• 私の旅行記

アメリカ ロサンゼルス ロサンゼルス動物園:魅力・見どころ・基本情報まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月31日


こちらは、カリフォルニア州のロサンゼルスで有名な「グリフィスパーク」内に位置している「ロサンゼルス動物園」です!

133エーカーの広さを誇る「ロサンゼルス動物園」では1,100種類以上の動物が暮らし、その中には29の絶滅危惧種も含まれています。キリンや象といったおなじみの動物のほか、スマトラトラ、コモドドラゴンなどを間近に観ることができます。

また、ふれあいゾーンや植物園も併設され、週末にはさまざまなイベントが開催されています!今回はそんな、「ロサンゼルス動物園」について詳しくご紹介させていただきます!

【ロサンゼルス動物園:基本情報】

〖歴史・概要〗

「ロサンゼルス動物園」の歴史は古く、1885年までさかのぼります。元はロサンゼルスの東にある「イーストロサンゼルスパーク」に設立されたのが始まり。

その後1912年に「グリフィスパーク」内に動物園が設立され、さらに1996年に現在の場所に6.6ミリオン$をかけて「ロサンゼルス動物園」として開設されました。

2016年末には開園50周年を迎え、現在では市民の憩いの場として週末には家族連れなどで賑わいを魅せています!

〖住所〗

5333 Zoo Dr, Los Angeles, CA 90027

〖電話番号〗

+13236444200

〖アクセス〗

「ロサンゼルス動物園」は、「Burbank(バーバンク)」と「Downtown(ダウンタウン)」を起点とするバス路線「ルート96」に沿って位置しています。

ロサンゼルスのダウンタウンの停留所には、メトロの〖レッド/パープルライン〗への接続があり、ロサンゼルスの玄関口「ユニオン駅」から徒歩すぐの場所にあります。

スケジュールとルートは、こちらを参照してください!:https://visit-lamom.com/wp-content/uploads/2020/01/a70bcd86-539c-4ff8-ba22-c32cdd6ad952.pdf

【レンタカー】

「ロサンゼルス動物園」は、「グリフィスパーク」の北東の角にあり、「I-5(ゴールデンステート)」と「134(ベンチュラ)」の高速道路の交差点にあります。そのため車でのアクセスがしやすく、尚且つ駐車場も無料なので安心です!

所要時間:ロサンゼルスダウンタウンから車で約30~40分

〖入園料金〗

大人:$22(13-61才)/子供:$17(2-12才)/シニア:$19(62才以上)

【家族向けお得チケット】: $84(大人2 , 子供2 ,2名分のメリーゴーランドチケット)

【チケットを割引で購入する方法】

「ロサンゼルス動物園」のチケットを格安で購入する方法はいくつかあり、1つはインターネットで「L.A.ZOO coupon code」で検索!いくつかのクーポンサイトが表示されますので、コードをコピーしオンラインでチケットを購入する際に、「Promo code」の欄にペーストすればチケットが割引価格になります。

一枚のチケットで約$2程度割引になります。また、車の保険会社「AAA(トリプルエー)会員」の方は割引が適用されますので、「AAA」の公式サイトから事前に確認&購入してみてください!

【お得なコンボチケット】

コンボチケットは、「ロサンゼルス動物園」・「ロサンゼルス自然史博物館」・「ロングビーチ水族館」の3か所への入場が可能なチケットで、料金は大人50$、子供31$です。

購入日から1年間有効なので数日に分けて楽しむこともでき、ロサンゼルスを存分に満喫したい方におすすめです!こちらは、「ロサンゼルス動物園」の公式サイトから購入可能です!


【園内シャトルについて】

「ロサンゼルス動物園」の園内は程よい広さですので歩いてまわることもできますが、有料のシャトルを使うこともできます!入り口を入ってすぐそばのフラミンゴの近くにシャトルの駅があるため、脇にある売店でチケットを購入。チケットは園内6か所の駅から乗り放題で、料金は以下の通りになります!

大人:$5

子供 (2歳~12歳):$2.50

子供 (2歳以下):無料

〖営業時間〗

10時00分〜17時00分

〖定休日/休業日〗

なし/クリスマス

〖公式サイト〗

https://www.lazoo.org/


〖注意事項〗

「ロサンゼルス動物園」は、数時間では見学しきれないくらい広く、また園内は坂になっている部分が多いので歩きやすい靴で行くようにしましょう!ベビーカーをご利用の方は、有料のシャトルサービスを活用して移動すると便利です!

