• 私の旅行記

イギリス ロンドン ビッグベン

更新日:2020年12月28日


こちらは、ロンドンのテムズ川のほとりウェストミンスター宮殿のある時計台「ビッグベン」です!

正式名称は「エリザベスタワー」といい、鐘の鳴る4面時計としてはイギリスで最大のものになります。

時計は文字盤の周辺に金メッキが施されており、直径7メートルの鉄枠に312個の乳白ガラスが埋め込まれています。

時計台の高さは96.3メートル、時計は地上から55めメートルの位置にあり、日本の学校のチャイムの元となったとされているメロディが、毎日正午になると時計台の鐘から流れます。

【歴史】

「ビッグ・ベン (Big Ben)」 とは、ロンドン中心部「テムズ川河畔」にある「ウェストミンスター宮殿」の「時計台の鐘(大時鐘)」の愛称。時計台そのものを指してそう呼ぶこともあるそうです。

「ウェストミンスター宮殿」は11世紀頃に建てられたと言われている宮殿で、1529年に大火災が起きるまでは王の宮殿として使われていました。

火事の翌年、「ヘンリ8」世が別の宮殿に移ってから現在に至るまで、「英国議会」が「議事堂」として使用していますが、大火災は1834年にも起きており、建物の大半が焼失しています。

完成した1859年7月11日、この鐘が初めて鳴らされて以来、ビッグベンの鐘は、世界で最も有名な時計塔として「ロンドン」に鳴り響いてきました。

1日の誤差が1秒以内という正確さで時を告げてくれており、イギリスの象徴としてとても大切にされてきました。

ビッグベンは、テムズ川の弱い地盤に建っているため、2003年に近くで行われたトンネル工事が原因で、北西方向に約22cm時計塔が傾き始めましたが、現在は比較的落ち着いています。

それでも、毎年約1mmずつ傾いていると言われています。

また、2012年のエリザベス2世の在位60周年を記念して、正式名称が「エリザベスタワー」へと改名されましたが、現在でも一般的には「ビッグベン」の愛称でも親しまれています。

なぜ「ビッグ・ベン」と呼ばれるようになったのかは、工事を担当した「国会議員・ベンジャミン・ホール卿」の功績を称えたという説や、建設当時のヘビー級ボクサーだった「ベン・カウント」からきているという説など諸説あります。

また、2012年「エリザベス2世」の在位60周年を記念して時計塔の名称が「クロック・タワー」を「エリザベス・タワー」に変更されたので、鐘も含めてそう呼ばれる機会が増えてくるかもしれません。

「ウェストミンスター宮殿」は1987年、「ウェストミンスター寺院(同じ敷地内にある聖マーガレット教会を含む)」と共に〖世界遺産〗に登録されています。

【アクセス】

〖ヒースロー・エクスプレス+地下鉄〗

最もおすすめの交通手段は、「空港ターミナル3」から出ている「ヒースロー・エクスプレス」で「パディントン駅」まで行き、地下鉄で「ウェストミンスター駅」へ行く方法です!

「ウェストミンスター駅」を降りて、少し歩けば「国会議事堂・ビックベン」へ辿り着きます。

空港からの料金は約20ポンド、所要時間は40分程です。

〖地下鉄(ピカデリー線+ジュビリー線) 〗

各ターミナルで、「地下鉄・ピカデリー線」に乗車し、「グリーンパーク駅」で「ジュピリー線」に乗り換えて、「ウェストミンスター駅」へ行きます。

地下鉄の乗り換えが簡単で分かりやすいので、海外旅行初心者でも安心です!料金は約30ポンド、所要時間は約1時間です。

〖タクシー〗

各ターミナルの出口を出たところに、「ロンドン」の有名な「ブラックキャブ」の乗り場があり、荷物が多いなどにおすすめです!

「ロンドン」は比較的タクシー会社がしっかりしているので、他国で聞くようなぼったくりはほとんどありませんが、心配なら乗る前に尋ねましょう。

料金は通常約50ポンド、所要時間は1時間程です。

【チケット購入方法】

「国会議事堂」は、国会が閉会している期間に内部を見学することができます。

オーディオガイドを借りて自由に周ることもできれば、専門知識を持ったスタッフによるガイドツアーに参加することも可能です。

残念ながらどちらも日本語版は用意されていませんが、美しい宮殿の歴史や建築を学ぶなら借りることをおすすめします!

チケット購入方法は以下の通りです。

①.〖イギリス国会議事堂のチケットオフィス〗:

少し奥まった場所にある「JEWEL TOWER」と書かれたチケット購入場所で購入します。看板なども外に出ておらず、分かりにくい可能性があるので場所を確認しておきましょう。

②.〖オンラインチケット〗:

あらかじめオンラインでチケットを取っておくのもおすすめ!

