• 私の旅行記

アメリカ ワシントンDC タイダルベイスン

更新日:2020年12月28日


こちらは、ワシントンDC「ナショナル・モール」にあるお花見スポットとして有名な「タイダルベイスン」です!アメリカの首都ワシントンDCが桜の名所でもあることをご存知でしょうか?

「ポトマック川沿い」の桜並木は、100年以上も前に日本から送られたものが起源で、「ポトマック川沿い」の桜のほとんどがこの「タイダルベイスン」の周りに植えられています。明治時代に日本から送られた桜のうち現存しているものや記念碑が残されているので、日本人としてはなおさら感慨深い場所です。

桜並木と池から見える白いモニュメント群のコントラストがとても美しい鑑賞スポットです。今回は、なかなかアメリカではお目にかかれないはずの桜を、首都ワシントンDCで鑑賞できるスポットをご紹介します。

【3000本の桜】

ワシントンD.C.で最も一般的で有名な桜は「ソメイヨシノ」で、「タイダルベイスン」を囲むように植えられています。「ソメイヨシノ」以外にも、「カンザン」も植えられており、「カンザン」は「ソメイヨシノ」の2週間後に満開となります。

また、「東ポトマック公園」には「フゲンゾウ」や「シロフゲン」も植えられています。他にも、「ソメイヨシノ」よりも1週間ほど先に咲き始める「枝垂桜」・「ジュウガツザクラ」・「オオヤマザクラ」・「ウスズミ」・「タケシマザクラ」等も植えられています。

メインはやはり「ソメイヨシノ」ですが、他にも色々な桜が咲いているので、それらの桜をめでながら全長約3.5kmの「タイダル・ベイスン(Tidal Basin)」とその周辺を散歩するのもおすすめです!

【歴史】

〖桜に魅了されたアメリカ人女性〗

これら見事な桜並木は、1912年に日本から贈呈された12種類3040本の桜を始まりとしています。では何故、アメリカの首都であるワシントンDCに、世界に誇る桜の名所があるのでしょうか?

その背景には、桜に魅了された米国の人々の姿があります。ポトマック川周辺に桜を植えるという計画は、「ナショナル・ジオグラフィック協会」初の女性理事「エリザ・シドモア」氏が1884年に日本の「向島」を訪ねた際、桜の美しさに感動したことから始まったとされています。

そしてアメリカへの帰国後に、埋め立てが行われた「ポトマック川河畔沿い」に桜の木を植えることを当局に提案したそうです。当初、この提案は拒否されたましたが、シドモアさんは全ての管理者にその後24年間提案し続けたそうです。

〖最初の植樹〗

その後、同じく桜の美しさに惹かれた植物学者の「デイビッド・フェアチャイルド」氏が1906年、横浜から125本の桜の木を輸入し、自宅の庭で「果たして米国東海岸に桜が根付くかどうか。」を試したといいます。

そして見事に桜は開花し、博士夫妻は「シドモア」氏がすすめる「ポトマック川沿い」の「桜並木計画」を後押しします。1909年に「タフト大統領」が就任すると、桜の植樹活動を主導するようになり、「ポトマック川」周辺の「桜並木計画」が急速に実現化へと向かったそうです。

そこへ、ニューヨークで研究に励んでいた「高峰譲吉」博士がこの「桜並木計画」の話を聞きつけ、当時の東京市長で衆議院議員の「尾崎行雄」氏に協力を頼みました。そして、1909年8月30日、東京からアメリカに2000本の桜を寄贈し、「ポトマック川沿い」に植樹する話があり、桜は1910年1月6日にワシントンDCに到着しました。

しかし、「アメリカ農務省検疫チーム」が桜を調べたところ、桜が昆虫や線形動物に汚染されているのを発見し、「農務省」は検疫結果を見過ごすことはできず大統領に処分を提言、止むなく「タフト大統領」は1月28日に焼却命令を出しました。