【ロサンゼルス動物園:魅力・見どころ!】

「ロサンゼルス動物園」では、美しいスマトラトラ、危険なコモドドラゴン、鮮やかなオレンジ色のオランウータンの他にも、イグアナやアリゲーター、カメ、虫類、カエルを含む両生類、スコーピオンやクモなどの無脊椎動物、更には多数の鳥など、250種類を代表する1100の動物が飼育されています。

そして、その多くがまれな品種や絶滅危惧種であり、動物園の主な目的は野生動物の保全や管理なのです。また、カンガルーやコアラ、タスマニアデビルがいるオーストラリアエリア、チンパンジーなどのおサルさんが集結するコーナーや熱帯雨林ゾーンなど、動物園全体がいくつかのエリアに分かれているので、短時間だけ見学するのもOKです!

〖キリンの餌やり体験〗

「キリンの餌やり体験」は開園50周年記念として2017年にオープンしたアクテビティで、日本の動物園では滅多にできない貴重な体験ができます!

「ロサンゼルス動物園」のキリンはおとなしくとてもフレンドリーですので、小さな子供でも安心して体験できます!常に行列ができている家族連れに人気のアトラクションの一つです!

開催日:11:00、14:00

※別途参加費5ドル(現金のみ)が必要です。

〖ムリエルの牧場〗

「ムリエルの牧場」はヤギや羊とふれあうことができるエリアで、2012年にはナイジェリアのドワーフヤギ15頭が加わりました。

好奇心旺盛でやさしい性格が特徴で、体型は身長約60cm体重約9~23kgと小柄なため、子供が触れ合うにもちょうどよいサイズです!

開催時間:毎日10:00~13:00/13:00~16:00の1日2回

〖バードショー〗

「バードショー」は40年近くにわたって開催されている人気のショーで、コンドルやハゲタカ、ツル、フクロウ、ワシなどを含む20種類以上の鳥が出演します。

地中海の建築をモチーフにした2階建てのステージを鳥たちが華麗に飛び回る姿は圧巻!特にタカが高速で丘を飛び、トレーナーのグローブに着地する姿は迫力満点で、子供だけでなく大人も楽しめるショーとなっています。

開催日:週末のみ12:00/14:30

〖カバエンカウンター〗

「カバエンカウンター」では、カバの親子と一緒に写真撮影をしたり、カバに触れたりすることができるなど、普段近くで見るチャンスがないカバたちを近距離で観察し触れ合うことができます!

また、スタッフがカバの日常のケアの仕方、しつけ、給餌などについても教えてくれますので、「ロサンゼルス動物園」でしか体験できない貴重なひと時を過ごすことができますよ!

開催日:週末と祝日の正午のみ12:00

※別途参加費20ドルが必要です。

※所要時間は20分程度で、一度に参加できる人数は最大15名。4歳以上のお子さんは保護者同伴で参加が可能。

〖ゾウのトレーニングデモ〗

こちらは、日頃の健康管理のためにも欠かせないゾウのトレーニング方法を動物の専門家とスタッフがデモンストレーションします。

開催日:11:00(火曜日と木曜日を除く)

【お子様連れに嬉しいアクティビティエリア!】

〖ニール・パピアノ・プレイパーク〗

「ニール・パピアノ・プレイパーク」は、子供が思いっきり遊べるようにデザインされたプレイグラウンドで、動物がモチーフの遊具、幼児専用の遊び場、ウォーターミスト、芝生エリアやピクニックエリアなどが用意されています。

〖メリーゴーランド〗

「メリーゴーランド」の64種類におよぶ木製の乗り物は、全て手で彫られたもので、それぞれ個性と温かみがあり、定番の馬に代わって、ライオン、コアラ、カバやカマキリなど、動物園ならではの乗り物が勢ぞろい!好きな動物を選んで乗るのも楽しみの一つです!

運営時間:月曜日~金曜日11:00-16:30/土曜日・日曜日10:15-16:30

※身長約107センチ以下の子供は、大人の付き添いが必要です。

※別途料金(3ドル)が必要です。