• 私の旅行記

イギリス ロンドン シャーロック・ホームズ博物館

更新日:2020年12月28日


こちらは、「シャーロック・ホームズ」と「ワトソン博士」が1881年から1904年まで、住んでいたとされる「シャーロック・ホームズ博物館(Sherlock Holmes Museum)」です!

イギリスの小説家「アーサー・コナン・ドイル」が執筆した世界的にも有名な推理小説「シャーロックホームズシリーズ」。

架空の探偵「シャーロック・ホームズ」がルームシェアをする「ワトソン」とともに、さまざまな難事件を解決する物語で世界中にファンがいることでも知られます。

ロンドンには2人が暮らしたという設定の住所「ベーカー・ストリート221b(221B Baker Street)」にある、5階建ての住居を「シャーロック・ホームズ博物館」としてオープン。

今回はそんな、ファンならば絶対に行きたい!「第二級重要文化財」にも指定されている「シャーロック・ホームズ博物館」について詳しくご紹介させていただきます!

【歴史・概要】

「シャーロック・ホームズ博物館」は、「ベーカー・ストリート221b」に実業家「ジョン・アイディアンツ」によって1990年に設立されました。

建物は1815年に建てられ、1860年から1934年まで下宿家として登録されていたそうで、下宿家としては本当に歴史があるそうです。

中はまるで「ホームズ」が今も住んでいるような世界。インテリアも素晴らしく、ビクトリア期の生活を見ることが出来ます。

四半世紀が過ぎた現在でも、世界中から熱心な「シャーロキアン(=ホームズシリーズのファン)」を集める人気観光スポットとなっており、ディテールにもこだわった作りでファンなら見逃せません!

【アクセス】

「ベーカー・ストリート駅(Baker Street tube station)」から徒歩で「ベイカー・ストリート」の「シャーロック・ホームズ博物館」へ行きましょう!

地下鉄「ベーカー・ストリート駅」までは、「ハーマースミス&シティ線」・「サークル線」・「ジュブリー線」・「メトロポリタン線」・「ベーカール線」と、複数の路線で行くことができます。

「ベイカー・ストリート駅」校内には様々な「シャーロック・ホームズモチーフ」の絵が描かれているので忘れずにチェックしてください!「シャーロック」が描かれている絵に近づいてみると、その絵は小さなシャーロックの絵がたくさん重なって構成させていることに気付くはず!

改札を出て、駅構内から外に出ると目の前に地図がありますので、地図の中から「シャーロック・ホームズ博物館」を探してください(右下当たりにあります)。

また、地図の看板の左を見ていただくと「シャーロック・ホームズの銅像」があります。博物館とは逆方向ですが、ちょっと立ち寄って写真を撮っておきましょう!

「博物館」へは、駅を背に右手側に「HSBC」と書かれた看板が見えますので、その角を右折してしましょう。そして3分ほど歩いていくと、道路を渡って反対側に「シャーロック・ホームズ博物館」が見えてきます。

緑の看板に「Sherlock Holmes Museum」と書いてあり、外には基本的に行列が出来ているのですぐに見つけられるはずです!

〖ベーカー・ストリート221b番地〗

興味深いことに「シャーロック・ホームズシリーズ」が描かれた当時、「ベーカー・ストリート」には「85番地」までしかなく、「221番地」は架空の住所であったとのこと。

その「221b番地(実際の住所では239番地)」の入り口には、「スコットランドヤード」から派遣されたというヴィクトリア朝の巡査が立っています!

博物館やミュージアムショップのスタッフは、それぞれにホームズたちの時代を象徴する衣装を身につけており、ハウスメイド姿の女性ににっこりと微笑みかけられると、まるでヴィクトリア朝にタイムスリップしたかのような錯覚に陥ることでしょう。彼らは、記念撮影にも気軽に応じてくれますよ!

【チケット購入・入場】

「シャーロック・ホームズ博物館」に並ぶ前に、まずはチケットを買います。右手に映る緑のファサードの建物はミュージアムグッズを扱うショップですが、チケットもここで購入します。

レジのところで「ticketplease」といえばOK!チケットとともに日本語のガイドブックがもらうことができます。

入場料:15ポンド(16歳以下10ポンド)。詳しくはこちらから➡️ http://www.sherlock-holmes.co.uk/

チケットを買ったら列の最後尾に並びます。平日の混雑時は約30〜40分ほど。特に時間制を敷いているわけではなさそうなので、中にいる人がはけたら中へ呼ばれる形式のようです。

そのため、行列が出来ている時、尚且つ複数人で行かれる場合は、1人が行列に並び他の方がチケットを買いに行くというようにするとスムーズに中に入ることができます。

また、並んでいる時に注目していただきたいのが、建物の壁にある「ブルー・プラーク(blue plaque)」です。

「ブルー・プラーク(blue plaque)」は、著名人が住んだり、歴史的な出来事があった場所に設置される青いプレートです。

「221b SHARLOCK HOMES」の文字に「CONSULTING DETECTIVE(顧問探偵と職業)」まで記載されています。

入り口横には、「シャーロック・ホームズ」と「ワトソン博士」の帽子が掛けてあり、記念写真を撮ることができます。「スコットランドヤード警察」の制服を来たこの係員さんも気さくに写真撮影に応じてくれますよ!

【シャーロック・ホームズ博物館の内部:魅力・見どころ!】

「シャーロック・ホームズ博物館」は、5階建の建物が博物館になっています。

入口の小さな扉を潜り抜けると細い階段が現れ、階段には様々な写真が飾られており、その古めかしさがイギリスの歴史を感じさせてくれますよ!ちなみに階段はすこしデコボコしており、こけないように注意が必要です。

〖2階〗

玄関から17段の階段を登って2階の部屋に行くと、そこには小さな「ベッドルーム」と「リビング・ルーム」があります。