• 私の旅行記

イギリス ロンドン ロイヤル・オペラハウス

更新日:2020年12月28日


こちらは、世界五大歌劇場の一つに数えられる「ロイヤル・オペラハウス(Royal Opera House)」です!

ここはイギリスの「ロイヤルオペラ歌劇団」と「ロイヤルバレエ」の本拠地としても知られています。

オペラとバレエが日替わりで上演され人気を集め、1996〜99年には大規模な改修工事が行われ、レストランやショッピングモール、シアターなども併設した一層豪奢にリニューアルしました。

ちなみに、ここは日本でも有名な「熊川哲也」さんと「吉田都」さんが活躍されていた「オペラハウス」でもあります。

【英国・ロイヤル・オペラハウスとは】

「ロイヤル・オペラハウス」は、ロンドンの「コヴェント・ガーデン」にある4階建ての円形観客席を有する世界最高のレベルを誇る名門歌劇場で、席数は2256席。

観客席部分はイギリスの指定建造物となっており、「ロイヤルオペラ歌劇団」と「ロイヤルバレエ」の本拠地となっています。

〖ロイヤルオペラ歌劇団〗

「ロイヤル・オペラ」は 、音楽監督の「アントニオ・パッパーノ」率いる世界を代表する「オペラ・カンパニー」のひとつ。伝統的なオペラ作品の卓越したレパートリーで知られることはいうまでもなく、現代を代表する作曲家たちの新作オペラの上演によっても名声を博しています。

2001年に創設された「ジェット・パーカー ヤングアーティストプログラム」は、才能ある若手のための研修機関であると同時に、彼らに発表の場も与える新人音楽家養成プログラムで、卒業生の多くが現在国際的な舞台で活躍しています。

パトロン : チャールズ皇太子

音楽監督 : アントニオ・パッパーノ

芸術監督 : オリバー・ミアーズ

キャスティング・ディレクター : ピーター・マリオ・カトーナ

芸術監督補 :ジョン・フルジェームズ

理事長 : コ―マック・シムズ

〖ロイヤル・バレエ〗

「ロイヤル・バレエ」は、芸術監督の「ケヴィン・オヘア」率いる英国最大のバレエ団で、「パリ・オペラ座バレエ」、ロシアの「マリインスキー・バレエ」などと並び、世界トップのバレエ団のひとつ。

日本人ダンサーとしては、「吉田都」さんや「熊川哲也」さんらが最高位である「プリンシパル」として活躍されましたが、2016年に「平野亮一」さんと「高田茜」さんの2人が同時に「プリンシパル」に昇格するというニュースが日本を沸かせました。

幅広いレパートリーは古典バレエの大作から、最前線で活躍する現代の世界的な振付家の新作も含まれており、「ロイヤル・オペラハウス」での公演にとどまらず、テレビ放映、映画館での上映、野外での大スクリーンでのパフォーマンス、海外公演、またバレエ団の教育部門によるプロジェクトなどを通して人々がバレエに接する多様な機会を提供しています。

パトロン : エリザベス女王

総裁 : チャールズ皇太子

副総裁 : レディ・サラ・チャトー

芸術監督 : ケヴィン・オヘア(レディ・アシュクロフトの寛大な支援による)

芸術監督補 : ジャネッタ・ローレンス

音楽監督 : バリー・ワーズワース

常任振付家 : ウェイン・マグレガー

【チケット購入方法】

オペラってなんだか高そうなイメージがありますよね?

しかし、「ロイヤル・オペラハウス」は席によっては意外とお手頃な、気軽に行ける嬉しい「オペラハウス」なのです!

チケットの購入方法は、「事前予約」か「当日券(Day Ticket)」を購入するかのどちらかになります。

ちなみに、「ロイヤル・オペラハウス」での公演チケットを個人等で手配した場合は、「ロイヤル・オペラハウス」のロゴマーク入りのしっかりとした厚紙に印刷されたチケットが渡されます。

ホログラムやエンボス加工が施された高級感のあるチケットはとても良い記念にもなりますよ!

