• 私の旅行記

アメリカ ワシントンDC ジョージタウン:おすすめ観光スポット16選・基本情報・アクセス情報まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月28日


こちらは、「政治の街ワシントンD.C.」の北西部にあるオシャレな街「ジョージタウン(Georgetown)」です!


「ジョージタウン」は、ワシントンD.C.の中心地とは雰囲気がまた異なり、植民地時代のヨーロッパの情緒が色濃く残る、ヨーロッパを思わせるような美しい街です。

今回はそんな、学生やローカルの方、観光客でも賑わいを魅せる「ジョージタウン」について詳しくご紹介させていただきます!

【ジョージタウン:歴史・概要】

〖歴史・概要〗

世界の主要都市で代表的なオシャレスポットと言えば、【ニューヨーク】ですと「5番街」、【ロサンゼルス】は「ビバリーヒルズ」、【パリ】は「シャンゼリゼ通り」、【東京】は「銀座」といった具合に、アメリカの首都にあたる【ワシントンDC】はというとここ「ジョージタウン」になります。

そもそもワシントンD.C.は、「ホワイトハウス」・「キャピトルヒル」・「モール」・「スミソニアン」など、見どころがたくさんあり、国際的にも主要な都市ですが、その歴史はわりと浅く、1790年に「アメリカの首都はここに!」と新しく作られた計画都市です。一方「ジョージタウン」はそれより約100年前、イギリス植民地の頃から発展し、ワシントンD.C.に吸収される前は独立した都市でした。


1696年にヨーロッパ人によって建設され、イギリス植民地の一部でした。1751年に「タウン・オブ・ジョージ」として設立。「アメリカ独立戦争」後は、連邦コロンビア特別区の独立市政となり、「コロンビア特別区ジョージタウン市」となり、1871年にワシントン市に併合され「ジョージタウン」になります。

今でもその頃の光景が色濃く残っており、ヨーロッパの小さな町のようなレンガ造りの家が立ち並んでいたり、石畳の小道があったり、小さな運河が流れていたり、「Mストリート」や「ウィスコンシンアベニュー」には、ギャラリーや高級ショップ、レストランが並んでいて、ショッピングやグルメも楽しむことができます!

政界や財界の人が多く住む高級住宅地として知られており、かつては「ジョン・F・ケネィ大統領」や「トーマス・ジェファーソン大統領」もこの辺りに住んでいたそうです。また、初代大統領の「ジョージ・ワシントン」や「ビル・クリントン」など、多くの政治家や裁判官を輩出している名門大学「ジョージタウン大学」もあります。

ちなみに、超有名ホラー映画「エクソシスト(1973年)」は「ジョージタウン」で撮影され、「プロスペクト・ストリート」と「M・ストリート」を繋ぐ急な階段は「エクソシスト・ステップス」と呼ばれ、映画マニアが訪れるスポットの一つでもあります!

【アクセス】

「ジョージタウン」は、「ホワイトハウス」や「モール」があるエリアの北部に位置しています。しかし、地下鉄の最寄り駅がないため、「ジョージタウン」に行くには、「サーキュレーター」を利用して行くのがおすすめです!

【サーキュレーター】

「サーキュレーター(Circulator)」とは、一律$1で乗れるワシントンDC内の循環バス。「サーキュレーター」の「ナショナル・モールルート(レッドライン)」は、「ナショナル・モール」を1周しており、各観光スポット付近が停留所になっているので観光客に大変便利です。

スマートリップカードで「ピッ!」とするだけなので手頃で簡単!さらに2時間以内の地下鉄からの乗り継ぎなら50セント、路線バスやサーキュレーターからの乗り継ぎならただで乗ることができます!(スマートリップカード利用の場合のみ)

「サーキュレーター」には6つのルートがありますが、「ジョージタウン」に行く際には黄色のルートを利用します。ピンクのが「ユニオン駅」・オレンジのが「ジョージタウン」での降車駅になります。

「サーキュレーター」に乗るには、「サーキュレーター」専用の乗り場を探さなければなりません。路線バスと一緒の場所にあることもあれば、別の場所にあることもありますので、このマークの停留所を探しましょう!

「ユニオン駅」付近には【黄色】【赤】【青】の「サーキュレーター」の停留所があります。上の図は停留所の場所で、「ジョージタウン」へ行くには、ピンクのをつけた停留所がおすすめです!「ユニオン駅」を背にして右側に「国立郵便博物館」があるのですが、その向こう側の道沿いに停留所があります。

また、「ユニオン駅」以外にも「サーキュレーター」は様々な地下鉄駅の近くを走ります。ただし、駅前にバス停があるわけではないため、バスが走る通りを確認して停留所を探すのが良いでしょう。自信がない方や調べるのがめんどくさいという方は、1番わかりやすい「ユニオン駅」からがおすすめです!

