• 私の旅行記

アメリカ ワシントンDC ロック・クリーク・パーク

最終更新: 2020年12月28日


こちらは、7平方キロメートルもの面積がある森林地帯「ロッククリーク・パーク(Rock Creek Park)」です!

メリーランド州の「モンゴメリー郡」に端を発し、33マイル(55km)蛇行しながら「ポトマック川」に注ぎ込む「ロッククリーク」は、ワシントンDCにおける都会のオアシスともいうべき場所です。

今回はそんな、「ロッククリーク・パーク」について詳しくご紹介させていただきます!

【ロッククリーク・パーク:基本情報】

〖概要〗

「ロッククリーク」は、「ピエドモント台地」の北端の部分を刻み込み、ちょっとした峡谷を形成しています。ワシントンDC寄りの9.3マイル(15 km)、幅1マイル(1.6 km)の峡谷が、「ロッククリーク・パーク」として「国立公園局」が管理しており、「ジョギング」・「ハイキング」・「サイクリング」などを楽しむため、多くの人々が訪れています。

かつては「セオドア・ルーズベルト大統領」がよく乗馬に訪れていたと言われ、峡谷に沿って走る「Beach Drive(ビーチ・ドライブ)」は、平日は通勤道路として使用されていますが、週末はサイクリストに開放されています。

そんな「ロッククリーク・パーク」には、「乗馬場」・「テニスコート」・「自然博物館」・「プラネタリウム」・「野外劇場」・「ゴルフ場」など、様々な楽しみ方ができるように様々な施設が配置されています。

※以下では「ロッククリーク・パーク・観光案内所」についての基本情報を記述させていただきます。「乗馬場」・「テニスコート」・「自然博物館」・「プラネタリウム」・「野外劇場」・「ゴルフ場」などについては【公式サイト】にてご確認ください。


〖住所〗

5200 Glover Rd NW, Washington, DC 20015(観光案内所)

〖電話番号〗

+12028956070(観光案内所)

〖アクセス〗

「ロッククリーク・パーク」までのアクセス方法は、「バス」か「レンタカー」がおすすめ!

【バス】

ユニオン駅」からアクセスする場合、【レッドライン】を利用し、4駅先の「フォート・トッテン駅」で降車します。

その後「フォート・トッテン駅」から徒歩で約3分の場所「Ft Totten Station & Bus Bay K/WEST to FRIENDSHIP HEIGHTS」のバス停に向かい、【E4】のバスに乗車します。

20駅先の「Military Rd + Oregon Ave」で降車後、徒歩約7分で「ロッククリーク・パーク観光案内所」へ到着します。所要時間は約50分。


【レンタカー】

「レンタカー」を利用する場合、ワシントンDCの中心部から「16th St NW」を北上。

10分程北上したら途中「ロッククリーク・パーク・ゴルフコース」手前で右折し、「Military Road West/Connecticut Avenue」方面のランプに入り、「Military Rd NW」に入ります。

そしてそのまま、「ロッククリーク・パーク」を横切るように直進していき、森を抜けたところで左折し、「Glover Rd NW」に入ります。

そして、すぐに2本の分かれ道があるのですが、こちらは左方向に進みます。

するとすぐに「ロッククリーク・パーク(Rock Cleek Park)」の看板が見えますので、こちらを左折し右の道に進みます。そのまま道なりに進むと、すぐに駐車場に到着します。


〖営業時間〗

水曜日~日曜日:9時00分~17時00分(観光案内所)

〖定休日〗

月曜日・火曜日(観光案内所)

〖公式サイト〗

https://www.nps.gov/rocr/planyourvisit/naturecenter.htm

【ロッククリーク・パーク:おすすめアクティビティ!乗馬】

「ロッククリーク・パーク」は、ハイキングやサイクリングが楽しめるワシントンDC最大の公園ですが、「乗馬」でトレッキングを楽しむこともできます!

個人的に最もおすすめするアクティビティで、未経験でも問題なし!「ロッククリーク・パーク」の「ホースセンター」を出発し、ガイドの誘導のもと、ポニーに乗りながら「ロッククリーク・パーク」の美しい自然や景色を楽しむ、1時間45ドルのコースです。

まずは「Trail Rides」に予約をし、当日は予約時間の30分前には「ロッククリーク・パーク」の中にある「ホースセンター」に行き、必要事項などを書いてから$40を支払ってチェックインします!その後、受付の人から鍵をもらって荷物などはロッカーに預けた後、自分にあったヘルメットも選びます。

そして、インストラクターから「手綱を右に引いたら馬は右へ」・「手綱を左に引いたら馬は左へ」・「手綱を短く持ったら馬は止まる」・「足で馬の胴体を締め付けるとまた歩き出す」・「馬が驚くので大声を出したりしないこと」など簡単な説明を受けた後、いよいよ自分の馬に乗ります!

2人のインストラクターが先頭と最後につく形でいざ出発です!「ロッククリーク・パーク」内の乗馬用のトレイルをゆっくり進んでいくのですが、美しい木々に囲まれ、川の流れなども聞こえて来て、これが最高に気持ちいいんです!

