• 私の旅行記

アメリカ ワシントンDC 国立航空宇宙博物館

更新日:2020年12月28日


こちらは、「ナショナル・モール」の数ある「スミソニアン博物館群」の中でも人気No1と言われている「国立航空宇宙博物館」!空と宇宙の夢とロマンがたっぷりと詰まった博物館です!

「国立航空宇宙博物館」は、ワシントンDCのダウンタウン中心部にあるのが〖本館〗で、「ワシントン・ダレス空港」の近くに〖別館(ウドバー・ハジー・センター)〗もあるのですが、この記事では〖本館〗の展示についてご紹介いたします。

「国立航空宇宙博物館」は、かなり巨大な博物館ですので3時間以上の滞在は考えておいた方が良いでしょう。また、周囲には飲食店が少ないのですが、館内に「マクドナルド」がありますので助かります。

※国立航空宇宙博物館:別館(ウドバー・ハジー・センター)については以下の記事にてご紹介させていただきます。

アメリカ ワシントンDC ウドバーハジーセンター(国立航空宇宙博物館 別館

【国立航空宇宙博物館:基本情報】

〖歴史・概要〗

「国立航空宇宙博物館」は、同じ「ナショナル・モール」内にある「スミソニアン国立自然史博物館」等と比べるとかなりシンプルな造りとなっています。

これは、「国立航空宇宙博物館」が「議会議事堂」に最も近い博物館なため華美になりすぎないデザインで設計されたと言います。

「国立航空宇宙博物館」は言うまでもなく世界一の航空博物館です。公式な開館は1976年。「ライト兄弟」が初飛行を行った機体から極超音速の壁を乗り越えたX-15までと、時代を超えて多くの歴史的な機体が展示されています。

また、日本の傑作機、零戦も展示されているの日本人の我々にとっても楽しむだけでなく現代を生きる私たちに大切なことを感じさせてくれます。フロアは2階まで、テーマごとに10以上の展示室に分かれています。館内マップは公式HPから確認することができます。


〖住所〗

600 Independence Ave SW, Washington, DC 20560

〖電話番号〗

+12026332214

〖アクセス〗

【サーキュレーター】

「サーキュレーター(Circulator)」とは、一律$1で乗れるワシントンDC内の循環バス。「サーキュレーター」の「ナショナル・モールルート(レッドライン)」は、「ナショナル・モール」を1周しており、各観光スポット付近が停留所になっているので観光客に大変便利です。

「ナショナル・モールルート」の「停留所14」で降りると、「国立航空宇宙博物館」のすぐ前に行くことができます。

サーキュレーター公式サイト:https://www.dccirculator.com/

【メトロ地下鉄(Metrolink)】

最寄り駅:ランファン・プラザ駅(L’Enfant Plaza Metro Station)

※メトロ地下鉄の「ブルーライン」・「シルバーライン」・「オレンジライン」・「グリーンライン」・「イエローライン」の5本が通っています。

「ユニオン駅(Union Station)」から「ランファン・プラザ駅」までは13分程度。

「ロナルド・レーガン・ワシントンナショナル空港駅(Ronald Reagan Washington National Airport Station)」から「ランファン・プラザ駅」までは、メトロ地下鉄「イエローライン」で10分程度。

「ランファン・プラザ駅」から「国立航空宇宙博物館」までは、徒歩4分程度かかります。

DC Metro 公式サイト:https://www.wmata.com/

路線図:https://www.wmata.com/rider-guide/new-riders/upload/pocket-guide-English.pdf

「国立航空宇宙博物館(本館)」がある「ナショナル・モール」には、たくさんの「スミソニアン博物館」や「メモリアル」が並んでいるため、モール内の他の博物館やモニュメントと合わせて効率よく回ることができ、様々なルートで行くことができます。

〖入場料金〗

無料

〖営業時間〗

10時00分~17時30分

〖定休日/休業日〗

なし/クリスマス

〖公式サイト〗

http://www.nasm.si.edu

【博物館内:魅力・見どころ!】

〖まずはセキュリティ検査!〗

アメリカの博物館では、必ずセキュリティチェック(カバンの中、金属探知ゲート)が行われるのであまり荷物のない軽装で行くことをおすすめします。

ちなみに、ペットボトルの水などは持ち込むことができます。

〖たくさんの飛行機がお出迎え!〗

入場ゲートをくぐると、大きめのホールにたくさんの飛行機がさっそく展示されています。「国立航空宇宙博物館」は、「スミソニアン博物館群」の中でも人気No1と言われているだけあり、平日の開園同時に入館したとしても、開園前から並んでいる方もいらっしゃるので混雑しています。

時間が経つにつれ、更に混雑してきますので、じっくりと間近で観覧したいのであれば確実に開園直後がおすすめです!

【1階中央ホール:目玉展示品の数々】

1階中央ホールでは、目玉となる展示品が数多くあります。