「降りる場所がわからないから不安」という方は、ドライバーさんに「ジョージタウン?」と尋ねて近くにいれば、到着した時に教えてもらえます。ちなみに、「大きな川が見えたら降りる」と意識していれば間違えることはまずありません。万が一バス停を1つや2つ前後しても、そこはジョージタウン内ですので、目的地まで歩て行くことも可能です。

サーキュレーター公式サイト:https://www.dccirculator.com/


【メトロ】

「地下鉄」を利用したい場合、「オレンジライン」と「ブルーライン」の2本が「ジョージタウン」周辺を並行して走っています。

最寄駅は、「フォギーボトム(Foggy Bottom)」もしくは「ロズリン(Rosslyn)」になります。どちらで降りても徒歩20分ほど歩きますが、観光がてら散歩していると、あっという間に中心地に着きます。ちなみに、「ロズリン(Rosslyn)」から歩くと「キーブリッジ(Key Bridge)を渡って行けます。

【ジョージタウン:おすすめ観光スポット・グルメ16選!】

〖チェサピーク・オハイオ運河(C&O Canal)〗

「チェサピーク・オハイオ運河」は、メリーランド州まで続く全長約300キロほどの運河です。アメリカの産業、暮らしを支えて来た歴史ある場所で、現在はハイキングやサイクリングコースとして親しまれています。

両側がレンガ造りの建物の間にある美しい景色をもつこの運河は、「ジョージタウン」のおすすめ観光スポットと言えるでしょう。

住所:Washington DC, 20007

〖ドッグ・タッグ・ベーカリー(Dog Tag Bakery)〗

運河のすぐ脇にある「ドッグ・タグ・ベーカリー」は、心や体に傷を負ってしまった、退役した兵士達とその家族が、一般社会に復帰するための訓練や支援をする5ヶ月間のフェローシップ・プログラムを提供することを目的にしたカフェです。

お店の名前にもなっている「ドッグタッグ」とは、ミリタリーの人達がつけているID認識票のネックレスのこと指し、お店の中には「ドッグタッグ」で作られたシャンデリアがあり、お店のロゴも「ドッグタッグ」をかたどっています。

ここのコーヒやべーカリーの商品は、退役した兵士達が作っており、発起人、運営チームのメンバーで、キッチンの監督を務めるのは「ブッシュ」と「オバマ」政権時代に、「ホワイトハウス」のパテシェエをしていた人物だそうで、味もお墨付きです!

【基本情報】

ドッグ・タッグ・ベーカリー(Dog Tag Bakery)

住所:3206 Grace St NW, Washington, DC 20007

電話番号:+12024079609

営業時間:8時00分~18時00分

定休日:月曜日

公式サイト:https://www.dogtagbakery.com/

〖ワシントン・ハーバー(Washignton Harbor)〗

ワシントンD.C.に流れる川として、最も有名なのは「ポトマック川(Potomac River)」でしょう。その川沿いにある「ワシントン・ハーバー(Washignton Harbor)」は、川辺の風を心地よく感じられる人気スポットです。

川沿いにテラス席がたくさんあるレストランがあり、ショップやオフィスもあります。川を眺めていると、「ポトマック川」でボートを漕ぐ人、リバーフロントではランニングを楽しむ人、散歩を楽しむ人がたくさんおり、その景色には飽きることがありません。また、「ケネディ芸術センター」など、ワシントンD.C.の中心地の光景も見え、夜になるとライトアップがとても素敵です!

【基本情報】

ワシントン・ハーバー(Washignton Harbor)

住所:3000-3050 K St NW, Washington, DC 20007

電話番号:+12022955007

公式サイト:https://thewashingtonharbour.com/

〖トニー&ジョーズ(Tony and Joe's)〗

テラスのあるレストランはたくさんありますが、その中で最もおすすめなのが1982年創業のシーフードレストラン「トニー&ジョーズ(Tony and Joe's)です!

料理は本格的なものからカジュアルなものまで、シーフードをメインに肉料理もあり、またシーフードですのでレギュラーメニューにはない季節のオススメ料理は要チェック!春〜夏までであれば、ワシントンD.C.名物「ソフトシェルクラブ」のサンドイッチがあります。

【基本情報】

トニー&ジョーズ(Tony and Joe's)

住所:3000 K St NW, Washington, DC 20007

電話番号:+12029444545

営業時間:11時30分~22時00分

公式サイト:https://www.tonyandjoes.com/

〖Mストリートのショッピング街〗

「Mストリート」周辺には「コーチ」・「ケートスペード」・「アバクロ」・「アメリカン・イーグル」・「ナインウェスト」など多くのファッション店が密集しています。

「ノースフェイス」や「パタゴニア」などのアウトドア系のお店も多数あるため、男女問わずショッピングを楽しむことができ、また「Mストリート」周辺にはレストランやカフェも多数あるので、歩きながらお気に入りの店を探すのもおすすめです!

〖ジョージタウン・フレア・マーケット(Georgetown Flea Market)〗

「ジョージタウン・フレア・マーケット(Georgetown Flea Market)」は、毎週日曜08:00~16:00まで行われているフリーマーケットです。