• 私の旅行記

イギリス ロンドン バラ・マーケット:おすすめグルメ18選!

更新日:2020年12月28日


こちらは、「ロンドン・ブリッジ」からほど近い場所にあるロンドン屈指の人気食材マーケット「バラ・マーケット(Borough Market)」です!

古くは12世紀からこの場所でマーケットが開かれていたようですが、近年のオーガニック志向、ロンドンのグルメタウン化により、人気はさらに急上昇。

イギリスのみならずヨーロッパ中の美味しいものが集まるマーケットとなり、ローカルにも観光客にも大人気のスポットとなっています。

今回はそんな「バラ・マーケット」の数あるお店の中から、お土産や食べ歩きにぴったりの食材やお店を18件、ご紹介させていただきます。

【バラ・マーケットの特徴】

「バラ・マーケット(Borough Market)」の大きな特徴は2つあります。

①:出店者・売り手は、小規模の自営生産者であり、大手に属さない職人。

②:規模が大きい生産者や業者は出店できない(大きくなったら出て行かなければならない)。

職人気質の事業者が集うこの空間には、生鮮食品や加工食品など質にこだわった商品が勢揃いし、オーガニックの商品を取り扱う事業者も多く、個人経営の小さなブースから、王室御用達の称号を持つオーガニック農場によるショップまでが軒を連ねるのです。

小規模・自営生産者や職人技を重宝し、価値を見いだすという発想は、いかにもイギリス的で素敵ですね。

地元イギリス産の品々はもちろん、世界中の特産物も集まっており、その対比は5:5とのこと。

色彩と匂いと生産者の情熱が入り交じる「バラ・マーケット」は、ロンドナーの活気が味わえるおすすめスポットです!

【歴史】

この「バラ・マーケット」は、約1000年前から何らかの形で存在してきましたが、文献資料では正確な開始日を確認することは出来ていません。ただ公には1014年開設と言われております。

「テムズ川」を利用した運輸の発展で、地方・海外より食料品が集まりやすくなってきて発展した「バラ・マーケット」は、16世紀になると行政による価格管理や商品検査を実施するようになり、その象徴として穀物用の標準計量器を設置し、安心した取引が出来るようにしたとか。

その後も行政による出店管理を行い、川沿いに魚屋、次に肉屋そしてパン屋等衛生的な管理を重要視した整備などを実施し、マーケットの繁栄に尽力した歴史もあります。

17世紀の「ロンドン大火」を経験し、利権や汚職により一時期運営を停止させらえたりしましたが、再び行政自治の元営業を再開し、その後鉄道の発達とともに再び反映した経緯もあります。

しかし、1970年代から徐々に市の中心部が西に移動し、「コベント・ガーデン」等のマーケットが発達したことにより、「バラ・マーケット」は衰退。1990年代になると「英国」・「アイルランド」産の高品質チーズを販売する「ニールズヤード・デイリーズ」やスペイン食材に特化する「ブリンディサ」といった専門的な商品を取り扱う事業者がこの地に集まりはじめ、食のイベントやフェアなどが積極的に催されるようになると再び活気を取り戻し、食通らにアピールすることに成功。

個性豊かな商品が集まる小売り市場および卸売市場としての現在の形態を確立し、全体的に価格は高めですが、品揃えの豊富さと品質の確かさで人々を魅了しているのです。

【バラ・マーケット:おすすめグルメ18選!】

〖チーズ〗

「バラ・マーケット」は、ゆるやかに3つのゾーンに分けられますが、その中でも人気なのがチーズをはじめとする乳製品販売エリアになります。

イギリスの「チェダー」やフランスの「コンテ」を筆頭に、ヨーロッパ中から集められたチーズが所狭しと並べられており、「コンテ」などの人気チーズは12ヶ月・18ヶ月・24ヶ月・36ヶ月と熟成期間が異なるものが売られており、全て試食ができるので、食べ比べるのも楽しいもの!

日本でも人気の季節限定、スプーンですくえるとろとろの「モンドール(Mont d’Or)」はこちらでも大人気!10月~3月ごろは山のように積み上げられて売られています。

イギリス産の極上チーズが揃うのは「アルソップ&ウォーカー(Alsop & Walker)」。フランスチーズ好きなら「ユヌ・ノルマンド・ア・ロンドル(Une Normande a Londres)」が見逃せません!

