• 私の旅行記

イギリス ロンドン レドンホール・マーケット:基本情報・魅力・見どころ・アクセス・グルメ・ロケ地情報まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月28日


こちらは、「ロンドン・シティ」の「グレイスチャーチ・ストリート」にあるアーケード型の市場(マーケット)・「レドンホール・マーケット(Leadenhall Market)」です!

「レドン・ホール・マーケット」は、〖ハリー・ポッターと賢者の石〗の【ダイアゴン横町】・【魔法使いが集まるパブ「漏れ鍋」の入り口】のロケ地となったことでも有名で、「金融街(シティ・オブ・ロンドン)」の中心に突如現れる、絢爛豪華な屋根付きアーケードです。

商店街には様々なお店が建ち並び、オシャレなパブも充実しておりグルメも楽しめます!

今回はそんな、「レドンホール・マーケット」の歴史・魅力・見どころ・グルメハリーポッターのロケ地情報についても詳しくご紹介させていただきます。

【歴史・概要】

「レドンホール・マーケット」の始まりは1411年。建物は火災や戦争などで焼け落ちるなどの紆余曲折を経て、1991年に復元されました。

現在は、ビクトリア様式の華やかなデザインですが、歴史をたどると14世紀に端を発する、ロンドンで最も古いマーケットのひとつなのです。

ちなみに、紀元前ローマ帝国の時代(ブリタンニア)より存在するマーケットですが、文献資料によると1309年に「レドンホール邸」は「ヒュー・デ・ネヴィル総督」が所有しており、1321年までは養鶏業者の集会所だったそうです。

1455年に「コーポレーション・オブ・ロンドン」の手に渡り、ロンドン市長は、新しく非常時のための穀物を貯蔵できる倉庫を建て、建物の中庭部を様々なる食物を売る一般市場とします。

1463年には、ウールの標準計量器が導入され、重要な商業の中心地となり、1488年にはロンドンで扱う革製品は「レドンホール・マーケット」のみで販売が可能で、1622年には刃物やフォーク・スプーンもレドンホールマーケットの専売品となりました。

1666年の「ロンドン大火に」よる焼失後に何度か建て替えが行われ、現在に続く屋根と装飾を施した建物や床が形造られたのは1881年のことです。

市場の建物は1972年に【重要文化財建築物】の「グレード2」に指定され、建物だけでも見る価値があります。

1990〜91年にかけて再装飾の改修工事が行われた後は、「ハリー・ポッターと賢者の石」や「Dr.パルナサスの鏡」といった映画などのロケ地としても多用され、2012年の「ロンドンオリンピック」では、マラソンコースの一部に設定され話題にもなり、観光地としても高い人気を集めています。

平日は午前7時から夜遅くまで店が開き、生鮮食品・チーズ屋・精肉店・花屋ばかりか、歴史を感じさせる文具店や王室やVIP御用達のアウトドアウエアー販売店「バブアー(Barbour)」までもが店を構えています。

もとは肉類・狩猟肉・家禽の市場で、現在でもその名残りが有るのが見どころ!例えば日本ではあまり見かけない「ジビエ肉(狩猟肉)」なども販売されているので、お店の中も覗いてみてください!

皮製品やカトラリーはここでしか扱いがなく入手することができないという時代のエピソードからも、「レドンホール」が重要なロンドンで重要なポジションを占めていたことがうかがえますね!

現在の緑色・栗色・クリーム色に塗られた装飾の施された天蓋や、装飾が敷き詰められた床は様々な市場の設計を手掛けた「サー ホレイス ジョーンズ (Sir Horace Jones)」の作品。この場所が観光地となった由縁は、彼が手掛けた美しい設計と品のある色合いの調和から来ています。

そのため、マーケットというよりもショッピングセンターといった印象を受け、生ハムの店、チーズ屋、花屋などに加え、レストラン、パブ、葉巻店、雑貨店、文房具店、バブアーなどのブティックも並んでいます。

それでも、当時肉を吊る下げていた鉄のフックがあちこちで見られ、当時の面影をしのばせています。

【アクセス】

「レドンホール・マーケット」は歴史ある金融街「シティ・オブ・ロンドン地区」にあり、ここまでは「地下鉄・バンク駅」または「モニュメント駅」で下車し、徒歩約10分弱でアクセスすることができます。

「地下鉄・オルドゲート駅」・「鉄道・キャノンストリート駅」・「鉄道・フェンチャーチ・ストリート駅」も近く、こちらも歩いて約10分弱の場所にあります。

マーケットでは、週末には多くの店舗が休みになってしまうため、月曜日から金曜日に訪れるのがベストです!マーケットの「パブリックスペース」は24時間いつでも見学することができます。

最寄り駅:「地下鉄・バンク(bank)駅」または「モニュメント(Monument)駅」より約400m

【魅力・見どころ!】

〖豪華すぎる装飾〗

「レドンホール・マーケット」は、瀟洒なビクトリア様式の建物内に開かれている屋内マーケットです。

凝った装飾が見事な屋上のデザインは必見!最大の見どころは、「サー ホレイス ジョーンズ (Sir Horace Jones)」が設計を手掛けた、緑色と栗色、クリーム色を美しく配色したアーチ型の屋根と石畳の床です。

ビルの約3~4階の高さを誇る立派な正門はとても迫力があり、趣のある赤煉瓦が使われていています!この中に一体どのような世界が広がっているのか、いざ足を踏み入れてみましょう!

中に入るとそこは別世界!壮麗な装飾、煌びやかな世界に驚きます。アーチ状の天井はとても高く開放的で、足元から壁、遥か上の天井まで、美しい色使いの豪華な装飾が施されています。

まるでテーマパークのような、映画のセットのような非現実的な空間で、イギリスらしい装飾がより一層目を引きます。

建物は、【重要文化建築物】に指定されていて、綺麗なだけでなく歴史的価値も認められています。

〖ショッピング・レストラン〗