• 私の旅行記

アメリカ ワシントンDC スミソニアン国立自然史博物館

更新日:2020年12月28日


こちらは、あの有名映画「ナイトミュージアム2」の舞台となった「スミソニアン国立自然史博物館」です!

とても巨大な博物館で、「スミソニアン博物館群」の中でも「航空宇宙博物館」に続く2番目に人気の博物館です!家族連れだけであればおそらく一番人気でしょう。


今回はそんな、「スミソニアン国立自然史博物館」の魅力・見どころ・アクセス方法・基本情報まで詳しくご紹介させていただきます!

【スミソニアン国立自然史博物館:基本情報】

〖歴史・概要〗

「国立自然史博物館」には、総数にして1億2千5百万個を超えるコレクション(とてつもない数でイマイチピンとこない方もいらっしゃると思いますが、スミソニアン博物館群全体の約9割を占めると言われています)があり、動物や化石、鉱石、岩石、隕石の標本等など、男性なら聞いてるだけでもワクワクしてしまうような素晴らしいコレクションが多岐にわたりあります。


私もスミソニアン博物館群を巡っている時、特に「国立自然史博物館」と「航空宇宙博物館」では思わず少年に戻ってしまいました。博物館の建物は1910年に、「ホーンブロワー&マーシャル」によって設計、建設されました。新古典主義的の建築様式で、「ナショナル・モール」北側に建てられた最初の建造物でもあります。


〖住所〗

10th St. & Constitution Ave. NW, Washington, DC 20560

〖電話番号〗

+12026331000

〖アクセス〗

最寄り駅:スミソニアン駅(Smithsonian Station)

※メトロ地下鉄の「ブルーライン」・「シルバーライン」・「オレンジライン」の3本が通っています。「スミソニアン駅」から「国立自然史博物館」までは、徒歩5分程度かかります。

DC Metro 公式サイト:https://www.wmata.com/

路線図:https://www.wmata.com/rider-guide/new-riders/upload/pocket-guide-English.pdf

近くには「アメリカ歴史博物館」や「国立航空宇宙博物館」、「メモリアル」が並んでいるため、モール内の他の博物館やモニュメントと合わせて効率よく回ることができ、様々なルートで行くことができます。

〖入場料金〗

無料

〖営業時間〗

10時00分~17時30分

※季節によっては19時30分まで延長することも。

〖定休日/休業日〗

なし/クリスマス

〖公式サイト〗

https://naturalhistory.si.edu/

【博物館内:魅力・見どころ!】

〖まずはセキュリティ検査!〗

アメリカの博物館では、必ずセキュリティチェック(カバンの中、金属探知ゲート)が行われるのであまり荷物のない軽装で行くことをおすすめします。

ちなみに、ペットボトルの水などは持ち込むことができます。


〖館内マップ〗

博物館内は地下1階・1階・2階の3つに分かれており、その中に展示フロアがいくつもああります。館内パンフレットを1USDで購入することができますが、案内表示が館内にいくつかありますので、無くても特に問題ないでしょう。


〖巨大なアフリカ象のはく製がお出迎え!〗

「国立自然史博物館」では、セキュリティゲートを終え中に入ると、さっそく巨大なアフリカ像のはく製(像牙以外は本物)(当時の世界最大級の像)がお出迎えしてくれました!

1955年に捕獲された巨大なアフリカ象で、これまで捕獲された象の中では最大になります。体長3.9メートル・体重8トンもあり、1階「ロタンダ」フロアでは圧倒的な存在感を放っています。

ちなみに、像の牙は重すぎて取り付けることができなかったために、本物ではなくグラスファイバー製となっています。

〖1階西側:哺乳類館〗

正面入って左の西側には、多種多様な哺乳類動物たちのはく製が所狭しと並んでいる「哺乳類館」があります。はく製と言えども、そのリアルな姿にまるでサファリに来ているような気持ちになります。

また、ここ1階西側には動物たちの他にも同じく哺乳類である『人類の起源 Human Origin』の展示もあります。人類の進化の過程での脳の大きさの推移など、様々な視点からの展示があるなど、とても興味深かったです。

世界中で見つかった骨から当時の人類の顔の造形が再現されているなど、ついつい見入ってしまうほどです。ちなみに、子供向けの教育番組も上映しており、哺乳類の条件についてわかりやすく解説などもされています。

例えば、、、

哺乳類には3つの条件があるそうで、

①お乳を飲んで成長する

②毛が生えている

③耳に骨がある

など、大人でも知っているようで意外と知らなかったことを学ぶことができます。

〖1階東側:恐竜館〗

正面入って右の東側には、「トリケラトプス」等の恐竜の骨を展示する広間があります。恐竜の展示物付近には地球上の生命がどのように進化していったかを詳細に説明するパネルや陳列物があり、先カンブリア時代まで遡る事が出来ます。

また、オーストラリアで発見された35億年前の世界最古の化石・微生物の化石もあります。地球ができたのが46億年前ですが、これは最古の生物の唯一の証拠なのだそうです。</