まずはトップページの「Find an event」をクリックして、イベントごとのページへ進めます。ここで「バレエ」・「オペラ」・「音楽」などをイベント別に、現在の演目の一覧を見ることができます。

「See all」ですべてのイベントを見ることもでき、なお、演目によって上演される劇場が異なります。

これぞ「オペラハウス」!といったクラシックな観客席があるのは「MAIN STAGE」で、「LINBURY THEATRE」というのもありますが、こちらは同じ建物内にある小規模な劇場を指します。

気になる演目をクリックすると、詳しいスケジュールや出演者の名前などが表示されます。また、横のカレンダーから、日付を選んでその日に上演される演目を調べることもできます。

売り出されているチケットは、日時の横に「BUY」マークがあるのでこれをクリック。最初に座席エリアを選び、それからシートを選ぶという方法になっています。

エリアをクリックすると、エリアごとの空席が表示され、色のついている座席が購入可能な座席になります。

価格は色別になり、座席図は下のズームコントロールで拡大縮小可能。

また、希望の座席をクリックすると、座席とステージビューの写真を見ることができます。

ステージビューを確認しながら好きな座席を選んだら、左側に表示される緑色の「Select」をクリックして、そのあと表示される「Add to Basket」に進みます。

すると「シャンパン」・「プログラム」・「アイスクリーム」のバウチャーの購入画面になり、必要に応じてこれらも追加します。

※デフォルトで「ドネーション(寄付)」も追加されています。不要でしたら右上の「Remove」マークをクリックして消します。

「Proceed to Checkout」から決済手続きに入り、ここから「会員登録」が必要です。

チケットの郵送は、イギリス国内に住所がある場合のみ可能で、イギリスに住所がない場合は「Receive as e-ticket」をクリック。当日現地で受け取ります。

その際は、支払いに使用した「クレジットカード」の提示が必要なので忘れずに持参してください。

万が一のために、予約の際の「確認メール(Confirmation mail)」のコピーも印刷して持参しておくと安心です。

「クレジットカード」は、「Amex」・「Visa」・「Master」が選択可能。「ペイパル」での支払も可能です。

【座席について】

購入手続きまで行かずに歌劇場内の座席を見る場合は、トップページ横の「Menu」➡「About」を開き、ページの一番下にある黒い帯のところにある「Booking」から「Seating plan」を選択。次のページに出てくる「Royal Opera House Main Auditorium Seating Plan (PNG)」で確認できます。

この画面から☝

この画面へ☝

※URLはこちら

〖座席エリアの名前〗

ステージから見た座席表。サイトに行くと拡大することが出来ます。

上から順に「Amphitheatre(アンフィシアター):最上階」。両サイドの席は「Lower Slips」と「Upper Slips」に分かれています。

上から2番目は「Balcony(バルコニー)」。ど真ん中真正面の一番良い席を含むエリアは「Donald Gordon Grand Tier(ドナルドゴードン・グランドティア)」。

「Stalls Circle(ストールズ・サークル):1階席」・「Orchestra Stalls(オーケストラ・ストールズ):平土間席」・ボックス席は「3.Donald Gordon Grand Tier」と「2.Balcony」の両サイドにあります。

公式サイトを見れば、購入する席に椅子が有るか無しかも分かり、舞台をどのように観れるかも確認できます。柱が立っていたり、舞台の端が見えない席などは価格も安めです。

【当日の流れについて】

ご参考までに、待ちに待った「オペラ鑑賞」当日の流れについてご説明させていただきます。

公演の開始1~2時間前より、チケットの受け取りができるようになります。

劇場の「BOX OFFICE」と書かれた窓口で、スマホの画面または「チケット引換書(Confirmation)」を印刷された紙を提示しましょう。「Hi!」と言って、スタッフに提示するだけでチケットを受取ることができます。難しいやりとりは、一切ありません。

ちなみに、チケットを持っている方は、20分前に着いても問題ありませんが、荷物を預けたりお土産ショップや会場をしっかり見る為に、時間に余裕をもって行っていきましょう!

「パンフレット」は「ホワイエ」のカウンターで購入することができます。

※クレジット可

コートや貴重品以外の大きな荷物は、「ロイヤル・オペラハウス」の正面入口の隣にある、ガラス張りの建物の方にある 「クローク」で預けられます。預けるにも受け取るにも大体15分程。

ショップも可愛い物が沢山売っていたので、要チェック!「ロイヤルバレエ」と記載されたバレエシューズ・舞台化粧品・DVDなどがあります。