• 私の旅行記

アメリカ ロサンゼルス ディズニーランド・パーク

更新日:2020年12月31日


こちらは、1955年に誕生し2015年7月17日オープンから60周年を迎えた、世界初の「ディズニーランド・パーク」です!

ここカリフォルニア州ロサンゼルスの郊外「アナハイム」にある「ディズニーランド・パーク」は、あの「ウォルト・ディズニー」が自身の手で造り上げた唯一のパークなのです!「地球上で一番ハッピーな場所」を合言葉に、ディズニーの世界にどっぷりつかれるアトラクションがなんと60以上も並んでいます。

アメリカ国内を始め、世界中からも多くの方が訪れている「アナハイム」の「ディズニーランド」には、ここにしかないオリジナルのアトラクションや本場アメリカならではのハイレベルなエンターテイメントやパレードなど、驚きの体験を楽しむことができます。

キャラクターグリーティングもたくさん用意されている他、キャラクターと一緒に楽しめるインタラクティブな体験型エンターテイメントもあり、子供から大人まで忘れられない思い出になること間違いなしです!

【8つ分かれたエリア】

園内は8つのエリアに分かれており、それぞれに違ったテーマを持っています。

ここではそれぞれのエリアの簡単な説明とおすすめアトラクションをご紹介します。

〖メインストリートUSA(Main Street, U.S.A.)〗

「メインストリートUSA(Main Street, U.S.A.)」は、エントランスを入ってすぐのところにある「ギフトショップ」と「レストラン」が立ち並ぶエリアです。

エントランス周辺で、パレードの出発地点近くでもあり、ディズニーキャラクターとの遭遇率がかなり高いエリアです!「ミッキー」はもちろん、「ミニー」や「ドナルドダック」などのメインキャラクターがよく歩いていますよ!

〖ファンタジーランド(Fantasyland)〗

パーク中央の「眠れる森の美女」の城を抜けたところにあるエリアで、「ピーターパン」や「ダンボ」、「白雪姫」などのアトラクションがあります。子ども向けのゆるめのマシーンが多いのが特徴的なエリアです!

「眠れる美女」の城は、日本の「東京ディズニーランド」の「シンデレラ城」と比べるととても小さく、建物の中を通り抜けられるだけで、中にアトラクションはありません。このエリアで一番人気のアトラクションは、「イッツアスモールワールド」です!

〖トゥモローランド(Tomorrowland)〗

「トゥモローランド(Tomorrowland)」は、その名のごとく未来をイメージさせるアトラクションが多いエリアです。

「スターツアーズ」・「スペースマウンテン」など「東京ディズニーランド」と同じアトラクションも多いのも特徴的。

【キャプテンEOトリビュート】

「キャプテンEOトリビュート」は、1986年にオープンし1997年まで上映された「マイケルジャクソン」主演の「キャプテンEO」を、3Dアトラクションにしたもので、若い「マイケルジャクソン」に会うことができます。

【バズライトイヤーアストロブラスター(Buzz Lightyear Astro Blasters)】

「トイストーリー2」の「バズライトイヤー」が主役のアトラクション。

マシーンに乗って、Zマークの的をレーザー銃で撃っていきます。

ライドが動きながら、レーザー銃で小さな的を狙うのでなかなか難しいです。

【ファインディング・ニモ サブマリン・ヴォヤッジ(Finding Nemo Submarine Voyage)】:

潜水艦に乗って海底に潜り、ニモを助けに行くアトラクションです。

【マッターホルンボブスレー(Matterhorn Bobsleds)】

「ディズニーランド」の真ん中にある4人乗りの小型ジェットコースターです。

回転などはありませんが、「マッターホルン」の山の周りを駆け抜けるアトラクションです。

〖アドベンチャーランド(Adventureland)〗

冒険をテーマにしたエリアで、「ジャングルクルーズ」や「インディ—ジョーンズアドベンチャー」などがあります。

【インディージョーンズアドベンチャー(Indiana Jones Adventure)】:

1995年オープンのアトラクションで、「ジープ型」のマシーンに乗って「インディージョーンズ」と共に「クリスタルスカル」を追いかけます。「ディズニーランド」内で最も人気のあるアトラクションの1つで、ファストパスが利用できます。

〖ニューオーリンズスクエア(New Orleans Square)〗

〖アドベンチャーランド〗の隣にあるエリアで、「カリブの海賊」や「ホーンテッドマンション」などのアトラクションがあります。

【カリブの海賊(Pirates of the Caribbean)】:

1967年オープンし、ボートに乗って「カリブの海賊」の世界を体験する、40年以上もディズニーランドファンに愛されているアトラクションです。

映画版の「パイレーツオブカリビアン」が大ヒットしたこともあり、2006年にリニューアル。

映画の中のキャラクター「キャプテン・ジャック・スパロウ」や「キャプテン・ヘクター・バルボッサ」、「デイヴィ・ジョーンズ」などがアトラクション内にも登場しますよ!

【ホーンテッドマンション(Haunted Mansion)】:

アメリカ版お化け屋敷で、内容的には「東京ディズニーランド」のものとほとんど変わりません。

しかし、アメリカにはお化けや幽霊という概念を持っている人が少ないためか、ここのお化け屋敷も愉快なお化けたちが遊んでいるといったイメージです。

また、「東京ディズニーランド」で「ホーンテッドマンション」を見たことがない人は日本の「お化け屋敷」とのギャップに驚くことでしょう。

基本的にアメリカのお化け屋敷は、日本のようにじっくりゆっくり怖がらせるというより、お客さんをビックリさせるという感じのものが主流で、怖いというより「キャーキャー」と騒いで楽しい!という感じのものがほとんどです。

〖フロンティアランド(Frontierland)〗

「東京ディズニーランド」でもお馴染み「ビックサンダーマウンテン」があるエリアで、中央には大きな「リバー・オブ・アメリカ」があり、蒸気汽船などが走っています。

【ビックサンダーマウンテン・レールロード(Big Thunder Mountain Railroad)】:

ビッグサンダーマウンテンは定番中の定番のアトラクションですね。

鉱山の間を駆け抜ける「ジェットコースター」で、新しいアトラクションが次々にできてもアトラクションの人気は健在です。

【ファンタズミック(Fantasmic)】:

これを見ずして「ディズニーランド」から帰ってはいけない!というほどおすすめのショーです!

「リバー・オブ・アメリカ(川)」や「トムソーヤ島」、そして船を舞台に繰り広げられる光と水のショー。

水のスクリーンにアニメが映し出され、「トムソーヤ島」では「ミッキー」が悪者を退治し、最後には船に乗り「ディズニー」のキャラクターが総出演します!

このショーは、できるだけ前の方で見たほうが良いので、頑張ってでも1時間以上前に食べ物を買って場所取りをし、のんびり食べながらショーの開始を待つのがおすすめ!

ただし、シーズンオフの平日はショーをやっていないことも多いので、訪れる際は〖公式サイト〗のカレンダーをチェックしてくださいね!

〖クリッターカントリー(Critter Country)〗

「ディズニーランド」の奥の方にあるエリアで、「スプラッシュマウンテン」や「メニーアドベンチャーオブウィニーザプー」、「デビークロケットのカヌー探険」などがあります。

【メニーアドベンチャーオブウィニーザプー(The Many Adventures of Winnie the Pooh)】: