• 私の旅行記

アメリカ ロサンゼルス ロデオドライブ

更新日:2020年12月31日


こちらは、世界的に有名なセレブ地区「ビバリーヒルズ」にある高級ショッピングストリート「ロデオドライブ」です!

「サンタモニカブルバード(Santa Monica Blvd.)」・「ウィルシャーブルバード(Wilshire Blvd.)」・「キャノンドライブ(Cannon Dr.)」に囲まれた「黄金の三角地帯」は、世界中の高級ブランド店が競って軒を並べるショッピングゾーン。

なかでも「サンタモニカブルバード」と「ウィルシャーブルバード」を南北に縦断するのが、世界的に有名な「ロデオドライブ」です。約4ブロック(約500m)に、ショップやギャラリー、レストランなど約50店舗が軒を連ねています。

また、「ロデオドライブ」と「ウィルシャーブルバード」の角が、石畳が敷かれた小道の「トゥーロデオ(Two Rodeo)」といい、ヨーロッパの街並みを模した階段横には噴水もあり、観光客の撮影スポットとなっています。

また、「ロデオドライブ」の1ブロック北東には、全米で放映されたテレビやラジオ番組を10万点以上所蔵する「ペイリー映像センター(The Paley Center for Media)」があり、1年をとおして企画展が催されています。今回は、そんな有名ショッピングストリート「ロデオドライブ」についてご紹介させていただきます。

「ビバリーヒルズ」についての記事はこちらをご覧ください!➡

アメリカ ロサンゼルス ビバリーヒルズ

【アクセス】

ロサンゼルス特有の問題ですが、交通アクセスの悪さが唯一の欠点になります。

特に「ロデオドライブ」は、「ビバリーヒルズ」観光の中心ですが、車がない旅行者が行くには少し不便かもしれません。

〖バス〗

「ロデオドライブ」へのアクセスで1番便利なのはバスです。ロサンゼルス中央の「ダウンタウン」・「 7th / Maple」のバス停から、「20番」のバスに乗車(所要時間は約50分)、「ウィルシャー・ブルバード(Wilshire Blvd)」の「Wilshire/ camden」で下車すると「ロデオドライブ」に到着です。

または、「ダウンタウン」の「Pershing Square」からメトロ:〖パープル・ライン〗・「Wilshire/ Western」駅まで行く方法があり、そこから約30分ほどで行くことができます。

メトロ:〖パープル・ライン〗・「Wilshire/ Western」駅で下車し「ウィルシャー・ブルバード(Wilshire Blvd)」のバス停で、「20番」か「720番」のバスに乗車(所要時間は約30分)、「Beverly Wilshire, Beverly Hills(Four Seasons Hotel)」前で下車すると現地に到着です。

【メトロ】

料金:1回1.50ドル(大人※フリーウェイを利用するバスの場合、70セントまたは1.40ドル追加) 55セント(62歳以上) / 1日:6ドル(大人)、1.80ドル(62歳以上)

時間:早朝3:30~深夜1:30(メトロの運行時間)

運行間隔:約5~30分

〖レンタカー〗

「ロデオドライブ」の近くに大きなフリーウェイがなく、どのフリーウェイを利用しても、一般道になってから約20分ほど走ることになります。

「ダウンタウン」からは「Wilshire Blvd.」を西に14km。所要時間約35分。「ハリウッド」からは「Santa Monica Blvd.」を西に7km、「Rodeo Dr.」を左折。所要時間約20分。

1番分かりやすいのはフリーウェイの「I-405」を「サンタモニカ・ブルーバード」で降りて、そのまま「サンタモニカ・ブルーバード」を東に行くルートです。

また、「ロデオドライブ」周辺の「パブリックパーキング」は、どこでも90分フリーなのでストリートなどに停めず、パーキングを利用しましょう。

〖スターラインツアーズ・ホップオン・ホップオフ・バス〗

「スターラインツアーズ」が催行している観光地をまわる乗り降り自由の観光バス。ロサンゼルス内のほとんどの観光地を網羅し、路線は4路線、「ロデオドライブ」に行くことができるのは「サンタモニカ」⇔「ビバリーヒルズ」を巡回する【イエロー路線】です。

また、「ハリウッド」⇔「ビバリーヒルズ」を巡回する【レッド路線】でも近くまで行くことができます。最寄りの停車駅は、【イエロー路線】の場合、「ビバリーヒルズヒルトン/サンタモニカブルーバード」または、「ビバリーヒルトン/ウィルシャーブルーバード」です。

【レッド路線】は、【イエロー路線】との乗り換えスポットである「ビバリーヒルズ/キャメデンドライブ」です。乗り換え地点から「ロデオドライブ」までは徒歩でも15分もかからない距離です。

【基本情報】

スターラインツアーズ(Starline Tours)

料金:24時間:49ドル(大人)、30ドル(子供)

48時間:64ドル(大人)、40ドル(子供)

路線:4ルート

時間:9:30~21:00 1ルート2時間ループ

運行間隔:30分~2時間(ルートによって異なる)

公式サイト:https://www.starlinetours.com/


※ 内容は執筆時点のものですので、公式サイトにて最新の内容をご確認ください。

【ショッピング】

ブランド店街については、「ウィルシャー・ブルバード」から「ノース・サンタ・モニカ・ブルバード(North Santa Monica Boulevard)」までの約500メートルがメインになります。

著名ファッションブランドはもちろん、時計・ジュエリー系のブティックも多く、ティファニー(TIFFANY & CO.)・コーチ(COACH)などの米国系ブランドは日本より安く購入できます。レートによって変動はあるものの、日本と比べ、ティファニーなら30%、コーチなら半額近い値段で購入できると思っていいでしょう。

また、「ウィルシャー・ブルバード」沿いには「バーニーズニューヨーク(Barneys New York)」・「ニーマンマーカス(Neiman Marcus)」・「サックスフィフスアベニュー(Saks Fifth Avenue)」があり、百貨店巡りも楽しむことができます。

〖ブランド一覧表〗

※2020年1月※

【A】

・AUDEMARS PIGUET

【B】

・BALENCIAGA

・BALLY

・BOTTEGA VENETA

・Breguet

・BRUNELLO CUCINELLI

・BURBERRY

・BVLGARI

【C】

・Carolina Herrera

・Cartier

・CÉLINE

・CHANEL

・COACH

【D】

・Dior

・DOLCE&GABBANA

【E】

・Ermenegildo Zegna

【F】

・FENDI

【G】

・GIORGIO ARMANI

・GUCCI

【H】

・HARRY WINSTON

・HERMÈS

・HUBLOT

・HUGO BOSS

【I】

・IWC Schaffhausen

【J】

・JAEGER-LECOULTRE

・JIMMY CHOO

【L】

・LANVIN

・Loro Piana

・LOUIS VUITTON

【M】

・Max Mara

・MICHAEL KORS

・MIU MIU

・MONCLER

【O】

・OFFICINE PANERAI

【P】

・PATEK PHILIPPE

・PHILIPP PLEIN