• 私の旅行記

イギリス ロンドン チャーチル博物館・内閣戦時執務室

更新日:2020年12月28日


こちらは、ロンドンにある「ウィンストン・チャーチル」の功績をたたえている博物館「チャーチル博物館・内閣戦時執務室(Churchill Museum and Cabinet War Rooms)」です!

ここは「第二次世界大戦中」に「チャーチル首相」が司令部を置いて、戦争の指揮を執っていた本部が1945年以来保存されたまま博物館として公開されています。

「大英帝国戦争博物館」の分館の1つになっており、「チャーチル」の公私双方の生活で実際に使用されていたものやその複製品、文書が年代順に陳列されています。

世界中でも最も大きな規模であると注目をされるインタラクティブな展示方法で、「チャーチル」の90年の生涯と「チャーチル」の行動などについて学ぶことができるスポットになっており、ガイド付きのツアーなども開催されいるなど、ロンドンで人気の観光スポットの1つとして知られています。

【歴史・概要】

「チャーチル博物館・内閣戦時執務室」は「帝国戦争博物館」の一施設で、「帝国戦争博物館(Imperial War Museums)」は、「ロンドン帝国戦争博物館(1917年設立・1920年開館)」・「ケンブリッジ」にある「ダックスフォード帝国戦争博物館(1976年開館・1984年開館)」・「テムズ川」に浮かぶ「巡洋艦ベルファスト(1978年開館)」・「チャーチル博物館・内閣戦時執務室(1984年開館)」・「マンチェスター」にある「北帝国戦争博物館(2002年)」の5つの博物館から成り立っています。

この博物館群は、第1次世界大戦から今日の戦争までの近代戦争の実相と、敵・味方かかわりなく、また軍人・市民を問わず、軍事に限らず政治・社会・文化の領域まで含めて戦争体験を記録し広く伝えていくことを狙いとしています。

今回ご紹介する「チャーチル博物館・内閣戦時執務室」は、1984年から一部が当時のまま一般公開されており、2005年には「チャーチル」の生涯に関する展示部門が「チャーチル博物館」として併設されました。

「内閣戦時執務室」は、「第二次世界大戦」が始まった1939年に設置され、主に「チャーチル内閣」で使用されていました。

施設の中心は「チャーチル」が戦時中に閣議を開いた「閣議室」で、戦争の指揮進行が行われていた「作戦室(Map Room)」は当時の状態が復元されています。

【アクセス】

「チャーチル博物館・内閣戦時執務室」の場所は、戦時中に「内閣戦時執務室」として使われた場所になり、イギリス政府が戦争遂行の指揮統制のために設けた地下複合施設になります。

「ウェストミンスター」の「ホワイトホール官庁街」の「イギリス大蔵省庁舎」の地下に設けられ、終戦とともに閉鎖されましたが2005年に「チャーチル」の生涯について展示する施設としてオープンします。

場所は、「首相官邸」のある「ダウニング・ストリート」からすぐ側、「セント・ジェームズ・パーク」の目の前「キング・チャールズ・ストリート沿い」にあります。

ロンドン交通網の「ゾーン1」内にあり、「ロンドンパス」には市内からの交通費も含まれています。

最寄りの鉄道駅は「チャリング・クロス駅(徒歩10分)」・「ヴィクトリア駅(徒歩15分)」・「ウォータールー駅(徒歩20分)」です。

最寄りのロンドン地下鉄駅は、「ウェストミンスター駅(サークル線、ディストリクト線、ジュビリー線)」または「セント・ジェームズ・パーク駅(サークル線、ディストリクト線)」になります。

最寄りのバス停は「パーラメント・スクエア停留所(3、11、87、88号系統)」で、「ビッグ・ベン」からも近く歩いて7分ぐらいです。

施設は狭く、そこまで人は入れないので時間帯によっては並ぶことがありますので、事前に予約していくとスムーズに入れますよ。

また、訪れる際は映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」を観てから行くと当時を思い描きながら見ることができるでしょう。

【チケット購入・料金】

大人 £22(寄付込) £17.25

子供 (5-15歳) £11(寄付込) £8.60

5歳未満 無料

※子供は大人の同伴が必要

※ロンドン・パスでも入場可

おすすめは「ロンドン・パス」を事前に購入する方法!市内80か所以上ものスポットで使えるフリーパスでお得に入場でき、一部の観光スポットでは優先入場の特典やお土産の割引などもあります!

【魅力・見どころ!】

当時の施設の延べ床面積は1万2000平米。「閣議室」や「作戦室」はもちろんのこと、「食堂」や「病院」、「射撃室」、さらには最大で500人を超えるスタッフのための宿泊施設も含む、大がかりな複合施設でした。

250キロの爆弾の直撃にも耐えられる「掩体壕(えんたいごう)」を兼ねており、建物は厚さ1~3メートルの分厚いコンクリート層で覆われています。

現在一般に公開されているのは広大な地下複合施設の一部とはいえ、多数の部屋を擁する見ごたえ抜群の博物館。「第2次世界大戦」下のイギリス政治などを解説する展示のほかに、実際に使われていた部屋を当時の様子そのままに再現した空間の数々が展示されています。

廊下に配置されている調度品や看板もレトロ感たっぷりで、当時にタイムスリップしたかのよう。各部屋には等身大の人形も配置されており、戦時下のリアルな雰囲気が伝わってきます。

「閣議室」・「作戦室」・「電話室」・「タイプ室」・「チャーチルの寝室」・「チャーチル夫人の寝室」・「キッチン」・「ダイニング」など、さまざまな部屋を「オーディオガイド」とともに見学しましょう。

※音声ガイドは日本語が無くて、英・仏・独・伊・西・ヘブライ・葡・中の8か国語対応。

〖チャーチルの機密燃料庫〗

こちらでは「第2次世界大戦」の「機密燃料庫」の実際の様子を知ることができます。

個人秘書「エリザベス・レイトン」を含む機密スタッフから、逸話、文書、インタビューによって「チャーチル」の体験と同時代の人物について学習し、当時の環境や「国家機密」、空襲の恐怖の中で共有された士気と友情に触れてみてください。

〖チャーチル博物館〗

一連のインタラクティブなディスプレイを通じて、「英国のブルドッグ」と呼ばれた英国最強の人物「チャーチル」の伝記と権力への道が解説されています。

インタラクティブテクノロジー、マルチメディア展示、写真、映像、音声記録、戦時中の文書、妻への「チャーチル」の手紙のすべてが展示され、男性、夫、そしてリーダーとしての「ウィンストン・チャーチル」の姿を捉えることができます。

「チャーチル博物館」は、「チャーチル」ゆかりの品々の実物展示やグラフィック系展示だけではなく、メディア系の展示も取り入れられており、「チャーチル」の歩み、事績がとてもわかりやすく紹介されています。

〖内閣戦時執務室〗