)」を起点とするバス路線「ルート96」に沿って位置しています。


ロサンゼルスのダウンタウンの停留所には、メトロの〖レッド/パープルライン〗への接続があり、ロサンゼルスの玄関口「ユニオン駅」から徒歩すぐの場所にあります。


スケジュールとルートは、こちらを参照してください!:https://visit-lamom.com/wp-content/uploads/2020/01/a70bcd86-539c-4ff8-ba22-c32cdd6ad952.pdf


【レンタカー】

「オートリー博物館」は、「グリフィスパーク」の北東の角にあり、「I-5(ゴールデンステート)」と「134(ベンチュラ)」の高速道路の交差点にあります。そのため車でのアクセスがしやすく、尚且つ駐車場も無料なので安心です!


所要時間:ロサンゼルスダウンタウンから車で約30~40分


〖入場料金〗


大人:$10/シニア(60歳以上):$6/学生(13歳~18歳):$6/子供(3歳~12歳):$4/2歳以下:無料


〖営業時間〗

火曜日〜金曜日:10:00~16:00

土曜日・日曜日:10:00~17:00


〖定休日〗


月曜日


〖公式サイト〗


https://theautry.org/

【オートリー博物館:魅力・見どころ!】

「オートリー博物館」では、アメリカの西部開拓時代の生活風景を再現した展示や、実際に西部劇で使われた拳銃やスターが着た衣装などを見ることができます。ネイティブ・アメリカンに関するコレクションは、アメリカ国内最大規模の数を有すると言われています。

地下のフロアには、19世紀の西部開拓時代に実際に着用されていた衣服や使用されていた道具、アメリカに移住してきた中国やアイルランド、アフリカンアメリカンの人々の歴史が紹介されています。

1800年半~1900年代のビーズ製ピンクッションや入れ物、1940年代のモカシン1800年代のビーズ製バッグなど、細かな細工が目を引く物や、今使ってもオシャレなビーズ細工のアイテムなどが展示されています。

この他にも、狩りをして皮についた余分な部分をそぎ落として皮だけを剥ぎ、そこへビーズなどで装飾をしていたネイティブアメリカンたちの衣服や、ホロ馬車時代の旅行カバンの中身など興味深い展示がたくさんあります!

1890年頃の移民の歴史の紹介コーナーでは、それぞれの人種の衣服や道具がそれぞれの建築様式が再現されたケースの中に展示されており、銃のコレクションや1900年頃の「酒場のバーカウンター」、1895年の「ポーカーテーブル」などがあります。

そして、1階のフロアに上がるとロサンゼルスらしく、映画に関する貴重なアイテムが展示されています。この博物館の設立者「ジーン・オートリー」の名前が書かれたデニムジャケットや映画「FIRING AWAY」の撮影で「スティーブマックイーン」が着た衣装など、ウェスタン映画の撮影で使われた衣装や小物も展示されています。

映画やドラマの衣装以外にはスターの衣装もあり、「マイケル・ジャクソン」が実際に着用したウェスタンスタイルの衣装やあの有名な手袋も!サイレント映画の衣装や舞台のものもありますので、興味がある人は要チェックです!

館内にはこの他にも、ウェスタンやネイティブアメリカンの文化にインスパイアされたアート作品が展示されており、ビーズがふんだんにあしらわれたブーツは「クリスチャンルブタン」のものです!

いかがでしたでしょうか。


「オートリー博物館」は、アメリカ西部開拓や移民の歴史からエンターテイメントの歴史が、豊富なコレクションと共に紹介されており、ゆっくりと見て周るなら半日は過ごせるでしょう。


あまり知られていない博物館ですが、ここまで見応えのある博物館はなかなかありません!週末には「Pan for Gold」という砂金を採る体験をすることができますので、興味のある方は是非とも訪れてみてください!

【基本情報】

オートリー博物館(Autry Museum of the American West)

住所:Griffith Park, 4700 Western Heritage Way, Los Angeles, CA 90027

電話番号:+13236672000

アクセス:

「オートリー博物館」は、「Burbank(バーバンク)」と「Downtown(ダウンタウン)」を起点とするバス路線「ルート96」に沿って位置しています。ロサンゼルスのダウンタウンの停留所には、メトロの〖レッド/パープルライン〗への接続があり、ロサンゼルスの玄関口「ユニオン駅」から徒歩すぐの場所にあります。

入場料金:大人:$10/シニア(60歳以上):$6/学生(13歳~18歳):$6/子供(3歳~12歳):$4/2歳以下:無料

営業時間:

火曜日〜金曜日:10:00~16:00

土曜日・日曜日:10:00~17:00

定休日:月曜日

公式サイト:https://theautry.org/


※記事内容は執筆時点のものですので、最新の内容をご確認ください。


#usa #LosAngeles #ロサンゼルス #オートリー博物館 #AutryMuseumoftheAmericanWest #西部 #ロサンゼルス動物園 #LosAngelesZoo #グリフィスパーク #公園 #アクティビティ #アトラクション #歴史 #天文台 #ハリウッドサイン #動物園 #劇場 #博物館 #photo



11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示