• 私の旅行記

イギリス ロンドン ロイヤル・ボタニック・ガーデンズ・キュー:見どころ21選!歴史・アクセス・チケット購入方法・カフェ・お土産まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月28日


こちらは、ロンドン南西部の「キュー」という街にある植物園「ロイヤル・ボタニック・ガーデンズ・キュー(通称:キュー・ガーデン)」です!

「キュー・ガーデンズ」は「王立植物園」として世界で最も有名な【ユネスコ世界遺産】であり、元々は宮廷併設の庭園でした。

世界有数の研究結果を残しており、現在も園内の様々なところで研究作業が行われ、その研究の様子を見ることができるブースもあります。

132ヘクタールもの広大な敷地には世界中の植物種の10分の1以上およそ700万種にものぼる植物が展示されており、「キュー・ガーデンズ」に建設されている庭園は、大陸別に気候や温度を細かに調節され、世界中の様々なガーデンスタイルを楽しむことができます。

特に有名なのが「パーム・ハウス」と呼ばれる温室。写真を撮ろうとすると、カメラが曇るほどの湿気と共に、熱帯ジャングルが目の前に広がります。日本の植物も多く見られ、英国に造られる日本庭園はなかなかの趣深さがあります。

また、園内のレストランやお土産屋さんは、ほかの公園と比べてかなり綺麗に整備されており、おしゃれなエコバッグや植物図鑑等、グッズも豊富なのでぜひ立ち寄ってみてください!

今回はそんな、「ロイヤル・ボタニック・ガーデンズ・キュー(通称:キュー・ガーデン)」について詳しくご紹介させていただきます。

【歴史】

「キュー・ガーデン」は、1759年に「オーガスタ皇太子妃」によって創設された、英国の「王立植物園」です。

1759年に「ジョージ3世」の母で后「プリンセス・オーガスタ」が宮廷の庭園として、庭師の「ウィリアム・アイトン」に命じて整備しました。

その後、「キャプテン・クック」に伴って世界各地を旅し、様々な植物を収集したバンクスのコレクションが加わり充実した庭園となりました。

「ジョージ3世」は、「ウィリアム・エイトン」や「サー・ジョゼフ・バンクス」に命じて、その後も庭園の植物を充実させました。「旧キュー・パーク」は1802年に廃止されています。

「ウィリアム・チェンバーズ」の設計による建築物がいくつも建てられ、1840年には植物園として開放され、植物園の園長を務めた植物学者の「フッカー父子」が植物標本館や図書館を充実させました。

その功績もあり、現在は植物園としての役割の他に、植物研究機関としても活動し種子を収集し貯蔵する「シード・バンク」としても有名です。また、品種改良を行い、育成条件が整っている植民地に移植するなどの実績も残しています。

植物コレクションの多様性においては世界一と言われ、また植物と菌類に関する最高峰の学術機関として、世界をリードしています。2003年には、【ユネスコ世界文化遺産】の指定を受けました。

【アクセス方法】

「キュー・ガーデン」は、ロンドン中心部から地下鉄の「ディストリクト線(District Line)」で30分ほどです。

ここでご注意いただきたいのが、「キューガーデン(Kew Gardens)駅」へ行くには必ず「リッチモンド(Richmond)行き」の電車に乗る必要があります。

終点が「イーリング・ブロードウェイ(Ealing Broadway)」や「ウィンブルドン(Wimbledon)」などの電車もあるので、お間違えのないように!

なお、終点駅は「プラットホーム」の電光掲示板および各電車の車体に明記されています。

「キューガーデン駅」で下車後、地下道を使って駅の反対側へ。線路と直角に走る道を5分ほど行くと「キュー・ガーデン」の「ヴィクトリア・ゲート」に到着します。

大勢のロンドンっ子や観光客が同じ方向に歩いていくので、それについて行けば大丈夫です!

ちなみに、「キュー・ガーデン」の入り口は4つあるのですが、最寄り駅によって一番近い「キュー・ガーデン」の入り口が違ってきます。

・「Kew Gardens Station(キュー・ガーデンズ駅…District/Overground)」から「Victoria Gate(ヴィクトリア・ゲート)」まで0.5km

・「Richmond駅(リッチモンド…National Rail/District/Overground) 」から「Lion Gate(ライオン・ゲート)」まで1km

・「Kew Bridge Station(キュー・ブリッジ駅…National Rail)」から「Elizabeth Gate(エリザベス・ゲート)」まで0.8km