こちらは事前予約が必要ですので、こちらの【公式サイト:http://www.rockcreekhorsecenter.com 】から予約しましょう!数週間前から予約が埋まってしまうことがありますので、余裕を持って計画を立てて下さい!

是非とも一風変わったこの乗馬トレッキングをワシントンD.Cでの思い出の一つとして、挑戦してみてください!また「Trail Rides」以外にも子供向けの「Pony Rides」やグループやプライベートでも乗馬レッスンを受けられるコースやサマーキャンプなどもありますよ!

※「ロッククリーク・パーク・ホースセンター」は、「ロッククリーク・パーク観光案内所」から徒歩3分の場所にあります。

【基本情報】

ロッククリーク・パーク・ホースセンター

住所:5100 Glover Road, Washington, DC 20015

電話番号:202-362-0117

公式サイト:http://www.rockcreekhorsecenter.com

【ロッククリーク・パーク:魅力・見どころ!】

「ロッククリーク・パーク」では、四季が織り成す豊かな「ロック・クリーク峡谷」の自然を楽しむ他に、その区域にはいくつかの歴史的な建造物が含まれています。

〖ピアース製粉所〗

かつては「ロック・クリーク」の水を利用して、現在のワシントンDCの区域内に8つの製粉所があったと言われていますが、現在は「スミソニアン動物園」の北に「Isaac Pierce(アイザック・ピアース)」が1820年に建てた「ピアース製粉所」が残っています。

〖オールド・ストーン・ハウス〗

「ロック・クリーク」の河口の近く、「ジョージタウン」のショッピング街の中に、「Old Stone House(オールド・ストーン・ハウス)」と呼ばれる18世紀に建てられた一般人の石造りの家が残されています。

〖スティーブンス砦〗

「ロック・クリーク・パーク」の区域内には、南北戦争当時に首都ワシントンDCを防衛するため、その周辺に設けられた砦の跡がいくつか残っていますが、中でも最も重要なのが「Fort Stevens(スティーブンス砦)」になります。

ここは1864年7月10日「モノカシーの戦い」に勝利した南軍が唯一首都ワシントンDCを脅かした場所で、状況視察にきた「リンカーン大統領」が南軍の狙撃兵に狙撃されるという事件も起きています。ちなみに、「リンカーン」が狙われた場所には、マーカーが建てられています。

〖メリディアン・ヒル公園〗

「ロック・クリーク」から離れた場所にある「Meridian Hill Park(メリディアン・ヒル公園)」は、イタリアン・ルネッサンス様式の噴水が印象的な公園です。

〖グローバー・アーチボルド公園〗

「ロック・クリーク・パーク」は「ロック・クリーク峡谷」の他にも、「Glover-Archbold Park(グローバー・アーチボルド公園)」・「Dumbarton Oaks Park(ダンバートン・オークス公園)」・「Palisades Park(パリセーズ公園)」など、その周辺の緑地帯もその区域に含んでいます。これらの公園にもトレールが整備されており、静かに緑の散策をすることができる場所となっています。

【基本情報】

ロッククリーク・パーク(Rock Creek Park)

住所:5200 Glover Rd NW, Washington, DC 20015(観光案内所)

電話番号:+12028956070(観光案内所)

アクセス:

「ユニオン駅」からアクセスする場合、【レッドライン】を利用し、4駅先の「フォート・トッテン駅」で降車します。その後「フォート・トッテン駅」から徒歩で約3分の場所「Ft Totten Station & Bus Bay K/WEST to FRIENDSHIP HEIGHTS」のバス停に向かい、【E4】のバスに乗車します。20駅先の「Military Rd + Oregon Ave」で降車後、徒歩約7分で「ロッククリーク・パーク観光案内所」へ到着します。所要時間は約50分。

営業時間:水曜日~日曜日:9時00分~17時00分(観光案内所)

定休日:月曜日・火曜日(観光案内所)

公式サイト:https://www.nps.gov/rocr/planyourvisit/naturecenter.htm

※記事内容は執筆時点のものですので、最新の内容をご確認ください。

#usa #WashingtonDC #ワシントンDC #ロッククリーク・パーク #RockCreekPark #アクティビティ #photo #歴史 #自然 #乗馬



15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
旅行記 旅好き ハワイ 海外旅行 国内旅行

海外・国内旅行の魅力・出来事・情報をお届けするサイトです。人生一度きり、一人でも多くの人に旅行を楽しんで頂きたい!

お得な現地情報&ホテル情報をお届けします!

 

これから旅行へ行かれる方に少しでも良い情報をお届けできたら嬉しいです!!!

FOLLOW ME:
  • Facebook Vintage Stamp
  • Twitter Vintage Stamp
  • Instagram Vintage Stamp

CATEGORY

注目!おすすめの旅行先!

​海外でのインターネット利用に不安・不便さを感じている方に!➡