〖2回目の植樹〗

前回の失敗を踏まえて、1910年3月に農商務省農事試験場長の農学博士から害虫駆除、苗木づくりについて助言を受け、苗木作り、土木の選定などを慎重に行います。

そして再び、綿密な計画の基、健康な桜の苗木が育てられとうとう1912年の桜贈呈が実現します。同年12月に集められた桜の種類は59種類にもなります。そして1911年2月14日、3020本の桜の苗木が横浜港を出航。

内訳は、「ソメイヨシノ1,800本」・「カンザン350本」・「イチヨウ160本」・「タキニオイ140本」・「シラユキ130本」・「フゲンゾウ120本」・「アリアケ100本」・「ジョウニオイ80本」・「フクロクジュ50本」・「スルガダイニオイ50」・「ギョイコウ20本」・「ミクルマガエシ20本」と言われています。

アメリカのシアトルまで輸送された後、鉄道を経由して3月26日にワシントンDCに到着しました。「全米桜祭り」後にも、「ソメイヨシノ」とはまた別の種類の桜が見ごろになるのも嬉しいですね!「ソメイヨシノ」以外の桜は、「ポトマック川」や「ワシントン運河沿い」で多く見られます。

〖その後の桜の植樹〗

1912年以降も、桜の植樹は続けられます。1965年には、3800本の「ソメイヨシノ」が再び日本から送られ、1986年から1988年には1912年に植えられた桜の回復のために、676本の桜の木が加えられたそうです。

また1996年には、「クリントン大統領」の訪日を記念して、100本の桜が「ポトマッ ク川沿い」に植えられました。今でも、1912年に植樹された桜は100本近く残っているそうです。

〖パゴダ&灯篭〗

そして、「タイダル・ベイスン(Tidal Basin)」を散歩していると、 日本から送られた「パゴダ(仏教・ヒンズー教の多層の塔)」や、「灯篭」にも出合うことができます。

「パゴダ」は、 第二次世界大戦後の日米間の友好関係を示す象徴として、横浜市から1957年に送られたもので、17世紀に作られたものだそうです。

「灯篭」は、360年の歴史を持つとされるもので、日本からの桜の寄贈を記念し、2013年に送られたものです。

【全米桜まつり(National Cherry Blossom Festival)】

ワシントンDCでは、日米の友好の証として毎年桜の開花時期(3月下旬~4月上旬)に合わせて桜祭りが開催されます。約1か月間様々なイベントが目白押しです。

オープニングセレモニーや桜祭りのパレードが特に有名で、日本の屋台やアーティストも来るので、アメリカの首都で日本の雰囲気を味わうことができるので在米生活が長い方のリフレッシュにもおすすめです。

他にも花火大会やパーティなどのイベントがあり、一部のイベントではチケット予約が必要となります。チケットはWEBサイトから購入できます。

【基本情報】

全米桜まつり(National Cherry Blossom Festival)

住所:各イベント会場による

電話番号:+1 (877) 442-5666

公式サイト:http://www.nationalcherryblossomfestival.org

【アクセス方法・ツアー情報】

【サーキュレーター】

「サーキュレーター(Circulator)」とは、一律$1で乗れるワシントンDC内の循環バス。「サーキュレーター」の「ナショナル・モールルート(レッドライン)」は、「ナショナル・モール」を1周しており、各観光スポット付近が停留所になっているので観光客に大変便利です。

「ナショナル・モールルート」の「停留所8」で降りると、「タイダルベイスン」のすぐ近くに行くことができます。

サーキュレーター公式サイト:https://www.dccirculator.com/

【メトロ地下鉄(Metrolink)】

最寄り駅:スミソニアン駅(Smithsonian Station)

※メトロ地下鉄の「ブルーライン」・「シルバーライン」・「オレンジライン」の3本が通っています。「スミソニアン駅」から「タイダルベイスン」までは、徒歩15分程度かかります。

DC Metro 公式サイト:https://www.wmata.com/

路線図: