• 私の旅行記

アメリカ ワシントンDC セオドア・ルーズベルト島

更新日:2020年12月28日


こちらは、アメリカ第26代大統領「セオドア・ルーズベルト」の功績を記念する公園「セオドア・ルーズベルト島(Theodore Roosevelt Island)」です!

「セオドア・ルーズベルト島」は、ワシントンのジョージタウン近郊の「ポトマック河畔」にあり、面積は約 36 ヘクタールで、中央広場以外の部分は原生林と湿地の低地となっています。

今回はそんな、「セオドア・ルーズベルト島」について詳しくご紹介させていただきます!

【セオドア・ルーズベルト島:アクセス】

「セオドア・ルーズベルト島」までは、バージニア州「Rosslyn(ロズリン)」から出ている橋が唯一のアクセス方法になります。

島内へは車や自転車の進入が禁止なため、「ロズリン」の橋の近くまで車や自転車で行くか、地下鉄「ロズリン駅」から徒歩で向かいます。

「ロズリン駅」周辺はオフィス街となっており、都会的な雰囲気となっています。その「ロズリン駅」から約10分程度歩くと、ロズリンの都会的な雰囲気とは対照的に、自然豊かな「セオドア・ルーズベルト島」に到着します。

【セオドア・ルーズベルト島:魅力・見どころ!】

橋を渡って島にたどり着くと森が広がっています。「セオドア・ルーズベルト島」自体は小さく、徒歩1時間程で1周することができます。

「セオドア・ルーズベルト島」に入って少し歩いた先の「中央広場」には「セオドア・ルーズベルト大統領」の像があります。実物より大きい高さ 5 メートルの像です。

像の周りには石碑が建っており、ルーズベルト大統領が残した名言が彫られていました。ちなみに、島の主な観光スポットはここだけですので、あとは島の自然を満喫するのみです。

この島は、湿地帯を横断する「ボードウォーク」が設けられており、「ボードウォーク」に設置された数多くの説明ボードで、公園の歴史と環境について知ることができます。

島の東部は湿地帯となっており、橋で湿地帯を通り抜けます。島の北側からはワシントンDC北西部に位置する「ジョージタウン」を見渡すことができますよ!

道には緑が生い茂っているため、気温が高くても、森の中は日影が多く、涼しくて歩きやすく、運が良ければ野生の鹿にも出会うことができます。また、鹿に会えずともリスにはほとんどの確立で出会うことができます!ちなみに、見た目は可愛いリスですが、狂暴で不衛生ということでアメリカでは嫌われているみたいです。

【合わせて訪れたい!おすすめ観光スポット2選!】

ジョン・F・ケネディ・センター

こちらは、ワシントンD.C.の西部「ポトマック川沿い」にある国立文化施設「ジョン・F・ケネディ・センター(John F. Kennedy Center)」です!

パイプオルガンが設置された2,442名収容の「コンサート・ホール」、2,300名収容できる「オペラ・ハウス」、オペラ・バレエ・ミュージカルなどが開催される1,100名収容の「シアター」などがあり、ミュージカル・演劇・バレーの公演・オーケストラ・ジャズ・ポピュラー音楽のコンサートなどが毎年3000件以上催されています。

コンサートや劇に興味がない方でも、ふらりと立ち寄って、美しい内装や外のテラスで「ポトマック川」を行き交うボートやジョージタウンの風景を眺めたり、ギフトショップで買い物したりという楽しみ方もできますので、ワシントンDC観光の際は是非とも訪れて見て下さい!

【基本情報】

ジョン・F・ケネディ・センター

住所:2700 F St NW, Washington, DC 20566

電話番号:+12024674600

アクセス:

「ジョン・F・ケネディ・センター」は、地下鉄「Foggy Bottom駅」から「ニューハンプシャー・アベニュー」を通って歩いてすぐの場所にあります。

料金:

公演により異なります。

※チケットは日本からでも公式サイトにて予約が可能です。

営業時間:

月曜日~土曜日:10:00~21:00

日曜日・祝日:12:00~21:00

公式サイト:https://www.kennedy-center.org/


リンカーン記念館

こちらは、アメリカ合衆国の首都ワシントンDCの中心にある「ナショナル・モール」に建てられた、第16代アメリカ合衆国大統領「エイブラハム・リンカーン」の功績を記念した「リンカーン記念館」です!

「エイブラハム・リンカーン」の死から57年経った1922年5月にアメリカ市民に正式に披露されました。「ナショナル・モール」東側に位置しており、「ナショナル・モール」全体を見守っているかのように「リンカーン大統領」の像が堂々と鎮座しています。

これまでに何度も重要な演説が行われてきた「リンカーン記念館」は24時間、来館者を向かい入れており、夜間のライトアップされた「「リンカーン記念館」の美しさはこれまた見逃せないものになっています。

【基本情報】

リンカーン記念館

住所:2 Lincoln Memorial Cir NW, Washington, D.C. 20037 U.S.A.

電話番号:+1 202-426-6841

営業時間:24時間

休館日:12月25日

入場料:無料

公式サイト:www.nps.gov/linc/

いかがでしたでしょうか。

この手つかずの自然が残る「セオドア・ルーズベルト島」は、旅行ガイドなどに載っていない為か観光客はほとんどおらず、日常の中にある隠れ家的な憩いの場所です。

地元の方々がランニングしている程度ですので、人が少なく、ゆったりのんびりと過ごすことができます!観光で疲れた方は疲れを癒しに「セオドア・ルーズベルト島」を訪れてみてはいかがでしょうか。

【基本情報】

セオドア・ルーズベルト島(Theodore Roosevelt Island)

面積:0.3642 km²

制定:1932年5月21日

管理:アメリカ合衆国国立公園局

アクセス:

島内へは車や自転車の進入が禁止なため、「ロズリン」の橋の近くまで車や自転車で行くか、地下鉄「ロズリン駅」から徒歩で向かいます。「ロズリン駅」から約10分程度歩くと、ロズリンの都会的な雰囲気とは対照的に、自然豊かな「セオドア・ルーズベルト島」に到着します。

※記事内容は執筆時点のものですので、最新の内容をご確認ください。

#usa #偉人 #歴史 #WashingtonDC #ワシントンDC #セオドア・ルーズベルト島 #TheodoreRooseveltIsland #リンカーン記念館 #記念館 #photo #ナショナルモール #大統領 #ジョン・F・ケネディ・センター #自然 #トレイル



20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
旅行記 旅好き ハワイ 海外旅行 国内旅行

海外・国内旅行の魅力・出来事・情報をお届けするサイトです。人生一度きり、一人でも多くの人に旅行を楽しんで頂きたい!

お得な現地情報&ホテル情報をお届けします!

 

これから旅行へ行かれる方に少しでも良い情報をお届けできたら嬉しいです!!!

FOLLOW ME:
  • Facebook Vintage Stamp
  • Twitter Vintage Stamp
  • Instagram Vintage Stamp

CATEGORY

注目!おすすめの旅行先!