• 私の旅行記

アメリカ ロサンゼルス グランドセントラルマーケット:おすすめ店16選・基本情報まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月31日


こちらは、ロサンゼルス・ダウンタウン・サウス・ブロードウェイ沿いに1917年にオープンし、現在でも活気溢れる歴史あるマーケット「グランドセントラルマーケット(Grand Central Market)」です!


30,000平方フィートのアーケードには、ロサンゼルスにカリフォルニアの最高の食材を供給する食料品店舗やそれらの食材を使う飲食店が入っています。

また、2017年の「アカデミー賞」で「タイタニック」と並んで史上最多となる14ノミネート(13部門)を果たした有名映画「ラ・ラ・ランド(2016年)」の撮影も行われたことから多くの観光客が訪れるスポットでもあります。


今回はそんな、「グランドセントラルマーケット」について詳しくご紹介させていただきます!

【グランドセントラルマーケット:基本情報】

〖歴史・概要〗

「グランドセントラルマーケット」は1917年にオープンしてから、ロサンゼルス・ダウンタウンの進化・発展に貢献していきました。1984年に都会の計画と歴史的保存に学術的興味を持つ開発者「アイラ・イェリン(Ira Yellin)」氏が、「グランドセントラルマーケット」と「ミリオンダラーシアター」をはじめとする近隣の建物を購入。「アイラ」氏は2002年に亡くなってしまいましたが、現在でも「アイラ」氏の「ダイナミックな都市には活気のあるダウンタウンが必要である」というビジョンを継承し、歴史的なダウンタウンのランドマークの一つである「グランドセントラルマーケット」を保存し、次世代の地元企業を育成しています。


〖住所〗


317 S Broadway, Los Angeles, CA 90013


〖電話番号〗


+12133596007


〖アクセス〗

地下鉄「B Line(Red/レッド)」または「D Line(Purple/パープル)」の「Pershing Square(パーシングスクエア)」下車後、徒歩約5分。


車を利用の場合は、隣接の駐車場(入り口はHill St.側) が90分US3ドルから利用可能です。


〖営業時間〗


8:00AM~10:00PM

※営業時間は店舗によって異なる場合あり。


〖公式サイト〗


https://www.grandcentralmarket.com/


〖注意事項〗

週末は地元の方でとても混み合うため、人気店では並ぶのを覚悟してください。またトイレも大変混みますし、仮設トイレの水洗ボットン便所です。行きたくなっても長蛇の列ですので、ほとんどの方は間に合いません。潔癖症の人は早めに別の建物のトイレまで行きましょう。それ以外の人は、オマルを持参するようにしましょう。また、ディナー時にはほとんどのお店が閉まっているのと夜間はあまり治安のよい地域ではないので、昼間に行くようにしましょう!

【グランドセントラルマーケット:おすすめ店16選!】

レストランのみならず青果店やチーズ屋、生鮮食料品店まで、ダウンタウンLAの台所として市民に愛され続ける「GCM」こと「グランドセントラルマーケット」。


老舗のハンバーガー屋から珍しいエルサルバドル料理屋、ここから流行してラスベガスにも支店を作るまでに成長したサンドイッチ屋など、注目のお店を〇選ご紹介します!


〖ベルカンポ(Belcampo)〗

老舗ハンバーガー屋「ベルカンポ(Belcampo)」は、アメリカで健康志向な人に注目されている牧草しか食べていない牛、通称「グラスフェッドビーフ」のみを使ってパティを作っています。


いわゆる「ファームトゥテーブル」のスタイルで、牧場から運んだお肉を店で調理し、消費者の手に届くまでを一貫して管理するというもの。リベラルで環境保全への意識が高いカリフォルニアらしいバーガー屋さんです。

メニューの一番上に書かれている「ファストバーガー」は、パティの枚数が選べるため(ダブル$9.99/約1,090円、シングル$5.99/約650円)他のお店も回りたい方は、この定番バーガーのシングルを頼むことをおすすめします!季節限定のメニューや自分好みの部位を選べるオプショナルなメニューもあるので、そちらをトライするのもいいかもしれません。


ディナータイムは、$60のプリフィックス・コースをおすすめします!胡椒の利いたミルクで煮込んだビーフリブやスモークされた牛タン、スクランブルエッグなどが楽しめる週末ブランチも人気です。店頭ではハンバーガーだけでなく、自家製のソーセージやベーコン、サンドウィッチなどのメニューもあり、新鮮なお肉をあらゆる食べ方で楽しむことができますよ!食材全てがフレッシュで罪悪感の少ないバーガーです。またその牛から出た骨でとった出汁も飲めますので、是非ともこっくりとした濃厚な味を楽しんでみてください!