こちら からツアーを選択➡https://www.parliament.uk/visiting/visiting-and-tours/tours-of-parliament/

オンラインで購入しておけば、当日並ばずにツアーに参加することができます。

見学可能時間帯:月/13:00〜17:15、火〜金/9:00〜16:30頃、土/9:00〜16:15

※年や日によって若干の変動があります。

所要時間:オーディオガイドツアー/60分〜75分、ガイドツアー/約90分

※ツアー自体は75分ですが、2時間から2時間半ほどの時間の余裕があればゆっくり見学をより楽しめますよ!お土産屋さんやカフェも併設されています。

【魅力・見どころ!】

〖ウェストミンスター・ホール〗

観光客がツアーの順番待ちをするのが「ウェストミンスター・ホール」になります!

まずは見事な彫刻やゴシック様式の高い天井の美しさを堪能してください!

圧巻のステンドグラスの美しさにも驚かされますよ!

〖セントラル・ロビー&ロービングルーム〗

「ウェストミンスター宮殿」の中央に位置する「セントラル・ロビー」は、八角形の形をしたロビーで、上院と下院と呼ばれる議員が二手に分かれて議会へ参加する入口があります。

「ロービングルーム」は、「エリザベス女王」が正装して国会でスピーチする際の控室で、レプリカではなく本物の控室を見学することができますよ!

〖貴族院議会室〗

「英国議会」が執り行なわれる「議会室」は、豪華絢爛な装飾に調度品がイギリス議会の華やかさを想像させます。

「エリザベス女王」が鎮座する様は、伝統を守り続けるイギリス国会の雰囲気を感じさせます。

〖オリバー・クロムウェルとリチャード獅子王の銅像〗

「国会議事堂」の外には2つの銅像がり、内見ツアー以外にも、見どころは満載です!

1つは「オリバー・クロムウェルの銅像」で、もう1つは「リチャード獅子心王騎馬像」です。

「オリバー・クロムウェル」は17世紀に現在の「イギリス連合王国」の礎を築いた軍人で、アイルランドの併合とスコットランド侵攻を行った張本人ですが、彼がいなければ今のイギリスは存在しないでしょう。

「リチャード獅子心王」は、「リチャード1世」のニックネームで、王位在位中、戦争に明け暮れたことで知られており、この銅像は19世紀からこの地に存在しています。

イギリスの歴史にとって非常に重要な君主とされています。

〖国会議事堂傍聴〗

イギリスの「国会議事堂」の場合、閉会中であればガイドツアーが実施されていますが、実はお金を支払うことなく内部を見学することも可能なのです

それが、会議を傍聴するという方法で、下院の会議は傍聴することが可能で、無料で内部を見られる上に白熱した議会の様子まで見学することができます。

傍聴券の入手には国籍等の制限はなく、外国人旅行者であっても申請書に必要事項を記入すればOKです。

【ウェストミンスター宮殿のビッグベンの12の知識】

〖正式名称はグレート・ベル〗

画像引用元:Wikipedia

「ウェストミンスター宮殿」付属の5つの鐘のうち、最も大きい大時鐘が「ビッグベン」の名で親しまれていますが、実は正式名称ではありません。

「ビッグベン」こと時計台の正式名称は「エリザベス・タワー」と言い、2012年6月26日、エリザベス2世女王の在位60年を祝して「クロック・タワー」から改称されました。

「ビッグベン」とは、鐘「グレート・ベル」のニックネームで、由来については諸説ありますが、この鐘の名が時計塔自体の名前として親しまれるようになっていったのです。

ちなみに、5つの鐘のうち「ビッグベン」は「ミ」の音を奏で、その他の4つの鐘が奏でる「シ」・「ミ」・「ファのショープ」・「ソのシャープ」をリードして、「ウェストミンスター宮殿」の時計台が奏でる荘厳なメロディーを生み出しているのです。

〖ビッグベンは3つの誕生日を持つ!?〗

「ビッグベン」には、3つの誕生日があるとされています。

①.「ビッグベン」が時計台に設置された1858年4月10日

②.大時計が時を刻み始めた1859年5月31日

③.初めて鐘が鳴らされた1859年7月11日

〖ビッグベンを引ぎあげるのに1日以上かかった!?〗

「ビッグベン」の重さは13.5トンにも及び、この非常に重くて大きな鐘を、334段の階段を登り切った場所まで引き上げることを想像してみて下さい。

ましてや、塔の狭い吹き抜けを通して引き上げることは非常に難しく、更に加えて鐘を傷つけないよう慎重に細心の注意を払いながら、ゆっくりと引き上げるため、作業開始から終了まではなんと、30時間かかったと言われています。