• 私の旅行記

アメリカ ワシントンDC ウドバーハジーセンター(国立航空宇宙博物館 別館)

更新日:2020年12月28日


こちらは、「ナショナル・モール」の数ある「スミソニアン博物館群」の中でも人気No1と言われている「ウドバーハジーセンター(国立航空宇宙博物館 別館)」です!

空と宇宙の夢とロマンがたっぷりと詰まった博物館!「国立航空宇宙博物館」は、ワシントンDCのダウンタウン中心部にあるのが〖本館〗で、「ワシントン・ダレス空港」の近くにあるのが〖別館(ウドバー・ハジー・センター)〗になり、この記事では〖別館〗の展示についてご紹介いたします。

別館は正式名称「ウドバー・ハジー・センター(Udvar-Hazy Center)」といい、2003年に「ライト兄弟」の「動力飛行成功100周年」を記念してオープンしました。

※国立航空宇宙博物館 本館 については以下の記事にてご紹介させていただきます。⤵

アメリカ ワシントンDC 国立航空宇宙博物館:本館

ウドバーハジーセンター:基本情報

〖概要〗

「ウドバーハジーセンター(国立航空宇宙博物館 別館)」は、〖本館〗よりも更に大きく、館内面積は「東京ドーム」の約1.5倍。実機の展示数も〖本館〗よりも上回ります。〖本館〗が航空宇宙技術の展示に力を入れているのに対して、〖別館〗は実機の展示が非常に充実しています。

目玉の展示としては、宇宙飛行士も多数搭乗し、宇宙を39回も行き来したスペースシャトル「ディスカバリー号」・広島に原爆を投下した「エノラ・ゲイ号」・太平洋戦争期の日本の戦闘機「紫電改」や「春嵐」・特攻機として開発された「桜花」など、日本人なら見逃せない展示がたくさんあります。

戦闘機の他にも超音速旅客機として有名な「コンコルド」も展示されています。「国立航空宇宙博物館」は、かなり巨大な博物館ですので〖本館〗同様、3時間以上の滞在は考えておいた方が良いでしょう。

別館の周りには飲食店が何もありませんが、館内に「マクドナルド」があるのでそこで昼食をとることができます。また、館内のエントランスには大型の「コインロッカー」もありますので、大きめの荷物があっても預けることができます。


〖住所〗

14390 Air and Space Museum Pkwy, Chantilly, VA 20151

〖電話番号〗

+17035724118


〖アクセス〗

「ウドバーハジーセンター(国立航空宇宙博物館 別館)」は「ワシントン・ダレス空港(IAD)」からバスで15分の場所にあります。まずは「ダウンタウン」から「ワシントン・ダレス空港」まで行き、空港前のバス停で乗り換える必要があります。

ワシントンDCを訪れる際、「ワシントン・ダレス空港」を利用する方の場合は、「ダウンタウン」に向かう前にまず「「ウドバーハジーセンター(国立航空宇宙博物館 別館)」を先に見学する方が効率的でおすすめです。

【ダウンタウンからウドバーハジーセンター(国立航空宇宙博物館 別館)まで】

まずは、「ダウンタウン」にあるメトロ「レンファントプラザ駅( L’Enfant Plaza Station)」へ向かいましょう。「レンファントプラザ駅( L’Enfant Plaza Station)」から南へ約400メートル進んだ「D St SW & 7th St SW」のバス停で「ワシントン・ダレス空港」行きの「5A」に乗車します。


約1時間ほどで「ワシントン・ダエス空港」に到着し、「CURB 2E」というバス停で降車します。「5A」のバスは日中であれば約30分に一本運行しています。料金は1人7ドルです。スマートトリップor現金で支払いましょう!

「ワシントン・ダレス空港」へ到着したら、降車した「CURB 2E」のバス停で フェアファクス・コネクター のバス「983」のバスを待ちましょう。「983」は黄色いバスなのですぐわかると思います。もちろんバス停には時刻表もありますので、確認すればすぐにわかります。

「983」のバスは日中であれば約20分に一本運行してます。料金は1.75ドルです。こちらも同様、スマートトリップ or 現金で支払いましょう。現金の場合、お釣りはでません。

ちなみに、「ウドバーハジーセンター(国立航空宇宙博物館 別館)」が開館している時間に合わせてバスも運行しているので、「ウドバーハジーセンター(国立航空宇宙博物館 別館)」の受付で詳細なバスの時間を確認することもできますよ。

「ウドバーハジーセンター(国立航空宇宙博物館 別館)」は、ワシントンDC「ダウンタウン」から往復約3時間程度(乗換含む)要しますので、行くのを諦める方も多いかと思います。しかしながら、航空機好きならこの博物館は絶対におすすめですので是非とも訪れて見て下さい!


〖入場料金〗

無料

〖営業時間〗

10時00分~17時30分

〖定休日/休業日〗

なし/クリスマス

〖公式サイト〗

https://airandspace.si.edu/udvar-hazy-center

【博物館内:魅力・見どころ!】

〖まずはセキュリティ検査!〗

アメリカの博物館では、必ずセキュリティチェック(カバンの中、金属探知ゲート)が行われるのであまり荷物のない軽装で行くことをおすすめします。ちなみに、ペットボトルの水などは持ち込むことができます。

「ウドバーハジーセンター(国立航空宇宙博物館 別館)」には、入場してすぐ右手に「コインロッカー」がありますので、大きい荷物があっても預けることができます。「コインロッカー」には25セント硬貨が必要(返却されます)になるので、利用したい方は忘れずにご用意ください。


ロッカーの大きさ→12インチ×15インチ×29インチ(約30cm×34cm×73cm)。オプショナルツアーの場合は荷物のことも心配しなくて良いのでとても楽ですよ!

〖エントランスにある画面をチェックしよう!〗

「エントランス」に設置された画面には、その日の「ガイドツアー」の予定が表示されています。「ガイドツアー」は英語のみですが、「スペースシャトル」についてのガイドツアー・「エノラ・ゲイ号」についてのツアー・館内の有名展示を周るツアーなどがあります。

集合場所はツアーによって変わるので、ガイドツアーに参加したい方は、隣にある「インフォメーションセンター」で集合場所を確認しておきましょう!また、「インフォメーションセンター」ではバスの時刻についても確認することができます。

〖メイン展示室〗

展示階へはスロープを下って下に降りていきます。すると目の前には、広い空間に様々な飛行機が展示されています。

なにより、展示物の量と迫力が違いますので、入った瞬間に航空機好きも、そうでない方も圧巻されること間違いなしです。

〖戦闘機カーチスP-40 〗