また、マーケット内には様々なテイクアウェイのお店が並びますが、「カッパカゼイン(Kappacasein)」という名の屋台は、こんがりチーズが焼ける香りにみな誘われ、いつも行列ができている人気店です。

専用の機械を使い、じゃがいもに少し焦げた溶かし「チーズ(ラクレット)」をかけただけのシンプルな料理ですが、イギリスの甘いじゃがいもにチーズの塩気が良く合い最高の組み合わせに。近くで白ワインも売られていますのでぜひ一緒にどうぞ!

なおこのお料理は通常、スイス産ラクレットを使用していますが、このお店では「オグルシールド(Ogleshield)」というイギリス産チーズを使用しています。

「カッパカゼイン(Kappacasein)」は、「サザーク大聖堂(Southwark Cathedral)」沿いの屋台エリアにあり、「サザーク大聖堂」の庭は一般客向けに広く開放されており、ベンチでゆっくりと食べることもできますよ!

〖パン〗

イギリス産のパンはフランス産のものに比べイマイチぱっとしない、、、。というのが一般的なイメージですが、ここ「バラ・マーケット」で売られているパンは、そのイメージとは異なりどれも美味しくおすすめ!

オーガニックの小麦粉を使用したものが多く、種類もバゲットやクロワッサンといった定番のパンからデニッシュ、中東系のパンまで多種多様。

マーケット内で売られているチーズやハムなどを挟むだけで、立派な朝食やランチになりますよ!パンだけでも複数の店舗があり、ワゴンを使った陳列方法もマーケットらしくて楽しいです!

〖サンドイッチ〗

お肉好きに絶対おすすめなのが、大人気の肉サンド「Salt Beef Sandwich」です!

イギリス・カントリーサイドの家畜農家の肉屋さんは、大切に育て、良い生活を送った最高級の家畜を全て手作業で食肉化・調理する。というこだわり。

屋台食のわりには値段はそれなりにしますが、それはクオリティの証。お味ももちろん文句なしです!

〖トリュフオイル〗

「キャビア」や「フォアグラ」と並び高級食材といわれる「トリュフ」。その「トリュフ」を「エクストラバージンオリーブオイル」に漬けた「トリュフオイル」をご存じですか?

トリュフには「黒トリュフ」と「白トリュフ」の二種類があり、オイルも二種類ありますが、秋冬にしか採れない「白トリュフ」の方がより薫り高く貴重なため、人気のようです。

このオイルを一滴たらすだけで、オムレツやパスタなどシンプルな料理が、高級レストランの味わいに大変身!「トリュフオイル」は「バラ・マーケット」でも人気の食材で、オイル専門店やクロアチア食材店など取扱い店も複数ありますので、ぜひ試食してお好みのものを見つけてみましょう!

日本ではなかなか手に入らず、瓶もそんなに大きくないのでお土産にも最適です!

「白トリュフ」を入れた「蜂蜜」もおすすめですので、こちらも店頭に試食用のオイル2種類とバゲットが並んでいるのでぜひお試しください!

口いっぱいにトリュフの香りが広がって、まるで高級レストランに来た気分になります!

また、「オイル」のほか、「トリュフピューレ」もあり、かわいい小瓶入りなのでこちらもおみやげにもぴったり!

「黒トリュフ」は6ポンド、「白トリュフ」は7ポンド、「トリュフピューレ」は8.3~24.5ポンドになります。

〖ペースト・パテ〗

イギリス人は「ペースト」や「パテ類」が大好き!「ハマス (ヒヨコ豆のペースト)」 をはじめとして、たらこやわさびを使った変わり種など様々なペーストが売られていますが、ここ「バラ・マーケット」で売られている「ペースト」はフレッシュでうなってしまう美味しさ!

種類もお店もたくさんありますが、おすすめは「Pâté Moi」という「きのこペースト」のお店!オーガニックのきのこを中心に、隠し味にお醤油やみそを使用しているようで、これが日本人に合うのかものかもしれませんね!

パンやパスタにつけて召し上がってみてください!

〖英国産ハチミツ〗

自然環境と蜜蜂に配慮し、丁寧にハチミツを生産している、英国カントリーサイドの小規模生産者のこだわりのハチミツが購入出来ます!

保存料は一切なしの「Raw Honey(非加熱ハチミツ)」で、 それぞれの商品には「Benefits(健康的な効能)」・「Tasting notes and tips(味と食べ方のコツ)」・「Provenance(産地と生産者)」の情報が詳しく明記されています。