入場券はゲートで購入可能なので、案内に従って購入してください。

【チケット購入方法・入場料金】

チケットは現地でも購入可能であるものの、当日券は行列ができていることが多いため、事前にネット予約をしてeチケットを印刷しておくとスムーズです。

ネットで予約すると割引があるのでネット予約(£16.5※2019年5月現在)がおすすめです!ロンドン在住の方は、一年通い放題(£71)のお得なチケットもあります。

なお、秋冬はチケットがセールになる場合もあります。

キューガーデン公式サイト予約ページ(英語):http://www.kew.org/buy-tickets


【ロンドン・パス】

おすすめは「ロンドン・パス」を事前に購入する方法!市内80か所以上ものスポットで使えるフリーパスでお得に入場でき、一部の観光スポットでは優先入場の特典やお土産の割引などもあります!

【魅力・見どころ!】

〖パームハウス〗

19世紀ヴィクトリア時代に建てられたガラス温室として貴重な建築物と有名な「パームハウス」は、長い歴史を持ちこの「キュー・ガーデンズ」の象徴とも言えます。

建設は1844年。ビクトリア時代の探検家たちが熱帯から持ち帰った植物を展示するために、「ハイドパーク」も設計した建築家「デシマス・バートン」の設計に基づき、鋳鉄業者の「リチャード・ターナー」が建設しました。

全長110メートル、高さ19メートルもの大温室であり、「パームハウス」の特徴的なカマボコ型の外観は当時の造船技術をとりいれて設計されたものになります。

建造には当時の造船技術が応用されましたが、鉄製のフレームとガラスによって、こんなにも美しい曲線を描けることに感心してしまいます。

また、温室なため実際に室内に入ると予想以上に暖かく、冬に観光に行くと外との温度差を肌で実感出来るくらいです。

そんな「パームハウス」には、「パーム(ヤシ)」という名前から分かるように温暖な地域の様々な植物を数多く見ることができ、温室にはらせん階段が造られており、階段を上がった2階からも生い茂る植物を見ることもできます。

世界中から集められた熱帯植物が大陸別に植えられており、ジャングル探検をしている気分で好奇心を掻き立てられます。

ミストが突如として噴出したり、日替わりのデモストレーションも行われ1年を通して様々な楽しみ方ができますよ!

また、場所によってむっと立ち込めるような湿度と温度のところがあり、地下の水生動物コーナーもなかなかの人気を誇ります。

〖テンパレートハウス〗

1860年に建築が開始され1863年に一般公開が始まった「テンパレートハウス」は現在、「歴史的重要建築物」の「グレード1(同グレードにはバッキンガム宮殿など)」に指定されています。

2013年に修復や新たな植物の展示に向け一旦閉館しましたが、2018年5月に再オープン。60億円もの予算を投じられてよみがえった息をのむような建物の美しさが今話題となっています。

「テンパレート(Temperate)」いう単語は英語で「温帯」という意味で、温室には希少価値の高いものや絶滅の危機に瀕している植物があるなど必見のスポットです!

16mと世界で最も背が高く、さらに成長し続けるチリ産「ワイン・パーム」の木や、160年ぶりに開花したエキゾチックなアフリカの花「プロテア」などが展示されています。

建て物は「パームハウス」と同じ建築家によるもので、今回の大修復で使用された15000枚のガラスが古い建物を一層際立たせています。

「パーム・ハウス」と比べて2倍ほど(4880㎡)の大きさを誇っているため、現在あるビクトリア時代の温室としては、最大クラスのものになります。ギャラリーで上から植物を眺めてみると、生き生きとした植物が美しく見えるでしょう。

〖ウォーターリリーハウス〗

「ウォーターリリーハウス」は、ヴィクトリア朝の園芸家を魅了した、アマゾン原産のオオオニバスを育てる目的で、1852年に建てられました。

建物の中は、直径約10mの丸池でほとんど占められており、池の周りをぐるりと一周しながら、水面に浮かぶスイレンの類や、ふわふわしたパピルス、吊るされたヒョウタンの類といった、熱帯植物を見ることができます。

池では今もオオオニバスが栽培されていますが、葉が大きすぎるため現在は、それより小ぶりなサンタクルス・ウォーターリリーを多く育てられています。

「ウォーターリリーハウス」は、植物の性質上「キュー・ガーデン」で気温と湿度が最も高い建物です。冬の間は閉まっているため、見たい方は注意してください。

〖プリンセス・オブ・ウェールズ・コンサーバトリー〗

「プリンセス・オブ・ウェールズ・コンサーバトリー」は、あの「ダイアナ妃」によって1987年にオープンした温室で、三角形に重なったデザ