【基本情報】

ベルカンポ(Belcampo)

住所: 317 S Broadway, Los Angeles, CA 90013

電話番号:+12136250304

公式サイト:https://www.grandcentralmarket.com/vendors/63/belcampo-meat-co


〖エッグスラット(Eggslut)〗

LA発の「エッグスラット(Eggslut)」は特に朝食に人気で、連日多くの観光客や地元の人で賑わいます。お店の雰囲気もネオンの看板が立っていたりと、思わず写真を撮ってしまいたくなるようなお洒落な外観が特徴です。

人気メニューは卵とケチャップやチーズ、ベーコンを香ばしいパンでサンドした「エッグサンド」や、瓶の中にクリーミーなマッシュポテトと卵を入れ蒸した「スラット」!


そして特に人気なのがスパイシーマヨが決め手の「Fairfax(フェアファックス)」 という名のサンドイッチ。とろけるようなスクランブルエッグ、濃厚なチェダーチーズ、金色に輝く炒めたオニオンがふわっふわの柔らかいバンに挟まっている、シンプルだけど食べ応えのあるメニューです。

そして豪華にいきたい方におすすめなのが、和牛を使ったメニュー「Gaucho」!これまた卵をはじめとした全ての素材が最高にマッチした至極の一品です。


【ラスベガス】にも支店を出すほど有名ですので、いつも長い列ができています。列が比較的短い9時頃に行くことをおすすめします!ぜひ一度大人気の「エッグスラット」で朝食を楽しんでみてはいかがですか?場所は「Broadway」というメインエントランスの通りに面しているのですぐにわかると思います。


【基本情報】

エッグスラット(Eggslut)

住所:317 S Broadway, Los Angeles, CA 90013

電話番号:+12136250292

営業時間:8時00分~14時00分

公式サイト:http://www.eggslut.com/


〖ラ・トスタデリア(La tostaderia)〗

「ラ・トスタデリア(La tostaderia)」は、「トスターダ」と言うメキシコ料理の専門店です。日本ではそこまでポピュラーではありませんが、カリカリにあげたトルティーヤにフレッシュな白身魚やエビ、タコなどの海産物をライムでマリネしたものを乗せた料理で、フレッシュな魚介がライムやスパイシーなサルサとよく合います。


日本人であればここの海産物の新鮮さはすぐにわかるはず!ライムジュースのさっぱりとしたアクセントがクセになる味わいで、なんだか昼間からビールとともに頂きたくなってしまいます。「ラ・トスタデリアのセビーチェ($12.50/約1,360円)」。

【基本情報】

ラ・トスタデリア(La tostaderia)

住所: 317 S Broadway, Los Angeles, CA 90013

電話番号:+12136242378

営業時間:

日曜日~水曜日:10時00分~18時00分

木曜日~土曜日:10時00分~21時00分

公式サイト:https://www.grandcentralmarket.com/vendors/440/la-tostadera


〖サリタズププセリア(Sarita’s pupuseria)〗

「サリタズププセリア(Sarita’s pupuseria)」は、とても珍しいエルサルバドル料理のププサ専門店になります。タコスに近い料理ですが、タコスのように薄いトルティーヤで具が挟まれているのではなく、少し厚めのトルティーヤの中に具を挟み込んでおやきのようにして焼いた料理です。


中には野菜や肉、チーズなどの具材がたっぷりと入れられ、オーダーを取ってから作るため外がカリカリ、中はホカホカ。スパイスソースなどを足して味の変化を楽しむのもエルサルバドルらしい食べ方といわれています。

サイドに「Curtido」というキャベツコールスローを添えるのが本場の食べ方だそう。豚とチーズのププサ($3.75/約410円)。さっぱりしているため、濃厚なチーズと豚のププサによく合います。日本ではなかなかお目にかかれない料理ですので是非ここで試してみてください!


ちなみに、昨今このお店を一躍有名にしたのが映画「La La Land(ラ ラ ランド)」。「セバスチャン」と「ミア」がファーストデートで寄り添って食事をしていたのがこちらのカウンター。食事するシーンを再現して撮影するのも人気となっています。


【基本情報】

サリタズププセリア(Sarita’s pupuseria)

住所:317 S Broadway, Los Angeles, CA 90013

電話番号:+12136266320

営業時間: 10時00分~20時00分

公式サイト:https://www.grandcentralmarket.com/vendors/32/saritas-pupuseria


〖チャイナカフェ(China Cafe)〗

「チャイナカフェ(China Cafe)」は、1920年代から営業している「GCM」のシンボル的存在です。中国系移民が作った「カリフォルニアチャイニーズ」と呼ばれるアメリカ生まれの中華料理で、チョップスイ(野菜炒め)やワンタンスープの素朴で大衆的な味が親しまれています。長年通い詰めている常連も多く、朝からカウンターは満席になるほどの人気店です!