• 私の旅行記

イギリス ロンドン ハムステッド・ヒース

更新日:2020年12月28日


こちらは、ロンドン北部にある貴重な自然が残されている公園「ハムステッド・ヒース(Hampstead Heath)」です!

「ハムステッド・ヒース」は、芝地や丘、展望台、池、森、プール、動物園、遊戯広場、陸上トラック、ケンウッド・ハウスやガーデンがあり、その広大なエリアは790エーカー(320ha)に及びます。

ロンドンには、「ロンドンアイ」・「トラファルガー広場」・「オックスフォード・ストリート」など魅力ある観光地がたくさんありますが、ロンドン中心部の観光地は常に人がたくさんいます。

メジャーな観光地巡りもいいけれど、人酔いしてきたという人におすすめなのが「ハムステッド・ヒース公園」で過ごす時間です。

のどかな田園地帯のようにどこまでも広がる草地と森林、そしてしばしば出会うことができる野生動物の姿に、そこがロンドンとつい忘れてしまうほどでしょう。

今回はそんな、「ハムステッド・ヒース」について詳しくご紹介させていただきます。

【アクセス】

〖ハイゲート・ロード入口への行き方〗

1.地下鉄「Kentish Town」駅から88番か214のバスで乗車7分「Parliament Hill Fields」下車

2.地下鉄「Kentish Town」駅から徒歩19分

3.地下鉄「Archway」駅からバスC11で乗車7分「Parliament Hill Fields」下車

4.地下鉄「Kentish Town」駅から徒歩18分

〖ハイゲート・ロード入口から出発〗

「テニス・コート」を横目に見ながら進んでいくと、左手に案内所があり「ヒース」の地図をもらうことができます。

「ハムステッド・ヒース」はとても広く、3つの池をまわり「展望台」へ行くだけでもかなり歩きまわることになります。

さらに、位置情報がつかみにくく、道を間違えやすいのです。やみくもに歩いては危険なので、道に迷った時はスタッフや地元民の雰囲気持った方など、近くにいる方に方角を教えてもらいましょう!

また、公園内は24時間アクセス可能ですが、夜間は犯罪が起こることもあるので、暗くなってから行くのは控えましょう。

ちなみに、案内所近くの脇道を入ったスペースでは、毎週土曜の10~14時に「ファーマーズ・マーケット」を開催中。旬のオーガニック野菜をはじめフリー・レンジの肉や卵、魚介類、チーズ、フルーツ、パンなど様々な食材が売られているほか、軽食の屋台も出ているので、まずはここで腹ごしらえするのもおすすめです!

【魅力・見どころ!】

「ハムステッド・ヒース(Hampstead Heath)」の敷地面積はロンドン最大で、約790エーカーという広さを誇り、美しい丘や堂々と立つ原生林、18の池が広がる自然公園で、高級住宅街の「ハムステッド」市民の憩いの場として、愛されている場所です。

そんな広大な「ハムステッド・ヒース」には幾つかの名所があり、1つは「凧揚げの丘」と呼ばれる、標高98メートルの丘で、ロンドン市街を一望できるポイント!

子どもから大人まで楽しめる「泳げる池」は、定期的な水質チェックがされており、男性用、女性用、兼用の池の3か所あり、更衣室も併設されているので誰でも楽しめるスポット!

ほかにも、「詩人の散歩道」と呼ばれる美しい通りもあり、一日いても楽しめる公園なのです。

〖パーラメント・ヒル展望台〗

「ハムステッド・ヒース」に訪れたのなら必ず行ってほしいポイントがあります!それはロンドン市街が一望できるパーラメント・ヒル(Parliament Hill)別名:カイト・ヒル(Kite Hill)」と呼ばれる丘です!

公園の南側に位置し、標高98メートル 、ロンドン市街を一望できるこの丘は「ハムステッド・ヒース」でも指折りの眺望ポイント!「ロンドン・アイ」・「セントポール大聖堂」・「ガーキン」などのランドマークもくっきり見えて見晴らしとにかく素晴らしいです。

天気の良い日には、遠くに「カナリーワーフ」の「金融街」まで一望することが出来ますよ!

1642~49年のイングランド内戦の際に議会軍に占拠されたことから「パーラメント・ヒル」と名が付き、この眺望は法律によって保護されています。

「凧揚げの丘」とも呼ばれているのは、季節によっては毎日のように多くの凧揚げファンが集っていることから。

遥か彼方の摩天楼を望むのも良し、大空に舞い上がる凧をぼんやり眺めるのもまた一興です!

「パーラメント・ヒル展望台」に一番近い駅は「オーバーグラウンド」の「ハムステッド・ヒース駅」になります。

駅を出てすぐ右の「パーラメント・ヒル通り」を真っすぐに上がっていくと、「ハムステッド・ヒース」への入口が現れます。

おすすめの時間帯は、平日の午前11時。人が多すぎず少なすぎずちょうど良い時間帯です!

夜景も美しいのですが、夜の公園ともなればやはり何かと危険があります。それに幽霊が出るという噂もあったりなかったり、、、(かつてペストが大流行した際には、この辺りで死体を焼いたそうです)。

〖ケンウッド・ハウス〗

「ハムステッド・ヒース」の魅力は、緑だけではありません。こぢんまりとしていますが、名作が展示された「ケンウッド・ハウス(Kenwood House)」が敷地内にあります。

「ハムステッド・ヒース」の北部にある真っ白なお屋敷で、いかにも英国貴族のお屋敷といった風情、品格の漂う美しい建物です。

「ノッティングヒルの恋人」をはじめとした多くの映画やドラマの撮影地にもなっています。

17世紀初頭に建てられ、その後英著名建築家「ロバート・アダム」による全面的な増・改築(1764-79年)を経て、現在の姿が完成。調和の取れた建築デザイン、図書室をはじめとした素晴らしいインテリア等、建物自体も必見です。

図書室が素晴らしく、天井も素敵です。こんな場所で美しい庭を眺めながら本を読むなんて贅沢ですね。

更に、「ケンウッド・ハウス」といえば、何よりもその充実した名画シリーズ。「ギネスビール」で有名な「ギネス社」の初代会長「エドワード・セシル・ギネス(初代アイヴァー伯爵)」が収集したコレクションで、「レンブラント」・「フェルメール」・「ヴァン・ダイク」などが飾られています。

特に、人気が高いのは「フェルメール」の「ギターを弾く女」でしょう。